日別アーカイブ: 2019年3月24日

性暴力被害を公表したPANSAKUの山本恵子さん(その10)。香西咲さん「今まで生きてきたよりも100倍濃い密度で生きよう」

アコースティックデュオPANSAKUの山本恵子(ぱん)さんの強姦被害をふりかえっています。

(参考。当ブログ)
2019年3月15日(その1)
2019年3月16日(その2)
2019年3月17日(その3)
2019年3月18日(その4)
2019年3月19日(その5)
2019年3月20日(その6)
2019年3月21日(その7)
2019年3月22日(その8)
2019年3月23日(その9)

先日のブログでもふれました。
山本恵子(ぱん)さんの事件の時効は、3年間のびました。

<時効の延伸について。当ブログ>

2019年3月19日(その5)
2019年3月20日(その6)
2019年3月21日(その7)

その後、犯人はどうなったのでしょう。
捕まったのでしょうか。
山本恵子(ぱん)さんが書かれたブログの記事を参照します。

(2011年8月24日 PANSAKUのブログ「今日は警察へ」より、引用。)

2011年8月24日 山本恵子(ぱん)さん

午前中ケーサツへ行ってきます。
先月、時効が7ねんから10年にのびて
継続捜査がきまって以来、初めて、
警察のひとと話をする日です。
警察の人がベストを尽くしてくれる中で、
彼の居場所に近づいてくれるといいなあと思います。

——————————————————–

(2011年8月25日 PANSAKUのブログ「次のステージへ(継続捜査)」より、引用。)

2011年8月25日 山本恵子(ぱん)さん

昨日は警察の方と会うことができました。
とても丁寧な対応で、
緊張している私に対して、
改めて継続捜査の方向性と
今後のことなどを説明してくれました。
「7年という時間が経っているので、
攻めの捜査がなかなかできないけれども、
あと3年、できる限りのことをします。」
と、答えてくださいました。
(略)、
性犯罪をいくつも捜査しているプロの方たちが、
実際どういう風にこの事件や犯人像をとらえているのか、
具体的に知りたくて、
おもいきって、聞いてみたけれど、
それに関しては、さすがに答えづらいというか、
正直、少し困惑している様子でした。(苦笑)
そのあと、県警本部と豊橋警察からきた
二人の女性警察官と私だけになり、
そのときには、本当にざっくばらんな、
いろんな話ができました。
そして、当時の豊橋警察署の対応に対して、
女性警察官の方たちが「本当に申し訳なかったです」
と、直接謝罪してくれたとき、
とても、不思議な感覚があった。
これからは、とくに進展がなくても、
半年に1度くらいは、定期的に、
警察の人から電話連絡をもらえることになりました

3年後の私は、どうしているだろうか?

——————————————————–

半年に1度くらいは、定期的に、警察の人から電話連絡をもらえることになりました
1年3か月後のブログをみてみます。

(2012年11月28日 PANSAKUのブログ「性被害からの回復」より、引用。)

2012年11月28日 山本恵子(ぱん)さん

私の事件、残っている防犯カメラの画像を手がかりにして、
今でも聞き込みをしてくれたりしていたそうです。
性暴力を含め、
「人権」を奪われるような暴力・傷を負ってしまうと、
自分を大切に思う感覚が持てなくなり、
「自分の人生を自分が生きる」ことの意味がわからなくなります

でも、苦しい時ほど、きっとそこから大逆転が待っています。
私自身はそう信じ続けています。

——————————————————–

以下は、4か月後のブログです。

(2013年3月26日 PANSAKUのブログ「カレーライス」より、引用。)

2013年3月26日 山本恵子(ぱん)さん

明日は、数ヶ月ぶりに、まだ犯人が捕まっていない自分の事件で
警察の人と弁護士さんと会う日です☆

——————————————————–

それから1年が過ぎました。

(2014年3月25日 PANSAKUのブログ「新しいブログはじめます」より、引用。)

