香西咲さんがお世話になっている先生は、「そもそも加害者がいなければ成り立たなかった」。AV出演強要をつづけている業界に待っているのは法規制です

一昨日から、AV出演強要に関する弁護士ドットコムの記事を考察しています。
本日もみてみます。
3日前のことです。
弁護士ドットコムニュースが不正確な内容の記事を配信しました。

(2019年5月9日 弁護士ドットコム「『AV出演強要は続いている』 パーツモデル募集で『絶対バレない』としつこく勧誘」より、引用。)

2019年5月9日 弁護士ドットコム

AV出演強要をめぐっては、ヒューマンライツ・ナウが2016年3月、被害実態をまとめた報告書を発表している。
(略。)
この報告書は波紋をひろげて、その後、AV業界で自主的な取り組みがはじまったり、公明党や自民党でAV出演強要問題を考えるプロジェクトチーム(PT)が立ち上がったりした。内閣府男女共同参画会議の専門調査会でも検討されたが、慎重論も残っており、法制化はすすんでいない。

弁護士ドットコムの記者は以下のように言っています。
「内閣府男女共同参画会議の専門調査会で、慎重論が出た」
「このため法制化が進んでいない」
と。
この言及はあやまりです。
論拠につきましては、一昨日と昨日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2019年5月10日(一昨日)
2019年5月11日(昨日)

(再掲。弁護士ドットコム)
内閣府男女共同参画会議の専門調査会でも検討されたが、慎重論も残っており

くりかえしになりますので、簡単に書きます。
現在、AV出演強要問題にかかずらっているのは、関係府省対策会議です。
「内閣府男女共同参画会議の専門調査会」ではありません。

(再掲。弁護士ドットコム)
内閣府男女共同参画会議の専門調査会でも検討されたが、慎重論も残っており

同調査会の場で、参考人として慎重論をのべた者はいました。

規制強化に反対
業界側の言い分です。
この種の意見は相手にされませんでした。
一蹴されました。

(再掲。弁護士ドットコム)
内閣府男女共同参画会議の専門調査会でも検討されたが、慎重論も残っており

ふと、河合幹雄氏の言辞を想起しました。
河合氏は業界団体の幹部です。

(辻丸さんのツイートより、引用。)

辻丸さん
<2017年7月24日>


(再掲)

今週28日(金)発売の「週刊金曜日」@syukan_kinyobi にAV強要問題が取り上げられ、僕のコメントも載る予定です。
この日はHRNさんのイベント、翌日(2017年7月29日)AVANのパネルディスカッション
今の僕にとってはどちらがアウェイか、よく分かりませんが両日参加します。

2017年7月29日におこなわれたAVANのパネルディスカッションで、河合氏がつぎのように発言しました。

(2017年8月17日 しらべぇ「『適正AV』は業界を変えるか? 女優の権利とAV産業の未来について識者が激論」より、引用。改行を施しています。)
(※注 この記事はその後、削除されました。)

2017年7月29日 河合幹雄 AV業界改革推進有識者委員会委員(現在はAV人権倫理機構理事)

日本の場合、産業に対する業界団体が決まっていることがほとんどです。
立法や行政指導などルールを変える際には、業界、官僚、有識者が話し合って、業界側に大丈夫か確認を取って、OKなら初めて通ります。

ところが、AV業界は名前だけは「業界」なのに、働く人間をケアするためのしっかりした業界団体もなければ、監督官庁が不明でした。
パチンコや風俗は、はっきりと警察が監督官庁ですが、AVの場合は明確になっていない。
強いて言えば警察なのかもしれません。

おそらく内閣府の男女共同参画会議は、そうした状況を改正しようと思っているのでしょう。

会議に選ばれたメンバーの中には知り合いが何人かいますけど、学者と官僚ばかりです。

ちなみに、男女共同参画会議の議員のなかに、官僚はいません。
同会議の下部機関である専門調査会についても然(しか)りです。

(参考)

