香西咲さん「自分の若さと性を犠牲に、幾ら搾取されたのだろう?」。AV出演強要(AV強要)という性的搾取で暴利を貪っているやつらをこのままにしておくことはできません

現在、日本は、アダルトビデオの製造に関して、国連の女子差別撤廃委員会から勧告をうけています。

(参考。当ブログ)
2018年4月28日
2018年4月29日
2018年5月2日

女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(CEDAW)

第7回及び第8回報告報告に対する女子差別撤廃委員会最終見解(平成28年3月)

女子差別撤廃委員会の最終見解(2016年3月)
<8~9ページ>

26.(前略。)
委員会は、(略)以下について懸念する。

(a) 女性が風俗産業において特に売買春及びポルノ映画製作のために性的搾取を受け続けていること

(後略。)

<9ページ>

27.委員会は、締約国に以下を勧告する。

(略。)

(b) 性風俗での役務の提供やポルノ映画の製作を手掛ける組織を対象とした性的搾取を防ぐための監視と査察のプログラムを強化すること

(後略。)

<19ページ>

次回報告の準備

56.委員会は、第9回定期報告を2020年3月に提出するよう締約国(日本)に求める。

——————————————————–

(再掲。女子差別撤廃委員会)
性的搾取を防ぐための監視と査察のプログラムを強化すること

性的搾取を防ぐ
とあります。
ちなみに性的搾取とはどういう意味なのでしょうか。
いまひとつ鮮明になりません。
とりあえず使用例をみてみます。

葉梨康弘 衆議院議員(児童ポルノに関して)

(2017年2月1日 衆議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2017年2月1日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

(前略。)
(略)、児童買春、児童ポルノ法。
これは、児童の権利に関する条約というのを1994年に日本は批准いたしました。
その2年後にストックホルムで児童の商業的性的搾取に反対する世界会議というのが開かれて、当時相当煮詰まっていた児童買春、児童ポルノを処罰するための法律、これを犯罪化する選択議定書、これを日本が何も対応していなかったということを踏まえて、当時社会党の清水澄子参議院議員が団長だったわけですけれども、大変な非難にさらされた。

そして、帰国をして、自社さ政権でしたから、社会党の辻元清美先生、さらには自民党ですと野田聖子先生、保岡先生、谷垣先生、さきがけですと堂本先生、ここら辺が中心になりまして、児童買春・ポルノ法、国内法を整備しようというチームができました。
当時、私は警察庁少年課の担当官として事務的にお手伝いをしておりました。

そして、1998年になりまして、私のところに招待状が来ました。
児童ポルノの関係で情報交換をやっている、警察だけれども、税関の会議にあなた出席してくれないか、オブザーバーでということが来ました。
アメリカに行きました。

そうしたところが、相当な情報交換をやっているんです。
前からやっているんですか、前からやっています、でも今まで日本は国内法がないからできなかったんですよ、こういう情報交換がということなんです。

ですから、国内担保法の整備ということがおくれますと、国際的な非難にさらされるばかりではなくて、いろいろな情報交換、犯罪捜査協力にも支障を来すという、これは私の実感でございます。

IPPA(アダルトビデオに関して)

(2017年3月2日 IPPA「20170302HRN院内シンポジウム欠席についてのご連絡」より、引用。改行を施しています。)

2017年3月2日 IPPA(メーカー団体)

立ち返っての話となりますが、貴法人(ヒューマンライツ・ナウ)では、
「全ての出演女優は性的搾取の対象であり被害者である」
という問題意識に立脚しておられるのではないかと思われます(誤解なきように申しますが、その立脚点の当否を述べているのではございませんし、社会的にそのような考えが相当程度形成されていることも理解しています。 ) 。

しかしながら、当業界においては、偏見に基づくものも含め多数の社会的非難もある中、女優を中心とする製作者全員の自己実現の一つの態様として映像作品が作られているものと真に考えており、当協会及び各メーカーは、それら社会的非難等から彼ら・彼女らを守っていくべき責務があるものと考えております。

渋谷区議会(アダルトビデオに関して)

(2016年3月28日 渋谷区議会「幹事長会記録」より、引用。)

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

本文6行目のところ、「かかる行為は」というところから3行にわたり、性的搾取ということの定義づけを書かせていただきました。
一文読ませていただきますが、
「かかる行為は、『個人の自由』を奪い、暴力や脅しや騙しを使って『個人の意に反して』働かせ、その利益を『搾取する』犯罪行為であり、このような行動は『性的搾取』にほかならない」
ということで、利益を搾取するということで、またその内容が性的なものであるということで、性的搾取という言葉を使わせていただいた次第でございますが。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

