月別アーカイブ: 2019年2月

暴力、エロ、グロに対する政府の姿勢について(その7)。「人の裸で飯食ってる奴はろくな死に方しない」。香西咲さんは慧眼の士です

本日も消費税の軽減税率についてみてみます。

(参考。当ブログ)
<軽減税率と「エロ」等の関係について>
2019年2月11日
2019年2月12日
2019年2月13日
2019年2月14日
2019年2月15日
2019年2月16日

12日前のことです。
日本維新の会の丸山穂高議員が国会で、軽減税率と「エロ」等の関係を質(ただ)しました。
丸山議員によるこの種の質問は、これで3度目です。

(参考)
1回目 2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会
2回目 2018年12月7日 衆議院 財務金融委員会 
3回目 2019年2月5日 衆議院 予算委員会

12日前の質疑と応答は現在、動画でみることができます。

衆議院インターネット審議中継

会議録につきましては、まだ公開されていません。
本日はぼくのほうで動画の音声を文字にさせていただきます。

(※衆議院インターネット審議中継 2019年2月5日 予算委員会より。)
(※音声の文字化は、筆者。)

2019年2月5日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

(前略。)
最後ですね、これどうしても、予算委員会なのでおはなししたいのは、やっぱり、消費税、複雑すぎます。
今回の件でポイント還元でですね、この表をみていただいたら。

(※下図は衆議院インターネット審議中継より。)

これ、できるかぎり、これもですね、わたしがつくるんで、わたしがつくった表なので、できるだけ複雑にみせないように逆にしようと思って、できるかぎり簡単につくろうと思って、これなんです。
まあ、そこの評価は皆さんにまかせますが。

一番低いので、実質3%に。
カードを使えばですね、中小の小売りや飲食店で、今年の秋から来年の6月までなるわけですよ。


でも、いっぽうで、10%のものもある。
でも、どれがどれか、って、国民の皆さんからみたら非常にわかりにくいと思います。
ここの複雑性に対して、まあ、総理に対して、
「これどう思われます?」
「これ、どう国民の皆さんに説明されます?」
って訊(き)く問をご用意していたんですけど、先ほど(別の委員の質問に)ご回答されていたので、これに関しては割愛させていただきますが。

これ、総理に直接、訊(き)きたい。
ずっと、財務大臣には財務委員会でうかがっているもうひとつの点。

2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会
2018年12月7日 衆議院 財務金融委員会
 

なぜか今回の軽減税率に、新聞が入っているんですよ。
で、しかも、宅配の、週2回以上発行している宅配の新聞だけ入っているんですが。
なぜか、と言うと
「活字文化の維持、普及だ」
って言うんですね。
で、活字文化の維持、普及だったら書籍も入るじゃないですか。
なぜ、書籍こそ、新聞よりも書籍のほうが大事なんじゃないですか、って言ったら、
「書籍は有害図書を排除できないんだ」
って言うんですよ。

(参考。2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会

2016年2月23日 佐藤慎一 財務省 主税局長
それから、一つやはり重要な点は、例えばフランスあたりと比べまして、適切に有害図書を排除するという問題ができるのか。
フランスの例などを見ますと、それに対する一つの立法というのがありまして、有害図書を排除する仕組みがございますけれども、日本の場合には、必ずしもないということも含めましてまだまだ未熟な段階ではないだろうかというのが書籍の扱いでございます。
(後略。)

えっ、だったら、新聞でも。

(参考。2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会

2016年2月23日 佐藤慎一 財務省 主税局長
私どもいろいろ調べますと、同じような新聞でも、駅売りと宅配では中身が一部つけかわっておるというような実態もございます。
宅配にふさわしいような販売の仕方もしておるということも間接的にはございます。

(参考。2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会

2016年2月23日 佐藤慎一 財務省 主税局長
販売実態におきまして、今申し上げましたように、駅売りが外れて宅配の分が入るという中には、(宅配の新聞には)そうした暴力であるとかエロ、グロ的な要素が極小化されているということを念頭にそういう定義を置いたということはございます。

たとえば夕刊のタブロイド紙。
えー、こうしたものでですね、成人向けのまあ、表現をしているような、もしくはそうした広告が入っているようなものはたくさんあります。
で、調べたら、駅売りの同じ、そうしたものが入っている、成人向けのものが入っているものは、宅配でやっているものは、あります。
日刊ゲンダイとか。
あるんですよ。
そうしたなかで、あと、夕刊フジもやっているそうです。

(参考。2018年12月7日 衆議院 財務金融委員会

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)
じゃ、今、軽減税率の対象となる、もう来年の秋からなる新聞が果たしてそれを、有害性のあるものを排除できているかといったら、正直、できていないと思っていまして。
当時の答弁では、基本的には、宅配のもの(家庭に配達される新聞)は排除できているというたてつけだというふうに言っていたんですけれども。

例えば、具体例を挙げるとわかりやすいんですけれども、ちょっと内容が内容だけに中身は言いづらいですが、例えば、恐らく来年の秋から軽減税率が適用される、8%に安くなる、夕刊フジとか日刊ゲンダイ、いわゆるタブロイド紙、定期購読もあるんです。

自宅に宅配もあって、実は、この2つの今挙げたような新聞(夕刊フジ、日刊ゲンダイ)は、宅配のものも、内容は変えずに、駅で売っているようなものと同じものが要は定期購読されます。

それは、中身はどういったものがあるかというと、ちょっと内容は言いづらいんですが、いわゆる艶本(えんぽん)というか、官能小説のような内容のものが書かれていたり、あとは、三行広告のデリバリーガイドみたいな形で、いわゆる風俗情報が普通に載っていたり、どう考えても、大臣のおっしゃるエロ、グロの有害性を満たすようなものが来年秋から軽減税率の対象になるわけですよ。

果たしてこれで本当にいいのか、その整理についてどう考えていらっしゃるのか。

(再掲。2018年12月7日 丸山穂高 議員)
(夕刊フジ、日刊ゲンダイ)は、宅配のものも、内容は変えずに、駅で売っているようなものと同じものが要は定期購読されます

その後、夕刊フジと日刊ゲンダイは、宗旨変え(しゅうしがえ。「主義、主張などを変えること」)をしました。

2019年2月5日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

すくなくても、現在は別ですが、去年の秋の段階では夕刊フジや日刊ゲンダイは同じものを。
そうした成人向けのものが入っているものも宅配でやっている。
つまり軽減税率の対象なんですよ。

現在は別
定期購読用の夕刊フジと日刊ゲンダイの紙面から「エロ」が消えました。
駅やコンビニ等で販売されるものについては従来どおりですが。
いちおうは一件落着です。
丸山議員はそう思っていないようです。

2019年2月5日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

これおかしいんじゃないですか、って麻生大臣に質問したらですね、
「わたしもおかしいと思う」
という、最後、ご回答でおわって、去年の臨時国会がおわっているんですけれど。

(参考。2018年12月7日 衆議院 財務金融委員会

2018年12月7日 麻生太郎 財務大臣
いろいろ問題があるとは思います。

総理、これどう思われます?
これでいいんですか?
おかしい、とテレビをご覧になっている国民の皆さん、思っていると思いますけれども。

丸山議員に指摘されるまで、夕刊フジと日刊ゲンダイは、自主規制をおこなっていません。
宅配用の新聞に「エロ」を掲載していました。
政府はこうした事実を確認せずに消費税の据え置きを決定しました。

2019年2月5日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

総理、この点についてどうお考えなのか。
なぜ、成人向けのみだらな内容をふくむ新聞まで軽減税率が適用されるんですか?
お答えいただけますか。

丸山議員は過去の責任を問うています。

2019年2月5日 安倍晋三 内閣総理大臣

あのー、まあ、これはですね、麻生大臣が主務大臣でございますので、麻生大臣に答弁させたいと思いますー

2019年2月5日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

麻生大臣にはさんざん、財務委員会で訊(き)いています。
で、これ、総理がこれ消費税、お決めになるわけで、決められたわけですよ。
総理としてきちんとこの点をお答えいただけますか。

2019年2月5日 安倍晋三 内閣総理大臣

新聞についてはですね、日常生活における情報媒体として、全国あまねく情報を均質に提供し、幅広い層に日々読まれていることを。
そしてその結果、新聞の購読料にかかる消費税負担は逆進的になっていること等の事情を総合勘案し、週2回以上発行され定期購読契約されているもの、といった外形的な基準にもとづき、軽減税率の適用対象としたところでございまして。
まあ、ご指摘の、まあ、低俗な新聞等がですね、かならずしもあきらかではありませんが、あきらかではありませんが、新聞の中身によって軽減税率の適用対象となるか否(いな)かをですね、判断するものではない、ということでございます。

2019年2月5日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

時間がきたのでおわりますが、非常に論理矛盾のあるおかしな消費税だ、と申し上げまして、わたしの質問をおわります。
ありがとうございました。

安倍総理は非をみとめませんでした。
躱(かわ)しました。
現在、出版界は、雑誌と書籍に対して軽減税率の適用をもとめています。
出版物には「エロ」がふくまれています。
夕刊フジと日刊ゲンダイの件によって、政府の姿勢がより峻厳になるのは必至です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月19日

