内閣府の青少年意見募集事業(その2)。AV出演強要は、だれもが巻き込まれる可能性のある暴虐な犯罪です。香西咲さんたち被害者の方々のうったえが自己責任論を淘汰しました

昨日のつづきです。
内閣府は2017年の秋、AV出演強要等に関して青少年から意見を募りました。
若者が、モデルやアイドル等の勧誘や、高収入アルバイトへの応募をきっかけに、いわゆるアダルトビデオ出演強要や「JKビジネス」と呼ばれる営業等により性的な暴力の被害に遭わないためにできることは何か。また、被害に遭ったときに、どのような場所・手段があれば相談しやすいか、青少年の皆様のご意見をお聞かせください
と。
質問の具体的な中身と、回答の一部を抜粋します。

平成29年度 第3回青少年意見募集事業結果より、引用。)

質問1-1 いわゆる「JKビジネス」といったアルバイトで働くことをきっかけに性的な行為を強要された等の問題が発生していることについて、聞いたことはありますか。
質問1-2 (質問1-1で「ある」と答えた方)どこで聞きましたか。
質問1-3 (質問1-1で「ある」と答えた方)そのとき、どのように感じましたか。
——————————————————–
質問2-1 モデル(雑誌モデル、読者モデル、グラビアモデル、カットモデル等)・アイドル等の勧誘やアルバイト等をきっかけに、契約時に聞いていない、同意していない性的な行為等の写真や動画の撮影に応じるよう求められるといった問題が発生していることについて、聞いたことはありますか。
質問2-2 (質問2-1で「ある」と答えた方)どこで聞きましたか。
質問2-3 (質問2-1で「ある」と答えた方)そのとき、どのように感じましたか。
——————————————————–
質問3-1 このような問題が起きる主な原因は何だと思いますか。

(回答)

・39.5% 若年層の性を売り物にすることについての問題意識が低い、社会風潮
・35.0% 若年層の性を売り物にする事業者
・31.1% お金などのために、自ら安易に性を売り物にする若年層
・26.0% 安易に若年層の性を買う大人
・18.1% 性犯罪などのより重大な被害に遭うおそれがあることを教えない学校
・15.8% 事業者や客に対する取締りや規制
・14.7% 子供のアルバイトについて関心や危険性の認識が低い、保護者や家庭
・5.1% その他

質問3-2 (質問3-1の回答について)選んだ理由をお書きください。

このような問題が起きる主な原因は何だと思いますか」に対して、一番多かった回答が、
若年層の性を売り物にすることについての問題意識が低い、社会風潮」(39.5%)
です。
昨日、この項目を選んだ理由を参照しました。

(参考。当ブログ)
2020年1月6日(昨日)

本日は、青少年が、「若年層の性を売り物にする事業者」(35.0%)と、「安易に若年層の性を買う大人」(26.0%)を選んだ理由をみてみます。
お金などのために、自ら安易に性を売り物にする若年層」(31.1%)につきましては、JKビジネスに対する回答だと思われますので、割愛します。

(再掲。回答)

(回答)

・39.5% 若年層の性を売り物にすることについての問題意識が低い、社会風潮
・35.0% 若年層の性を売り物にする事業者
・31.1% お金などのために、自ら安易に性を売り物にする若年層
・26.0% 安易に若年層の性を買う大人
・18.1% 性犯罪などのより重大な被害に遭うおそれがあることを教えない学校
・15.8% 事業者や客に対する取締りや規制
・14.7% 子供のアルバイトについて関心や危険性の認識が低い、保護者や家庭
・5.1% その他

若年層の性を売り物にする事業者」を選んだ理由

■規制の緩慢

そのような問題が起きるのは、根本的には商売としてやっている人がいるからだが、その商売の規制が不足していたり、若年層も安易に仕事を引き受けてしまう可能性も原因の一つだと思うから。(女/22歳/大学生・大学院生)
若年層の性を売り物にする事業者の出現が問題であるといえる。事業者が出現しなければ、ビジネスは成り立たたず、若者が被害者になることはないといえる。したがって、事業者の出現を阻止することが急務の課題だと考える。(女/25歳/正社員・正職員)
たとえ口約束でも契約のひとつで、まずそれを守らない事業者側の甘い考えに問題があること、それどころか刑事罰に発展するものも多く、これもバレなければセーフ程度にしか考えられていないのは、関係機関の取締や規制がまだ足りないところがあると思います。(男/23歳/大学生・大学院生)
事業者や大人は次から次へと出てくるため対策が取りづらい。(男/27歳/正社員・正職員)

■その他

バイト先を選ぶときに、その職業にまつわる過去のトラブルを熟知していれば「事前に知らされていない」という事態には巻き込まれにくいと思うから。(女/16歳/高校生)

——————————————————–

安易に若年層の性を買う大人」を選んだ理由

■需要と供給

需要がなければ、売り物にしたところで衰退していくが、買う人がいるからどんどん広がっていく。(男/28歳/正社員・正職員)

