AV出演強要(AV強要)。香西咲さんは周囲から遮断され、考え方がポジティブになるノートを繰り返し書かされました。政府「悪いのは、たくみに騙してくる加害者です」

3日前から、女性に対する暴力に関する専門調査会についてふれています。

(参考。当ブログ)
2019年6月9日
2019年6月10日
2019年6月11日

第100回目の同専門調査会で、内閣府が提示した資料のなかに以下の記載があります。

(2019年4月22日 第100回女性に対する暴力に関する専門調査会

議題、資料
議事録

資料4-7より)

(再掲)

AV出演強要問題・「JKビジネス」等被害防止月間(4月)における広報展開(平成31年度)

訴求ポイント

・性的な行為について、自分が嫌なことは拒否でき、また、相手側も嫌がることをやってはいけないこと。
・専門的な支援を行う相談先があるので、不安なことがあれば、ひとりで悩まず相談してほしいこと。
AVJK問題は被害者の自己責任とする風潮を改め、社会の問題意識を高めること

AVJK問題は被害者の自己責任とする風潮を改め、社会の問題意識を高めること
ふと、京都市が発行している男女共同参画通信の記事を思い出しました。

2019年1月発行 京都市 文化市民局 男女共同参画通信 vol.46

記事の一部を参照します。

2019年1月 京都市 男女共同参画通信 vol.46

(再掲)

「隙があったあなたが悪いんじゃないの?」
そんな言葉で、一人傷ついたまま、声をあげられないでいるとしたら?
それを「他人事」、「ヒトゴト」と言えるでしょうか?

もし、女の子であるあなた自身が傷ついているとしたら、これ以上誰にも傷つけられず、守られる必要があること、少しでも楽になれる方法があることを知ってください。

被害の事例として、AV出演強要が紹介されています。

2019年1月 京都市 男女共同参画通信 vol.46

(再掲)

AV出演強要

「モデルやアイドルにならないかとスカウトされて
プロダクションと契約し、後から契約後に聞いていない、
同意していない性的な行為の撮影を要求された」
「親や学校にバレるかもしれないと思うと恐い」

恥ずかしさや後ろめたさから誰にも相談できない、業者に孤立させられるなどの事情から、被害が見えにくい特徴があります。

(再掲)

AV出演強要

(略)

友人・知人からの勧誘の場合、断りにくかったり、信頼してしまいがちですが、自分が少しでも不安に思うことや、イヤだと思うことは断りましょう。

(再掲。改行を施しています。)

契約について知ってほしいこと

本人が承認していなければ、その内容については契約として成立していません。
また契約として成立したとしても、詐欺や錯誤に基づくものであれば、その契約は原則として無効ですので、守る必要はありません。
さらに本人が未成年である場合は、原則として契約を取り消すことができます。
不安なときは一人で悩まず相談してください。

記事にはライトハウスの藤原志帆子さんのインタビューも掲載されています。

(再掲。改行を施しています)

NPO法人
人身取引被害者サポートセンター ライトハウス 代表
藤原志帆子さん

(前略)
AV出演を強要された子は、加害者に巧みに誘導されて〝モデル契約書”にサインをさせられています。
撮影に応じないと、違約金を請求されたり、親などに違約金を請求すると脅されていることもあります。
(略。)
脅されて出演し、ビデオが販売されてしまったという相談の場合、面談して、本人の希望に沿った形で、作品の販売停止や、インターネット上の情報の削除などに向けた方策を一緒に考えます。
たくさんの法的な壁もありますので、必要に応じてAV業界団体や、弁護士、警察等と協力して現状の改善に向けて働きかけています。
(後略)

——————————————————–

2019年1月発行 京都市 文化市民局 男女共同参画通信 vol.46

秀逸な内容です。
通読されることをお勧めします。

(再掲。男女共同参画通信 vol.46)
業者に孤立させられるなどの事情から、被害が見えにくい特徴があります

香西咲さんはつぎのようにおっしゃっています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年3月5日

経験者しか分からないと思いますが
第三者との連絡をいつの間にか、本人も気付かぬうちに遮断させられていきます。
そしてキッパリ断れる様な女の子の方が少ないと思います。
そこまで追い込まれます。
そんな簡単な話ではありません。

毎日新聞
<2016年7月29日>

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。)

事務所関係者と特定の占師以外、家族や友人であっても連絡は遮断され、「考え方がポジティブになるノート」を繰り返し書かされたという。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年11月14日

悪徳AVプロダクションの常套手段の1つ。
家族や友達と遮断し自分はAVの世界でしか生きていけないかのように思い込ませる。
そうすると女優は逃げたくてもなかなか逃げられない。

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

(再掲。内閣府。資料4-7

AVJK問題は被害者の自己責任とする風潮を改め、社会の問題意識を高めること

——————————————————–

政府の言うとおりです。
被害者のかたに責任はありません。

(2019年4月15日 政府インターネットテレビ「ピックアップ!~霞が関からのお知らせ~ひとりで悩まず相談を!いわゆるAV出演強要・JKビジネス問題」より。)

(※音声の文字化は、筆者。)
池永肇恵 内閣府男女共同参画局長

被害をうけたかたは、自分が気をつけていれば、などと、自分をせめたりしないでください。
悪いのは、たくみに騙してくる加害者です。

——————————————————–

悪いのは、たくみに騙してくる加害者です
あとは、こうした犯罪者をどのように処罰するかです。
新法の制定が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。