政府は、2020年の東京オリンピックまでに人身取引を根絶する、と宣言しています。香西咲さんたちからの搾取で肥え太った悪党に未来はありません

本日もひきつづき、人身取引についてふれます。

(参考。当ブログ)
2019年3月1日
2019年3月2日

人身取引とはどのようなものなのでしょうか。
警察庁と政府公報オンラインのサイトに説明文が掲載されています。
みてみます。
まずは、警察庁です。

(警察庁「警察の人身取引対策 ~ 日本でも人身取引が! ~」より、引用。)

警察庁

「『人身取引』とは、『搾取』を目的とし、暴力等の『手段』を用いて、対象者を獲得するなどの『行為』をすることです」

わかりやすいです。
つぎは、政府公報オンラインです。

(2018年6月14日 政府公報オンライン「売春や労働などを強要される『人身取引』  被害者に助けを求められたら最寄りの警察などへ」より、引用。改行を施しています。)

2018年6月14日 政府公報オンライン

人身取引とはどのようなものでしょうか。
被害者の多くは社会的・経済的に弱い立場にある女性や子どもたちですが、売春などの性的な搾取だけではなく、男性も被害者となり得る労働搾取や、臓器の摘出などを目的とする場合もあります。

人身取引には3つの形態があります。
「性的搾取」、
「労働搾取」、
「臓器搾取」
です。
いずれも、人身取引です。

2018年6月14日 政府公報オンライン

こうした目的の下、被害者を売買することに限らず、被害者に暴力を振るったり、脅したり、だましたり、弱い立場にあることにつけ込んだりするなどの手段を用いて、被害者を支配下に置いたり、引き渡したりすることなどが「人身取引」とされています。
また、暴力、脅迫、詐欺等の手段が用いられた場合には、たとえ被害者が性的搾取や労働搾取されること、臓器を摘出されることに同意していたとしても、「人身取引」に該当します

昨今、世の人々は、人身取引と言えばAV出演強要、というふうに思っています。
マスコミもそのように報道しています。

昨年(2018年)

今年(2019年)

——————————————————–

ふりかえってみますと、AV出演強要が人身取引の範疇に加わったのは、ごく最近のことです。

一昨年(2017年)

(2017年5月30日 人身取引対策推進会議「議事録」より引用。)

<3ページ>
2017年5月30日 加藤勝信 男女共同参画担当大臣

また、アダルトビデオ出演強要問題については、今月(2017年5月)19日に「今後の対策」を策定いたしました。

この(アダルトビデオ出演強要)問題については、今回新た人身取引関連事犯として年次報告に盛り込まれたものであり、今後、関係府省が連携して、取締り等や教育・啓発の強化、相談体制の充実等にしっかり取り組んでいく必要があります。

引き続き各大臣の御協力をお願いいたします。

今回(2017年5月30日)新たに人身取引関連事犯として年次報告に盛り込まれた
爾来(じらい)、政府は、AV出演強要を人身取引としてとりあつかっています。
昨年(2018年)の年次報告にもそのように記されています。

昨年(2018年)の年次報告書を参照します。

引用
<10ページ>

2 人身取引の実態把握の徹底
(1)我が国における人身取引被害の発生状況等

③ 事例
【事例1】
平成29年2月、大阪府警察は、NPO法人から、アダルトビデオ出演強要に関する情報提供を受けた。
捜査の結果、モデル募集を装ったインターネットのサイトに応募してきた未成年の女性15人(日本人14人、ブラジル人1人)に対し、アダルトビデオの撮影に関する契約書への署名を強要し、性交を含むアダルトビデオの撮影に応じさせ、その動画の販売を行っていたことが判明した。
同年5月及び6月、被疑者(日本人男性)を強要罪、職業安定法違反(有害業務の募集)等で逮捕した。

<35ページ>

5 人身取引の撲滅
(1)取締りの徹底

④ いわゆるアダルトビデオ出演強要問題に対する厳正な対応
○ 女性に対し、本人の意に反していわゆるアダルトビデオへの出演を強要する問題について、警察では、平成29年4月から12月までの間において、強要罪等で被疑者を検挙(4件3人)するなど、各種法令の適用を視野に入れた取締りを推進するとともに、相談に適切に対応している。

