ライトハウスの藤原志帆子代表が朝霞市の講演で語ったAV強要(AV出演強要)の実態(その1)。オリンピックまでに香西咲さんたち被害者のところへ福音がとどきます

埼玉県の朝霞(あさか)市は、
「家庭教育学級」
というとりくみをおこなっています。
朝霞(あさか)市のホームページに事業の概略が書かれていますのでみてみます。

引用
家庭教育は、すべての教育の出発点です。子どもたちが、のびのびと個性を育み、生き生きと社会の一員として生きて行くために、親や大人たちが交流を深めながら、仲間と一緒に考え、情報交換しながら、さまざまな角度から学んでいくのが家庭教育学級です。今年度も、さまざまな講演会や講習会、勉強会、情報交換を行っています!

昨年の9月、朝霞(あさか)市の家庭教育学級に、ライトハウスの藤原志帆子代表が招かれたようです。

(※下図は、朝霞市のホームページより。)

(再掲)

日程 (2018年)9月1日

学級名 中学合同学習会(一中、二中、三中、四中)

事業内容 あなたの子どもに忍び寄る危険 ~「芸能人・モデルにならない?」と言われて~

講師・指導者 NPO法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス 理事 藤原志帆子氏

対象は中学生です。
「平成30年度 家庭教育学級報告集」のなかに、講演の内容が掲載されています。
参照します。

(朝霞市 教育委員会「平成30年度 家庭教育学級報告集」より、引用。改行を施しています。)

<44ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

ライトハウスは、もともと千葉県の事務所で活動していて、数年前に東京の渋谷区に事務所を移してきました。
本当に小さなアパートの一室に電話線を一本ひいて、そこで相談を受けています。

人身取引の被害相談は全国から寄せられていて、その内容はアダルトビデオの出演強要の問題、児童ポルノ、売春や援助交際がやめられない、やめさせてくれない。それからリベンジポルノ。
また児童ポルノとは違いますが、18 歳以上の女の子や男の子たちから「騙されて裸の写真を送ってしまった、どうしよう」という自撮被害。
このような相談が毎年100 人から150 人位来ています。
最近はラインや独自のSNS を開設したことで、ぐっと子どもたちからの相談が増えてきました。
メールの相談も受けていますが、最終的には渋谷の面談室を借りて直接相談を受けています。
また相談者は日本中にいて、北海道から福岡まで色々なところに行ってきました。
緊急を要する時には、それぞれの地域のNPOの方や自治体の方たち、それから弁護士さんや警察官の方々と調整して、本人が住んでいる所で救済を行うということもしています。

——————————————————–

<45ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

ライトハウスに寄せられる相談の内容で特に多いのは、アダルトビデオ出演の強要で、これは人身取引であると警察も私たちも認識しています。
日本ではアダルトビデオに沢山の若者、男の子もいますが、無理矢理出演させられていたということが分かってきました。
去年の警察の統計では、アダルトビデオに無理矢理出演させられたという高校生15 人が被害者の認定を受けています。

(2018年2月8日 産経新聞「人身取引、昨年の被害者は42人 AV出演強要も 女子高校生15人含む」より、引用。改行を施しています。)

金銭の搾取を目的に女性らに売春や労働を強要する人身取引で、全国の警察が昨年1年間に摘発したのは46件(前年比2件増)、30人(16人減)だったことが8日、警察庁のまとめで分かった。
被害者は42人(4人減)。
うち日本人は最多を更新する28人で、この中にはアダルトビデオ(AV)出演強要の被害に遭った18歳の女子高生15人も含まれている。
(後略。)

この説明をする前に、啓発動画を観ていただいた方が分かりやすいと思います。

<45ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

このビデオはYouTubeで見られます。
フェイスブックでも最初に大きく出しているので、もし良ければ「いいね」を押してもらって、シェアして見る人を増していきたいんですね。
本当に衝撃的で話しにくいテーマではあるんですけど、話さなければいけないし、話題にしていかなければならないと思うので、これを問題意識と考えていただけるなら、一緒に声をあげていただきたいなと思います。
今は、ライトハウスや少しの個人しか声をあげていない状況です。
問題だと思っている人は多いと思うんですけど、なかなか一つの運動になっていかないんですね。
勿論、問題意識を持っている行政や警察官の方も一杯いますけど、「おかしいよね」と発言していただける人を増やしていきたいなと思っています。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
これを問題意識と考えていただけるなら、一緒に声をあげていただきたい
『おかしいよね』と発言していただける人を増やしていきたい

この世にはAV出演強要被害を闇に葬り去ろうとする輩(やから)も存在します。

<47ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

もう一回言いますが、最初に出会う親御さんの対応、先生の対応、弁護士や支援団体の対応で、その子の人生が大きく左右されます。

——————————————————–

<47ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

特にアダルトビデオに関しては、モデルもそうですけど、いわゆる社会福祉の制度、例えば生活保護とか児童相談所に一度もお世話になったことがない普通の家庭で育ったお子さんも多く被害にあっているんですね。
普通という言葉はおかしいですけど、普通の子たちが被害にあっているのがAV出演なので、ぜひ自分ごととして捉えてくれるお子さんや親御さんが増えてきたらいいなと思います。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
ぜひ自分ごととして捉えてくれるお子さんや親御さんが増えてきたらいいなと思います

