自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT事務局長の宮崎政久議員がかつておこなった国会質疑(その5)。AV強要は例外なく犯罪となり、香西咲さんたち被害者は復活します

4回にわたりまして、性犯罪に関する宮崎政久議員の論説をふりかえりました。

2017年6月7日 動画 衆議院インターネット審議中継「法務委員会」

(参考。当ブログ)
2019年8月16日(その1)
2019年8月17日(その2)
2019年8月18日(その3)
2019年8月19日(その4)

宮崎議員は性犯罪に対して思いを持っている政治家であるということがわかります。
もう一度、2017年6月7日の法務委員会で宮崎議員が発したことばをみてみます。

2017年6月7日 動画 衆議院インターネット審議中継「法務委員会」

音声の文字化は、筆者。)
2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

性犯罪の被害に遭いますと、被害に遭われたかたは、まあ、学校や会社に行けなくなってやめてしまったり、異性と交際ができなくなって結婚をあきらめてしまったり。
まあ、その被害の結果は、きわめて甚大であります。
それなのに、被告人が裁判を経て執行猶予つきの判決を受ける、ということになれば、被害に遭われたかたからすれば、まあ、言ってみれば、無罪放免、になったような印象を受けますので、それが司法に対する不信感になったり被害の回復を阻害するという面があったわけであります。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

被害を声に出して人々にうったえるというのは、まあ、とてもつらく苦しいことであることは、想像にかたくないわけであります。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

「激しい抵抗をしなければ暴行、脅迫が認定されないじゃないか」

まあ、こういったことから、
「この暴行、脅迫要件については撤廃をしてほしい」
「緩和をしてほしい」
という意見がたくさん寄せられています。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

実は、この暴行、脅迫要件、わたしもあの、弁護士として20年仕事をしているなかで、さまざま、事件に出会ったときに、加害者側から、まあ、
「合意があったと思った」
と。
まあ、こういう弁解とも関連する場合が非常に多いんです。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

加害者が被害者に、暴力を振るったり、刃物を突きつける、と。
こういうようなことがあれば、暴行、脅迫というのは認められやすいわけでありますけれども。

じゃ、そこまでいかなかったケースはどうなるのか。
まあ、人気(ひとけ)のない夜道で、まあ、いきなり声をかけられて、腕をつかまれる。
まあ、普通の女性であれば、驚いて、恐怖で固まって、もう声も出ない状況になります。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

まさに反抗を著しく困難にされた状態と言えるわけでありまして、被害者の方のこの状況は、たとえば、「フリーズ」とかですね、「解離」。
まあ、こういったように言われる、まあ、言ってみれば、正常な反応、であります。

まあ、しかしながら、これが事件化されていって、まあ、たとえば事情を訊(き)く段階になったりすると、こう、
「なんで大声を出さなかったのか」
とか、
「通りかかったひとがいたのになんで助けをもとめなかったのか」
というふうに訊(き)かれることも多くて。
まあ、それをもって、まあ、
「合意があった」
と言い張る、まあ、加害者の側もおるわけであります。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

また、あの、被害に遭われた方々からですね、
「被害を届け出た事件が、結果、不起訴になったけれども、じゅうぶん説明を受けたとは思えない」
と。
「到底、納得できない」
という声も聞かれます。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

(略)、やはりこの犯罪の、まあ、性質をふまえてみて、よく、よく、その被害に遭われたかた、関係者のかたの声を本当に丁寧に深く聞いてもらうことが必要な犯罪類型だ、と思います。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

また、訴訟のなかでは、まあ、証人尋問、ということがおこなわれるわけでありますけれども、この証人尋問で、その、事件そのものと関係がない、被害に遭われたかたの過去の性体験であるとか職業について質問してくる、というようなことで、言ってみれば、被害に遭われたかたからすれば、まあ、二次被害に遭っているような状況であったり、偏見にもとづいたとりあつかいがいまだにされるんだ、こういう声があがっていることは事実です。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

