矢野恵美教授が言及した高松高裁の昭和47年9月29日判決(その4)。香西咲さんも抵抗することができない状態となりました。警察はなぜ犯人を逮捕しないのでしょうか

3回にわたり、強姦に関する1972年9月29日の高松高裁判決をふりかえってみました。

(参考。当ブログ)
2019年11月6日(その1)
2019年11月7日(その2)
2019年11月8日(その3)

当該裁判は、Aという男が、Bさんに対しておこなった所行について争われました。

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<26ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

(略)、脅迫と姦淫の間の期間が2週間あったというケースで、実際に性行為に及んだときには被害者は同意していたという形でも、強姦罪を認めた判例もございます。

被告人のAはBさんだけではなく、別の女性も毒牙にかけています。
Bさんのときと同様に、まずは事件のあらましをみてみます。

強姦の被害者 ~Jさんの場合

(昭和47年【1972年】9月29日 高松高等裁判所「判決文」より、引用。)

昭和47年(1972年)9月29日 高松高等裁判所

(J【昭和12年9月1日生】は)昭和41年1月23日午後4時30分ごろ、前記支店(高知市cd丁目「E」)において、(略)、428円に相当する同店の商品を万引(窃盗)した」
(同店保安係のFは)Jを現行犯人として逮捕して三階事務室西側和室に連行」
「(被告人A【日用雑貨・食料品などの販売を目的とする株式会社Dの代表取締役】は)前記F(同店保安係から)氏名、年令・職業・住所などを記載した始末書を提出させた旨の報告を受けるや、同女を姦淫しようと決意」
「同室においていきなり同女の顔面を平手で2、3回殴打し、妊娠5ケ月の同女の腹部を足蹴りにするなどの暴行」
「泣いて万引したことを謝罪する同女から住所・家族関係・経歴などを尋ねたうえ同女に対し、『今すぐ警察へ行くか、主人にもばらすぞ』とか『警察を呼ぶぞ』」
「次いで同女の手を握り、『俺の言うことを聞くか。警察や主人に言わないから俺の言うことを聞け』と申し向け、前記万引の事実を警察や夫に申告しないことの代償として情交関係を結ぶことを要求した」
「Jは、最初に結婚した夫と別れた後、昭和40年3月ごろLと内縁関係を結び、当時妊娠5ケ月であつた」
「被告人Aから前記万引の事実を警察へ申告されたり内縁の夫に告げられたりなどすると処罰を受けることになつたり内縁の夫から離別されることになるかもしれない」
畏怖し困惑の末、同被告人と情交関係を結ぶのもやむを得ないと考え、同被告人に対し情交関係に応ずる旨の返事をした」
「同被告人から日を指定されて、『今日は遅いので帰つてよいが、その日に電話をするように』と言われ同支店の電話番号を教えられて帰宅を許された」
Jは、帰宅後、被告人Aの前記言動に思い悩み、夜も眠れないような状態が続いた」
「同被告人に住所も知られていたので困り果て、その2、3日後の被告人Aから指定された日の夕刻に電話をした」
「同被告人は支店から帰つていなかつたが、事務員から、同被告人が怒つて帰つたことを聞き、同被告人の出勤日を聞いて電話を切り、再び同被告人の出勤日に電話をした」
当日はJの内縁の夫が病気で休んでいたので、同被告人に都合が悪い旨告げたところ、同被告人から同年2月8日(ごろ)に電話をするよう指示された」
「Jは、同月(2月)8日同市(高知市)内3丁目の電車停留所附近の公衆電話で同被告人に電話した」
「同被告人が間もなく自動車を運転して同所に来たので、これに同乗し、同市同市(高知市)ef番地ホテル「K」に向つた」
「被告人Aは、同日(8日)午後3時ごろ、Jを伴つて同ホテル客室に入り、女中に部屋代を支払つた」
Jが同被告人の前記言動によって意のままになるのに乗じ、同室ベワド(※原文のまま)において、同女を姦淫した」
「Jは、右姦淫終了後、被告人Aから3月にも電話をしてくれと言われたが、その後は何らの交渉もなかつた」

——————————————————–

Aは1月23日、Jさんに対して「情交関係を結ぶことを要求」しました。
JさんはAの要求に応じました。
Aは16日後の2月8日に、Jさんを姦淫しました。
強姦罪がみとめられるためには、「被害者の抗拒を著しく困難ならしめる程度」の行為が介在していなければなりません。
A側は以下のように抗弁しました。
同女に暴行を加えたのは大切な商品を万引されたことに対する感情的な激憤の余り」、
同女に対して『警察へ申告する』と告げたのは被告人Aが真実その意思で窃盗犯人に告げたのである
と。
かりに、被告人Aが強姦の故意に基づいてJに暴行・脅迫を加えたとしても、その暴行・脅迫は強姦罪における相手方の反抗を抑圧する程度に足りないものである
と。
AがJさんにおこなった行為をもう一度、確認します。

(再掲。高松高裁判決)
今すぐ警察へ行くか、主人にもばらすぞ
警察を呼ぶぞ
俺の言うことを聞くか。警察や主人に言わないから俺の言うことを聞け

高松高裁の裁判官は、
前記脅迫は優にJの抗拒を著しく困難ならしめる程度のものであつたと認めるのが相当である
と判事しました。

AV業界でも、「抗拒を著しく困難ならしめる程度」の脅迫がごく日常的におこなわれているようです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月24日

青木は本当に自分の手を汚さない。やってくるのは洗脳と脅迫と泣き脅し。

香西咲さん
2018年2月6日

私は下記の方々を訪問する度に『よく生きてたね!』と言われる程です。
それは #能川拓也 氏が『ひと1人消えてもおかしくない。東京湾に沈められる。そろそろ自分の立ち位置考えた方が良いのでは?』
と散々命に関わる脅迫をしてきてたからですね。アタッカーズやオルガ、セクシーJのカメラマン。

香西咲さん
2018年2月27日

先週末も #認知行動療法 通えませんでした。
#青木亮 に #AV強要 されていた時のものに対して脅迫めいたものも届いております。
#青木亮 助けてください。認知行動療法にもどれだけ人の命を苦しめているものか、一度病院と大学院でご覧頂きたいです。 #青木亮 によって殺されかけている私の現状を。

(2016年12月13日 第85回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<25~26ページ>
平川和子 委員(東京フェミニストセラピィセンター所長)

従来、ポルノグラフィーというのは表現の問題として議論されることはあっても、AVが制作される過程の中で、実は女優となる出演する女性が強姦被害に遭っており、しかも、数人の男性に囲まれて、同意のない性行為をさせられているということです。

既ポルノ制作の過程で性暴力被害が起きているという構造的問題をきちんと報告書に書き込む必要があるのではないかと思います。

またAVに関しては従来から表現の問題である観点から、たかだかわいせつ物としての取り締まりが行われてきたといっても過言ではないと思いますが、一旦はこの立場からの議論を保留にしたうえで、AV制作過程において性暴力が行われているのだという書き込みをする必要があるかと思います。

——————————————————–

AV出演強要と強姦(強制性交等)は同義です。
日々、強姦(強制性交等)をおこなっているAV業界の殲滅が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。