「性犯罪に関する刑事法検討会」で座長を務める井田良教授の論説。いずれにしても香西咲さんたちを蹂躙した悪党がこのまま野放しにされていることはないでしょう

過日のブログで、刑法改正をめぐるうごきについてふれました。

(参考。当ブログ)

2020年4月2日(性犯罪に関する刑事法検討会の発足について)
2020年4月3日(性犯罪に関する刑事法検討会の委員に被害者の山本潤さんが任命される)
2020年4月4日(性犯罪に関する刑事法検討会に関する森まさこ法務大臣の記者会見)

先月(2020年3月)の31日に「性犯罪に関する刑事法検討会」が発足しました。
この件に関して、上述の2020年4月2日のブログで、時事通信と東京新聞の記事を引用しました。
もう一度、引きます。

時事通信

(2020年3月31日 時事通信「性犯罪の『暴行・脅迫』要件撤廃も 刑法改正へ検討会設置―法務省」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年3月31日 時事通信

法務省は(2020年3月)31日、性犯罪をめぐる刑法の見直しについて議論する検討会を設置した。
現行の「強制性交等」の成立要件となっている「暴行または脅迫」を撤廃するとともに、同意に基づかない性交を罰する不同意性交罪を新設することなどが検討される。

——————————————————–

東京新聞

2020年3月31日 東京新聞

被害者に対する「暴行・脅迫」行為がなくても、同意がない性交だと認識できれば処罰する「不同意性交罪」の是非などを議論する見通し。

——————————————————–

「性犯罪に関する刑事法検討会」は17名の委員で構成されています。

自民党の井出ようせい衆議院議員と小川たまかさんのツイートを参照します。

——————————————————–

(再掲。時事通信)
現行の『強制性交等』の成立要件となっている『暴行または脅迫』を撤廃するとともに、同意に基づかない性交を罰する不同意性交罪を新設することなどが検討される

「性犯罪に関する刑事法検討会」は、暴行または脅迫の撤廃を提言するのでしょうか。

(再掲。井出ようせい議員のツイート)

ご覧のとおり、「性犯罪に関する刑事法検討会」の座長は、中央大学の井田良教授です。
過日のブログで、暴行または脅迫の撤廃に対する井田教授の考えをみてみました。

(参考。当ブログ)
2020年2月25日

再度、確認をします。

(2019年12月23日 第103回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<32ページ>
2019年12月23日 井田 良 委員(中央大学大学院法務研究科教授)

ここでも何人かの委員の先生方から性犯罪の暴行・脅迫要件についての御意見が表明されたので、今の段階での私自身、どのように考えているかということをお話ししておきたいと思います。

2017年に刑法の一部改正が行われた当時、私もその改正に関わったのですが、その点の改正は手直しは当面、必要がないと考えていました。
なぜかというと、これは刑法解釈上も、また実務上も、被害者側の不同意ということと暴行・脅迫要件の充足とはイコールであろうと考えていたからです。
言い方を換えれば、被害者が不同意であったことを外形的に示すのが基本的には暴行・脅迫であると考えていたわけです。
私、30年ぐらい刑法の解釈を専門としてやってきているのですけれども、暴行・脅迫要件はそれ自体としてはそれほど高いハードルではないのですね。
それは比較的低くても認められうるものなので、不同意ではあるが暴行・脅迫要件が充足されないという事態そのものが、基本的にはないのではないかと考えていたわけです。
必ずしもそうではない判例・裁判例があっても、そういう考え方が実務でも一般化し、また浸透していくことで、実務の扱いもそういう方向に統一されていくというふうに若干甘く見ていたのです。
その後、戦後の判例・裁判例をまとめて読み、また一線の裁判官や検事の話を実際に聞いてみると、ちょっと私がイメージしていたよりもより高いハードルを考えているのではないかという感触をもつに至りました。
そうなると、法律を変えない状態でその解釈を変えることで高いハードルを低くするのはなかなか難しいのではないかと考えるに至ったわけです。
法改正により暴行・脅迫よりも軽い要件を条文に書き込むということは十分考えて良いのではないかという意見を今はもっています。

刑法界の重鎮である井田良教授は、
暴行・脅迫よりも軽い要件を条文に書き込むということは十分考えて良いのではないかという意見を今はもっています
とのべました。

(再掲。時事通信)
現行の『強制性交等』の成立要件となっている『暴行または脅迫』を撤廃するとともに、同意に基づかない性交を罰する不同意性交罪を新設することなどが検討される

「暴行・脅迫」要件につきましては撤廃されるような予感がします。
不同意性交罪の新設についてはどうでしょうか。
この件に関して井田教授はつぎのようにのべています。

<32~33ページ>
2019年12月23日 井田 良 委員(中央大学大学院法務研究科教授)

他方で、正面から「不同意性交」を犯罪にすればよいということをおっしゃる人も多いのですが、「不同意」とは、法律上は極めて曖昧、多義的な言葉なのですね。
最高裁は騙した場合も不同意だと言っていますから、不同意という言葉を条文に書き込んでしまうと、騙した場合も入ってくるという話になってくる。
これは相当慎重に考えなければいけないことです。

ドイツは、2016年に不同意性交を正面から条文化したのですが、その後、偽計の問題が入ってきてしまって、今、学説上、大変な議論になっています。
多くの学説は偽計のケースは排除すべきだと言っているのですけれども、一部に支持する見解もあるのです。

そんなこともあり、日本で法律を変えるときには単に不同意性交とするのではなくて、中身をもうちょっと考えてきちんと要件化しなければいけない。
そうすると、それは何を認識しなければいけないかという故意の問題にも反映してきます。
そういう要件にあたる事実を認識していれば故意は否定されるし、これを認識していれば故意は否定されないというふうに、ある程度、明確な基準になるのだろうと思うのです。
いずれにしても、これらの点については、少し立ち入った専門的議論を今後行っていかなければいけないのだろうと考えております。

——————————————————–

(再掲。井田良 教授)
日本で法律を変えるときには単に不同意性交とするのではなくて、中身をもうちょっと考えてきちんと要件化しなければいけない

不同意性交罪は新設されるのでしょうか。
今後の論議が注目されます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年5月27日

香西咲さん
2018年5月28日


要らないですね。
だって #青木亮 も #洗脳 ? #AV強要 . #性接待 の強要…
全て私を人としてではなくモノ、金として扱ってきたのだから。

——————————————————–

いずれにしてもAV強要犯のようなやつらがこのまま野放しにされていることはないでしょう。
早期の逮捕、収監を望みます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。