今年のアメリカの人権報告書にはAV出演強要のほか、LGBTに関する杉田水脈議員の放言が掲載されました。杉田議員は愚者の極みです。聡明な香西咲さんとはおおちがいです

昨日のつづきです。

AV出演強要

昨年、杉田水脈議員は国会で、AV出演強要をとりあげました。

(参考。当ブログ)
2018年3月10日(2018年3月9日の衆議院内閣委員会。質疑、応答)

たとえば以下の発言があります。

(2018年3月9日 衆議院インターネット審議中継「衆議院 内閣委員会」より。)
音声の文字化は、筆者。)

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

いま、AVの強要の防止ということで、そういう活動をしている団体だと認識をしていた、ということなんですけれども、それ以前にこの団体は、こういった日本軍がまあ、慰安婦というのは性奴隷であった、とかいったことを国連などを通じて、世界にそういったことを捏造、ばらまくっていうことをすごく熱心にやっている団体がこのヒューマンライツ・ナウなんですね。

この妄言は国連で問題となりました。

(2019年4月17日 衆議院インターネット審議中継「衆議院 内閣委員会」より。)
音声の文字化は、筆者。)

2019年4月17日 大河原雅子 衆議院議員(立憲民主党)

(前略。)
あのー、お手元の資料をごらんください。
配付させていただきました。

あのー、今日、杉田議員の問題を取り上げていますけれども、まあ、この資料、政権与党の一員である杉田議員がまあ、このような発言をされたこと、そして、国会でまあ、このような発言を公然とおこない、制止されなかった。
えー、このことは、実は、国連事務総長のリプライザルに関する報告書、えー、これに記載されてしまいました。

お手元の配付資料は、まあ、あの、2018年8月にですね、国連事務総長が国連人権理事会に送付した報告書です。
(後略。)

2019年4月17日 大河原雅子 衆議院議員(立憲民主党)

まあ、この報告書ですね。

(※2018年8月に、国連事務総長が国連人権理事会へ送付した報告書)

2018年5月、伊藤氏およびヒューマンライツ・ナウは国連との協力を理由に標的にされつづけている、と報告された。

2018年3月9日、録画されている衆議院内閣委員会の審議において、自民党の国会議員が、政府側に対する発言の中で、ヒューマンライツ・ナウを
国連等、国際フォーラムを利用し、日本軍慰安婦は日本の性奴隷であったとの捏造された情報を熱心に世界に広めている組織であり、それがHRNというものである
と表現した。
(後略。)

2019年4月17日 大河原雅子 衆議院議員(立憲民主党)

(前略。)
まあ、国会議員のあの、無答責。
えー、まあ、国会議員の特権のひとつですよね。
こういうものに、えー、依拠して、まあ、これを濫用してですね、国会のなかで、えー、表現自由だ、様々なんだ、ということで、このような国益を損なうようなご発言は厳に慎まれるべきだ、というふうに、あの、思います。
(後略。)

杉田議員は国賊です。
AV出演強要以外に、LGBTの件でも、国外から非難を浴びました。

LGBT

アメリカは今年の3月13日に、2018年国別人権報告書を公表しました。

(参考。当ブログ)
2019年4月13日(人権報告書の日本語訳について)

このなかに杉田議員の名前があります。
当該部分を抜粋します。

日本語訳より、引用。改行を施しています。)

2019年3月13日 アメリカ 国務省 2018年国別人権報告書―日本に関する部分

与党自由民主党の杉田水脈国会議員は7月の寄稿記事で、LGBTの人たちは子供を作らないので「生産性がない」と述べた。
記事の出版後、自民党はLGBTの人々を含む多様性を受け入れる社会の実現を目指すという声明を発表し、杉田議員に指導を行った。
障害者団体や著名作家を含む幅広い層から杉田議員と雑誌に対する批判の声が上がり、ほどなく雑誌は休刊となった。

一昨日のブログでもご紹介をしました。
杉田議員は先日、LGBTの関係者に謝罪をしました。

そのときの様子をテレビ朝日が報じています。

2019年4月28日 テレビ朝日「独占!杉田水脈議員と稲田朋美議員が新宿2丁目でLGBTの皆さんと対談」

普通のひとならば、屈辱感を感じます。
杉田議員の場合はちがいます。

皆さん、お楽しみに
です。
さすが、炎上商法の第一人者です。

アメリカは上述の報告書のなかで、AV出演強要にも言及しています。

(参考。当ブログ)
2019年4月13日(人権報告書の日本語訳について)
2019年4月14日(人権報告書と人身取引報告書の変遷)

(アメリカ 国務省「2018年国別人権報告書―日本に関する部分」より、引用。)

2019年3月13日 アメリカ 国務省 2018年国別人権報告書―日本に関する部分

成年男性と未成年の少女を結びつけるデートサービスやポルノ強要などの性的搾取を目的とする児童の人身取引「JK(女子高生)ビジネス」を取り締まる関係府省対策会議は、引き続き取り締まりを強化した。
取り締まりの成果として警察は、2017年4月から12月までに42人の「JKビジネス」経営者や顧客を逮捕し、未成年の被害者25人を救出した。
警察は(2018年)1月、営利目的で女性と少女をそそのかして性交させたとして、芸能事務所社長とポルノビデオ製造会社の経営者を逮捕し摘発した。
この法律(淫行勧誘罪)の適用は80年間以上で初となったにもかかわらず、検察庁は被疑者を起訴しなかった。

アダルトビデオ業界も杉田議員のように改悛の情をしめすのでしょうか。

(2017年5月18日 週刊実話「AVが消える![後編] フリーライター・中村淳彦」より、引用。改行を施しています。)

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

国家の抗議を受けているものの、現段階でAV業界は強気だ。
基本的に現行のものを“認定AV”とする。
(中略。)
AVは35年前の創世記から今まで、グレー産業と呼ばれている。
“認定AV”は強要問題をキッカケに、AVをグレーからホワイトにするという取り組みだが、業界は「現状のAVはホワイトである」と徹底抗戦する構えだ。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年9月1日


これはありだわ。
お金かかるけど業務妨害、ストーカー…会社からも謝罪もない。

香西咲さん
2017年11月27日

#AV強要 で多数の女性の人生を台無しにしてきた #青木亮 さん
知り合った頃の私の20代の健康と
#性的搾取 #人身売買 #枕営業 の強要、誠意を持って謝罪し、本来なら活動出来ていたであろう損害を賠償してください。

全てを失った私は丸1日さえまともに動けず、生きる事に疲れてしまいました。

香西咲さん
2017年11月30日

ありがとうございます。
まだ間に合うかも知れませんね。
相手方はボロが沢山出てきます。
全て晒すと共に、今迄の謝罪、後遺症への賠償…WILLさんの為にも誠意的に対応して頂きたいものです。WILLさんの評判を下げている主犯でもありますし。
私はいくらでも戦います。長引く程 #青木亮 には不利です

香西咲さん
2018年1月30日

告発から1年はWILLの元、 #AV業界 の自浄作用を信じて活動しました。
ですが業界にその意向は無い事を悟り今に至ります。
お疲れ様でした。

——————————————————–

杉田議員は「賢い」です。
LGBTについては謝罪しましたので。
アメリカにはかなわないということをよくわかっておられます。
いっぽう、アダルトビデオ業界はどうでしょうか。
徹底抗戦する構えのようです。
2020年のオリンピックまであと1年あまりです。
焼け野原の光景が頭にうかびます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。