当然人にした事も全て自分に返ってくる。
要するに
人の裸で飯食ってる奴はろくな死に方しない

——————————————————–

何度読んでもこころに響きます。
香西咲さんのこのことばは世情を端的に言い表しています。
人の裸で飯食ってる奴はろくな死に方しない
いま世の中はそのように進んでいます。
香西咲さんは慧眼の士です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

暴力、エロ、グロに対する政府の姿勢について(その6)。アダルトビデオ業界は香西咲さんたちを深淵に落としました。赦される可能性はあるのでしょうか。ありません

5日前から消費税の軽減税率についてみています。

(参考。当ブログ)
<軽減税率と「エロ」等の関係について>
2019年2月11日
2019年2月12日
2019年2月13日
2019年2月14日
2019年2月15日

(2019年2月4日 衆議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2019年2月4日 高木美智代 衆議院議員(公明党)

次に、軽減税率の対策につきまして、質問をさせていただきます。

まず、最近、商店街の方にお会いしますと、決まって、軽減税率に対応するにはどうしたらいいのかというふうに聞かれます。
全くやり方がわからないと。

でも、この軽減税率は、消費税を10%に引き上げさせていただく中で、せめて食べるものは税率を据え置いておいてもらいたい、こうしたお声にお応えをしたものでございます。

多くの反対の中で、公明党がぶれずに一丸となって取り組み、政府・与党と力を合わせて実現をさせていただきました

(後略。)

軽減税率の制度は公明党の強い意向によって実現しました。

せめて食べるものは税率を据え置いておいてもらいたい
食料品以外では、週に2回以上発行されている宅配の新聞が対象となりました。
このことが明記された平成28年度税制改正大綱を参照します。

12ページ
2015年12月16日 自民党&公明党 平成28年度税制改正大綱

(軽減税率の)対象品目については、飲食料品等の消費実態や、低所得者対策としての有効性、事業者の事務負担等を総合的に勘案し、「酒類及び外食を除く飲食料品」及び定期購読契約が締結された週2回以上発行される「新聞」を対象とする。

なお、「書籍雑誌」については、その日常生活における意義、有害図書排除の仕組みの構築状況等を総合的に勘案しつつ、引き続き検討する

書籍や雑誌については有害図書の排除が条件となりました。
与党は、上述の平成28年度税制改正大綱のなかで、
有害図書排除の仕組みの構築状況等を総合的に勘案しつつ、引き続き検討する
との表現をもちいています。
昨年、出版界は、行動を開始しました。

(全国書店新聞 平成30年8月1日号「軽減税率『背水の陣で臨む』/JPIC評議員会で肥田理事長」より、引用。改行を施しています。)

全国書店新聞 平成30年8月1日号

出版文化産業振興財団(JPIC)は6月25日、東京・新宿区の日本出版クラブ会館で第68回定時評議員会を開催。
肥田美代子理事長は軽減税率問題に背水の陣で臨むよう訴えた。

冒頭、肥田理事長は
「16年の税制改正では、週2回以上発行、定期購読の新聞が軽減税率の対象とされたが、書籍・雑誌は『日常生活における意義』と『有害図書排除の仕組みの構築』が必要と明示された。現時点では①書籍・雑誌は文化振興を目的とした文字・活字文化の基層を成す文化的意義であること、②民間の自主的な管理団体による有害図書区分システムを確立し、軽減税率が適用される書籍・雑誌を特定すること――等の方針がまとまった」
と報告。
「今後、活字文化議員連盟と子どもの未来を考える議員連盟の後押しを得て、与党税調に説明する作業を秋までにやらなければならない。これからが正念場。国会議員の中には軽減税率に反対の人も少なくない。この数ヵ月が最後のチャンス。背水の陣で臨まなければ後がない
と決意を語った。

背水の陣で臨まなければ後がない
意気込みがつたわってきます。

出版界が考えた区分の方策につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2019年2月15日

与党は出版界側のうごきを評価したのでしょうか。

上述の産経ニュースの記事を引用します。

引用

団体(出版社団体)は軽減税率が適用される新聞同様、書籍や雑誌も「知識を得るため負担を減らすべき対象だ」と訴える。

一方、政府は「納得できる有害図書排除の仕組みができていない」と主張。

両者の溝が埋まる気配はない。

納得できる有害図書排除の仕組みができていない
出版界側の施策には瑕疵(かし)があるようです。
当然です。

(2018年11月23日 朝日新聞「出版物への軽減税率、『有害図書』は除外? 適用求める業界、自主規制で例外認める」より、引用。改行を施しています。)

2018年11月23日 朝日新聞

軽減税率の適用を求めている出版広報センター(日本書籍出版協会、日本雑誌協会など9団体で構成)の担当者は
「表現の自由は出版にとって一番大事なもので、過剰な自己規制をするつもりは全くない
と説明。

過剰な自己規制をするつもりは全くない
以前に出版文化産業振興財団の理事長がのべた
背水の陣で臨まなければ後がない
とのことばは、まやかしであったようです。

(2018年12月1日 時事通信「軽減税率、書籍・雑誌は対象外=有害図書の排除困難-政府・与党」より、引用。改行を施しています。)

2018年12月1日 時事通信

2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴い導入される軽減税率に関し、政府・与党は(2018年12月)1日、書籍・雑誌を導入段階では対象にしない方向で調整に入った。
条件となっていた有害図書を排除する仕組みがまとまっていないことなどが理由だ。

(2018年12月15日 朝日新聞「書籍・雑誌への軽減税率適用は見送り 自民・公明が決定」より、引用。改行を施しています。)

2018年12月15日 朝日新聞

自民・公明両党は(2018年12月)14日、来年10月の消費増税にあわせて日本書籍出版協会など出版4団体が求めていた書籍・雑誌への軽減税率適用を見送ることを決めた。

当然の判断です。

2018年12月15日 朝日新聞

同日発表した与党税制改正大綱では「引き続き検討する」とした。

平成31年度税制改正大綱を確認します。

4ページ
2018年12月14日 自民党&公明党 平成31年度税制改正大綱

なお、軽減税率制度の対象品目に関し、書籍・雑誌等について、平成28年度税制改正大綱に基づき、引き続き検討する。

(参考。平成28年度税制改正大綱)
有害図書排除の仕組みの構築状況等を総合的に勘案しつつ、引き続き検討する

引き続き検討する
老獪(ろうかい)です。
切り捨てて野に放つのではなく、あくまでも自分たちの側に引き込もうとしています。
政府や与党は「エロ」に対して妥協する気がないようです。

(2017年10月3日 夕刊フジ「女優売春も…AV業界『アングラ化』の実態 摘発相次ぎ“地下”で生き残り図る」より引用。改行を施しています。)

2017年10月3日 夕刊フジ

業界への取り締まりを強める捜査当局の狙いは何なのか。
警視庁の捜査幹部の1人は
(略)。日活ロマンポルノや初期のソフトなAVぐらいの表現のレベルにまで戻したい
と明かす。
2020年東京五輪に向けて“浄化”を図る狙いも透けてみえる。

日活ロマンポルノや初期のソフトなAVぐらいの表現のレベルにまで戻したい

早晩、それが現実のものとなることでしょう。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月15日

慢性胃炎や膵炎、睡眠障害、脅迫観念、対人恐怖症等(特に男性)など、 ケジメを付けない限りは一生引きずりますね。
健康を返して。

香西咲さん
2018年2月20日

画像ももちろん
精神も身体も引き摺って生きて行く時間の方が長いです。
理解して下さる人はなかなか少ないのが現実。
#青木亮 と弁護士は到底理解しようとしない。
生き地獄。

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

政府や与党は、出版界とちがって、アダルトビデオ業界を懐柔する気がありません。
力で押さえ込む。
ただそれだけです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

暴力、エロ、グロに対する政府の姿勢について(その5)。香西咲さんたちをモノとしてあつかったアダルトビデオ業界に待っているのは破滅です

昨日も消費税の軽減税率についてふれました。

(参考。当ブログ)
<軽減税率と「エロ」等の関係について>
2019年2月11日
2019年2月12日
2019年2月13日
2019年2月14日

10月から消費税率が10%に上がります。
一律ではありません。
8%に据え置かれるものもあります。
出版業界は書籍や雑誌に対して、税率の軽減をもとめました。

(2016年2月19日 衆議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2016年2月19日 麻生太郎 財務大臣

(前略。)
(略)、私どもとしては、こういったものをやるときには、少なくとも、暴力、エロ、グロ等々の雑誌、書いてある分だけ、講談社さん、集英社さん、みんなお集まりいただいて、自分たちでちゃんと自主規制していただけますかというお話もさせていただいたんですけれども、そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったこと(消費税率10%の適用)になったと思っております。
(後略。)

(再掲。麻生太郎 財務大臣)
そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったこと(消費税率10%の適用)になったと思っております

