性暴力被害を公表したPANSAKUの山本恵子さん(その8)。「恥ずべきは加害者なのだから、私は堂々と社会で生きていきたい」。香西咲さんの生き方は醇正です

本日も山本恵子(ぱん)さんの強姦被害についてふれます。
経緯は以下のとおりです。

<山本恵子(ぱん)さん>
2004年 見知らぬ男に強姦される
  4年後
2008年 PANSAKU(ぱんさく)を結成する
  1年後
2009年 自身の性暴力被害を公表する

(参考。当ブログ)
2019年3月15日(その1)
2019年3月16日(その2)
2019年3月17日(その3)
2019年3月18日(その4)
2019年3月19日(その5)
2019年3月20日(その6)
2019年3月21日(その7)

山本さんは2008年に友人の永吉明香(saku)さんとアコースティックデュオPNSAKUを結成しました。
PNSAKUのブログを読んでいますと、時折、大藪順子さんの名前が出てきます。

(2009年4月7日 PANSAKUのブログ「ぱんちゃんの記事を読んで・・・」より、引用。)

2009年4月7日 永吉明香(saku)さん

まだ、日本では性被害を受けた人への理解が少ないと、
私の父の親友であり、
性の被害にあった女性たちを写真にとりつづけ、
日本でも講演会や、テレビの取材、
雑誌の取材も受けている人、
大藪のぶ子(大藪順子)さんが言っていました。
今年(2009年)日本でも写真展をする予定です。

日本では性被害を受けた人への理解が少ない
大藪順子さんはフォトジャーナリストです。

(2009年9月3日 PANSAKUのブログ「STAND~立ち上がる選択~」より、引用。)

2011年6月30日 山本恵子(ぱん)さん

『STAND ~立ち上がる選択~』

ぱんです。
昨日から、この本を読んでいるよ。
大藪順子(おおやぶのぶこ)さんが
自らの性被害体験と、
性暴力被害者写真プロジェクトについて書いた本。

大藪順子さんは以前、アメリカで強姦の被害に遭いました。
「共同参画」の2009年11月号を参照します。

(内閣府「共同参画 2009年11月号」より、引用。改行を施しています。)

共同参画 2009年11月号
 大藪順子さん(フォトジャーナリスト)

アメリカの新聞社に勤めていた1999年8月の夜、私は自宅で性暴力の被害に遭いました。
(略)、心の傷の回復は人それぞれであり、回復に数年、あるいは何十年かかる人もいます。
では、第三者である私たちには支援として何ができるのでしょうか。
私自身がアドボケートの人から聞かされたように
「あなたのせいじゃないのよ」
という言葉を、まず最初に誰かから聞くことができれば、誰か一人でも自分の味方だと思える人がいたら、被害者の心というのは随分楽になるのではないかと思います。
アドボケートとは、病院や裁判所に付き添ったり、カウンセリングを提供したり、被害者と一緒に歩いてくれる人たちです。

あなたのせいじゃないのよ
被害者には責任がありません。
露程(つゆほど)も。

共同参画 2009年11月号
 大藪順子さん(フォトジャーナリスト)

また、どんなに支援を受けて、どんなに周りの人がいたわってくれても、被害者本人の意識改革がなければ、その人は回復しません。

本人が
「私は幸せになっていいんだ」
「私だって本当の自分を取り戻したい」
と思えるようになるような形の支援を考えていく必要があるのではないかと思っています。

被害に遭っても、そこから新しく歩んでいくということも被害者の選択の一つなのです。

私は2001年から
「性暴力被害者たちの素顔 STAND:Faces of Rape & Sexual Survivors Project」
という題名でプロジェクトを始めました。
このプロジェクトは、写真を通して性暴力被害者の素顔を伝えようというものです。

この活動の中で、驚いたことがたくさんあります。
70人近くがプロジェクトに参加してくれましたが、彼らに共通していたのは、自分と同じような経験をして一人で苦しんでいる人たちに
「あなたは一人ではない」
ということを伝えてあげたいという思いでした。

恥ずべきは加害者なのだから、私は堂々と社会で生きていきたい、そういう宣言も兼ねて、私のプロジェクトに参加したいと言ってくれる人たちがたくさんいました。

(再掲。大藪順子さん)
私は2001年から『性暴力被害者たちの素顔 STAND:Faces of Rape & Sexual Survivors Project』という題名でプロジェクトを始めました

PNSAKUは2010年6月1日に、新曲を発表しました。

(2010年5月8日 PANSAKUのブログ「『STAND』6月1日発売」より、引用。)

2010年5月8日 山本恵子(ぱん)さん

約2年ぶりのPANSAKUのCD、
マキシシングル「STAND」は、
6月1日発売予定です!!(ジャジャーン)

2010年5月8日 山本恵子(ぱん)さん

彼女(大藪順子さん)は、
「同じように傷つき、生きていく人たちの姿を伝えたい」と思い、
写真プロジェクト「STAND:性暴力サバイバー達の素顔」
を展開。
今回私たちPANSAKUが大藪さんに呼ばれた
6月のチャリティーイベントは、
この写真プロジェクトの日本版を実現するためのものなんだ。

(再掲。大藪順子さん)
恥ずべきは加害者なのだから、私は堂々と社会で生きていきたい

(PANSAKUの「STAND」の歌詞より)

あの日の傷跡が 強さに変わる

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年9月1日


これはありだわ。
お金かかるけど業務妨害、ストーカー…会社からも謝罪もない。

香西咲さん
2017年11月27日

#AV強要 で多数の女性の人生を台無しにしてきた #青木亮 さん
知り合った頃の私の20代の健康と
#性的搾取 #人身売買 #枕営業 の強要、誠意を持って謝罪し、本来なら活動出来ていたであろう損害を賠償してください。

全てを失った私は丸1日さえまともに動けず、生きる事に疲れてしまいました。

香西咲さん
2017年11月28日

とりあえず #青木亮 さん、あなたのお陰でAV業界内は混乱し、路頭に迷う人が増えますよ。

貴方が謝罪と誠意を見せるまで私は戦い続けます。
#DMM さんもご了承ください。犯罪者青木を懲りずに使うどころか、青木の元から新たな芸能人デビューを目論んでいるのですから。仕方ないですね。

——————————————————–

(再掲。大藪順子さん)
恥ずべきは加害者なのだから、私は堂々と社会で生きていきたい

香西咲さんのツイートを拝見するたびに、ぼくの内を清冽(せいれつ)なものが流れていきます。
醇正(じゅんせい)ということばがあります。
広辞苑には、
まじりけなく純粋で正しいこと
と書かれています。
香西咲さんの生き方は醇正です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。