アダルトビデオの制作会社の社長の逮捕(その2)。犯人には強姦罪を適用すべきです。もちろん香西咲さんにAV出演強要(AV強要)をおこなったやつらに対しても

このたび、アダルトビデオの制作会社の社長ら2人が逮捕されました。

(参考。当ブログ)
2019年7月12日

2019年7月11日 サンスポ(※配信元は共同通信) スカウトした18歳女性にAV出演強要か 制作会社社長ら逮捕

2019年7月11日 産経新聞 「家族にばらす」AV出演強要か 制作会社社長ら逮捕

2019年7月11日 毎日新聞 スカウトでAV出演強要か わいせつ動画販売容疑で逮捕 大阪府警

2019年7月11日 朝日新聞 無修正わいせつ動画を投稿容疑 AV制作会社長ら逮捕

2019年7月11日 NHK わいせつ動画で逮捕 撮影強要か

2019年7月11日 読売テレビ わいせつ動画をネット販売 社長ら2人逮捕

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪

2019年7月12日 毎日放送 わいせつ動画販売疑いで男2人逮捕 女性に出演強要の可能性も
2019年7月13日 日刊ゲンダイ スカウトした女性をダマし…AV制作会社社長らの“悪質手口”

——————————————————–

既出の朝日放送テレビ(ABCテレビ)の報道をみてみます。

朝日放送テレビ「キャスト」
<2019年7月11日>

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪

引用

(前略。)
大阪市のアダルトビデオ販売会社「MUSEE」の経営者・若林弘之容疑者(42)ら2人は、3年前、18歳の少女をAVに出演させ、海外サイトで無修正の動画を販売した疑いがもたれています。
(後略。)

MUSEEとはどのような会社なのでしょうか。

(※下図は、朝日放送テレビのニュース動画より。)

ホームページがあるようです。

(※下図は、朝日放送テレビのニュース動画より。)

「MUSEE」と入れて、検索してみました。
上図のようなサイトはみつかりませんでした。

(再掲)

今度は、
「ベルプロモーション」
で検索しました。
ありました。

Belle Promotion

朝日放送テレビの映像と見比べてみます。

(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion

——————————————————–

ベルプロモーションのホームぺージのサポート・待遇のところに、
提携制作会社
という項目があります。
内容は以下のとおりです。

引用

通常、モデルプロダクションでは仕事が入るまでに最低2週間の時間を要します。
面接後、アナタに適した仕事を紹介するまでには、どうしてもそれくらいの時間を要してしまいます。
しかし、当社は面接と同時進行で動いてもらえる製作会社と提携、来社いただいての面接なら撮影スタジオを完備していますので、ご希望であればすぐに働いていただき、ギャラをお支払いすることが可能です。
また、それとは逆に「仕事はじっくり選びたい」という方には、即日撮影を強いることは一切ございませんのでご安心を、と、念のため申し上げておきます。
また、その後の仕事も、アナタの希望に沿ったものが続々とございます。また引き続き、マネージャーが各メーカー・クライアント様への営業活動を行うので、ご安心ください。
アナタはアナタの希望を伝え、あとはお待ちいただくだけ。無理な仕事は行っていただくなくても代わりを用意します。
提携制作会社があるので有名になりたいモデルから顔出しNGでバレずに稼ぎたい女の子まで幅広く活躍出来ます。
地方在住の方も全額交通費負担致します。

(再掲。朝日放送テレビのニュース動画より。)

MUSEEのホームページ
無理な仕事は行っていただくなくても代わりを用意します

本日配信された日刊ゲンダイの記事を参照します。

2019年7月13日 日刊ゲンダイ スカウトした女性をダマし…AV制作会社社長らの“悪質手口”

引用
2019年7月13日 日刊ゲンダイ

「かわいいし、全身モデルもいけるで」と若林容疑者に言われるがまま「女優登録」をし、契約書にサインした。
1週間後、仕事の待ち合わせ場所に現れたのは、マネジャーを自称する蛯原容疑者だった。

(※参考。毎日新聞
繁華街でスカウトした女性のわいせつ動画をインターネットで販売したとして、大阪府警は11日、大阪市中央区松屋町3のアダルトビデオ(AV)制作会社「MUSEE(ミュゼ)」社長、若林弘之(42)と同社従業員、蛯原友宏(33)の両容疑者を、わいせつ電磁的記録等送信頒布の疑いで逮捕したと発表した

2019年7月13日 日刊ゲンダイ
(※改行を施しています。)

徒歩で向かった先はラブホテル。
「何で撮影場所がラブホなんですか」と女性が拒むと、「撮影場所が取れなかった。ココしかなかったんや」と言われ、「とりあえず周りに人もいてるし、話だけでも聞いて」と連れ込まれた。
部屋に入ると、蛯原容疑者はカメラの機材を設置。
女性は抵抗を試みたが、ベッドに押し倒され、裸にされ、挿入され、約3時間にわたって陵辱され続けた。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月29日

MeToo
#青木亮 から出された契約書にはアダルト内容の記載は一切ありませんでした。私が自由に契約内容を変えて良いよとまで言われ信頼
2日後東京から車で富士山の麓まで連れていかれ #AV強要 後日AV契約書の存在を知らされ、サインする様に強要されました。
#アットハニーズAV強要 #性的搾取

香西咲さん
2018年3月11日

ありがとうございます。
冒頭に泣いてるシーンありましたが、
あれは追い詰められて涙止まらなくて3時間近くカメラ止めてるんです。
何でこんな事になったのかパニックになっていました。富士山樹海近くの山の中だから逃げ場も無かったですし。20人程の男性に囲まれてました。女性は私一人。

——————————————————–

(2016年11月15日 内閣府 第84回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<18ページ>
2016年11月15日 平川和子 東京フェミニストセラピィセンター所長

警察庁の資料についてお尋ねします。
(略。)
(略)各種法令の適用を視野に入れた取り締まりの推進ということで、例えば強姦罪の適用などとおっしゃいましたか。
それを聞いたような気がしたので、私としては驚いて、前向きにやっていただくのだと思ったのです。
もう一度確認させていただきたいのですが。

2016年11月15日 髙坂 警察庁保安課 課長補佐

例示として、通達の内容ということで、強姦、暴行、傷害などといった刑法に定める罪のほか、職業安定法とか労働者関係法令といったものを適用して、取り締まりを推進してくださいという内容でございます。

2016年11月15日 平川和子 東京フェミニストセラピィセンター所長

アダルトビデオの強制的な出演等に関して、強姦罪などを適用すると聞いてもいいのでしょうか。

2016年11月15日 髙坂 警察庁保安課 課長補佐

そういう状況があれば、さまざまな法令を適用して取り締まってくださいということでございます。

今回の事件について読売テレビは、
警察はほかにも被害者がいるとみて、強要や強制性交(強姦)の疑いも視野に追及することにしている
と報じています。
AV出演強要と強姦(強制性交等)は同義です。
同質です。
もうそろそろ、いい加減に、強姦罪を適用してほしいものです。

——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

1 thought on “アダルトビデオの制作会社の社長の逮捕(その2)。犯人には強姦罪を適用すべきです。もちろん香西咲さんにAV出演強要(AV強要)をおこなったやつらに対しても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。