性犯罪に対する山下貴司法務大臣の姿勢(その5)。香西咲さんたちAV出演強要(AV強要)の被害者の辛苦を理解されているかたであると思惟します

本日のタイトルは、
「性犯罪に対する山下貴司法務大臣の姿勢(その5)」
です。

(参考。当ブログ)
2019年5月3日(その1)
2019年5月4日(その2)
2019年5月5日(その3)
2019年5月6日(その4)

3日前、山井和則議員が国会で、性犯罪について質問をしました。
4月24日につづき2回目です。
一部を抜粋してご紹介させていただきます。

(2019年5月15日 インターネット審議中継「衆議院 予算委員会」より。)

音声の文字化は、筆者。)

2019年5月15日 山井和則 衆議院議員(国民民主党)

(前略。)
あの、前回も質問をさせていただきましたが、この性暴力犯罪で、不起訴があいついでいる。
この非常に深刻な問題について質問をさせていただきます。
これ、本当に与党も野党も関係がないと思います。
日本という国で女性の方々がですね、安心して本当に暮らすことができるのか。
これ本当に、これ、本質的な深刻な問題であります。

ま、先日、5月12日にも福岡、東京、大阪で、フラワーデモがおこなわれまして。
3月にこの性暴力犯罪の無罪判決があいついだ、と。
そのことに関して不安、怒り、危機感、そういうものを多くの方々がこのフラワーデモでも、えー、表明をされました。
そして、性暴力犯罪、性暴力をゆるさない、という固い思いが語られました。

同時に一昨日、山下大臣も面会してくださったと思いますが、今日の配布資料の2ページもありますようにですね、
「あいつぐ無罪」
「刑法改正を」
「性犯罪、司法判断、おかしい」
ということで、性暴力被害者当事者団体、Springの方々がですね、
「司法の判断は被害実態を反映しておらず市民感覚とずれている」
として、法務省に刑法改正をもとめる要望書を出した、と。
山下大臣も面会してくださった、ということであります。

まあ、この、Springの山本代表は、
「一連の無罪判決では、被害者が性行為に同意していない、と認定されながら、無罪になっている。当事者としては苦しい。刑法見直しの審議をはじめてほしい」
と、いうことを要望しておられます。

この(資料の)右にありますように、この刑法については、えー、法律の施行後3年をめどとして見直し作業をしてその結果にもとづいて所要の措置を講ずる、ということになっております。

(参考。刑法の一部を改正する法律
第9条

政府は、この法律の施行後3年を目途として、性犯罪における被害の実情、この法律による改正後の規定の施行の状況等を勘案し、性犯罪に係る事案の実態に即した対処を行うための施策の在り方について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。

2019年5月15日 山井和則 衆議院議員(国民民主党)

それでですね、前回の質問(2019年4月24日)のなかでわたしは、ここ数年この悪質な性暴力犯罪に対して不起訴率が高まっているのではないか、ということを、まあ、指摘をさせていただきました。

(※参考。当ブログ
2019年4月24日 山井和則 衆議院議員(国民民主党)
これ、まあ、あのー、報道でみるぐらいですけど、わたし、山下法務大臣になって最近、こういうお酒を大量にのましたりそういうかたちで性暴力してですね、不起訴になっているケースがふえているような気がしてなりません。
ここ1、2年で。

これですね、ですから、その事実関係を確認したいんで、本当かどうかそれ確認したいんで、ぜひあの、法務委員会の理事会にですね、最近の、ここ数年のこういう案件と、不起訴になった案件の、不起訴、起訴を、その資料をですね、わたしも、印象なんでね、わかりませんので、事実関係を確認したいので、あの、理事会に提出していただけませんか、委員長。