出版界は「エロ」のせいで連帯責任をとらされました。
清廉な書籍や雑誌も10%の税率となりました。
出版界は居住まいを正しました。

(全国書店新聞 平成30年7月1日号「『有害図書排除』で自主管理団体設立へ/軽減税率適用に向け準備進む」より、引用。)

全国書店新聞 平成30年7月1日号

日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本出版取次協会、日書連の出版4団体は、出版物への軽減税率適用に向けて、有害図書排除のための自主的管理団体や第三者委員会の設立の準備を進めている。

有害図書排除
出版業界は、有害図書と一般の出版物を峻別するために、以下の方法を考えました。

全国書店新聞 平成30年7月1日号

(略)、出版業界は民間の自主的な管理団体による有害図書区分のシステムの確立を検討。
「出版倫理コード」(仮称)を付与された書籍・雑誌を軽減税率とすることや、出版倫理コードを付与・管理する団体として書協、雑協、取協、日書連で構成する「一般社団法人出版倫理コード管理機構」を設立する案をまとめた。
書籍・雑誌の流通で使われている既存コード(書籍JAN、定期刊行物コード)を活用し、現在利用されていない空白の桁を用いて、軽減税率となる出版物に関する桁を新設する。
出版倫理コードの付与・管理は、日本出版インフラセンター(JPO)の日本図書コード管理センター、雑誌コード管理センターと連携協力して実施する。
また、法曹関係者、学識経験者、教育者・保護者らによる第三者委員会「出版倫理審議委員会」を併せて新設。
同委員会は「出版倫理コード管理機構」の諮問を受けて出版倫理コードの付与の可否を審議し、実質的な判断を行う。

出版界はあらたに、一般社団法人出版倫理コード管理機構という組織を設けるようです。
目的は「エロ」等の審査です。
奇(く)しくも、以前に菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官が語っていたとおりの展開となってきました。
菅長官は2016年1月18日の国会でつぎのようにのべています。

(2016年1月18日 参議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2016年1月18日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

(略)、これまでの業界の取扱いの慣行、そうした中で、業界の中で自主規制の形で線引きに活用できる全国一律の基準を決めていただき、その上で、例えば議員立法等の形できちんと法制化した方がいいんじゃないかという私の考え方を申し上げました。

残念ながらこのたびの出版界のこころみは与党に受け入れられませんでした。
まだまだ対策が甘いようです。
この件につきましては明日のブログで簡単にふれさせていただきます。
すでに報道されていますのでご存じかとは思いますけれども。
与党は完全に拒否をしたわけでありません。
出版界に対してさらなる奮励をもとめています。
業界の「エロ」対策に期待があつまります。

出版物に関してはもう1件、政府から改善をうながされているものがあります。
国会でのやりとりをふりかえってみます。

(2016年10月19日 衆議院 文部科学委員会「会議録」より、引用。)

2016年10月19日 前田一男 衆議院議員(自民党)

(前略。)
(略)、四年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本の内政も外交もさらに一段高いところに飛躍していくのではないか、また、そうしていかなければいけない、そのような思いを強く持ったところでございます。

そこで、きょうは、2つの論点について議論をしたいというふうに思っているのでありますけれども、まず1つ目は、これは小さい話かもしれませんが、しかし大事な問題だなというふうに思っています。
コンビニ等での成人向け雑誌の陳列についてであります。

コンビニに入った外国人は、日本のこの状況を見て、子供たちの目の届くところにさまざまな雑誌が広く陳列されている、それを見てびっくりするんだそうです。

そう言われてみれば、私も外国に行っていろいろなお店に入りますけれども、そのような光景を余り目にすることはありませんでした。彼らの常識からすると、とんでもない光景なんだそうです。

(後略。)

(略。)

2016年10月19日 前田一男 衆議院議員(自民党)

私も、東京都の青少年健全育成条例を見させてもらいましたけれども、これは、成人向けの雑誌は、例えば、ビニールで包装すればいいとか、ひもで縛ればいいとか、中身が見られなければそれでいいのだというふうな考え方でありますから、先ほど御紹介いただいたフランスやドイツの考え方とは根本的に違うものだというふうに感じました。

東京都内だけでも、コンビニ店は7,300店、そして書店も1,600店あるそうです。
なぜ日本だけがこんな何か甘い状況になっているのかなというふうに思うのでありますが、刑法の175条、そういったわいせつに関する雑誌の公然陳列は犯罪ということになっていますけれども、日本国憲法で認められているところの21条の第1項、出版の自由、これが大手を振って歩いているような、そのような状況ではないかというふうに感じざるを得ません。

どんな形でもいいと思うんです。
法律でばしっと縛るのも一つの方法でしょうし、また、各自治体が行っている条例でもっときつい縛りをするということも一つの方法かもしれません。
また、業界団体がもっときちんとした自主規制を行うということも一つの方法かもしれません。

いずれにしろ、4年後の東京オリパラの開催に向けて、何らかの方法で、子供が目にするような場所からこういった雑誌は一掃するというふうなことをすべきではないかと思うのですが、所見を伺いたいと思います。

2016年10月19日 和田昭夫 内閣府大臣官房審議官

(前略。)
また、全国的なコンビニエンスストアの組織でございます社団法人日本フランチャイズチェーン協会などの協賛団体に対しましても、その効果的な推進が図られますよう、特段の配意と、傘下の事業者に対します周知、指導を依頼したところでございます。
(後略。)

2016年10月19日 前田一男 衆議院議員(自民党)

東京オリンピック・パラリンピックでは、日本の観光地とかまたすぐれた点とか、それと一緒に、文化とかまたこういう風俗とか、そういったものも世界にどんどん宣伝されることになるというふうに思うんです。

これまでも、日本人と性の意識、こういったことについて歪曲した喧伝がされる、またそのような勢力もあるわけですから、そういったことにも十分対処を考えながらこれからの検討を願いたいというふうに思います。

(再掲。和田昭夫 内閣府大臣官房審議官)
(コンビニ協会に対して)特段の配意と、傘下の事業者に対します周知、指導を依頼したところでございます

その後、各コンビニは、自主規制をおこないました。

コンビニは聡(さと)いです。
アダルトビデオ業界はどうでしょうか。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年1月2日

祭典はひっきりなしに続くのにこの姿勢。
“逃げ”に入ってますよね。
いざと言う時に本当に国に助けてもらえなくなると危惧します

withnews 2016年11月24日
「AV業界『ファン感謝祭』熱気むんむん 強要問題への取り組みは…」

若い女性がアダルトビデオ(AV)に無理やり出演させられるなどの強要被害が社会問題化する中、AV業界は11月中旬、年に1度の大規模「ファン感謝祭」を開いた。会場はファンの熱気があふれ、女優の笑顔とカメラのフラッシュが満ちていた。

香西咲さんのおっしゃるとおりです。
アダルトビデオ業界は、国家権力と対峙できると考えているようです。
蒙昧です。
あまりにも。
恭順の意をしめさないかぎり、殲滅は必定です。
無法者集団の最期がちかづいてきました。
国民にとってはよろこばしいかぎりです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

暴力、エロ、グロに対する政府の姿勢について(その4)。アダルトビデオ業界は、香西咲さんたち出演強要の被害者に謝罪して生き残る気はないのでしょうか

本日もひきつづき消費税の軽減税率と、「暴力、エロ、グロ」の関係についてみてみます。

(参考。当ブログ)
2019年2月11日
2019年2月12日
2019年2月13日

昨年末の臨時国会で、丸山穂高議員がふたたび上述の問題をとりあげました。

(2018年12月7日 衆議院 財務金融委員会「会議録」より、引用。)

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

(前略。)
同じ軽減税率で、私、ずっと危惧しているのは、いわゆる新聞がなぜ軽減税率に入るんだという話です。

当時(2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会)、麻生大臣といろいろやりとりもさせていただきまして、政府参考人の方ともやりとりさせていただいて、なぜ、じゃ、書籍が入らずに新聞が入るのかというと、昨今ニュースでも出ていますが、書籍は、有害性のあるもの、当時、大臣、「エロ、グロ等々」という表現もされましたけれども、そうしたものが排除できない、一概にできないので、基本的には書籍等はまだまだ厳しいねと。
幾つかあったんですけれども。

(参考。2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会
佐藤慎一 財務省 主税局長

<書籍、雑誌について>
一つやはり重要な点は、例えばフランスあたりと比べまして、適切に有害図書を排除するという問題ができるのか
(フランスは)有害図書を排除する仕組みがございますけれども、日本の場合には、必ずしもない
まだまだ未熟な段階ではないだろうかというのが書籍の扱いでございます

<新聞について>
駅売り(の新聞)(軽減税率の対象から)外れて宅配の分が入るという中には、(宅配の新聞には)そうした暴力であるとかエロ、グロ的な要素が極小化されているということを念頭にそういう定義を置いたということはございます

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

じゃ、今、軽減税率の対象となる、もう来年の秋からなる新聞が果たしてそれを、有害性のあるものを排除できているかといったら、正直、できていないと思っていまして。
当時の答弁では、基本的には、宅配のもの(家庭に配達される新聞)は排除できているというたてつけだというふうに言っていたんですけれども。

