第5次男女共同参画基本計画の策定作業がはじまりました(その3)。香西咲さんたちにAV強要をおこなって暴利を貪った業界の落日を眺めさせていただきます

一昨日から男女共同参画基本計画についてみています。

(参考。当ブログ)
2019年12月10日(一昨日)
2019年12月11日(昨日)

政府はこれまで、5年おきに同計画を改定してきました。

(参考。内閣府「男女共同参画基本計画」より。)
<男女共同参画基本計画の推移>
2000年(平成12年)12月決定 第1次男女共同参画基本計画
  5年後
2005年(平成17年)12月決定 第2次男女共同参画基本計画
  5年後
2010年(平成22年)12月17日決定 第3次男女共同参画基本計画
  5年後
2015年(平成27年)12月25日決定 第4次男女共同参画基本計画
——————————————————–
  5年後
2020年12月 第5次男女共同参画基本計画

内閣府は先月の末(2019年11月27日)、第5次男女共同参画基本計画の策定に向けて、専門調査会を立ち上げました。

(参考)

第5次基本計画策定専門調査会

・2019年11月27日 第1回 開催状況及&会議資料

来年(2020年)の12月に策定される第5次男女共同参画基本計画には、AV出演強要問題が盛り込まれるであろう、と考えます。

(参考。当ブログ)
2019年12月11日(昨日)

本日は、現在運用されている第4次男女共同参画基本計画をながめてみます。
同計画は、いまから4年前(2015年12月25日)に策定されました。
AV出演強要に関する記述はありません。
本文を読む前に、まずは概要を確認します。

(第4次男女共同参画基本計画【平成27年12月25日決定】 概要より、引用。)

第4次男女共同参画基本計画(概要)①

(※一部を抜粋)
男女共同参画社会基本法に基づき、施策の総合的かつ計画的推進を図るため、平成37年度末までの『基本的な考え方』並びに平成32年度末までを見通した『施策の基本的方向』及び『具体的な取組』を定めるもの

(※一部を抜粋)
第1部 基本的な方針
  |
目指すべき社会
  |
④男女共同参画を我が国における最重要課題として位置づけ、国際的な評価を得られる社会

(※一部を抜粋)
第1部 基本的な方針
  |
4次計画で改めて強調している視点
  |
⑤女性に対する暴力の状況の多様化に対応しつつ、女性に対する暴力の根絶に向けた取組を強化
——————————————————–

第4次男女共同参画基本計画(概要)③

(※一部を抜粋)
第2部 施策の基本的方向と具体的な取組
  |
政策領域Ⅱ 安全・安心な暮らしの実現
  |
⑦女性に対するあらゆる暴力の根絶
・ 予防と根絶のための基盤整備、配偶者等からの暴力、ストーカー事案、性犯罪、子どもに対する性的な暴力、売買春、人身取引、メディアにおける性・暴力表現への対策
——————————————————–

メディアにおける性・暴力表現への対策」との記述が気になりました。
第4次男女共同参画基本計画は、「平成32年度末(2021年3月)」まで運用されます。
同計画の本文を確認します。

メディアにおける性・暴力表現への対策

(2015年12月25日 第4次男女共同参画基本計画「第7分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶」より、引用。)

2015年12月25日 第4次男女共同参画基本計画「第7分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶」
<82~83ページ>

9 メディアにおける性・暴力表現への対応

施策の基本的方向

女性を専ら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける性・暴力表現は、男女共同参画社会の形成を大きく阻害するものであり、女性に対する人権侵害となるものもある。
こうした性・暴力表現については、インターネットの普及等により、発信主体が社会一般に拡大していることに加え、一度流通したコンテンツの削除が非常に困難になっているという状況を踏まえた対策を推進する。

具体的な取組

ア 広報啓発の推進
① 女性を専ら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける性・暴力表現は、男女共同参画社会の形成を大きく阻害するものであるという観点から、関係機関・団体等と連携して児童の権利の保障や青少年を取り巻く有害環境浄化に関する広報啓発を行うとともに、メディア・リテラシー向上のための取組を推進する。

イ 流通防止対策等の推進
①(略。)

② わいせつな雑誌、コンピューターソフト、ビデオやインターネット上の情報について、法令に基づいた厳正な取締りに努めるほか、業界による自主規制などの取組を促す。

③ (略。)

④ メディア産業の性・暴力表現について、DVDやインターネット上での取扱いを含め、自主規制等の取組を促進する。

(再掲。第4次男女共同参画基本計画)
女性を専ら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける性・暴力表現
業界による自主規制などの取組を促す
自主規制等の取組を促進する

くりかえします。
第4次男女共同参画基本計画は、2015年12月25日に策定されました。
AV出演強要に関する記述はありません。
当時はAV出演強要の事実がおおやけのものとなっていませんでした。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月8日

一生自分の中だけに留めて置かなければいけない、と思った時に気が触れてしまいました。

吐き出す事で過去を清算できる機会を頂けて、救われました。

香西咲さん
2016年7月14日

今まで人間とは思えない仕打ちを受け続けてきた事、やっと吐き出す事ができました。
こんな私ですが今も変わらず好きでいてくださる方、本当にありがとうございます。
何度も言うけれど今後私はその人たちを大切に生きていくのみです。
「おまえ明日死ぬかもしれないんだから(←青木亮の口癖)」

香西咲さん
2016年12月20日

第4次男女共同参画基本計画によりますと、「女性を専ら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける性・暴力表現」については、「業界による自主規制などの取組を促す」「自主規制等の取組を促進する」となっています。
同計画が策定されたあと、AV出演強要の実態があきらかになりました。
自主規制等の取組」程度で収まるのでしょうか。

(2019年2月5日「Safer Internet Day 2019 シンポジウム」より、引用。改行を施しています。)

2019年2月5日 宮崎政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長(衆議院議員)

宮﨑氏からは、AV出演強要問題に特有の論点について指摘がありました。

すなわち、この問題の難しさは、様々な社会現象が絡み合っているところにあるため、的を絞った議論が必要である点にある。

この問題を検討する際に考慮すべき権利をとってみても、表現の自由や営業の自由、さらには職業選択の自由等、多様な権利が関わってくるが、これらの権利に配慮しつつ、いかに公共の利益との調整を図るべきかを見極めた対策が必要であると語りました。

また、性に関わることは通常秘め事と位置づけられるものであり、AV作品にかかる表現の自由を検討するにあたっては、その表現内容の性質から自ずと制約を受けるところがあるという風に考えているという指摘がありました。

——————————————————–

(再掲。2019年2月5日 宮崎政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長)
いかに公共の利益との調整を図るべきかを見極めた対策が必要である

AV作品にかかる表現の自由を検討するにあたっては、その表現内容の性質から自ずと制約を受けるところがある

(ライトハウスのツイートより、引用。)

ライトハウス
<2019年6月20日>

(再掲)

先日13日に行われた自民党「#性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」にて #AV出演強要 問題対策プロジェクトチームのとかしき議員から、ビッグニュースが!AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法を目指すということです!

左から4人目のかたが、宮崎政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長です。)
——————————————————–

疾風怒濤、ということばが脳裏を過ぎりました。
疾風(しっぷう)ははげしい風、怒濤(どとう)は荒れ狂う波です。
これから世の中がおおきくかわる。
そのような予感がします。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。