藤原志帆子ライトハウス代表、金尻カズナPAPS理事長らがラジオに出演されました(その8)。AV業界は香西咲さんに強要をおこなった犯人を重用しています。潰すしかありません

本日も、藤原志帆子ライトハウス代表、金尻カズナPAPS理事長、仁藤夢乃Colabo代表の論説をみていきます。

(参考。当ブログ)
<2019年7月16日に放送された「渋谷の星」>
2019年7月28日(その1)
2019年7月29日(その2)
2019年7月30日(その3)
2019年8月1日(その4)
2019年8月2日(その5)

<2019年7月23日に放送された「渋谷の星」>
2019年8月3日(その6)
2019年8月4日(その7)

渋谷のラジオ

2019年2019年7月23日(火)「渋谷の星

<パーソナリティ>
名倉一美

<アシスタント>
大山みりん

<ゲスト>
藤原志帆子 ライトハウス代表
金尻カズナ PAPS理事長
仁藤夢乃 Colabo代表

<インタビューア>
キクチマコト(フリーライター)

(2019年7月23日 渋谷のラジオ「渋谷の星」より。)
(※音声の文字化は、筆者。)
(※29:10のあたりから。)
2019年7月23日 仁藤夢乃さん(一般社団法人 Colabo 代表)

日本ではその、売春防止法という法律があるんですけど、まあ、それも、戦後70年ずっとかわっていなくて。
そもそもその法律がすごく女性差別的な法律で、女性が売春をもちかける側、っていう想定しかされていないんですね。
なので、その5条に、勧誘罪、って、もちかけた罪、っていうのがあるんですけど、それがなんと、女性にしか適用されない法律になっているんですよ。
いまでも。

(※参考。売春防止法

第5条
 売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、6月以下の懲役又は1万円以下の罰金に処する。
 一 公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。
 二 売春の相手方となるように勧誘するため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
 三 公衆の目にふれるような方法で客待ちをし、又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること。

2019年7月23日 キクチマコトさん(渋谷区在住の女性フリーライター)

えっ?
嘘ー

2019年7月23日 仁藤夢乃さん(一般社団法人 Colabo 代表)

だから実際には男のひとが少女たちに声をかけてくるわけなのに、それは、もちかけたよね、っていうだけでは、まあ、捕まえられない。
実際に性行為があったのか、お金のやりとりがあったのか、挿入があったのか、とか、そんなことを証明しなければいけない、っていう社会で。

いっぽうで16歳の女の子がツイッターで、だれかいませんか、って。
お金に困っているから、って言ったときに、逮捕された事例とかあるんですね。
女の子がです。

(2015年6月19日 神奈川新聞「16歳少女が買春勧誘 県警、容疑で異例の逮捕」より、引用。改行を施しています。)

買春客を募ったとして、県警少年捜査課と栄署は17日、売春防止法違反(勧誘)の疑いで、川崎市出身で住所不定、自称アルバイトの少女(16)を逮捕した。
18歳未満を同容疑で逮捕するのは極めて異例。
少女は家出を繰り返していたといい、県警は任意の聴取が困難とみて逮捕が必要と判断した。
(中略。)
そもそも婦女の保護や更正を図るための売春防止法を適用した今回の逮捕について、こうした少女らの支援に取り組むColabo代表の仁藤夢乃さん(25)は「買う側が彼女たちを商品として性産業に取り込んでいることこそが問題だ」と指摘する。
「困窮や家庭環境など、さまざまな要因が必ず背景に潜んでいる。大人は彼女たちのSOSに気付く努力をするべきだ」とも強調した。

2019年7月23日 仁藤夢乃さん(一般社団法人 Colabo 代表)

で、その子も半年しか家に帰らずに家出していて、売春で得た金で洋服や映画をみたり買ったりしていた、っていう報道があったんですけど。
でも、半年間、家に帰っていなかったんだったら、わたしたちの経験からすると、まあ家に帰れない事情があったんじゃないかな、って思いますし。
16歳ですから。
で、半年間、生活するには、きっとそれで得たお金を。
で、シャワー浴びたりね、マンガ喫茶で。
食費や生活費にもしていたはずなんですよ。
でもやっぱり、日本の報道の仕方っていうのは、まあ、そういう少女たちは好きでやっている、あそぶ金ほしさなんだ、っていうところがどうしてもこれまではあったので。
洋服や映画だってね、半年間に1回ぐらいは買うでしょ、って思うんですけど。
しかも洗濯できない環境だったかもしれないし。
で、なかなかそういうところへの想像っていうのができないし、法的にもずっとそこがかわってきていない、っていうところは根深い問題かな、と思います。