ひとがひとを裁く、その場面で、訴訟関係者がまちがいを起こしてはやっぱりいけないんだ、と思うんです。
もちろん、人間ですからまちがいはある、というのは当然ですけれども、やはり刑事裁判の場で、やはり、こういうまちがいが起きてはいけない、とわたしは思います。

2017年6月7日 宮崎政久 衆議院議員(自民党)(現・自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長) 

当然、この問題の先にあるのは、じゃ判決書をどうするんだという問題もあるわけでありまして、言ってみれば、先ほど申し上げたとおり、ひとがひとを裁くという刑事裁判のその峻厳さと、そして、被害に遭われたかたが被害から立ち直っていって社会生活を営んでいただけるようにするための一助として、ここにかかわる、まあ、司法、法曹の関係者だけではなくて、まあ、すべての国民がここに真摯な目を向けて、また、あたたかいとりくみをして、この困難な課題の解決に向けてとりくんでいかないといけない、というふうに思っております。

——————————————————–

宮崎政久議員は現在、自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPTの事務局長をされています。
宮崎議員はAV出演強要に対してどのような所懐をおもちなのでしょうか。

(2019年2月5日「Safer Internet Day 2019 シンポジウム」より、引用。改行を施しています。)

2019年2月5日 宮崎政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長(衆議院議員)

宮﨑氏からは、AV出演強要問題に特有の論点について指摘がありました。

すなわち、この問題の難しさは、様々な社会現象が絡み合っているところにあるため、的を絞った議論が必要である点にある。

この問題を検討する際に考慮すべき権利をとってみても、表現の自由や営業の自由、さらには職業選択の自由等、多様な権利が関わってくるが、これらの権利に配慮しつつ、いかに公共の利益との調整を図るべきかを見極めた対策が必要であると語りました。

また、性に関わることは通常秘め事と位置づけられるものであり、AV作品にかかる表現の自由を検討するにあたっては、その表現内容の性質から自ずと制約を受けるところがあるという風に考えているという指摘がありました。

——————————————————–

ぼくは個人的に、AVへの出演を勧誘したやつらが刑事罰の対象になり、かつ、AVの撮影に対して風営法が適用されればよい、と考えていました。
自民党はちがいます。
さらに上を行っています。
AV出演強要を処罰する法律をつくって一件落着、とはしないようです。

(再掲。2019年2月5日 宮崎政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長)
いかに公共の利益との調整を図るべきかを見極めた対策が必要である

AV作品にかかる表現の自由を検討するにあたっては、その表現内容の性質から自ずと制約を受けるところがある

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年1月2日

祭典はひっきりなしに続くのにこの姿勢。
“逃げ”に入ってますよね。
いざと言う時に本当に国に助けてもらえなくなると危惧します。

withnews 2016年11月24日
「AV業界『ファン感謝祭』熱気むんむん 強要問題への取り組みは…」

若い女性がアダルトビデオ(AV)に無理やり出演させられるなどの強要被害が社会問題化する中、AV業界は11月中旬、年に1度の大規模「ファン感謝祭」を開いた。会場はファンの熱気があふれ、女優の笑顔とカメラのフラッシュが満ちていた。

香西咲さん
2017年1月2日

AV業界の自浄作用が試される時です。
どなたが矢面に立ち、業界を代表して被害者女性達に謝罪し、今後の改善を約束してくださるのか?
期待が高まります。

香西咲さん
2018年1月30日

告発から1年はWILLの元、 #AV業界 の自浄作用を信じて活動しました。
ですが業界にその意向は無い事を悟り今に至ります。
お疲れ様でした。

——————————————————–

自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPTは法案の提出をめざしています。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

——————————————————–

オリンピックまでに悪党の頭へ鉄槌が下るのは必定です。
いまぼくの内で、小気味よい音が鳴り響きました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。