(参考。2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会
佐藤慎一 財務省 主税局長

私どもいろいろ調べますと、同じような新聞でも、駅売りと宅配では中身が一部つけかわっておるというような実態もございます。宅配にふさわしいような販売の仕方もしておるということも間接的にはございます

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

例えば、具体例を挙げるとわかりやすいんですけれども、ちょっと内容が内容だけに中身は言いづらいですが、例えば、恐らく来年の秋から軽減税率が適用される、8%に安くなる、夕刊フジとか日刊ゲンダイ、いわゆるタブロイド紙、定期購読もあるんです。

新聞については今年の10月から、10%と8%の消費税率に分かれます。
駅やコンビニで販売されるものは、10%です。
家庭などに週に2日以上配達されるものは8%となります。
夕刊フジや日刊ゲンダイについてもこうした基準が適用されます。

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

自宅に宅配もあって、実は、この2つの今挙げたような新聞(夕刊フジ、日刊ゲンダイ)は、宅配のものも、内容は変えずに、駅で売っているようなものと同じものが要は定期購読されます。

虚を衝(つ)かれました。
宅配のスポーツ新聞は、有害な部分が削除されています。
夕刊フジと日刊ゲンダイは、そのような処置を施していないようです。

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

それは、中身はどういったものがあるかというと、ちょっと内容は言いづらいんですが、いわゆる艶本(えんぽん)というか、官能小説のような内容のものが書かれていたり、あとは、三行広告のデリバリーガイドみたいな形で、いわゆる風俗情報が普通に載っていたり、どう考えても、大臣のおっしゃるエロ、グロの有害性を満たすようなものが来年秋から軽減税率の対象になるわけですよ。

果たしてこれで本当にいいのか、その整理についてどう考えていらっしゃるのか。
まず見解を伺いたいんですけれども、政府参考人の方。

丸山穂高議員は、軽減税率の対象から「エロ」を排除しろ、と言っています。

2018年12月7日 星野次彦 財務省 主税局長

お答え申し上げます。
まず、書籍を軽減税率の対象とするかどうかの検討におきましては、例えば、欧州諸国では、いわゆる有害図書を排除する仕組みを採用している例がございます。
仮に書籍を軽減税率の適用対象とする場合、そのような欧州諸国における仕組みも参考に、何らかの仕組みを設けて、いわゆる有害図書を排除することも考えられることから、これまでも、書籍を軽減税率の適用対象とするか否かの議論におきまして、いわゆる有害図書を排除する問題がある旨を説明してきたところでございます。
(後略。)

星野主税局長の答弁は、書籍や雑誌に関するものです。
政府は以前、日本書籍出版協会などの出版4団体に対して、要望をおこないました。
消費税率を8%に据え置く本と、10%にする本(暴力、エロ、グロ関係の本)の、区分けをしてほしい、と。

(2016年2月19日 衆議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2016年2月19日 麻生太郎 財務大臣

(前略。)
(略)、私どもとしては、こういったものをやるときには、少なくとも、暴力、エロ、グロ等々の雑誌、書いてある分だけ、講談社さん、集英社さん、みんなお集まりいただいて、自分たちでちゃんと自主規制していただけますかというお話もさせていただいたんですけれども、そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったこと(消費税率10%の適用)になったと思っております。
(後略。)

出版4団体は結論を出すことができませんでした。

(中略)
2018年12月7日 星野次彦 財務省 主税局長

(前略。)
(略)、先ほど申し上げました有害図書排除の仕組みが存在しないこと、こういったことを理由として(書籍や雑誌は)軽減税率の適用対象とはしないこととしております。

例えば、地方公共団体の条例におきまして、一定の書籍については、いわゆる不健全図書として青少年に販売しないなどの措置が講じられております。
こういったものにつきまして消費税負担まで軽減することはなかなか国民の納得が得られないのではないかといったようなことも踏まえて軽減税率の対象からは外している、そこが新聞と違うということでございます。

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

ごめんなさい、そこを聞いているんじゃなくて、この新聞が、つまり、エロ、グロが含まれている新聞は軽減税率の対象になるということですね。
これを省くつもりはないということですね。

2018年12月7日 星野次彦 財務省 主税局長

お答え申し上げます。
先ほど申し上げましたとおり、軽減税率の適用対象となる新聞につきましては、日常生活における情報媒体として全国あまねく均質に情報を提供し、幅広い層に日々読まれていることを重視をいたしまして、週2回以上発行され、定期購読契約されているものを対象としたということでございます。

先ほど地方公共団体の条例の例を申し上げましたけれども、定期購読契約されている新聞につきましては、こういった地方公共団体の条例におきましてもいわゆる不健全図書とされたものは見当たらないといった実態も踏まえまして、先ほど申し上げたような要件を満たせばこれは軽減税率の対象となるということで掲げているわけでございます。
それは、具体的なその内容について個々に判断をするということではございません。

2018年12月7日 丸山穂高 衆議院議員(日本維新の会)

時間が来たので終わりますけれども、大臣、お聞きになってどう思われるか、最後に聞いて、終わります。

2018年12月7日 麻生太郎 財務大臣

いろいろ問題があるとは思います。

——————————————————–

軽減税率の問題とは別に、今後、アダルトビデオの存在が俎上(そじょう)に載せられます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月15日

まさか人を散々死の直前まで追いやりながら、自分達が無傷で居れるとでも?

人生は上手く出来てますよね。
自分のした事は全て自身に返ってくる。

——————————————————– 

ちなみに出版業界には自主規制のうごきがあるようです。

(全国書店新聞 平成30年7月1日号「『有害図書排除』で自主管理団体設立へ/軽減税率適用に向け準備進む」より、引用。)

全国書店新聞 平成30年7月1日号

日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本出版取次協会、日書連の出版4団体は、出版物への軽減税率適用に向けて、有害図書排除のための自主的管理団体や第三者委員会の設立の準備を進めている。

賢明な選択であると考えます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年1月2日

AV業界の自浄作用が試される時です。
どなたが矢面に立ち、業界を代表して被害者女性達に謝罪し、今後の改善を約束してくださるのか?
期待が高まります。

——————————————————–

アダルトビデオ業界には、みずからの非を認めて生き残る、という考えがないのでしょうか。
冷ややかな視線で眺めさせていただきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

暴力、エロ、グロに対する政府の姿勢について(その3)。出演強要に関しても公明党の主張がとおることでしょう。香西咲さんを蹂躙したやつらのおわりがみえてきました

本日もひきつづき、消費税の軽減税率についてみてみます。

(参考。当ブログ)
2019年2月11日
2019年2月12日

今年の10月から消費税の税率が2種類になります。
8%と、10%です。
政府は当初、一律10%を考えていました。
その後、8%の軽減税率を設けました。
なぜこのような措置を講じたのでしょうか。
国会でのやりとりを参照します。

(2016年2月23日 衆議院 財務金融委員会「会議録」より、引用。)

2016年2月23日 丸山穂高 衆議院議員(おおさか維新の会)

(前略。)
まず、先ほどの宮本(宮本徹)委員(日本共産党)のお話を聞いていて、やはりこの点もずっと言われているんですけれども、軽減税率というのはかなり急場でおつくりになった制度だなというのを強く感じます。

そういった意味で、財務省さんもずっと軽減税率に後ろ向きだったわけで、去年の委員会質疑の議事録を見ていますと、大臣自身も後ろ向きだったはずの軽減税率が、急遽、恐らく公明党さんの御意向が入って今回の軽減税率になったということで、先ほどの宮本委員の質疑においても、やはりインボイス制度、では、免税事業者の方はどうするんだという点、今の御回答でも明らかになっているように感じませんし、もう一つ、前回の質疑でも、私、これはおかしいとずっとお話しさせていただいている新聞の軽減税率の適用についても明確な線引きのお答えがないなというのが、伺っていて感じるところです。

(再掲。丸山穂高 衆議院議員)
公明党さんの御意向が入って今回の軽減税率になった

このようなことは特段、めずらしくありません。
与党内で、未婚の一人親世帯の税負担を審議しているときもそうでした。
最終的には公明党の意向がとおりました。

(参考。当ブログ)
2018年12月17日

アダルトビデオへの出演強要問題についてもおそらく、同じ展開となることでしょう。

(2017年3月21日 第1回関係府省対策会議「議事録」より引用。)

林真琴 法務省 刑事局長

もう1点目は過激な内容のポルノの規制等のあり方に関してでございます。

この問題につきましては、公明党からの提言の中におきましても、このポルノの規制が刑事罰則を設けることによる規制というものも含んだ形での提言になっていると承知しておるわけでございますが、この問題に関しては、かなり重い課題となると思いますので、関係省庁と協力して対応を検討してまいりたいと思います。

(再掲。林真琴 法務省 刑事局長)
公明党からの提言の中におきましても、このポルノの規制が刑事罰則を設けることによる規制というものも含んだ形での提言になっていると承知しておるわけでございます

