AV強要。立川市の谷山きょう子議員による4年前の論説(その3)。AV業界人は人格破綻者です。香西咲さんの被害をみてもあきらかです。殲滅する以外に術はありません

一昨日より、立川市で市会議員をされている谷山きょう子さんが過去におこなった質疑をみています。

2015年12月4日 立川市 市議会 会議録 平成27年12月 定例会(第4回) 12月04日-24号

質疑の内容は、AV出演強要や性暴力に関するものです。

(参考。当ブログ)
2019年8月31日
2019年9月1日

本日も会議録を参照します。

(2015年12月4日 立川市 市議会 会議録「平成27年12月 定例会(第4回) 12月04日-24号」より、引用。)

2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

最後に、③発達に応じた性の学習権(子どもの権利の保障)についてお聞きいたします。

性暴力被害者を対象者とするフリーソーシャルワーカーの宮本節子さんから、ポルノ被害と性暴力をなくしていくには、幼いころから女と男は対等だという性教育が大切ですとおっしゃっておりました。

宮本節子さんはのちに、「AV出演を強要された彼女たち」を上梓されました。

2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

性とは差別するものではなく、区別するものであると私は考えます。

性は人間にとって生き方や人格を左右する重要な問題です。
ポルノによるゆがんだ性情報があふれている社会において、人権庇護の立場から、両性の平等と性に関する適切な知識を学ぶことは、性の貧困化を食いとめる有効な手段だと考えます。

早期化する体の成熟に比べて、未熟な児童の性的知識であることや、1990年から2008年までに高校3年生の性交経験率は5分の1から半数へと急増し、その3割が性感染症と避妊に必要な注意をしていなかったという報告があります。

また、子どもの性被害、加害経験の多さも深刻です。
発達に応じた性の学習権を保障することが必要であり、子どもの権利であると私は考えます。

そこでお聞きいたします。
小学校、中学校での学習指導要領による性教育について、どのようになっていますでしょうか。

2015年12月4日 新土克也 立川市 教育部長

小中学校の学習指導要領には性教育という項目はございませんが、安全に関する指導及び心身の健康の保持・増進に関する指導は、保健体育科や家庭科などにおいてさまざまな特質に応じて適切に行うよう努めることが規定されております。
中学校保健体育科の保健分野では、異性の尊重、情報への適切な対処や行動の選択が必要になることについて取り扱うものと示されております。
また、中学校技術家庭科の家庭分野では、自分の成長と家族や家族生活とのかかわりについて学習することになっております。
以上です。

2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

韓国では、2004年の性売買防止法で小学校から高校まで性売買予防教育が義務づけられました。
各学校に1名、性教育担当教師がおり、両性平等としての側面が強く、中学校ではポルノの影響や性の商品化についても触れております。

日本でもこのような性暴力予防・性売買予防教育などの教育が幼いときから必要だと考えますが、こういった韓国の性売買予防教育についての市の御見解をお聞かせください。

2015年12月4日 新土克也 立川市 教育部長

先ほども御答弁いたしましたが、今後も学習指導要領に即して保健体育科や家庭科等の教材や人権教育を推進する中で指導するとともに、セーフティ教室や情報モラル教育を通して危機回避の能力を高めてまいりたいというふうに考えているところです。

2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

つい大人は性教育に対して、自然にわかるとか、または子どもの発達に合わせてとか、学習に適したときにとか、寝た子を起こすなという論で姑息に逃げようとします。
しかし、私はどこから来たのかの問いには、やがてなぜここにいるのか、なぜここにいてよいのか、なぜかけがえのない私なのかと、子どもたちは正しく自分を理解し、存在理由を確認するために性の質問が電話相談にかかってくるというふうに聞いております。

学校で教えられる前に、あふれる情報環境から、現代の子どもたちは性が商品化されたポルノを含めて、性について既にもう知っております。

幼児、小学校、大人向けに御紹介いたします。
「あっ!そうなんだ!性と生」という本がございます。
ここには、おしっこの仕方は女の子と男の子ではなぜ違うのかという男女の排泄の違いや、おしっこの出口はどうやって洗うのというページでは、かわいくてわかりやすいイラストつきで紹介しております。
これは、自分の体は自分で洗うことが大切で、プライベートゾーンとして他人に見せたり触れさせるものではないと、自分を大切にするように導かれております。
性犯罪から自分を守るということにもなります。
ほかに、赤ちゃんはどこからどうやって生まれるのとか、人が死ぬということはどういうことということ、生きること、死ぬことについても触れております。

ここでお聞きします。
幼児期には嫌なことは嫌と言い、自分と他人の体と心を大切にできること、性教育の一歩と考えますが、そういった取り組みは今まで市としてはなされてきましたでしょうか。
お聞かせください。

2015年12月4日 松村正一 立川市 子ども家庭部長

保育園におきましては、保育所保育指針に基づき、子どもの発達段階に応じて生命の保持、情緒の安定に配慮した保育を行い、子どもの生活や遊びを通して相互に関連を持ちながら総合的に展開することと示されており、着がえやトイレの指導、一人一人がかけがえのない存在であるという生命の大切さの話、女児と男児の体の違いや安全教育など、子どもたちの発達段階や状況に応じて、日ごろの生活や遊びの中で随時教育的指導を行っております。