2019年7月23日 藤原志帆子さん(NPO法人 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス 代表)

子どもを買春しても罰金刑ですよね。
で、また職場にもどったりしますね。
2回目からはもうすこし強くなるかもしれないけど。

日本はすごくすごく弱い、って言って。

「子ども 買春 逮捕」とかで検索すると、有りと有らゆる弁護士事務所が出てきて。
いかにどうやって、あの、刑期をつけないか、いろんなアドバイスをされていて。
年齢を知らなかったって言えばいい、って。
本当にそうなんですよ。
知らないっていうふうに。
「ぼくは知りませんでした。17歳とは」
「16歳とは」
本当にそれで逃れてしまうこともあって。
実際にそういうアドバイスをして。
弁護士がいっぱいいて。
海外でもそういう問題ってたくさんあると思うんですけど、日本だけですよね。

あの、17と18で、海外では分けている。
いちおうは18歳だと大人として、子どもたちがみなされるんですけど。

日本だと17歳でも16歳でも15歳でも、とりあえず子どもであるにもかかわらず、大人に近い年齢だと、あんたも悪いでしょ、って言われるのって、すごく。
男性からもそうだけど、女性側からもそういう考えのひと、多い気がして。
「でもどうしてそんなに自分を安売りするのかしら」
って、よく言う。

2019年7月23日 キクチマコトさん(渋谷区在住の女性フリーライター)

そうですよね。

2019年7月23日 藤原志帆子さん(NPO法人 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス 代表)

ちょっとかなしくなるんですけど。

でも、やっぱり、わたしたちの活動で出会う女の子たちで、やっぱり圧倒的に多いのは、やっぱり、性暴力に遭った経験のかたがすごく多いんですよ。
それはなんでかわからないんですけど。
やっぱり、そのとき親に、わすれなさい、そんな、通学路でそんなことあったことわすれなさい、だとか、親戚のお兄さんからさわられた。
そんなのわすれなさい、って言われて、本当にそれを隠そうと親がした、だとか、そういったこともふくめてすごく傷つき、まあ、それがきっかけで援助交際やパパ活や大学にはいってから援助交際にむすびついたり、っていう子もいて。
大切にされてこなかった。

いじめもそうですね。
いじめのときの学校の対応や親の対応で傷ついていたりだとか。

そういったものがあるんだ、って最終的には、教えてくれたり気づかされることもあって。
すごくおおきな日本の問題ですよね。

2019年7月23日 金尻カズナさん(NPO法人 ポルノ被害と性暴力を考える会【PAPS】理事長)

いまの社会って、子どものころから、若い女性には性的に価値がある、ってことをいろんなメディアをつうじて体験的に学習させられている社会があると思うんですね。
まあ、たとえば、お金をかせがなくちゃ、とか、かわいくなくちゃ、とか、彼氏がいなきゃ、とかですね、やせていなきゃ、とか、いろんなその、絶対的な価値基準があって。
まあ、その価値基準に満たすように、やっぱり子どもさんてすごく背伸びをされたりとか、場合によっては自分自身を傷つけてしまうこともあると思うんですね。

わたし、個人的には、まあ、だれもが被害に遭う。
特に若年者であれば、もうそういう社会が、もう形成されているので、だれもが被害に遭うんじゃないか、っていうふうに。
まあ、その前提で、やっぱりはなしを進めていかないといけないですし。

あの、需要があるから被害が起こるわけであって、やっぱり需要を絶たないと被害はなくならない、というところで、その需要についてもっとフォーカスをしていくってことが重要ではないかな、と思います。

(2019年2月10日 トカナ「『AV業界一嫌われているライター』が見た生身のAV女優と“死にたくなるほどの”現実! 中村淳彦インタビュー」より、引用。改行を施しています。)

(中村淳彦さん【ノンフィクション作家】)