それで、最新の資料が法務省から出てきましたので、この配布資料に入れさせていただきました。
その配布資料の下のところには、えー、伊藤詩織さんの記事が出ております。

性被害者、救済の仕組みを

この伊藤詩織さんについても、ある男性と飲食をしたさいに意識をうしない望まない性行為をされた、と。
しかし、不起訴になってしまった、と。
会見で伊藤さんは、
「強制性交等罪も被害者が抵抗できないほどの暴行、脅迫をうけたと証明できないと罪に問えないことはかわらない。3年後の見直しでさらなる議論が必要だ」
とのべておられますし、また、会見では、
「おおやけにしてからバッシングをうけて前のように生活できなくなった。しかし隠れなければならないのは被害者ではない。はなすことでよい方向にかえていきたい」
と。
この伊藤詩織さんもいま、日本を離れロンドンに住まざるをえなくなっている、と。

まあ、そういうなかで、このSpringの方々もふくめてですね、被害者の、当事者の方々が、顔を出して、名前を出してですね、なんとしても自分のような被害が二度と起こらないように食い止めたい、という声をあげておられる。
このことをわたしは、与野党を越えて、政府、国会をふくめてですね、重く受け止めて、いまこそわたしは、行動にうつさなければならない、と思います。

ついては最初の質問ですがここにありますように、平成26年の起訴率43.3%から平成30年の34.7%へと5年間さがっていって、5年間で約10%、強制わいせつ強制性交等のこの犯罪がですね、起訴率が低下しているんです。
この、大幅にさがっている、ということに関して大臣としては、深刻な問題だ、という認識はされておられますか?

2019年5月15日 山下貴司 法務大臣

えー、お答えいたします。

あのー、まずまあ、起訴、不起訴につきまして、えー、不起訴の理由というのは、犯罪の嫌疑がじゅうぶんでない場合における嫌疑不十分、犯罪の情状や被害者の意向等の犯罪後の状況から、あー、訴追を必要としない場合における起訴猶予、など、さまざまでございます。

で、一般論としては、検察当局においては個別、具体の事案に則して法と証拠にもとづき適切に起訴、不起訴の判断をしているものと承知しておりまして、まあ、このご指摘の数値も、その結果としての判断の集積、であろうというふうに考えております。

まあ、あの、起訴率というのがさがっているというのは、あー、みられるわけでございますが、他方で、起訴人員は(平成)29年から30年にわたってふえているということもございます。

ただ、それは、それらは、いずれもそういった判断の結果の集積でございまして、その評価を一概にのべることは困難であろうと考えております。

(中略。)

2019年5月15日 山井和則 衆議院議員(国民民主党)

結局、いままでの答弁と全然、1ミリも前進していないじゃないですか。
いつまでに実態把握をしていつから検討会あるいは法制審を再開するのか、ということを訊(き)いているんです。

今日の配布資料の7ページにも入れていますように、諸外国にくらべると日本のこの刑法はですね、非常にやっぱりゆるすぎるんじゃないか、加害者に甘すぎるんじゃないか、ということがやはりあきらかになっているわけですね。

たとえば、最終頁も読み上げさせていただきますとですよ、一例になりますけれど、この久留米、九州での犯罪でも、
「男性は2017年、飲食店で当時22歳の女性が飲酒して深酔いして抵抗できない状況にあるなか、性的暴行をしたとして起訴された。裁判で裁判長は、女性はテキーラなどを数回一気飲みさせられ嘔吐しても眠り込んでおり抵抗できない状態だった、と認定。そのうえで女性が身を広げたり何度か声を出したことなどから女性が恋をしていると被告が誤信してしまうような状況にあったと判断して無罪を言い渡した」
ということなんですね。

あの、もちろん、個々の裁判についてとやかく、とやかくというか、わたしたちがそう、あの、評価するのはむずかしいかもしれませんが、やっぱり一般市民の常識として、意識できなくて、酒をのまされて、深酔いさせられて、抵抗できない状態でこういうことまでされても、不起訴、無罪になってしまう。
日本中の国民がこういう報道に連日、接しているんです。

これで本当にー、これ一例ですよ。
こういうことがあいついでいる、と言っているんです。
わたしは個別のことだけを言っているんじゃないんですよ。
こういう報道があいついで、被害者のかたも女性も男性もふくめて、居ても立っても居られないんです。

