矢野恵美教授が言及した高松高裁の昭和47年9月29日判決(その7)。香西咲さんのAV強要被害。強姦魔に待っているのは賠償金の支払いと収監です

6回にわたりまして、昭和47年(1972年)9月29日に出された高松高裁判決をみてきました。

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<26ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

(略)、強姦罪における暴行、脅迫というのは「被害者の抵抗を著しく困難にする程度」という、割と強い要件が設けられているために、強要されて嫌々出演していても、現場で強い暴行・脅迫これに当たらないかのように見えてしまうという問題が実際にあるのではないかと思います。

ただ、判例を見ますと、(略)、脅迫と姦淫の間の期間が2週間あったというケースで、実際に性行為に及んだときには被害者は同意していたという形でも、強姦罪を認めた判例もございます。

(参考。当ブログ)
2019年11月6日(Bさんの被害①)
2019年11月7日(Bさんの被害②)
2019年11月8日(Bさんの被害③)
2019年11月9日(Jさんの被害①)
2019年11月10日(Jさんの被害②)
2019年11月11日(Jさんの被害③)

判決文によりますと、被告人のAは2人の女性を蹂躙しています。
Aは、商店の代表取締役です。
裁判官は情状酌量をおこなったのでしょうか。

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

「被告人Aは、前記会社(日用雑貨・食料品などの販売を目的とする株式会社)の代表取締役社長として同社の経営全般を掌理する立場にあつた」

——————————————————–

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

同被告人は、前記会社の全従業員を指導監督する地位にありながら、原判示の「E」(同会社の支店。高知市cd丁目)の品物を万引した木件各被害者らに対し、正当な法律手続によることなく、私利私欲を満たすため、いわば私的制裁ともいうべき方法により、各被害者らが万引をした弱身に付け込んで因縁をつけ、単独又は従業員と共謀のうえ、恐喝、強姦、傷害の本件各犯行に及んだ」
「各被害者らはすべて女性であつて同女らの他聞をはばかる弱点に乗じた点は、その手段方法において極めて悪質である」
「社会に与えた影響も少なくない」
「原判決が、被告人Aを懲役3年に処したのは十分首肯しうる量刑である」

当該判決文のなかで裁判官は、BさんとJさんの被害について詳述しています。
被害者はこのお2人だけでなかったようです。

恐喝

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

「被告人Aは、(略)恐喝の各被害者であるM、N、OおよびPに対し、それぞれ喝取金額を弁償して同人らとの間に示談を成立」

被告人のAは、Mさん、Nさん、Oさん、Pさんからお金を脅し取りました。
そう言えば、強姦したBさんに対しても不当な金額を要求していました。

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

<強姦されたBさんの場合>
昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

「昭和40年(1965年)11月5日午後0時30分ごろ、同会社の支店である高知市cd丁目「E」において、同店保安係Fが、代金154円に相当する同店の商品を万引したB(昭和18年8月10日生)を現行犯人として逮捕」

「その幼児2人(3才と2才)とともに同店3階事務室に連行した」

——————————————————–

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

「『あなたは一ぺんじやない何回も盗みをしちよるろう』」
「『ただじやすませんきに一時金として5,000円出してくれ』」
「『5,000円の金が一ぺんにできざつたら5丁目の警察へ突き出すぞ』」
「『逃げたら警察へ言うぞ』」
「『かくて1週間、長くて1ケ月は入らねばならぬぞ』」

「次いで同女の耳元に口を寄せて小さな声で、『a町ぢやつたら水商売をしよるろうが、お金ができんことは判つたが警察へ行くか、身体を張つたら今日のがは許しちやる。1回で5,000円を精算してやる。あんたところはどの道を通つて行くか』」

——————————————————–

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

(Bさんに)一時金5,000円を工面する資力はなく、幼児2人が階下で泣いており、もし警察に申告されれば処罰を受け幼児2人を残して刑務所に行かねばならないことになるかも判らないと畏怖し困惑」

