性暴力被害を公表したPANSAKUの山本恵子さん(その5)。香西咲さんに対してAV出演強要をおこなった犯罪者については、かならず収監されます

本日もPANSAKU(ぱんさく)の山本恵子(ぱん)さんの性暴力被害についてみていきます。

(参考。当ブログ)
2019年3月15日(その1)
2019年3月16日(その2)
2019年3月17日(その3)
2019年3月18日(その4)

(2012年3月 静岡犯罪被害者支援センター「支援センターだより 32号」より、引用。改行を施しています。)

2011年11月26日 犯罪被害者当支援講演会inしずおか2011 第2部 ライブ&トーク

2011年11月26日 山本恵子(ぱん)さん

初めまして、PANSAKUと言います。
第2部ということで「ライブ&トーク」で皆さんとこうして過ごせることを心から感謝します。
私は、2004年7月15日に被害にあいました。
当時私は、24歳だったのですが、いつものように音楽練習をして、帰り道、自分の車を走らせていました。
そして、いつも立ち寄るコンビニの駐車場に車を停めたそのわずかの隙に、助手席から見知らぬ男性が突然乗り込んできました。
首を絞められて、「殺すぞ」と脅され、殴られ、お金を盗られ、そして死の恐怖で抵抗することができなくなった私は、犯人に言われるがまま、人気のない場所まで車を走らされ、そしてそこで被害にあってしまいました。

山本恵子(ぱん)さんが強姦されたのは、2004年7月15日です。
当時、強姦罪の時効は7年でした。(※注 現在は、10年です。)
山本さんの事件は2011年7月15日をもって時効となります。
時効の17日前に山本さんは、以下のブログを書いています。

(2011年6月30日 PANSAKUのブログ「岡山ライブ日記(時効の話)」より、引用。)

2011年6月30日 山本恵子(ぱん)さん

今年、2011年7月15日、
私の事件は、一般的な性犯罪の中では
犯人に結びつく多くの証拠(犯人のDNA、足跡、指紋、防犯カメラの映像・・)
があると言われたにも関わらず、
犯人は捕まらないまま、ついに時効を迎えようとしている。
時効になったら、犯人は「罪」から解放されてしまうんじゃないか。
この事件の結末は、
彼が「勝利者」で、私は「敗北者」なのかな。
この7年間、警察がどういうふうに捜査をして、
どこまで調べてくれたのか?
なぜ数年間DNAの照合を「待つ」だけなのか?
時効前の最後くらいちゃんと捜査してくれないのか、
納得したいなと思った。
警察署側と被害者である自分の、
悲しいくらいの温度差は分かっていながらも、
どうしてもある事実について、
当時の記録を確かめる必要があった
から、
私は、弁護士さんと警察へ行くことを決めました。
案の定、、
○○警察署では、かなり無言の圧力をかけられました。
・・・なぜこんなにも高圧的な対応なんだろう??
私が率直に気持ちをぶつけてみたら、
警察の人の顔色が変わり、
最後には本音で話してくれるようになった。
捜査資料を見せてもらう中で、
私は、2枚の写真を目にすることになりました。

ひとつは、
防犯カメラの静止画像に写る、犯人の姿。
TシャツとGパン、中肉中背の男性が、
猫背で肩を左右に振りながら店内を物色している姿。

それから、私の写真。

警察は犯人の相貌を把握していました。
残念ながら捕獲には至っていません。
時効が迫っています。

(2011年7月16日 読売新聞「豊橋女性暴行 時効直前『捜査継続』 愛知県警 『強盗強姦』に切り替え=中部」より、引用。改行を施しています。)
(※当該記事はG-Searchデータベースサービスで検索しました。)

2011年7月16日 読売新聞

「捜査は難航、犯人は特定できず、名古屋地検豊橋支部は今年(2011年)5月31日付で、事件当時の時効が7年の強姦罪で不起訴とした」

時効が成立する日よりも前に、検察は、早速(はやばや)と不起訴扱いにしました。

2011年7月16日 読売新聞

「山本さんは(2011年)6月、豊橋検察審査会に審査を申し立てた」

不起訴となった場合、被害者は、検察審査会に対して起訴の判断をもとめることができます。
検察審査会のメンバーは裁判員と同じく、市井(しせい)の人たちです。
民間人です。

2011年7月16日 読売新聞

男には所持金の2000円を奪われており、弁護士から
「強盗強姦罪であれば、時効は10年になる」
とのアドバイスを受けたためだった。

ある事実について、当時の記録を確かめる必要があった
山本恵子(ぱん)さんの弁護士は知恵者(ちえしゃ)です。

2011年6月30日 山本恵子(ぱん)さん

犯人とのお金のやりとりは記録に書いてあったけれど、
実際にお金を盗られたという結末が書かれてなかったために、
罪名が「強姦」になっているみたい。
あの日、何度か被害のことを複数の警察官に話している中で、
強姦の精神的ショックがものすごく強くて、
お金を盗られたことは軽く考えていた自分もいたし、
あの日の記録にない新たな被害者の供述としては、
なかなか認めてもらえない壁にぶち当たっています。

2011年7月16日 読売新聞

「犯人が逃げることになれば、真実はどこへ行ってしまうのでしょうか、正義ってなんなんでしょうか」
今月(2011年7月)に入り、検察審査会に提出するためA4判10枚の陳述書を作成。
「他の性犯罪被害者のためにも負けたくない」
との気持ちを込めたという。

2011年6月30日 山本恵子(ぱん)さん

でも、
あきらめ半分の中で、昨日、
検察審査会で不起訴不当の申し立てが受理されたそうです。
時効がすでに17日後に迫った中で、
審議の可能性がでてきました。
でも、どうなるのかな、
信じてもらえるのかな。。。(半信半疑)

2011年6月30日 山本恵子(ぱん)さん

もちろん、再犯率の高い性犯罪、
これ以上彼の被害者が出ないためにも、
彼が捕まる可能性を信じて
「時効が3年のびるように」と願うけれど、
同時に、
「被害者の真実」を勝ち取れるか。
という点でも、
私にとって大きな意味を持っています。。。(願)☆

検察審査会は最終的に、どのような判断をくだしたのでしょうか。

2011年7月16日 読売新聞

(2011年7月)12日、弁護士からの電話で、県警が捜査継続を決め、さらに検察審査会が(2011年7月)11日付で「強盗強姦被疑事件としての立件が可能」などとして「不起訴不当」を議決したと知らされた。

2011年7月16日 読売新聞

「被害者の辛さや悲しみを理解してくれた」
と感じ、思わず涙が出た。

——————————————————–

山本恵子(ぱん)さんはあきらめませんでした。
香西咲さんも同じです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月13日

私は諦めないから。
何年掛かろうと。

——————————————————–

AV出演強要の場合は犯人がわかっています。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ) 

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

——————————————————–

2020年の東京オリンピックまでにAV出演強要等をとりしまる法律が制定されます。
すでにカウントダウンがはじまっています。
悪党はかならず収監されます。
人身取引をおこなっている輩(やから)に未来はありません。
待っているのは破滅です。
いつの世も犯罪者の末路はあわれなものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。