そういう状況なのに、実態把握、実態把握、って。
だから、いつまで実態把握して、いつ検討会を立ち上げるのか、ということをお答えください。
いま言ったように、附則によると、早ければ来年9月、刑法改正、可能なんですから。

くりかえし言いますよ。
緊急事態ですよ。
非常事態ですよ。
被害者は続々と残念ながら出ているんですよ。
放置していることになりかねないんですよ。

わたしたちには女性の人権、人間の人権を守る責任がー、政府にも国会にもあるんですよ。
被害者はどんどん、どんどん、ふえる可能性があるんですよ。
やはりここは山下大臣、対立する問題でもないのですね、ぜひ踏み込んで、いつごろまで実態把握をして、検討会、法制審、立ち上げる、ぐらいの1ミリでもいいから前向きの答弁をしてもらわないと、これだけの大問題になってもあいかわらず、
「実態把握しかしません」
と言ったらね、なんにもしていない、放置している、というふうにとられてもしかたありませんよ。
ぜひとも、踏み込んだ前向きな答弁をお願いしたいと思います。

2019年5月15日 山下貴司 法務大臣

性暴力が憎むべき犯罪でありまして、これに対して厳正に対応しなければならない、という思いは、わたくしも、山井委員と同じでありますし、またわたくしも検事の経験がございます。
そういったなかで、本当に悲惨な思いをし、そしてこれはもう、魂の殺人でございます。
ずっと、ずっと被害が、精神的にもつづくんです
そうした思いはわたくしも目(ま)の当たりにしておりまして、その思いにおいては、山井委員にいささかも劣るところはない、と考えております。

また、個別の事件については、これは申し上げません。
論評は控えますが、たとえば事実として申し上げますと、先ほどの引用された裁判例におきましては、これは、控訴になっている、というふうに承知しております。
そしてその控訴理由について詳(つまび)らかにすることは差し控えますけれども、そういった中身のなかで、なぜこれがこういった無罪判決が出るのかということについては、検察当局において適切に検討されていると思います。

で、そういったこともふくめまして、やはり実態把握をしっかりとやったうえで、性暴力に泣く被害者が出ないようにするためにはどうすればよいのか。
適切にこういった犯罪者に対して処分がくだるようにするにはどうすればよいのか、ということは、これはやはり実態把握したうえで適切な対応が必要であろう、というふうに考えておるわけでございます。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月12日

地道に積み重ねてきた【香西咲】の経歴、ほんの僅かな活動でも私にとっては実績だった。それを全てAVに利用されてしまうなんて…事務所は私で幾ら稼いだのだろう?
私はAVに出る為に芸能活動を積み重ねてきた訳じゃない。

#MeToo #青木亮
#アットハニーズAV出演強要
#人身売買
#HumanTrafficking

香西咲さん
2018年2月9日

今もまだ魂は殺されて抜け殻です。
毎日泣いてます。泣いて泣いて泣き疲れました。
何もやる気になれない。

日本は人身取引国ですね。

香西咲さん
2018年4月2日

おはようございます。私は過去の映像の削除も許させず、普通に生きるなと言われている様です。もう魂は逝ってしまいました。あと身体が果てるのみ。どんな結果になるか分かりませんが精一杯生きた記憶として残しておきます。
#AV強要
#青木亮
#人身売買
#honeypopcorn
#HumanTrafficking

香西咲さん
2018年4月6日

今日知人が送ってくれたの
#レースクイーン
#番組リポーター
#ドライバー
#スーパー耐久レース
#スーパーgt
#真面目に積み重ねてきたものを全てAVに利用された……
https://www.instagram.com/p/BhMWzEagg_i/

——————————————————–

山下貴司法務大臣は国会で、
これはもう、魂の殺人でございます
ずっと、ずっと被害が、精神的にもつづくんです
性暴力が憎むべき犯罪でありまして、これに対して厳正に対応しなければならない
と答弁しています。
併せて、
こういった犯罪者に対して処分がくだるようにするにはどうすればよいのか
とも言っています。
AV出演強要をとりしまる新法の内容が酷烈なものになることを期待しています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。