2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

その子のタイミングに合わせて適宜対応されているというお話でしたが、やはりこれは子どもたちの周りには児童ポルノ、そういったポルノを含めて性に関する情報が氾濫しております。

その時を見てというよりも、やはりこういう現状があるんだよということを最初からしっかり、一律にというと、なかなか東京都の教育委員会がそうではないからとか、国がとか、そういったことになるとは思うんですけれども、現実問題として、子どもたちがそういった性犯罪に巻き込まれているという現状もございますので、やはりそういった早い、今御紹介した本のように、現実として男と女の体の違いから排泄の仕方の違いや、そういったところから自分の大切なところを人に見せてはいけない、嫌だということをはっきりノーというふうに言うというところからしっかり子どもたちに教えてあげることが、私は母親でありますので、大切だと考えております。

ここでお聞きします。
幼児期には嫌なことは嫌と言い、自分と他人の体と心を大切にできること、性教育の一歩と考えますが、そういった取り組みは今まで……ごめんなさい、今お聞きしましたね。すみません。

“人間と性”教育協議会の安達倭雅子さんは、どんな人とどんな関係を育むかについて、いかに人間として自由であり得るかが問われています、それを学習するのが性教育ですというふうにおっしゃっております。
性が人権として学習されていくのが性教育といえますということです。
私は、しっかりと大人が家庭や教育の場で、そして暮らしの中で性教育が幼児期から段階的に行われることが自然であり、大切であると考えます。
ぜひ人権教育として性を学ぶ子どもの権利の保障をしていくという取り組みとともに、立川市として子どもにかかわる部署と男女平等参画課が横断的に連携し、子どもと女性の人権を守る政策づくりを進めていってくださいますよう要望といたします。

以上、私の質問は終わります。

——————————————————–

(再掲。会議録)
2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

ポルノによるゆがんだ性情報があふれている社会において、人権庇護の立場から、両性の平等と性に関する適切な知識を学ぶことは、性の貧困化を食いとめる有効な手段だと考えます。

2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

これは、自分の体は自分で洗うことが大切で、プライベートゾーンとして他人に見せたり触れさせるものではないと、自分を大切にするように導かれております。
性犯罪から自分を守るということにもなります。

2015年12月4日 谷山きょう子 立川市 市議会議員(生活者ネットワーク)

(略)自分の大切なところを人に見せてはいけない、嫌だということをはっきりノーというふうに言うというところからしっかり子どもたちに教えてあげることが、私は母親でありますので、大切だと考えております。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年8月17日

『過去の性教育の曖昧さのツケが、
現代若者の“望まない妊娠、性病、AV強要…”等の被害を生んでいる一つの原因なのではないでしょうか。』
と、何かの取材に声を上げそうになって目が覚めた。
家だ。

あ、おはようございます

香西咲さん
2018年1月13日

#AV強要 問題が解決してもし母親になる事が許されるのなら、
子供達には私の成功や失敗99%話したいです。
世の中に潜む落し穴や、華やかな表舞台の裏に巣窟する闇社会。
ハイエナに取って女性は若いだけで価値がある事。
あと私の母親は18歳で死別しているので孫まで育てられる位逞しい祖母になりたい笑

——————————————————–

(再掲。谷山きょう子 立川市 市議会議員)
性が人権として学習されていくのが性教育

ぼくは個人的に、性教育と併せて「騎士道精神」の涵養(かんよう)も重要である、と考えます。
騎士道とは、中世(300年代の末~1400年代の中頃)のヨーロッパにおいて、小貴族(騎士)がもっていた気風のことです。
ちなみに当時の小貴族(騎士)は、一国(小国)の主です。

(2019年3月12日 BUSINESS INSIDER JAPAN(「『日本人はなぜ席を譲らない?』とツイートしたら『レディーファーストって意味不明』と猛反発された」より、引用。改行を施しています。)

2019年3月12日 BUSINESS INSIDER JAPAN

日本の男性たちは何故「レディーファースト」ができないのか?
その答えはおそらくシンプルだ。
「知らないから」だ。
通常、日本で育つ男の子たちは「紳士たるもの、女性を守り、敬意をもって大切に扱わなくてはならない」という騎士道精神や、「女性をエスコートする際のマナー」の基本を、家でも学校でも教えられない(同様に女の子も、エスコートのされ方を教えられない)。
いろんな国の友人たちを見ていて、こういうマナーの教育は、やはり子ども時代からの親や周囲の大人によるトレーニングと、習慣の刷り込みが大きいと感じる。

紳士たるもの、女性を守り、敬意をもって大切に扱わなくてはならない
これが騎士道精神です。

(2016年6月24日 withnews「私がアダルトビデオに出演させられるまでに起きたこと 被害の実態」より、引用。改行を施しています。)

2016年6月24日 withnews

「カメラを止めて下さい」
と懇願し、
「もうできない」
と訴えても、
「お前はただ耐えればいい」
と言われるだけだった。
現場から裸のまま逃げたこともあったが、エレベーターの前で捕まって連れ戻された

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

AV業界人は人格破綻者です。
矯正は不可能です。
殲滅する以外に術はありません。
そのときが刻々と近づいてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。