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年8月28日

女性のお子様がいらっしゃる方々には決して他人事では無い事だと言う事で、週刊文春様が二週間に渡り掲載をして下さりました。
他人事では済まされない、本当に身近な事件です。

香西咲さん
2017年1月2日

娘を持つ親御さんへ
決して他人事ではありません。芸能、パーツモデル(手など)、ナンパ…あの手この手で勧誘してきます。年齢も容姿も関係ありません。スカウトや事務所がその気になれば整形させてでもAV出させます。環境も思考も180度変えさせられます。注意を払いきれるものではありません。

香西咲さん
2017年12月8日

そうなのです。
皆さん自分には無関係と思いがちですが、万が一御家族に娘さん、姪っ子さん等がいらしてたら…他人事では無いですよね。
今や #東大 でもAVスカウトやAV女優がいる時代です。
是非とも親御さんに関心を持って頂きたいです。

——————————————————–

<48ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

ライトハウスはアダルトビデオが問題になった時、ふと「みんな渋谷に来て被害にあっている」と気付きました。
渋谷区内に43個のAVプロダクションがあるというのを確認して、それを区議会の皆さんに話したところびっくりされていました。

区役所の人たちにも話して、「これは酷いね、渋谷区が加害者になっているのですか」とびっくりされて、まずは渋谷区の方で国に、「こういったものの法律を作ってください。それから渋谷区は特に子どもが集まってくるので、こういうスカウトが起きているということを含めて、子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を」という意見書を出してくれたのが2年前です。
これがあって色々始まったと思っています。

(参考。渋谷区議会)

アダルトビデオ出演等の強要の防止及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書

近年、若者が路上等で勧誘され、その意に反してアダルトビデオやアダルト動画チャット(ネットを介した性的な動画交信)に出演させられたという被害が相次いでいる。

勧誘当初はアダルトビデオ業者である事を隠し、学生証や身分証明書をコピーする等の手段により出演を強要するなど、その手口は極めて悪質である。

かかる行為は、個人の自由を奪い、暴力や脅しや騙しを使って個人の意に反して働かせ、その利益を搾取する犯罪行為である。

渋谷区には40社以上のアダルトビデオ・プロダクションが存在し、過去2年間に被害者支援団体に寄せられた相談114件のうち41件は、渋谷区内で勧誘、撮影、又は制作が行われた実態があり、その被害は急増傾向にある。

渋谷区はこれらの実情に鑑み、渋谷区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例に基づき勧誘行為を禁止し、対策の強化に取り組んでいるものの、国による抜本的な対策が急務である。

よって渋谷区議会は、国会及び政府に対し、こうしたアダルトビデオ業者等による個人の意に反する形での勧誘、雇用、派遣、制作、販売、貸出し、配信等による性的被害を防止し、実態調査、公安委員会への届け出、立ち入り調査等による被害者の救済を行うため、罰則付きの総合的な法整備を強く要請する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成28年3月31日

渋谷区議会議長名

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
法務大臣
厚生労働大臣
内閣官房長官
国家公安委員会委員長 あて綴じ

(再掲。SGM村上チーフさん)
43もAVプロダクションが渋谷区に存在する

講演のなかで藤原さんは、つぎのようにおっしゃっています。

<47ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

また、児童ポルノ、AVも含めた法的な介入をちゃんとしていくことが求められています。
人身取引をする加害者にとって、日本はこういう犯罪行為ができない、意味がないと思わせるくらい「魅力的でない国」にしなければいけない。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
法的な介入をちゃんとしていくことが求められています

現在、法律がつくられようとしています。

(ライトハウスのツイートより、引用。)

ライトハウス
<2019年6月20日>

(再掲)

先日13日に行われた自民党「#性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」にて #AV出演強要 問題対策プロジェクトチームのとかしき議員から、ビッグニュースが!AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法を目指すということです!

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
人身取引をする加害者にとって、日本はこういう犯罪行為ができない、意味がないと思わせるくらい『魅力的でない国』にしなければいけない

オリンピックまであと1年です。

(再掲。SGM村上チーフさん)
AVプロダクションが43も。2020年には東京五輪が開催されるが日本を訪れる諸外国の方々はどう思うだろう?

当然、このままでは、オリンピックを開催することができません。

(PAPSのツイートより、引用。)

PAPS
<2018年11月14日>


(再掲)

昨日はAV問題に取り組むという自民党の女性議員のところにロビー活動に行った。AVに係ったことで被害だと思う女性にとっては一生苦しまなければならないのだから何とかしなければと熱く語っていた。議員の仕事は法律を作ることだから、オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたいと。

オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたい

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2019年1月23日

#AV強要 から学んだ事は然るべき時を待つという事。

——————————————————–

政府がアダルトビデオ業界を殲滅するのは必定です。
人間のクズたちはどのような醜態を晒すのでしょうか。
見物(みもの)です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。