4月は、AV出演強要被害防止月間です。本日からはじまりました。「当然人にした事も全て自分に返ってくる」。香西咲さんがおっしゃるとおりの展開となってきました

本日(4月1日)より、AV出演強要被害防止月間がはじまりました。
今年で3回目の実施となります。
今回は、政府公報オンラインが特集を組んでいます。

□政府広報オンライン
 特集 アダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等

通覧しました。
力が入っている、と感じました。

ライトハウス もこちらの政府広報に協力しています
まずは広報用のポスターとリーフレットからみていきます。

ポスター

モデルは指原莉乃さんです。
以前より、このようなかたがいるということは知っていました。
相貌は存じあげませんが。
今回、はじめて、お顔を拝見することができました。
それはさておき、ポスターに書かれている文章は激烈です。
抜粋します。

(引用)

NO!
AV出演強要
「ほんっとに悪質!!」
だから知っておいて、
その手口。
「誘って、ダマして、逃さない!」意に反する性的な行為は暴力です。
甘い言葉で「誘う」!
・モデルにならないかと声をかける。
・初心者OK・高時給なバイトがあると誘う。
巧妙に「ダマす」!
・優しく接して契約書にサインさせる。
・ウソで安心させ、性的な行為を強要。
脅して「逃さない」!
・断れば高額な違約金が発生すると脅す。
・家族にばらす、ネットで公開すると脅迫。
イヤだと思ったら、やらなくていい。逃げていい。

アダルトビデオ業界は、「適正AV」ということばをつかっています。
政府は一顧だにしていないということがわかります。

リーフレット

リーフレットには相談窓口も掲載されています。
ほかに政府は、あらたな動画も作成しました。

動画

政府広報オンライン

政府インターネットテレビ
「NO!AV出演強要」タレントの指原莉乃さんが、「誘って、ダマして、逃がさない」悪質な手口をご紹介

いずれも内容は同じです。
当該動画の音声を文字にさせていただきます。

指原莉乃さん

NO(ノー)! AV出演強要。

——————————————————–

街を歩いていたらスカウトされた。
すみません。
読モ(読者モデル)になりませんか?
あの、パーツモデルとかでも。
え?
わたしがモデルに?

指原莉乃さん

甘いことばであなたを誘う。
それ、罠(わな)かも。

——————————————————–

そのまま事務所に連れて行かれて-
みんなに書いてもらっているの。
とりあえず登録書にサインしてね。

指原莉乃さん

ちょっと待って。
それ、あなたを騙す契約書じゃない?

——————————————————–

撮影に行ったら、脱げ、って。
断ったら違約金がかかるし、親にも言うぞ、って。

指原莉乃さん

誘って、ダマして、逃さない。
ほんっとに悪質。
知っておいて、その手口。
イヤだと思ったら、やらなくていい。
逃げていい。
不安なことがあったらはなしてみて。

政府公報オンラインは、指原莉乃さんからのメッセージも紹介しています。

2つの動画をみたときぼくは、アダルトビデオ業界は完全に息の根を止められる、と思いました。
動画からは業界に対する敵愾心しか感じられません。
もうおわりです。
アダルトビデオ業界は。

(再掲)

不安に思ったら相談を
こちらについても詳述されています。

相談事例①
相談事例②
相談事例③

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

香西咲さん
2017年11月19日

当然人にした事も全て自分に返ってくる。
要するに
人の裸で飯食ってる奴はろくな死に方しない

——————————————————–

世の中の不要物はどのような最期を遂げるのでしょうか。
楽しみです。
犯罪者に待っているのは薄暗い牢獄です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

3 thoughts on “4月は、AV出演強要被害防止月間です。本日からはじまりました。「当然人にした事も全て自分に返ってくる」。香西咲さんがおっしゃるとおりの展開となってきました

  1. 海野

    なんなんすっかね?指原さんが悪い訳ではありませんが、AKBグループのメンバーが何名か
    AVデビューしているんですよ、これは、だいわさんが主張していることですが、何か作為的なものを
    疑ってしまいますね、秋元と関東連やバーニングなどが仕組んでいると思ってしまいます。

    松嶋重にしても、そうですが、芸能界とのパイプがありますからね。

    AKB関連の方が何名AVデビューしたのやら。

    本当に多いです、秋元は悪質な奴ですから、平気でそういう輩と手を組んで罠に嵌めている
    可能性がありますよ。

    AKBなどの芸能人はMUTEKIが狙っているかと思います。

    それで、契約などで揉めたら、宮本弁護士「2弁」のような悪徳弁護士が登場でしょう。

    返信
  2. 海野

    https://erohika.com/archives/65059
    この中にAKBグループに在籍していたメンバーが紹介されています。
    ちなみに、グラビアアイドルのケースが多いですが、AV事務所側はもともとAV女優として
    デビューさせる目的なのですが、アイドル活動の一つだと説明し、露出の高いグラビアをさせ
    ある程度、ファンを集めて、その後にAVデビューというロジックを使用するケースが多いです。

    AKBグルーズグループの時は、やはりアイドルからAV女優ということで、相当なマネーが
    AV業界に流れるのは必須です、場合によっては1本のAVで億です。

    パソナの仁風林とも関係が深い、秋元康です。
    芸能界は、枕営業などかなり性の乱れがあります、また過去のケースにおいてAKBグループから
    相当な数の人がAVデビューしていることを考えると、イマイチ指原さんのポスターは説得力に
    欠ける気がします。

    しかも、三上さん・松田さんの所属事務所は香西さんを罠に嵌めた青木亮の事務所なのです。

    指原さんのケースは主に普通の女性が歓楽街やネットを通じてAV業者に狙われるケースを
    書いているだけで、もう一つのケースが書かれていませんね。

    三上さんや松田さんに罪はありませんが、あの青木亮の事務所に所属しているんです、
    AKBグループ脱退からデビューまで仕組まれている可能性が十分にあります、青木や秋元に。

    返信
  3. 三鷹 礼

    AV業界は在日朝鮮人の資金源とされています風俗、キャバクラ、なども在日朝鮮人の独壇場なんです。芸能プロダクションもやはり在日朝鮮人の関係が多く、売り出しに失敗すると、宣伝費や経費を本人の借金と言う事にしてしまいAV数本と後、風俗で前借りさせて返させるんです。だから芸能事務所に警察があまくだるか監査役ではいらないと、なんら解決の糸口は見えて来ないでしょう。芸プロと言うのは、ほとんどが下請け制度になっておりその段階で何らかの手だてをうたないとダメじゃないでしょうか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。