2014年3月25日 山本恵子(ぱん)さん

音楽を通じての被害者支援活動は、
出産・子育ての時期に入るので、一旦終了ですが、
私個人が、今後どういう形であれ、また新たに動き出すときも、
私自身の事件に関しても今年の7月におそらく時効となるので、
そのことも新しい個人ブログの方で書いていきます。

——————————————————–

時効の日が近づいてきました。

(2014年3月27日 ぱんとねこ「時効が迫ってきてるので」より、引用。

2014年3月27日 山本恵子(ぱん)さん

私の強盗強姦事件の時効は、今年の7月15日。
4月に、私の事件を担当する検事さんと会うことになりました。
いろいろと時効前に説明をしてくれるそうです。

——————————————————–

(2014年6月21日 ぱんとねこ「妊娠9ヶ月。」より、引用。

2014年6月21日 山本恵子(ぱん)さん

2004年7月15日(木)に起きた、
私の強盗強姦事件の時効まで、
残り1ヶ月を切りました。
先週は、弁護士事務所で警察の人と話して、今日は仕事帰りに検察庁へ行きました。
内容は口外できないけれど、
残り少ない時効までのことや、
時効になったあとのことなど、
説明がありました。
あの日から10年。
一つの大きな節目が近づいてきております。。

——————————————————–

(2014年7月14日 ぱんとねこ「明日になったら時効だなあ。」より、引用。

2014年7月14日 山本恵子(ぱん)さん

7月15日に、日付が変わったら、
私の10年前の強盗強姦事件は時効です。
昨夜、テレビ取材の申し出があったけど、
お断りしました。
大きな一区切りでもあるけれど、
それと同時に、
いつもと変わらない日常でもありたくて、、。

——————————————————–

(2014年7月16日 ぱんとねこ「時効が成立しました。」より、引用。

2014年7月16日 山本恵子(ぱん)さん

時効が成立しました。
法の中での闘いはこれで終わりました。

警察は犯人を捕らえることができませんでした

2014年7月16日 山本恵子(ぱん)さん

一人ぼっちで死の恐怖と闘いながら傷ついた10年前。
10年後の2014年の7月15日は一人ぼっちじゃなかった。
法の中での闘いでも、この10年間特に後半の数年間は、
いろんな人たちとの出会いの中で、あきらめずに自分のやれることをやってきたので、
そういう意味で悔いはないです。

山本恵子(ぱん)さんのつぎのことばに救われました。

2014年7月16日 山本恵子(ぱん)さん

そして、今までもこれからも、ずっと変わらないコトの方が
とてつもなく大きい。。。そう改めて感じています。

それは、
私が生きている
ということ。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月4日

自分の為に生きよう。

香西咲さん
2017年10月10日

もう私のことを論争に巻き込まないで欲しい。
自分の人生を生きさせて下さい。

香西咲さん
2017年11月9日

毎日ルーティンだと感じてた業務。
全てが最後なんだよね…
毎日そういう感覚で過ごす事が出来ていたらなぁ。

今後は些細なひと時も大切に生きなきゃ。

香西咲さん
2017年12月31日

デビュー前に思っていた所に原点回帰しました。
女をウリにしなくても生きていける様になる!

香西咲さん
2018年6月4日

誰にも遠慮せず
やりたい事をやろう。

今まで生きてきたよりも100倍濃い密度で生きよう。

誰にも何も遠慮しない事!
←徹底させる

——————————————————–

フランスの思想家のルソー(1712年~1778年)はこう言っています。

(参考。当ブログ)
2018年2月1日

生きること、それがわたしの生徒に教えたいと思っている職業だ
と。
ちなみに犯罪者には生きる資格がありません。
政府がいま狙っているのは人身取引をおこなっている悪党です。
オリンピックまでに殲滅すると宣言しています。
誰でも知っているとおり、日本で最大の組織的犯罪集団はアダルトビデオ業界です。
皆で悪の最期を見届けましょう。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