性犯罪に対する山下貴司法務大臣の姿勢(その3)。香西咲さんたち被害者には、自民党でAV出演強要問題PT座長をされている渡嘉敷奈緒美(とかしきなおみ)議員もついています

2日前から、性犯罪に関する山下貴司法務大臣の国会答弁を顧(かえり)みています。

(参考。当ブログ)
2019年5月3日(その1)
2019年5月4日(その2)

本日は、井出庸生議員とのやりとりをみてみます。

2019年3月8日 衆議院 法務委員会

ちなみに同日の同委員会では、源馬謙太郎議員も性犯罪について質問をしています。

(2019年3月8日 インターネット審議中継「衆議院 法務委員会」より。)

音声の文字化は、筆者。)
2019年3月8日 源馬謙太郎 衆議院議員(国民民主党)

(前略。)
まず最初にですね、山下大臣は、あのー、再犯防止推進法――まあ先ほどあったもの――ですとか、改正ストーカー規制法ですとか、リベンジポルノ防止法なんかにも、えー、積極的にたずさわってこられまして、えー、犯罪被害者、特に性暴力被害者に対する施策に熱心にとりくんでこられた、というふうに承知をしております。
(後略。)

詳細につきましては一昨日の当ブログをご覧ください。
井出議員の件にもどります。

(2019年3月8日 インターネット審議中継「衆議院 法務委員会」より。)

音声の文字化は、筆者。)
2019年3月8日 井出庸生 衆議院議員(無所属)

(前略。)
つづきまして、あの、前回の、えー、つづきで、性犯罪ですね。
あのー、うかがいたいんですが、あのー、1月23日の法務委員会で、まあ、大臣から最後にすこし、その、
「委員のご指摘も踏まえて」
あー、その、まあ、
「ふさわしい検討に資するような、その実態把握をやりたい」
というようなおはなしがありました。

(※参考。当ブログ
2019年1月23日 山下貴司 法務大臣
まあ、そうしたことも踏まえて、えー、まあ、このご指摘の要件を撤廃することとはしなかったところではございますが、附則においてですね、えー、広く性犯罪に係る事案の実態に即した対処を行うための施策のあり方に関する検討が求められております。
えー、まあ、現時点では、検討の対象としてどのような施策を取り上げるのかについて確たることは申し上げられませんが、まあ、あの、委員ご指摘の点もふくめて、適切な検討をおこなうことができるよう、性犯罪被害の実情の把握、これをしっかりと努めてまいりたいというふうに考えております。

2019年3月8日 井出庸生 衆議院議員(無所属)

で、わたしがあのとき、あの、うったえたのは、そのー、性犯罪の常識を変えたいんだ、と。

で、それは、たとえば、お酒を飲んでいたから、とか、ツイッターやフェイスブックで知り合ったから。
まあ、そういうことが理由で、えー、立件にまあ、慎重に。
事件化、捜査が、慎重になってしまうようなケース。

昨日の当ブログの記事に対して、海野さんからコメントをいただきました。
ご紹介をさせていただきます。

当ブログへのコメントより)

海野さん

レイプドラックですね、主にベンゾ系の睡眠薬・抗不安薬が投与されます。
・くすりのしおり サイレース錠

レイプドラックというのが一部の悪党の間で流行っています。

(実験した勇者あり。)
・後ろ向き太郎の後ろ向き日記 デートレイプの危険性を証明するために睡眠薬を盛られると本当に記憶が消えるのか実験してみる

レイプドラックはイベントサークルや就活希望の女性に投与されることが予想されます。
女性の皆さま(男性も)こういう手口があることを知ってください。

2019年3月8日 井出庸生 衆議院議員(無所属)

で、本来は、このあいだの議論でもありましたが、その、性的自己決定権の自由、ですね。
この保護法益をまあ、害されないために、その刑法で性犯罪の定めが、えー、あると思いますし、大臣自身もあの、そのー、わたしがとりあげた暴行、脅迫要件については、そのー、性的保護法益を守るために、それに必要な客観的なあきらかな行為を、えー、捕らえなければいけない、と。
まあ、そういう趣旨の答弁があったと思うんですが。