男女共同参画会議 議員名簿

女性に対する暴力に関する専門調査会 委員名簿

(再掲。河合幹雄氏)
会議に選ばれたメンバーの中には知り合いが何人かいますけど、学者と官僚ばかりです

この件はさておき、河合氏も弁護士ドットコムの記者と同様に、男女共同参画会議の存在を意識しています。
上述のとおり、内閣府男女共同参画会議の専門調査会はすでに、御役御免、となっています。
このあたりのうごきを時系列でふりかえってみます。

<AV出演強要に関して>
2017年3月14日 内閣府男女共同参画会議の専門調査会が、報告書を発表する。(役目をおえる)
  
2017年3月21日 政府はあらたに、関係府省対策会議を発足する。
  
2017年5月19日 関係府省対策会議は「今後の対策」を策定する。
  
2017年7月29日 業界団体幹部の河合氏が、
内閣府の男女共同参画会議は、そうした状況を改正しようと思っているのでしょう。会議に選ばれたメンバーの中には知り合いが何人かいますけど、学者と官僚ばかりです
と発言する。
——————————————————–

青山薫教授は「内閣府男女共同参画会議の専門調査会」の場で、規制の強化に反対しました。
河合幹雄氏と弁護士ドットコムの記者にとってはこのことが鮮烈であったようです。

(再掲。弁護士ドットコム)
内閣府男女共同参画会議の専門調査会でも検討されたが、慎重論も残っており

もう一度、毎日新聞のツイートを引きます。

「現場の内情を知るAV業界人をもっと調査に巻き込んでいくべきだ」

(再掲)

女性に対する暴力に関する専門調査会の議事録を参照します。

(2016年12月13日 第85回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<23ページ>
2016年12月13日 馬場純郎 内閣府 暴力対策推進室長

3でございますけれども、こちらはアダルトビデオの関係で、メーカーの団体の取組や、出演者の団体設立の動きがありまして、事務局のほうで先日お話を伺ってまいりましたので、その内容を記載したいと考えております。

ちなみに青山薫教授はヒアリングのさい、つぎのように主張していました。

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<25ページ>
2016年9月12日 青山薫 参考人(神戸大学教授)

今の段階でわかりませんけれども、もしも新たな規制が必要とすれば、目的は、AVに従事している人、これからしようとしている人たちに対する暴力や強制被害を減少させることのはずです。
それを防ぐには、業界の内部の事情を知る人の参加を得て、情報提供、協力を受けながら、あるいはその人たちを「有識者」として政策決定のテーブルに招きながら、正確に問題を把握する必要がある、と御提案申し上げて、私の発表を終わります。

業界人が同じテーブルにつくことはありませんでした。

AV出演強要:神戸大教授、規制強化に反対 内閣府聴取

(再掲)

後日、「内閣府男女共同参画会議の専門調査会」は、以下の結論を出しました。

(2017年3月14日 男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会「若年層を対象とした性的な暴力の現状と課題~いわゆる「JKビジネス」及びアダルトビデオ出演強要の問題について~」より、引用。)

<38ページ>
2017年3月14日 男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会 報告書

更なる実態把握その他の各課題に係る施策の進捗状況等を踏まえ、法的対応も含め被害の予防及び回復に向けた必要な対策について検討する必要がある。

——————————————————–

(再掲。弁護士ドットコム)
内閣府男女共同参画会議の専門調査会でも検討されたが、慎重論も残っており

そのようなものは残っていません。
政府の手によってすでに采(さい)が投げられています。
事がここに至った以上は断行するしかありません。
後戻りはできません。
カエサルもそうのべています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年1月2日

この本を読んでる最中ですが、
自分と重ねて読んでしまい辛い。


こういう時は発言が若干過激になるけどお許し下さい。

最初の頃は自分にも非があるとか云々言われたけど、性暴力の先生が仰るには『そもそも加害者がいなければ成り立たなかった事』。
本当にその通りだと思います。

香西咲さん
2018年10月6日


私もそう思います。

——————————————————–

政府はオリンピックまでに人身取引を根絶すると宣言しています。
香西咲さんたち被害者の救済が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。