○ 政府では、男女共同参画会議の「女性に対する暴力に関する専門調査会」において、この問題について、若年層を対象とした性的な暴力の問題として、民間団体、有識者、地方公共団体及び関係省庁からヒアリングを実施した上で、29年3月14日、現状と課題について整理した報告書を取りまとめた。
同月31日、「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・ 『JKビジネス』問題等に関する関係府省対策会議」において、同年4月を被害防止月間と位置付けること等を内容とする緊急対策を決定した。
同月間における取組の実施状況等を踏まえ、同年5月19日、「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」を策定した。
同対策は、人身取引関連事犯であるアダルトビデオ出演強要問題について、その根絶に向け、「更なる実態把握」、「取締り等の強化」、「教育・啓発の強化」、「相談体制の充実」、「保護・自立支援の取組強化」等の施策について取りまとめたものであり、これを推進していることは、人身取引の防止に寄与していると考えられる。

<56ページ>

7 人身取引対策推進のための基盤整備

(3)人身取引対策の推進体制の強化

③ NGO、IOM等との連携
○ 政府では、NGOとの間において、具体的な人身取引事案に関する事例検討、意見交換等を行っている。
平成29年中の意見交換においては、NGOから論点の1つとして、技能実習法の施行に関する意見、いわゆるアダルトビデオへの出演を強要されたとする相談を多く受けていること等が示され、関係省庁の取組状況を共有した(関係省庁の取組状況については、3(3)①②及び5(1)④参照)。

<57ページ>

8 今後の取組について

また、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題についても、同年5月、関係府省対策会議において対策を策定し、政府を挙げて取り組んでおり(5(1)④参照)。同
年中、NGOからの情報提供を端緒とした人身取引事犯の検挙もあったところである(7(3)③参照)。

政府は、2020年のオリンピックまでに人身取引を根絶する、と宣言しています。

(2014年12月16日 犯罪対策閣僚会議「人身取引対策行動計画2014」より引用。)

2014年12月16日 人身取引対策行動計画2014

そこで、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた「世界一安全な国、日本」を創り上げることの一環として、人身取引対策に係る情勢に適切に対処し、政府一体となってより強力に、総合的かつ包括的な人身取引対策に取り組んでいくため、「人身取引対策行動計画2014」を策定し、人身取引の根絶を目指すこととする。

昨年末、法務大臣は、この方針にしたがって答弁をおこないました。

(2018年11月29日 参議院 法務委員会「会議録」より、引用。)

2018年11月29日 山下貴司 法務大臣

そして、政府としては、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて世界一安全な国日本をつくり上げることを目指し、政府全体として、安心して外国人と共生できる社会の実現に向け、また人身取引等の国際組織犯罪対策としても、不法就労関連事案等に対する厳正な取締りを強化するなどしているところでございます。

自民党も、AV出演強要に対するプロジェクトチームを結成しました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月30日

私は精神的な後遺症はもうぼ立証されています。膵臓もです。

これから人間ドッグのフルコースを受けるので、万が一何か病気の予兆があるなら賠償願いますね、 #青木亮 さん。

膵臓-

冒頭でも記しました。
臓器に対する搾取も、人身取引です。

香西咲さん
2018年3月17日

こうして振り返ると人間として扱われてなかったなぁと改めて実感。

香西咲さん
2018年3月26日

#HoneyPopcorn 所属事務所代表 #青木亮 は人身取引業者と言っても過言では無いと思います。私の実体験だけ書きますが、所属時代には8ヶ月囲い込み #洗脳行為 #AV強要 #枕営業 を強要され、体も精神も病んでもそれでも事務所を辞めされてもらえませんでした。屍の上に成り立つ

#outHoneyPopcorn

——————————————————–

(再掲。人身取引対策行動計画2014)
2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた「世界一安全な国、日本」を創り上げることの一環として、(略)、人身取引の根絶を目指す

オリンピックまでに人身取引をおこなっているやつらは消えます。
女性に対する搾取で肥え太った悪党に未来はありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。