(※参考。当ブログ
2019年1月23日 山下貴司 法務大臣
あのー、まず、まあ、刑法で強制性交等罪が成立するために暴行、脅迫が要件とされている点について、まあ、これは、あのー、
「保護法益である性的自由ないし性的自己決定権を侵害する行為であることが客観的にあきらかな行為を処罰の対象とするためである」
というふうに、えー、考えられております。

2019年3月8日 井出庸生 衆議院議員(無所属)

まあ、その答弁をふまえても、やはりその、暴行、脅迫要件があった性行為を取り締まるんじゃなくて、本来は、あー、その、同意のない、まあ、その、性的自己決定権を侵害するような性行為を取り締まるんだ、と。
まー、その、あくまでも、あー、保護法益は、そのー、性的自由を守る、同意のない性交を罰する。
それがこの性犯罪の刑法の本質である、と。
まあ、そこのところはちょっとはっきり、えー、このさい、えー、しておいてほしいな、と思いますが、大臣、いかがでしょうか。

2019年3月8日 山下貴司 法務大臣

えー、まずですね、あのー、まあ、強制性交等罪の保護法益についてお訊(たず)ね、ということでございますが、これについては、一般に、えー、まあ、
「強制性交等罪および強制わいせつ罪の保護法益は、性的自由または性的自己決定権」
と解されているというふうに承知しております。

2019年3月8日 井出庸生 衆議院議員(無所属)

ええと、あのー、もう1回ストレートに訊(き)きますけれど、そのー、この強制性交等罪とかはその、暴行、脅迫のあった性行為を、まあ、それを罰するのはもちろん、罰する。
あの、大きな事件だと思いますけれど。
まあ、それはもちろんのこと。

ただ、まあ、それもふくめ、本来はその、同意のない、その、保護法益、
「性的自己決定権」
「性的自由」
そういうものを害したような性行為に対して、まあ、捜査をして、立件をつくしていく、と。
まあ、そういうことだと思うんですけれども。

2019年3月8日 山下貴司 法務大臣

えー、まあ、これにつきましては、この29年(2017年)の刑法を一部改正する法律でまあ、強制性交等罪があの、まー、定められたわけでございます。
そして、そのまあ、そこにはやはり要件として、えー、求められているものがある、わけでございますが。

それを前提に、政府は、えー
「この法律の施行後3年を目途として、性犯罪における被害の実情、この法律による改正後の規定の施行の状況等を勘案し、性犯罪に係る事案の実態に即した対処を行うための施策の在り方について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする」
ということでございます。

なので、まずは、まあ、既存の法律を前提にこれをしっかりと適用していく、ということをやる。

で、他方で、この附則9条にもとづいて、えー、まずは、性犯罪にかかる事案の実態、これをですね、しっかりと把握しているということで、えー、いま、性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループを設けて、えー、この被害の実情等の把握につとめているところでございます。

2019年3月8日 井出庸生 衆議院議員(無所属)

あのー、かつてあの、「ミスター議員立法」と言われた大臣がですね、まあ、ぜひ、「ミスター刑法改正」の法務大臣になっていただきたいんですが。

まあ、あの、児童虐待の問題をとってもですね、まあ、その、
「体罰はいかん」
と。
「民法の懲戒権についても議論しよう」
と。
このあいだの自民党のかたが立ち上げてくださった超党派の勉強会。
まあ、ほとんど自民党のかたがご参加なんですけれど。
まあ、自民党のなかでも、その懲戒権が一番のやっぱり、あのー、勘違いされている大本(おおもと)だ、っていうようなはなしがありまして。

(※参考。民法
第820条
「親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う」

第822条
「親権を行う者は、第820条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる」

ですからその、あのー、懲戒、体罰、しつけの分野も、たとえばその、
「顔はだめだけど、お尻とか背中をひっぱたくのはいい」
とか、
「物置に閉じ込めるのはいい」
とか。
でも、そういうものは、もはやね、通用しなくなってきた、と。
その体罰とか子供に手を出すことはいけない、ということをきっちりと法律化すべきじゃないか、と。

そういう議論だと思いますし、まあ、ぜひその、性犯罪についてもその、
「暴行、脅迫がなければだめ」
というような、まあ、あの、すこしずつ変わってきていることはわたしも法務省からうかがってきているんですけど、あの、法律の検討に値する大きな議論だと思いますので、やっていただきたい、と。
えー、「ミスター刑法改正」になっていただきたいと思います。
なっていただけますか?