公明党はアダルトビデオの存在をみとめていません。
約2か月後の2017年5月19日のことです。
政府は、「今後の対策」を決定しました。

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。)

内閣府、関係府省

被害の防止及び救済等のための新たな対応策の検討

アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題等が深刻な性的な暴力で、重大な人権侵害であるとの考え方に立ち、関係者による自主的な取組の進捗状況や実態把握の状況も踏まえ、性的な暴力の被害につながる行為の規制、被害の回復、被害者の保護及び支援等について、有識者等の意見も参考に、法的対応を含め、必要な対応策を検討する

(内閣府、関係府省)〔平成 29 年4月~〕

政府は「性的な暴力の被害につながる行為の規制」を明言しました。
その後、公明党の若松謙維議員は国会で、「性的な暴力の被害につながる行為の規制」について言及しました。

(2018年4月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ
音声の文字化は、筆者。)

2018年4月12日 若松謙維 参議院議員(公明党。元総務副大臣)

(略)、結局このAV出演強要なんですけれども、制作っていうんですか、ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども、結局、日本のいまの社会をみていると、いわゆるホテルに行くと簡単に犯罪を犯している映像が出ている。
それ、簡単にアクセスできる。
そして街のなかには、アダルトビデオが売っている。
そしてネット社会ですから、見える、と。
いま日本の社会のどれだけモラルがですね、いわゆる後退しているのか。
やはり社会の受け皿を、いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います。

ニーズがあるわけですから。

そこをちょっとこれからも検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

——————————————————–

(再掲。丸山穂高 衆議院議員)
公明党さんの御意向が入って今回の軽減税率になった

話題を軽減税率の件に戻します。

2016年2月23日 丸山穂高 衆議院議員(おおさか維新の会)

(前略。)
(略)、この間の予算委員会では、麻生大臣は、暴力表現とかエロ、グロといった表現が雑誌や新聞は排除できないというお話がありましたけれども、しかし、新聞を見ても、現に夕刊紙、スポーツ新聞ではそういった表現があるような、しかも今回の軽減税率の適用対象になる新聞、例えばサンケイスポーツさんだとか、スポーツ紙で宅配しているようなものがありますので、現に入っているわけです。

(中略。)

(略)、なぜ書籍、雑誌を省いたのかというのを端的にお答えいただけますか。
それはエロ、グロ、暴力というのは入っているんですか、入っていないんでしょうか。

2016年2月23日 佐藤慎一 財務省 主税局長

(前略。)
それから、一つやはり重要な点は、例えばフランスあたりと比べまして、適切に有害図書を排除するという問題ができるのか。
フランスの例などを見ますと、それに対する一つの立法というのがありまして、有害図書を排除する仕組みがございますけれども、日本の場合には、必ずしもないということも含めましてまだまだ未熟な段階ではないだろうかというのが書籍の扱いでございます。
(後略。)

2016年2月23日 丸山穂高 衆議院議員(おおさか維新の会)

大臣が(2016年2月19日の)予算委員会でおっしゃった、暴力とかエロ、グロといった表現というのは、この適用するかしないかに入っているんですか、判断基準として。
明確にお答えください。

(参考。2016年2月19日 衆議院 予算委員会)
麻生太郎 財務大臣
私どもとしては、こういったものをやるときには、少なくとも、暴力、エロ、グロ等々の雑誌、書いてある分だけ、講談社さん、集英社さん、みんなお集まりいただいて、自分たちでちゃんと自主規制していただけますかというお話もさせていただいたんですけれども、そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったこと(消費税率10%の適用)になったと思っております

2016年2月23日 佐藤慎一 財務省 主税局長

(前略。)
私どもいろいろ調べますと、同じような新聞でも、駅売りと宅配では中身が一部つけかわっておるというような実態もございます。
宅配にふさわしいような販売の仕方もしておるということも間接的にはございます。
(後略。)

各家庭に配達されるスポーツ新聞は、有害な部分が取り除かれています。
駅やコンビニで売っているものとは内容が異なります。

2016年2月23日 丸山穂高 衆議院議員(おおさか維新の会)

明確ではないんですけれども、そういった表現(=暴力、エロ、グロ)が今回の判断に入るのかどうかというのはどうなんですか。
明確に、入るのか入らないかでお答えできると思うんですけれども、端的に。

(略。)

2016年2月23日 丸山穂高 衆議院議員(おおさか維新の会)

局長、答えていないですよ。
要は、表現の内容によって今回の適用されるかされないかということの判断に入っているのか否かというのを聞いている。
イエスかノーかでわかると思います。

2016年2月23日 佐藤慎一 財務省 主税局長

販売実態におきまして、今申し上げましたように、駅売りが外れて宅配の分が入るという中には、(宅配の新聞には)そうした暴力であるとかエロ、グロ的な要素が極小化されているということを念頭にそういう定義を置いたということはございます。

——————————————————–

(再掲。丸山穂高 衆議院議員)

財務省さんもずっと軽減税率に後ろ向きだったわけで、去年の委員会質疑の議事録を見ていますと、大臣自身も後ろ向きだったはずの軽減税率が、急遽、恐らく公明党さんの御意向が入って今回の軽減税率になった」

公明党は、自民党に対する最大の圧力団体です。
国政選挙のときは最強の支援団体になります。

(再掲。林真琴 法務省 刑事局長)
公明党からの提言の中におきましても、このポルノの規制が刑事罰則を設けることによる規制というものも含んだ形での提言になっていると承知しておるわけでございます

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月27日

#AV強要 で多数の女性の人生を台無しにしてきた #青木亮 さん
知り合った頃の私の20代の健康と
#性的搾取 #人身売買 #枕営業 の強要、誠意を持って謝罪し、本来なら活動出来ていたであろう損害を賠償してください。

全てを失った私は丸1日さえまともに動けず、生きる事に疲れてしまいました。

香西咲さん
2018年1月10日


常識人なら。と言う感じでしょうか。
利益の為なら人権なんて無視。どんな手でも使ってきますからね。

香西咲さん
2018年3月27日


報告ありがとうございます。
これだけ検挙されてるのに…厚顔無恥ですね。
常識を求めても無駄なので法規制を強く望みます。

香西咲さん
2018年7月2日

親は普通のサラリーマン。借入してまで大学出してくれた。
言わば私だけでなく家族も犠牲にして少なく見積もって7000万円は荒稼ぎし、家族の人生を台無しにした #青木亮 にやってもらわないとね。 #坂上孝志 #大樹総研 #矢島義也

香西咲さん
2018年8月22日

辛かった…
真面目に仕事してきたキャリアを全てAVで台無しにされました。
もちろん大した金額貰ってません。

——————————————————–

2020年のオリンピックまでに出演強要等を処罰する法律ができます。
おそらく公明党が要望しているとおりの内容となることでしょう。

(再掲。若松謙維 参議院議員【公明党】)
結局このAV出演強要なんですけれども、制作っていうんですか、ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども、結局、日本のいまの社会をみていると、いわゆるホテルに行くと簡単に犯罪を犯している映像が出ている。それ、簡単にアクセスできる。そして街のなかには、アダルトビデオが売っている。そしてネット社会ですから、見える、と

いま日本の社会のどれだけモラルがですね、いわゆる後退しているのか

やはり社会の受け皿を、いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います

法案の御披露目が楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

ポルノ雑誌を守った出版界は軽減税率が適用されませんでした。香西咲さんがおっしゃるとおり女性を商品としてあつかうやつらに待っているのは悲惨な運命です

昨日、消費税の軽減税率についてふれました。

(参考。当ブログ)
2019年2月11日

今年の10月から、消費税の徴収率において差異が生じます。
たとえば、コンビニや駅の売店等で販売される新聞は、10%となります。
いっぽう、週に2回以上宅配される新聞は、現行の8%に据え置かれます。
日本書籍出版協会など出版4団体も、書籍や雑誌に軽減税率を、ともとめてきました。
叶いませんでした。
なぜこのような事態となったのでしょうか。
これまでの経緯をみてみます。

(2015年12月25日 毎日新聞「軽減税率 有害図書、出版業界で線引きを 菅官房長官」より、引用。)

2015年12月25日 毎日新聞

(前略。)
(2015年12月)16日に決定した与党税制改正大綱は、週2回以上の発行で定期購読される新聞を軽減対象とした。
一方、書籍・雑誌は有害図書を排除する仕組み作りなどを踏まえ、(軽減税率を)適用するかどうかを引き続き検討することとなった。

——————————————————–

2015年の時点では、書籍や雑誌に対しても軽減税率が適用される可能性がありました。

(2015年12月26日 テレ朝NEWS「有害図書の線引き出版業界で 軽減税率巡り菅長官」より、引用。)

(※音声の文字化は、筆者。)
アナウンサー

菅官房長官はBS朝日の番組(※2015年12月25日に収録された激論!クロスファイア)に出演し、軽減税率の対象として検討している書籍や雑誌について、有害図書の線引きを出版業界にゆだねる考えをしましました。