AV業界は市場原理だけで動く。
お客さんの大半はモテない男性。
AV女優にそういう男性たちが都合いい女性を演出させて、財布を開かせるビジネスです。

(2019年2月11日 トカナ「『AV女優はリスクだけ背負わせて使い捨て』売春、パパ活、裏ビデオ… 死に体となったAV業界の現状とは? 中村淳彦インタビュー」より、引用。改行を施しています。)

(中村淳彦さん【ノンフィクション作家】)

それにAV業界が唯一関心のあるモテない中年男性の妄想とか幻想みたいなことは、本当にどうでもいい。

(中村淳彦さん【ノンフィクション作家】)

過剰にモテない男性のリクエストを聞くことをストップして、女優の使い捨てをやめる。
残った業界人同士も競争するのではなく、共生して、社会の動きにも耳を傾ける。
意識をぜんぶ変えないと、よくならないでしょうね。

2019年7月23日 キクチマコトさん(渋谷区在住の女性フリーライター)

うちの祖母とかもずっと、お嫁に行ってからずっと、渋谷のひとなんですけど。
ものすごくコンサバティブ(保守的)な考え方で、女の子なのにこんな時間に夜出歩いて、みたいなことを言ってくるんですよね。
またこんな短いスカートをはいて外に出歩いて、これで痴漢に遭ったって文句言えないんだからね、と言われたりして。
いや文句言えるし、とか言ってすごい喧嘩もしたんですけど。
なんかやっぱりその、世代間での認識のちがいみたいなのがすごくあると思うので、そのちょっと上の世代のかたに(※聴き取れませんでした)できるようなことばっていうのをなんかかけたらいいな、と思ったんですけどね。

2019年7月23日 仁藤夢乃さん(一般社団法人 Colabo 代表)

わたしも若いころ、その、夜あるいていて、そんな格好して歩いていたら、とかってせめられたりするんですけど。
まあ、それもホント日本特有の、もう欧米とかではあり得ない考え方で、まあ、被害者をせめるような発想なんですよね。
で、どんな格好をしていても、すごい短いスカートをはいていても、さわられない、痴漢されない。
まあ、そういう社会になっていかなきゃいけない、というふうに思うんですけど。

どうしても日本社会では被害者をせめるような風潮というのがずっとあって、ここをやっぱりかえていかなきゃいけないと思いますし。
そのわたしたちよりも上の世代の方々が、そういうように被害者をせめるような言い方をしてきたことでですね、やっぱりあの、声をあげられずにいた女性たちっていうのたくさんいるんだ、ってことを知ってもらいたちと思いますね。

あの、そういう発言が、まあ、加害者の側に立ってしまう発言になってしまっていますから。
セカンドレイプ、って言われますけど、2次被害、2次加害をしてしまう。
まあ、そういうことにつながると思うので。

性暴力について、とかっていうの、もう、ぜんぜん、日本社会はどこでも学ぶ機会とかもぜんぜんないので。
あと、性差別についてとか。
まあ、そういうこともちゃんと広く教育していく必要もあるのかな、っていうことは思いますね。

でも、なんか、わたしも上の世代のかたとかとはなしていると、やっぱり、自分たちはまあそういうなかでもうまくそういうふうにすることで生き延びてきた、というところがあると思うんですよ。
女だから、っていうことで、まあ、意見を言わないようにしたりとか、がまんしたりとか。
でも、そういう思いをつぎの世代にはさせないように、まあ、一緒にうごけたらいいなぁ、っていうのはいつも思うことですね。

——————————————————–

(再掲。仁藤夢乃さん)
日本社会では被害者をせめるような風潮というのがずっとあって、ここをやっぱりかえていかないと

青木はアットハニーズを潰したあと、株式会社KYUN CREATEを設立しています。

——————————————————–

(再掲。仁藤夢乃さん)
日本社会では被害者をせめるような風潮というのがずっとあって、ここをやっぱりかえていかないと

アダルトビデオ業界はAV出演強要をおこなった犯罪者を重用しています。

(再掲。辻丸さん)
売れる子を抱えている強要男をメーカーが接待しているという噂も

世の人々はいま、
「事ここに至った以上、アダルトビデオ業界を殲滅するしかない」
と考えています。
悪の巣窟は叩き潰す以外に術(すべ)がありません。
おそらく国家も同様の認識でしょう。
オリンピックまでに楽しい光景がみられそうです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。