「被告人Aと情交関係を結ぶのもやむを得ない」

「同被告人に対し、『都合の良い日にお電話をします』と承諾の返事」

「同被告人から同店の電話番号を教えてもらい、ようやく帰宅を許された」

——————————————————–

暴力

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

傷害の各被害者であるQおよびRに対し謝罪をして同女らも被告人Aの厳罰を望んでいない」

(再掲)
傷害の各被害者であるQおよびR

強姦の別の被害者のJさんも、暴力をふるわれています。

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

<強姦されたJさんの場合>
昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

「同室においていきなり同女の顔面を平手で2、3回殴打し、妊娠5ケ月の同女の腹部を足蹴りにするなどの暴行」

「泣いて万引したことを謝罪する同女から住所・家族関係・経歴などを尋ねたうえ同女に対し、『今すぐ警察へ行くか、主人にもばらすぞ』とか『警察を呼ぶぞ』」

「次いで同女の手を握り、『俺の言うことを聞くか。警察や主人に言わないから俺の言うことを聞け』と申し向け、前記万引の事実を警察や夫に申告しないことの代償として情交関係を結ぶことを要求した」

——————————————————–

強姦

被告人のAは、BさんとJさん以外のかたも、強姦しています。

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

強姦の被害者Sに対しては金3万円を支払い、同女も同被告人を宥恕」

強姦の被害者S
Sさんとは示談が成立したようです。

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

「原判示第二の(二)の強姦の被害者Jに対しては金10万円を支払つて示談を成立させている」

判決文のなかで詳述されているJさんも、示談におうじました。
Aの罪は軽減されたのでしょうか。

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

犯罪により被害を蒙つたものにその損害の賠償をするのは当然」
「右程度の被害弁償がなされたからといつて特に刑を減軽するにはあたらない」
「その他記録に現われた被告人Aの現在の心境、職業、社会的地位、経歴、家族関係など同被告人に有利な情状を十分斟酌しても、前記説示のような本件の各犯情に照らすと、同被告人が原判決(懲役3年)程度の実刑処分を受けるのはやむをえない」

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月27日

#AV強要 で多数の女性の人生を台無しにしてきた #青木亮 さん
知り合った頃の私の20代の健康と
#性的搾取 #人身売買 #枕営業 の強要、誠意を持って謝罪し、本来なら活動出来ていたであろう損害を賠償してください。

全てを失った私は丸1日さえまともに動けず、生きる事に疲れてしまいました。

(再掲。高松高裁)
犯罪により被害を蒙つたものにその損害の賠償をするのは当然

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月31日

(前略。)
彼ら一部の略式起訴からちょうど1年が経ちました。
来年は犯罪者達に性犯罪で刑務所に入って頂き、少しでも性犯罪の抑止力になります様に努めます。
一度壊してしまった健康は賠償では取り戻せません。
#AV強要
#MeToo

香西咲さん
2018年8月22日

#AV強要
#青木亮
#アットハニーズ
#キュンクリエイト
#honeypopcorn
#HONEYPOPCORNにだまされないで
#矢島義也

散々人を強要、強姦しておいて「見舞金」と称してデビュー一本分にも満たない金額支払って謝りもせずに済むと思ってるの?
強姦事件は数年かかるのは当たり前。ここからがスタート

(再掲。高松高裁)
右程度の被害弁償がなされたからといつて特に刑を減軽するにはあたらない

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月4日

#WILL #DMM も世間的には大問題ですが。

私の一番の目的は #青木亮 の
#AV強要
#性的搾取
#人身売買
大樹総研に対する #SEX強要
の罪で刑務所入っていただく事には変わらないです。
それが終わったらひっそりと暮らしたい。
本当の意味でやっと社会復帰。

(再掲。高松高裁)
その他記録に現われた被告人Aの現在の心境、職業、社会的地位、経歴、家族関係など同被告人に有利な情状を十分斟酌しても、前記説示のような本件の各犯情に照らすと、同被告人が原判決(懲役3年)程度の実刑処分を受けるのはやむをえない

まずは犯罪者の逮捕が待たれます。
警察におかれましては、
「給料どろぼう」
と言われないよう、職務に精励してください。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。