2015年12月25日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

(書籍や雑誌に軽減税率を適用すると)たとえばポルノ雑誌とかですね、そういうものが全部入ってしまうんですね。

線引きというものをこれはぜひ、その、業界の皆さんのなかでですね、やはり、決めていただく。

アナウンサー

書籍や雑誌については暴力や性的な表現をふくむ有害図書の線引きがむずかしい、として、軽減税率を適用する対象を検討しています。
菅長官は有害図書の線引きについて、政府が決めると表現の自由の問題になる、とのべ、出版業界が中心となって決めるべきだ、と指摘しました。

——————————————————–

(再掲。菅義偉 内閣官房長官)
(書籍や雑誌に軽減税率を適用すると)たとえばポルノ雑誌とかですね、そういうものが全部入ってしまうんですね

翌年(2016年)の国会で、この問題がとりあげられました。

(2016年1月18日 参議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2016年1月18日 山田太郎 参議院議員(維新・元気の会)

(前略。)
実は、菅官房長官は、去る記者会見及びBSの番組で、図書に軽減税率を適用するには有害図書を指定をする必要があると発言されていますが、その真意についてお答えいただけないでしょうか。

2016年1月18日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

まず、書籍雑誌に係る軽減税率については、今般の与党税制改正大綱において、その日常生活における意義、有害図書排除の仕組み、その構築状況等を総合的に勘案しつつ引き続き検討する、こういうふうになっています。

今の御質問でありますけれども、私、年末のテレビの番組の中で、一つの考え方として、有害図書については、地方自治体、これによって条例で規制しているところもありますし、してないところもあります。
さらに、これまでの業界の取扱いの慣行、そうした中で、業界の中で自主規制の形で線引きに活用できる全国一律の基準を決めていただき、その上で、例えば議員立法等の形できちんと法制化した方がいいんじゃないかという私の考え方を申し上げました。

もとより、表現の自由、これを守ることは極めて重要であるというふうに考えています。

2016年1月18日 山田太郎 参議院議員(維新・元気の会)

まさに、官房長官は一律に線引きは問題があるということもおっしゃられたんですが、例えば長崎県なんかでは春画が有害図書指定されているんですね。
そうなってくると、有害図書というのは誰にとって有害で、また誰が決めることを念頭に置いているのかと、非常に難しい問題があると思いますが、この辺りも、官房長官、よろしくお願いします。

2016年1月18日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

ですから、私、番組の中で、今申し上げましたように、それは条例が全国一律じゃないわけですから、有害図書に対して、それと同時に、表現の自由、これは極めて重要なものでありますから、いずれにしろ、例えば議員立法の形できちんと法制化するというのも一つだという私の考え方を申し上げたところであります。
(後略。)

2016年1月18日 山田太郎 参議院議員(維新・元気の会)

有害図書と不健全図書というものに関してもちょっと整理する必要があると思うんですが、条例で定められている有害図書又は不健全図書というのは未成年に対して見せないというものなんですよね。

今回、軽減税率を雑誌、書籍にそういったものをして幅広く掛けた場合には成年にまでいわゆる影響が及ぶということだと思いますが、有害図書の概念を、じゃ成年まで広げるということになるのかどうか。

決してこれは、条例を幅広く横並びにして新たな仕組みをつくろうということとは随分質が違うことになると思いますが、その辺り、長官、いかがですか。

2016年1月18日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

先ほどの私の考え方の中で、地方自治体によってはそうだと、それと同時に、これはこれまで業界の取扱いの慣行もあるのではないかと、そういうことも実は申し上げております。

いずれにしろ、議員立法のような形できちんと法制化することが大事だろうということを申し上げたということであります。

2016年1月18日 山田太郎 参議院議員(維新・元気の会)

有害図書指定をすると、租税法律主義が重要な考え方になると思います。

先ほどから長官の方は議員立法という話もありますが、法律で対処するということになるんですが、これは法制局長官にお聞きしたいんですが、この租税法律主義、どのような原則なのか教えていただけますか。

2016年1月18日 横畠裕介 内閣法制局長官

憲法第84条は、
「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。」
と規定しております。

この規定の趣旨は、租税の種類及び根拠、納税義務者、課税物件、課税標準及び税率といった課税要件並びに徴税手続を法律で定めることを要するというものであると解されております。

2016年1月18日 山田太郎 参議院議員(維新・元気の会)

そうすると、法律上、有害図書指定というのは出版社等の自主努力ということでは難しいということになると思いますが、その定義を法律に書かないといけないということで間違いないんでしょうか。
長官、もう一度お願いします。

2016年1月18日 横畠裕介 内閣法制局長官

有害図書排除の仕組みの構築状況等を総合的に勘案しつつ引き続き検討するというのが与党税制改正大綱の内容であると承知しておりまして、具体的にどういう形で法律にするのか、なるのか、そこの点について今この場で私から申し上げることは難しいと思っております。

2016年1月18日 山田太郎 参議院議員(維新・元気の会)

これ、まさに菅官房長官がおっしゃったように、都道府県ごとにも違います。
未成年、成年の区分もあると思います。
非常にこの定義するのは難しい、誰にとっての有害かというこういう問題もありますが、これ担当大臣がいらっしゃると思うんですが、どういう形で今後明文化していくことになるのか、そんな辺り、是非教えていただきたいんですが。──有害図書指定の担当大臣っていないんですか。

2016年1月18日 麻生太郎 財務大臣

山田先生御存じかと思いますけれども、ちょっと昔話で恐縮ですが、当選される前ぐらいに、ポルノコミックを規制するポルノコミック規制議連というのをつくらざるを得ぬことになって、おまえ漫画詳しいからおまえやれと言われて私やらされたことあるんですが、ポルノ促進議連の間違いじゃないかと言われて、えらいあっちこっちからいろいろつつかれながらテレビでよくやりましたけれども、これ、雑誌社全部呼んで何回もやりました。

結果としてこれはどういうことになったかといえば、漫画読まれるかどうかは知りませんが、成人コーナーというのをつくりまして、黄色い楕円のマークに黒字で成年と書いたものを作ると、あそこまでが限度だったんですよ。

あれまでが雑誌社と協定して、これ、表現の自由だから物すごくこれはぎりぎりの話になりますので、これはなかなか難しい話だと思いますので、今回も新聞と雑誌の話の差が出たときに、雑誌の方はどこを雑誌とするかという規定がないので、おまけにこれは雑誌というものを所管している役所というのは基本的にありませんから、なかなか、今言われたように、私どもの申し上げられるのは、書籍、雑誌につきましては、これは、私どもがこれ税制の話でしかお話ができないということも御理解をいただいた上で、これは民間団体と何回もこの話をやった上の話を申し上げておりますが、いわゆる確認を要件とする仕組みというのはなかなか採用に至るまでにはかなりの時間を要すると思いますし、各団体全部意見が違いますから、すごく、物すごく難しいんだと自分で実感しております。

2016年1月18日 山田太郎 参議院議員(維新・元気の会)

今、麻生財務大臣がおっしゃったのは区分陳列の話でありまして、成人、未成年で分けようということなんですが、税金の有害図書を指定してしまうと、これはもう成人にも関わるわけなんですよね。
そういう意味で、本質的に国家が何をもって有害と決めるのかというのは、非常に表現の自由から見ても私は非常に恐ろしいと思うんですね
(後略。)

——————————————————–

昨日のブログでも引きました。
約1か月後、麻生太郎財務大臣はつぎのとおり答弁しています。

(2016年2月19日 衆議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2016年2月19日 麻生太郎 財務大臣

(前略。)
(略)、私どもとしては、こういったものをやるときには、少なくとも、暴力、エロ、グロ等々の雑誌、書いてある分だけ、講談社さん、集英社さん、みんなお集まりいただいて、自分たちでちゃんと自主規制していただけますかというお話もさせていただいたんですけれども、そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったこと(消費税率10%の適用)になったと思っております。
(後略。)

出版社側は自主規制をすることができませんでした。

(再掲。菅義偉 内閣官房長官)
(書籍や雑誌に軽減税率を適用すると)たとえばポルノ雑誌とかですね、そういうものが全部入ってしまうんですね

結局、書籍や雑誌は一緒くたにあつかわれてしまいました。

いまは書籍や雑誌が売れない時代です。
出版不況と言われて久しいです。
このたび出版社側は「エロ」を守りました。

(再掲。麻生太郎 財務大臣)
そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったこと(消費税率10%の適用)になったと思っております

今年の10月から消費税が10%になります。
書籍や雑誌には軽減税率が適用されません。
今後、ますます売れなくなることでしょう。

(再掲。山田太郎 参議院議員)
本質的に国家が何をもって有害と決めるのかというのは、非常に表現の自由から見ても私は非常に恐ろしいと思うんですね

山田議員はその後、2016年の参議院選挙で落選しました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月19日

当然人にした事も全て自分に返ってくる。
要するに
人の裸で飯食ってる奴はろくな死に方しない

——————————————————–

名言です。
この種のものたちに未来はありません。
悲惨な人生が待っています。

こちらにつきましても今後の成り行きが注目されます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さんや辻丸さんがおっしゃるようにアダルトビデオ業界は自己改革をおこなうことができませんでした。滅びるべくして滅びる運命にあるようです

