暴力、エロ、グロに対する政府の姿勢について(その6)。アダルトビデオ業界は香西咲さんたちを深淵に落としました。赦される可能性はあるのでしょうか。ありません

5日前から消費税の軽減税率についてみています。

(参考。当ブログ)
<軽減税率と「エロ」等の関係について>
2019年2月11日
2019年2月12日
2019年2月13日
2019年2月14日
2019年2月15日

(2019年2月4日 衆議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2019年2月4日 高木美智代 衆議院議員(公明党)

次に、軽減税率の対策につきまして、質問をさせていただきます。

まず、最近、商店街の方にお会いしますと、決まって、軽減税率に対応するにはどうしたらいいのかというふうに聞かれます。
全くやり方がわからないと。

でも、この軽減税率は、消費税を10%に引き上げさせていただく中で、せめて食べるものは税率を据え置いておいてもらいたい、こうしたお声にお応えをしたものでございます。

多くの反対の中で、公明党がぶれずに一丸となって取り組み、政府・与党と力を合わせて実現をさせていただきました

(後略。)

軽減税率の制度は公明党の強い意向によって実現しました。

せめて食べるものは税率を据え置いておいてもらいたい
食料品以外では、週に2回以上発行されている宅配の新聞が対象となりました。
このことが明記された平成28年度税制改正大綱を参照します。

12ページ
2015年12月16日 自民党&公明党 平成28年度税制改正大綱

(軽減税率の)対象品目については、飲食料品等の消費実態や、低所得者対策としての有効性、事業者の事務負担等を総合的に勘案し、「酒類及び外食を除く飲食料品」及び定期購読契約が締結された週2回以上発行される「新聞」を対象とする。

なお、「書籍雑誌」については、その日常生活における意義、有害図書排除の仕組みの構築状況等を総合的に勘案しつつ、引き続き検討する

書籍や雑誌については有害図書の排除が条件となりました。
与党は、上述の平成28年度税制改正大綱のなかで、
有害図書排除の仕組みの構築状況等を総合的に勘案しつつ、引き続き検討する
との表現をもちいています。
昨年、出版界は、行動を開始しました。

(全国書店新聞 平成30年8月1日号「軽減税率『背水の陣で臨む』/JPIC評議員会で肥田理事長」より、引用。改行を施しています。)

全国書店新聞 平成30年8月1日号

出版文化産業振興財団(JPIC)は6月25日、東京・新宿区の日本出版クラブ会館で第68回定時評議員会を開催。
肥田美代子理事長は軽減税率問題に背水の陣で臨むよう訴えた。

冒頭、肥田理事長は
「16年の税制改正では、週2回以上発行、定期購読の新聞が軽減税率の対象とされたが、書籍・雑誌は『日常生活における意義』と『有害図書排除の仕組みの構築』が必要と明示された。現時点では①書籍・雑誌は文化振興を目的とした文字・活字文化の基層を成す文化的意義であること、②民間の自主的な管理団体による有害図書区分システムを確立し、軽減税率が適用される書籍・雑誌を特定すること――等の方針がまとまった」
と報告。
「今後、活字文化議員連盟と子どもの未来を考える議員連盟の後押しを得て、与党税調に説明する作業を秋までにやらなければならない。これからが正念場。国会議員の中には軽減税率に反対の人も少なくない。この数ヵ月が最後のチャンス。背水の陣で臨まなければ後がない
と決意を語った。

背水の陣で臨まなければ後がない
意気込みがつたわってきます。

出版界が考えた区分の方策につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2019年2月15日

与党は出版界側のうごきを評価したのでしょうか。

上述の産経ニュースの記事を引用します。

引用

団体(出版社団体)は軽減税率が適用される新聞同様、書籍や雑誌も「知識を得るため負担を減らすべき対象だ」と訴える。

一方、政府は「納得できる有害図書排除の仕組みができていない」と主張。

両者の溝が埋まる気配はない。

納得できる有害図書排除の仕組みができていない
出版界側の施策には瑕疵(かし)があるようです。
当然です。

(2018年11月23日 朝日新聞「出版物への軽減税率、『有害図書』は除外? 適用求める業界、自主規制で例外認める」より、引用。改行を施しています。)