僕も読んで、こういうふうに解釈したんですけれども、搾取だけになると、やはり人身売買だとか、そういうものも当然そういうふうになってきますので。
性的なものがなくてもですね。
そういう人権無視のこともありますので。
ただ、自民党が言った性的被害者になってしまうと、今度は逆に、レイプだとか、この意見書の趣旨だけではない、がーっと広くなってしまうので。

むしろ、今、問題になっている、渋谷が舞台になっている、そういうアダルトビデオの勧誘とか制作に関することが多分、テーマである以上、やはり意に反してそういう仕事に従事させて、周りの人間はもうけるわけですから、そういう意味で性的搾取という言葉なのかなというふうには解釈しましたけど。

ようやく鮮明になりました。

『個人の自由』を奪い、暴力や脅しや騙しを使って『個人の意に反して』働かせ、その利益を『搾取する』犯罪行為」(薬丸義人 渋谷区議)
意に反してそういう仕事に従事させて、周りの人間はもうける」(栗谷順彦 渋谷区議)

アダルトビデオへの出演を強要して、儲ける。
AVの製造については、これが性的搾取です。
この件に関しては、昨日のブログでご紹介をさせていただきましたCCN(一般社団法人映像制作者ネットワーク協会)のかたの記事も参考になります。


(※瓦版より、引用。)

●今回の裁判(旧ロータス裁判)の判決文の骨子。

今回の事件に関しては、弁護側よりも弁護側以上に、検察の方が業界のことを調べ上げていたという事実。これが大きかった。この点では完全に屈服。負けた。
検察(警察)は、業界のこと、中でもアダルトビデオを作る過程、プロセスを徹底的に調べ上げ、メスを入れることに腐心。どのようにして女優が作られ、アダルトビデオそのものが作られていくのかを解明。スカウト、プロダクションのマネージャー、メーカーのプロデューサー、営業等の仕事、立ち位置を調べ上げている。その過程で、違法とも言える行為が行われていることを抽出。問題として提起している。その大きなものとしては・・・、

★女優への人権侵害。過酷な労働搾取。(強要とピンハネ)

裁判に負けたもう一つの大きな要因。それはアダルトビデオ業界そのものへの社会、世間の厳しい目、批判を裁判所が読みとったということにある。これも、裁判の行方に大きく影響した。

ライトハウスの藤原志帆子代表は、儲ける以前に、AV出演強要自体が性的搾取である、とおっしゃっています。

(2016年11月22日 警察庁 児童ポルノ排除対策公開シンポジウム(第7回)「パネルディスカッション」より、引用。改行を施しています。)

2016年11月22日 藤原志帆子 ライトハウス代表

性的搾取というとき私たちは、日本の法律のいう児童買春・ポルノという定義よりも、もう少し広く捉えているところがあります。

(※注 下図は警察庁のサイトより)

例えばアダルトビデオへの出演の強要というのも実は未成年にも起こっていまして、こちらも性的搾取と考えています。
今、アダルトビデオ―AV―に無理やり出演させられたっていう相談がすごく多くてですね、こういったものも性的搾取であると考えますし、児童ポルノの中には、着エロと呼ばれる、ジュニアアイドルと呼ばれるようなかなり小さな水着や下着を着せられた男の子や女の子の写真集やビデオみたいなものも、海外では厳しく取り締まられていることもあって、こういったものも児童ポルノとして捉えてほしいということで、ずっと提言させてもらっています。

(再掲。栗谷順彦 渋谷区議)
意に反してそういう仕事に従事させて、周りの人間はもうける

女子差別撤廃委員会は日本に対してこう勧告しています。
ポルノ映画の製作を手掛ける組織を対象とした性的搾取を防ぐための監視と査察のプログラムを強化すること
と。

あとは法律をつくって規制するしか術(すべ)がありません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月16日

人の性を書いて売って
自分の懐にお金入れてる人って…

香西咲さん
2017年11月29日

#MeToo

#青木亮 から出された契約書にはアダルト内容の記載は一切ありませんでした。
私が自由に契約内容を変えて良いよとまで言われ信頼
2日後東京から車で富士山の麓まで連れていかれ #AV強要
後日AV契約書の存在を知らされ、サインする様に強要されました。

#アットハニーズAV強要
#性的搾取

香西咲さん
2018年11月1日

人を信じる事は人生を豊かにする。でも人を疑う心も持ちなさい。(世の中に悪人は居ないと思ってました)

自分の価値に気づきなさい。
(自分の若さと性を犠牲に、幾ら搾取されたのだろう?)

でも自力で立ち上がって引退するタイミングも自分で決めた事はよく頑張ったね。

——————————————————–

アダルトビデオ業界の行く手に鎮座しているのは開いている牢獄の扉です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。