■社会全体の風潮・問題

当然だが、JKビジネスが成り立つということは、そこにお金を出している大人がいるということ。今の日本の全体的な問題でもあるが、ただ何の目的もなく生きている人が多過ぎる。その為、安易に自分の欲求を満たす方に流れてしまうと考えられる。(男/22歳/大学生・大学院生)

■大人の問題・責任

まだ判断能力などが完全には大人ではない若年層がそのような被害にあうのは、それを求めている大人がいるという事実があるからだと思うから。(女/16歳/高校生)
簡単に情報が流せる、見られる、大人側の問題が大きいと思う。お金がすべてのような世の中だと、子供でもお金がいちばんの価値観になる。自分を売り物にするには理由もあると思うので、貧困、自己肯定感の低さ、価値観など、若者自身も自分の価値を考えることが必要だと思う。簡単にバイトができて稼げるけど、落とし穴があることも知っていた方が良い。(女/21歳/パート・アルバイト・派遣社員・契約社員)
モラルのない大人が主体的に行う犯罪であり、被害者となる子や消費者層が積極的に関与しているとは思われないから。(女/22歳/大学生・大学院生)
大人が若者の無知などに漬け込むことで起きている問題だと思う。(女/26歳/正社員・正職員)
若者を巻き込んでいる大人が悪いから。大人が正しい識別能力をもって「買わなければ」問題は起きないから。(女/20歳/大学生・大学院生)
未成年の子供たちは大人が守ってあげないといけないし、安易な気持ちで選んだ選択が取り返しのつかないことになりやすい年代なため大人から騙しに行くことはおかしい。(女/19歳/大学生・大学院生)
騙されたりしてしまう子もいるのは把握しているが、どこか危ないことだよくないことだと思いながらも駅で相手を探したり、お金を貰えるからといった理由で自らやってるJKもいるから、そこに目をつける大人がいても仕方がないと思う。(女/19歳/大学生・大学院生)

■その他

この問題を取り巻く被害者も加害者も、関わる人やこと全てに問題があると思うから。(女/21歳/大学生・大学院生)
「ビジネスの為なら何でもする」という考えの下、女性を人間として見ていないことが原因ではないかと思います。(男/22歳/大学生・大学院生)

——————————————————–

昨日のブログでもふれました。
内閣府は、こうした青少年の声を施策の参考にする、と言っています。

内閣府のホームページより。)

いただいた意見は、関係省庁に送付し、青少年施策を始めとする国の施策の企画・立案の参考として活用するほか、内閣府ホームページ等を通じて公開し、今後の青少年の社会参加意識の向上に役立てることとしています。

(再掲。回答)
この問題を取り巻く被害者も加害者も、関わる人やこと全てに問題があると思うから。(女/21歳/大学生・大学院生)
大人が若者の無知などに漬け込むことで起きている問題だと思う。(女/26歳/正社員・正職員)

AV出演強要等の被害は、被害者にも責任があるのでしょうか。

(2019年4月15日 政府インターネットテレビ「ピックアップ!~霞が関からのお知らせ~ひとりで悩まず相談を!いわゆるAV出演強要・JKビジネス問題」より。)

(※音声の文字化は、筆者。)
池永肇恵 内閣府男女共同参画局長

4月は、AV出演強要・JKビジネス等被害防止月間です。
とりしまりや被害防止のための教育、啓発の強化、相談体制の充実など、政府一体となって対策にとりくんでいます。

被害をうけたかたは、自分が気をつけていれば、などと、自分をせめたりしないでください。
悪いのは、たくみに騙してくる加害者です

——————————————————–

(2019年4月22日 第100回女性に対する暴力に関する専門調査会 資料4-7より、引用。)

(再掲)

AV出演強要問題・「JKビジネス」等被害防止月間(4月)における広報展開(平成31年度)

訴求ポイント

・性的な行為について、自分が嫌なことは拒否でき、また、相手側も嫌がることをやってはいけないこと。
・専門的な支援を行う相談先があるので、不安なことがあれば、ひとりで悩まず相談してほしいこと。
AVJK問題は被害者の自己責任とする風潮を改め、社会の問題意識を高めること

政府の見解はこうです。
悪いのは、たくみに騙してくる加害者です
AVJK問題は被害者の自己責任とする風潮を改め、社会の問題意識を高めること

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年3月5日

経験者しか分からないと思いますが
第三者との連絡をいつの間にか、本人も気付かぬうちに遮断させられていきます。
そしてキッパリ断れる様な女の子の方が少ないと思います。
そこまで追い込まれます。
そんな簡単な話ではありません。

香西咲さん
2016年11月14日

悪徳AVプロダクションの常套手段の1つ。
家族や友達と遮断し自分はAVの世界でしか生きていけないかのように思い込ませる。
そうすると女優は逃げたくてもなかなか逃げられない。

——————————————————–

AV出演強要は、だれもが巻き込まれる可能性のある暴虐な犯罪です。
現在、日本は、AV強要をおこなった犯罪者を野放しにしています。
日本は犯罪者に屈するのでしょうか。
まもなくその答が出ます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。