2018年11月23日 朝日新聞

軽減税率の適用を求めている出版広報センター(日本書籍出版協会、日本雑誌協会など9団体で構成)の担当者は
「表現の自由は出版にとって一番大事なもので、過剰な自己規制をするつもりは全くない
と説明。

過剰な自己規制をするつもりは全くない
以前に出版文化産業振興財団の理事長がのべた
背水の陣で臨まなければ後がない
とのことばは、まやかしであったようです。

(2018年12月1日 時事通信「軽減税率、書籍・雑誌は対象外=有害図書の排除困難-政府・与党」より、引用。改行を施しています。)

2018年12月1日 時事通信

2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴い導入される軽減税率に関し、政府・与党は(2018年12月)1日、書籍・雑誌を導入段階では対象にしない方向で調整に入った。
条件となっていた有害図書を排除する仕組みがまとまっていないことなどが理由だ。

(2018年12月15日 朝日新聞「書籍・雑誌への軽減税率適用は見送り 自民・公明が決定」より、引用。改行を施しています。)

2018年12月15日 朝日新聞

自民・公明両党は(2018年12月)14日、来年10月の消費増税にあわせて日本書籍出版協会など出版4団体が求めていた書籍・雑誌への軽減税率適用を見送ることを決めた。

当然の判断です。

2018年12月15日 朝日新聞

同日発表した与党税制改正大綱では「引き続き検討する」とした。

平成31年度税制改正大綱を確認します。

4ページ
2018年12月14日 自民党&公明党 平成31年度税制改正大綱

なお、軽減税率制度の対象品目に関し、書籍・雑誌等について、平成28年度税制改正大綱に基づき、引き続き検討する。

(参考。平成28年度税制改正大綱)
有害図書排除の仕組みの構築状況等を総合的に勘案しつつ、引き続き検討する

引き続き検討する
老獪(ろうかい)です。
切り捨てて野に放つのではなく、あくまでも自分たちの側に引き込もうとしています。
政府や与党は「エロ」に対して妥協する気がないようです。

(2017年10月3日 夕刊フジ「女優売春も…AV業界『アングラ化』の実態 摘発相次ぎ“地下”で生き残り図る」より引用。改行を施しています。)

2017年10月3日 夕刊フジ

業界への取り締まりを強める捜査当局の狙いは何なのか。
警視庁の捜査幹部の1人は
(略)。日活ロマンポルノや初期のソフトなAVぐらいの表現のレベルにまで戻したい
と明かす。
2020年東京五輪に向けて“浄化”を図る狙いも透けてみえる。

日活ロマンポルノや初期のソフトなAVぐらいの表現のレベルにまで戻したい

早晩、それが現実のものとなることでしょう。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月15日

慢性胃炎や膵炎、睡眠障害、脅迫観念、対人恐怖症等(特に男性)など、 ケジメを付けない限りは一生引きずりますね。
健康を返して。

香西咲さん
2018年2月20日

画像ももちろん
精神も身体も引き摺って生きて行く時間の方が長いです。
理解して下さる人はなかなか少ないのが現実。
#青木亮 と弁護士は到底理解しようとしない。
生き地獄。

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

政府や与党は、出版界とちがって、アダルトビデオ業界を懐柔する気がありません。
力で押さえ込む。
ただそれだけです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

1 thought on “暴力、エロ、グロに対する政府の姿勢について(その6)。アダルトビデオ業界は香西咲さんたちを深淵に落としました。赦される可能性はあるのでしょうか。ありません

  1. アマリリス

    つい見入ってしまうようなブログですね。政府には力で押さえ込んで欲しいですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。