2019年3月8日 山下貴司 法務大臣

えー、まあ、議員立法やさまざまなところで、あのー、井出委員からこれまでずっとあの、ご指導いただいてきたところではございます。

ただ、やはりあの、刑法を考えるにあたっては、先ほどもあの、ご指摘がありました罪刑法定主義。
まあ、なかんずく、やはり、明確性の原則、というのがございまして、犯罪になる行為とならない行為の外延(範囲)
これがはっきりしているのかどうか、というところが問題となります。

まあ、今般、この強制性交等罪の議論においても、暴行、脅迫のような外形的行為がないときには、被害者の同意を証明することが容易ではない、と。

えー、で、まあ、これは、性交に応じるか否か、という内心の立証を。
まあ、内心にかかるわけですね。
この認定というのが難しい、というご指摘もあったところでございます。

まあ、そういった指摘をふまえてまあ、今般の改正では、こういうことでなったわけですけれども、なお実態把握に努めて、必要な措置をとってまいりたい、と考えております。

2019年3月8日 井出庸生 衆議院議員(無所属)

はい、「ミスター刑法改正」を目指していただきたいと思います。
(後略。)

(2019年3月8日 インターネット審議中継「衆議院 法務委員会」より。)
——————————————————–

山下貴司大臣は、暴行、脅迫要件について、
今般の改正では、こういうことでなったわけですけれども、なお実態把握に努めて、必要な措置をとってまいりたい
と答えました。
前向きなものを感じます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月15日

この問題に関わって下さる人の8割は冷やかし。
(中略。)
2割の本気で取り組んでさ下さる方々ありがとうございます。

特にネットの世界ではそうなのかもしれません。
政治の世界はちがいます。

(2018年11月14日 週刊女性「『性教育を教えてあげる』と16歳少女に迫るおぞましさ、障がい者への性暴力の実態」より、引用。改行を施しています。)

2018年11月14日 週刊女性

アダルトビデオなど性産業問題に詳しい同党(自民党)渡嘉敷奈緒美衆院議員は、
「言葉巧みに誘い、障がい者を性風俗やアダルトビデオなどで働かせるケースはあります。中には障がい者を雇用して信頼関係を作り、障がい者が“いいところに就職できてよかった”と喜んだところで性的な関係を強要したり、性産業に入れたり、という話も聞いたことがあります」
と悪党が仕掛ける手口を明らかにした。

(PAPSのツイートより、引用。)

PAPS
<2018年11月14日>

(再掲)
昨日はAV問題に取り組むという自民党の女性議員のところにロビー活動に行った。AVに係ったことで被害だと思う女性にとっては一生苦しまなければならないのだから何とかしなければと熱く語っていた。議員の仕事は法律を作ることだから、オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたい

(木村弥生 衆議院議員のツイートより、引用。)

木村弥生 衆議院議員
<2018年12月9日>

(再掲)
AV強要問題については、今回の勉強会にもご出席くださった、自民党のとかしきなおみ渡嘉敷奈緒美衆議院議員がPTを立ち上げておられます。あす第2回目の会合があります

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月1日

昨日議員さん方が
力強く握手して下さったり、
『よく頑張ったね』と抱き締めて下さった事を思い出して、
1日経った今も涙溢れてます

#AV強要
#人身売買
#HRN院内集会
#ライトハウス
#PAPS

——————————————————–

香西咲さんの勇気が世の中をかえました。

(再掲)
オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたい

解決まであともうすこしです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。