今年の10月から消費税の税率が上がります。
現行の8%から10%になります。
ご存じのとおり消費税は、酒税やタバコ税などと同じく、間接税の一種です。
各々(おのおの)、だれに対しても税率は同じです。
例外はありません。
いっぽう所得税などの直接税は、所得の多寡によって税率がことなります。
累進制です。
金持ちからたくさん税金をとります。
戦前の日本は、直接税でなく、間接税に依拠していました。
直接税と間接税の比率(直間比率)は、3対7でした。
戦後、日本は、アメリカなどの連合国(戦勝国)に占領されます。
実際に統治をおこなった機関は、GHQ(連合国軍総司令部)です。
占領は終戦の1945年から、サンフランシスコ平和条約条約が発効した1952年(4月28日)までつづきました。
この間、直間比率の是正がおこなわれます。
1949年、シャウプを長とする日本税制調査団が、GHQに勧告をおこないました。
国税は直接税を基本とせよ、と。
いわゆるシャウプ勧告です。
以降、日本における直間比率が逆転します。
最盛期には、直接税が7割、間接税が3割、までになりました。
1989年に日本は消費税を導入します。
当然のことながら間接税の割合が増加しました。
現在の直間比率は、6対4、となっています。

(※下図は日本税理士会連合会の資料より)

消費税は弱者にきびしい税、と言われています。
所得税とはちがい、金持ちも貧乏人も、税率が同じです。
所得のすくないひとほど負担がおおきくなります。
累進制ではなく、逆進制です。
ヨーロッパなどでは生活必需品に対して、軽減税率を設けています。
今回、日本も、こうしたやりかたを見習うことにしました。

たしかに複雑です。
新聞についても同様です。

(全国商工新聞より)

契約購読の日刊紙」は8%、「ネットによる電子版」は10%、です。
もうすこし正確にのべると、以下のようになります。

(再掲。公明党広報)
定期購読の新聞(週2回以上発行)で、税率を8%に据え置きます

新聞につきましては宅配で、かつ週2回以上の発行が、軽減の条件になります。

玉木雄一郎 国民民主党代表

——————————————————–

こうした新聞に関する税率については、ほかの議員もとりあげています。

(2016年2月19日 衆議院 予算委員会「会議録」より、引用。)

2016年2月19日 福島伸享 衆議院議員(民進党)

(前略。)
まず麻生財務大臣にお聞きしたいんですけれども、もう何度も答弁されておりますので、確認の答弁なので端的にお答えいただきたいんですが、今回、食料品以外で新聞にのみ8%の据え置き税率を適用したのはなぜでしょうか。
端的にお答えください。

2016年2月19日 麻生太郎 財務大臣

これはもう何度もお答えしたと思いますが、日常生活における情報媒体として全国あまねく均質に情報を提供して、幅広い層に日々読まれていること、日々ですよ、この結果、当然のことだと思いますが、新聞の購読料にかかわります消費税負担は結果として逆進的になるなどの事情を総合的に勘案して軽減税率の適用対象とするところとしたところでありまして、新聞業界と癒着しているとかいろいろよく言われましたけれども、そういうことではないということだけははっきりさせておきたいと思っております。
(中略。)
それから、電子媒体というのもよく言われますけれども、まだ使用率は1%ですから。だから、現実問題としては紙が今97.4%ぐらいだと思いますので、そういった意味からいっても、非常にこれは意味があると思っております。

2016年2月19日 福島伸享 衆議院議員(民進党)

(前略。)
(略)日刊ゲンダイ、これは夕刊の駅売りで多くを買いますから、駅で買う人は対象になりません
麻生大臣は、見出しがいいから、安倍批判、これはおもしろいと思うとその都度選択して買うんだと。
日刊ゲンダイの扇情的な見出しにつられて買う娯楽品だから定期購読とは性格が異なるということをおっしゃっていますが、大体みんな毎日、日刊ゲンダイを買う人は買うんですね。
サラリーマンの小遣いの中から買っているわけですよ。
なぜ週2回以上の宅配をされる新聞かというのはわかりません。
(後略。)

2016年2月19日 麻生太郎 財務大臣

(前略。)
(略)、私どもとしては、こういったものをやるときには、少なくとも、暴力、エロ、グロ等々の雑誌、書いてある分だけ、講談社さん、集英社さん、みんなお集まりいただいて、自分たちでちゃんと自主規制していただけますかというお話もさせていただいたんですけれども、そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったことになったと思っております。
(後略。)

安倍政権の本質が露呈した答弁です。
暴力、エロ、グロ
雑誌社側は自主規制をおこないませんでした。
それならということでこういったことになったと思っております
「こういったこと」というのは、10%の税率です。
安倍政権は暴力、エロ、グロに対して寛容でない、ということがわかります。

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。)

内閣府、関係府省

被害の防止及び救済等のための新たな対応策の検討

アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題等が深刻な性的な暴力で、重大な人権侵害であるとの考え方に立ち、関係者による自主的な取組の進捗状況や実態把握の状況も踏まえ、性的な暴力の被害につながる行為の規制、被害の回復、被害者の保護及び支援等について、有識者等の意見も参考に、法的対応を含め、必要な対応策を検討する

(内閣府、関係府省)〔平成29年4月~〕

上述の国会答弁で、麻生太郎財務大臣はこうのべました。
自分たちでちゃんと自主規制していただけますかというお話もさせていただいたんですけれども、そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったことになったと思っております
と。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年1月2日

AV業界の自浄作用が試される時です。
どなたが矢面に立ち、業界を代表して被害者女性達に謝罪し、今後の改善を約束してくださるのか?
期待が高まります。

——————————————————–

(2018年9月23日 弁護士ドットコム「『AV問題、自由にもの言えず、なし崩し的に風化』男優・辻丸さんが抱く危機感」より、引用。改行を施しています。)

2018年9月23日 辻丸さん

業界内がまとまっておらず、いろいろな部分が未整備なままです。
しかも一部のルールがなし崩し的に守られなくなっている印象です。
このままだと、なし崩し的に風化してしまうと思います。
記者
『#Me too』を合言葉に、セクハラや性被害を告発する機運が、これまで以上に高まっているが、業界は変わっていないのか

(略)、「蚊帳の外」です。
差別が当たり前に存在しているからだと思います。

AV強要被害についても、
「仕事に関しては必要悪だ」
と乗っかっています。
AV問題については、業界内の意識改革はほとんど期待できない状況です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月30日

告発から1年はWILLの元、 #AV業界 の自浄作用を信じて活動しました。
ですが業界にその意向は無い事を悟り今に至ります。
お疲れ様でした。

——————————————————–

早晩、出演強要等を処罰する法律ができます。
法律が制定されたあと、政府の関係者はこう言うことでしょう。
自分たちでちゃんと自主規制していただけますかというお話もさせていただいたんですけれども、そういったこと(自主規制)はなかなかできませんでしたので、それならということでこういったことになったと思っております
と。
アダルトビデオ業界は滅びる可(べ)くして滅びる運命にあるようです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

「被害が明らかになると、社会の認識も変わり、一気に対策が講じられるようになりました」。香西咲さんを嚆矢として、被害をあきらかにされた方々が人々の認識をかえました

昨日、京都教育大集団準強姦事件についてふれました。

(参考。当ブログ)
2019年2月9日

もう一度、事件をふりかえってみます。

(2011年7月16日 日本経済新聞「京都教育大生の停学処分は無効 集団暴行巡り地裁判決」より。)

2009年
2月
・京都教育大学に在籍する男子学生6人が、京都市中京区の居酒屋の空き室で当時19歳の女子大学生と性行為などをする。
3月
・女子大学生は京都教育大学に被害を申告する。
 京都教育大学は6人を無期停学処分にした。
6月
・京都府警は、集団準強姦容疑で6人を逮捕した。

男子学生6人は2009年3月に、無期停学となりました。
約3か月後、6人は逮捕されます。
この間の出来事を産経新聞が詳述しています。
青少年育成連合会というサイトが引用していますので、孫引きをします。

(2009年6月3日の産経新聞の記事より、引用。)

2009年6月3日 産経新聞

府警や同大学によると、事件は(2009年)2月25日に発生し、大学側は3月3日、被害者の女子学生から相談を受けて調査委員会を設置。
(3月)24日、女子学生の保護者に結果を説明し、(3月)31日に6人を無期限停学処分にした。
しかし、その後も大学から府警には通報せず、保護者が3月下旬に通報
大学側は6人が逮捕された(2009年6月)1日の記者会見で、通報しなかった理由として「教育的配慮」などと釈明していた。

(産経新聞)
大学では
「公表することによって、(加害者【=男子学生6人】の)自傷行為などが起こる可能性がある。教育的配慮です」
とコメント。
塩谷文科相は(2009年6月)2日の閣議後会見で、大学側の対応について
「大変問題だった。訴えがあったらいち早く警察に知らせることが大事。もっと早くやるべきだった」
と批判。

