AVの撮影をおこなった男が逮捕されました。AV新法ができないかぎり今後も種々の事件が頻出することでしょう。いま、政治は、香西咲さんたち被害者の声に応えなければなりません

昨日(2020年3月2日)、会社員の男が児童福祉法違反(淫行させる行為)の容疑で逮捕された、との報道がありました。

(参考。児童福祉法
第34条

何人も、次に掲げる行為をしてはならない。

六 児童に淫(いん)行をさせる行為

このたび逮捕された人物は、児童に対してどのようことをおこなったのでしょうか。
マスコミ各社の報道をみてみます。

2020年3月2日 読売新聞

(2020年3月2日 読売新聞「『ラジオ体操』の曲にレゲエダンス、考案の会社員の男逮捕…17歳少女とみだらな行為 」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年3月2日 読売新聞

神奈川県警は2日、東京都港区赤坂、会社員増渕朱公(しゅこう)容疑者(31)を児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で逮捕した。
増渕容疑者は「ラジオ体操」の曲にレゲエダンスを組み合わせた踊りの考案者として、メディアに取り上げられていた。

(※参考)

(2017年6月20日 朝日新聞「ラジオ体操がレゲエで再燃? 恋ダンスの次はこれだ!」より、引用。)

今のラジオ体操がNHKの放送で始まって約65年。いま、一風変わった「ラジオ体操」がじわじわと人気を集めている。流れるのはおなじみの「ラジオ体操第1」のメロディーだが、振り付けはレゲエ。「老若男女、誰でも踊れる」と話題になり、SNS上では「『恋ダンス』の次はこれ」との声も広がる。
(中略。)
「レゲエを知る人なら、誰でも踊れる動きです」と振り付けを考えたレゲエダンサー増渕朱公(しゅこう)さん(29)。増渕さんは大学時代にレゲエにはまり、映像制作会社で働きながらダンサーとして活動する。
(後略。

——————————————————–

2020年3月2日 読売新聞

県警幹部によると、増渕容疑者は女子生徒との動画を撮影。
動画は昨年7月頃からインターネットで販売され、約50~60万円の売り上げがあったという。

——————————————————–

(再掲。読売新聞)
増渕容疑者は女子生徒との動画を撮影

動画
と書かれています。
ほかのマスコミは、「アダルトビデオ」や「AV」という表現もつかっています。

2020年3月2日 日本テレビ

(2020年3月2日 日テレNEWS24「高2少女に“わいせつ”レゲエダンサー逮捕」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年3月2日 日テレNEWS24

警察によると、児童福祉法違反の疑いで逮捕された増渕朱公容疑者は去年4月、ツイッターで知り合った高校2年の女子生徒に、アダルトビデオの撮影としてわいせつな行為をした疑いが持たれている。
増渕容疑者は女子生徒に撮影料として4万円を支払い、撮影した動画をインターネットで販売していて、60万円ほどの売り上げがあったとみられている。

——————————————————–

2020年3月2日 TBS

(2020年3月2日 TBS「SNSで知り合った女子高生にみだらな行為、レゲエダンサーの男を逮捕」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年3月2日 TBS

レゲエダンサーとして活動している男が、アダルトビデオの撮影として女子高校生にみだらな行為をしたとして逮捕されました。

——————————————————–

2020年3月2日 TBS

増渕容疑者は去年4月、SNSで知り合った高校2年の女子生徒(当時16)に千葉県船橋市のホテルでアダルトビデオの撮影としてみだらな行為をした疑いが持たれています。
撮影した動画は販売されていて、およそ60万円の売り上げがあったとみられています。

——————————————————–

神奈川新聞は、よりくわしくこの事件を報じています。

2020年3月2日 神奈川新聞

(2020年3月2日 神奈川新聞「AV撮影で女子高生にみだらな行為 元レゲエダンサー逮捕」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年3月2日 神奈川新聞

アダルトビデオAV)の撮影目的で女子高校生にみだらな行為をさせたとして、県警少年捜査課と多摩署は2日、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、東京都港区、会社員の男(31)を逮捕した。

——————————————————–

2020年3月2日 神奈川新聞

逮捕容疑は、昨年4月21日、千葉県船橋市のホテルで、同県に住む高校2年の女子生徒(16)にAV撮影のため自身を相手にみだらな行為をさせた、としている。

——————————————————–

2020年3月2日 神奈川新聞

同課によると、撮影されたAVは昨年7月~今年1月ごろまで動画サイトで販売された。
同容疑者は「50~60万円の売り上げがあった」と供述。
女子生徒に売り上げの半分を払うと約束していたというが、女子生徒に渡ったのはモデル料を含め計7万円だった。

——————————————————–

AVプロダクションの関係者が以前、言っていたことばを思い出しました。

(2018年4月24日発売 週刊SPA!より、引用。)
(※この記事はネット配信されていません。)

<一部分を引用>
2018年4月24日発売 週刊SPA!

(AVプロダクションの関係者)
「(略)、AVとまったく関係のないJKビジネスを同列に並べ、両者がともに犯罪行為だと印象づけるような宣伝はフェアじゃない。18歳以下の子供を使ったJKビジネスは100%違法行為ですが、AVの99%以上は18歳以上の女優の意思を、しっかり尊重して作られているんですから」

18歳以下の子供を使ったJKビジネスは100%違法行為ですが、AVの99%以上は18歳以上の女優の意思を、しっかり尊重して作られているんですから
AV業界は今回、当該事件は自分たちとまったく関係がない、と胸を張っていることでしょう。
国民はそのようにうけとりません。

高校2年の女子生徒に、アダルトビデオの撮影としてわいせつな行為をした疑いが持たれている」(日本テレビ)
アダルトビデオの撮影として女子高校生にみだらな行為をした」(TBS)
AV撮影のため自身を相手にみだらな行為をさせた」(神奈川新聞)

このような部分だけが国民の脳裏に残ります。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

AV新法ができないかぎり、今後も種々の事件が頻出することでしょう。

(2019年5月24日 第7回 性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ「議事録」より、引用。)

<3ページ>
2019年5月24日 大竹裕子 オックスフォード大学 医療人類学部 リサーチフェロー

今回、関連のあるところとしては、社会・政策レベルで、性暴力に対する法的な制裁措置が弱かったりすると、性暴力が起こりやすくなると。
なぜなら、社会規範というものを法がつくっている部分があるために、人々の意識の中で、性暴力をどう捉えるかということが変わってしまうからだと言われています。

性暴力に対する法的な制裁措置が弱かったりすると、性暴力が起こりやすくなる
いま、政治は、香西咲さんたち被害者の声に応えなければなりません。
AV新法の制定がもとめられます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。