(2011年7月16日 日本経済新聞「京都教育大生の停学処分は無効 集団暴行巡り地裁判決」より。)

2009年
6月
・その後、加害者と被害者とのあいだで示談が成立する。
・京都地検は全員を不起訴処分にした。
8月~11月(毎日新聞より)
・6人のうち4人が、京都教育大学に対して、無期停学処分の取り消しをもとめて提訴する。
 6人のうち2人は、経済的理由などから提訴を断念した。

2011年
7月15日
・京都地裁が原告4人の言い分をみとめる。
 京都教育大学に慰謝料計、40万円(一人10万円)の支払いなどを命じた。

4人の男子大学生は勝訴しました。
日本経済新聞によりますと、原告のひとりは、
正当な判断をしてもらえた
と語っています。
10日後のことです。
ジェンダー教育にかかわっている研究者などが、当該判決に対して声明文を発表しました。

2011年7月25日「京都教育大学集団準強姦容疑事件に関しての京都地裁判決に対する緊急声明

一部を参照します。

2011年7月25日 緊急声明

2011年7月15日、京都地裁は、京都教育大学の男子学生4人が、大学より受けた無期停学処分を不当だとして起こした訴訟について、原告側の言い分を認め、処分無効・各人10万円の慰謝料支払いを大学に命じる判決を下しました。

2011年7月25日 緊急声明

アルコールを摂取した状態の女性(この場合女子学生)が、複数の男性と居酒屋という公共の場において性交をおこなうことについて「明確な同意」を示した(あるいは、示すことが可能だ)と判断することは、常識的に考えて、よほどの明確な根拠がないかぎり困難だと考えます。

2011年7月25日 緊急声明

元来、性暴力の被害者は、さまざまな理由から被害を訴えることをためらいがちですが、このような判決およびその報道によって、さらに性暴力の被害者がその被害を訴えないという傾向を強めることになるのではないかと憂慮しています。

2011年7月25日 緊急声明

居酒屋の空き室を使い、見張りを立てて、上級生の男子学生が複数でつぎつぎと一人の女子学生(当時未成年)と性交したことは、原告たちも認める事実であり、それは人として、また学生として明らかに不適切な行為と言わざるを得ません。
その行為に対して大学が厳しい処分に値すると判断したのは至極当然なことでしょう。

当該声明文の起草者は、賛同者を募りました。

2011年9月10日 有志一同

京都教育大学集団準強姦容疑事件に関しての京都地裁判決に対する緊急声明(2011年7月25日付)には1064名の賛同をいただくことができました。
みなさまのご協力に感謝します。
この声明文は京都教育大学および大阪高等裁判所に届け、今後の対応に参照いただけるようお願いする予定です。

賛同者の氏名を一瞥しました。
以下の方々の名前がありました。

<賛同者募集期間 2011年7月26日~8月14日>
金尻カズナ(ポルノ・買春問題研究会)
宮本節子(ポルノ被害と性暴力を考える会)
中野宏美(しあわせなみだ)
平川和子(東京フェミニストセラピィセンター)
遠藤智子(NPO法人全国女性シェルターネット)

第一審の判決から約1年後のことです。
高裁が判断をしめしました。

(2012年7月21日 日本経済新聞「無期停学無効、二審は認めず 集団暴行不起訴の京都教育大学生」より、引用。改行を施しています。)

2012年7月21日 日本経済新聞

女子大学生への集団準強姦容疑で2009年に逮捕され、不起訴となった京都教育大(京都市)の男子学生4人が無期停学処分の無効確認などを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は(2012年7月)20日、
「処分は大学の合理的な裁量の範囲内」
として、処分を無効とした一審・京都地裁判決を変更し、請求を退けた。

——————————————————–

ここで話題がかわります。
上述の遠藤智子さんにつきましては、以前、当ブログでご紹介をしたことがあります。

(参考。当ブログ)
<金尻カズナさんと遠藤智子さんの対談>
「出演強要被害について」
2017年8月31日(その1)
2017年9月1日(その2)
2017年9月2日(その3)
2017年9月3日(その4)
2017年9月4日(その5)
2017年9月5日(その6)
2017年9月6日(その7)
2017年9月7日(その8)
2017年9月8日(その9)
2017年9月9日(その10)
2017年9月10日(その11)

遠藤智子さんは現在、よりそいホットラインの事務局長でもあります。
聖教新聞で出演強要被害について語っていますのでみてみます。
孫引きです。)

(2017年5月11日 聖教新聞「震災・原発避難者の現在 『よりそいホットライン』から見えるもの」より、引用。改行を施しています。)

2017年5月11日 遠藤智子 よりそいホットライン 事務局長

社会で実際に起きている被害、それを共有することで、社会の認識は変わります。
問題は、被害が起きていることを人々が知らないことなのです。

昨今のAV出演強要被害も、多くの被害者がいたにもかかわらず、置き去りにされてきました。
しかし、被害が明らかになると、社会の認識も変わり、一気に対策が講じられるようになりました。

被害全体を海に浮かぶ氷山に例えれば、明らかにすべきことは、水面下に隠れ、私たちが目をそらし見ようとしない被害の実像であり、その背後にある社会問題、誤った価値観・偏見ではないかと思います。

至言です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月13日

自分の被害も発信しちゃ行けないのかぁ。
こんな状況だから名乗り出たくても怖くて出れる女優なんている訳がないし浄化進まないのも当然。
名乗り出た張本人が追い詰められて終わり。
ましてや被害者が悪いかの様な扱い。
(後略。)

香西咲さん
2016年12月28日

マスコミの方々からは常に出る話題。
誹謗中傷してくる人は大抵中身を読んでなかったり、実体を把握していなかったりする。酷い人はタイトルだけ見てコメントしてくる(遠い目)

先程の方は
記事を読んでくれたことに対してはありがとうございます。
欲を言えば貴方が私ならどうするか聞きたい。

香西咲さん
2018年1月20日

ご理解頂けて嬉しいです(*^-^*)

告発した際に殆どのマスコミが「(メディアに)出続けた方が安全」って言ってたけど………”#@%☆&_/?(ご想像にお任せします笑)

メディアは自分には合わない世界だと思いました。

香西咲さん
2018年2月27日

幸いにも英語と中国語は日常会話、また文章に関してはどちらもある程度は書けます。
海外に向けて #AV強要 被害や、私の伝えたい事としていつでも書けます。
海外のマスコミ開拓を始めましょうか。

香西咲さん
2018年6月19日

問題を解決してひっそりと第2の人生を送れる、そう信じて引退してからは大人しくしてきました。
ですが大人しくなるに連れて発信力は鈍り、問題も約束も有耶無耶にされます。
・ひっそりと第2の人生を送る事
・発信力を付けて問題を解決していく事
どちらが本当に望む人生か?今自分に確認しています。

香西咲さん
2018年7月2日

そうですね。誰にも遠慮すること無く発信し続けます

——————————————————–

(再掲。遠藤智子さん)
明らかにすべきことは、水面下に隠れ、私たちが目をそらし見ようとしない被害の実像であり、その背後にある社会問題、誤った価値観・偏見ではないか

香西咲さんは水面下に隠れていて見えなかったものをあきらかにしてきました。
その背後にある社会問題、誤った価値観・偏見」についても同様です。

(再掲。遠藤智子さん)
被害が明らかになると、社会の認識も変わり、一気に対策が講じられるようになりました

香西咲さんを嚆矢(こうし)として、被害をあきらかにされた方々が、人々の認識をかえました。
解決まであともうすこしです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「誰が何と言おうと私は諦めない」。出演強要という性犯罪をおこなったものは皆、牢屋に打ち込む必要があります。犯罪者たちが裁判から逃れることはできません

先日、準強制性交等罪の容疑で逮捕されていた大学生が不起訴となりました。


(記事より、引用。)

週刊SPA!
「横浜地検は不起訴の理由を明らかにしていない」

松井剛 弁護士(ベリーベスト法律事務所)
「確かなことは言えませんが、被害に遭われた女性たちとの間で示談が成立している可能性が高いと思われます」
「刑事裁判をするとなれば、女性は被害の様子などについて、捜査機関や裁判所で改めて質問を受けることになります。当然、被害に遭ったときのことを思い出さなければならず、精神的な負担の大きさは計り知れません」

週刊SPA!
「だが、準強制性交等罪は性犯罪を厳罰化した平成29年(2017)の法改正により、(略)被害者の告訴がなくても起訴できる非親告罪に改められた」

週刊SPA!
「しかしながら今のところは被害者に配慮して、本人が裁判を望まずに示談が成立していれば、これまでとさほど変わらずに多くの事案が不起訴になっている印象です」

(再掲。松井剛 弁護士)
確かなことは言えませんが、被害に遭われた女性たちとの間で示談が成立している可能性が高いと思われます

産経新聞は、よりはっきりと書いています。


(記事より、引用。)
「捜査関係者によると、いずれも示談が成立したとみられるという」

捜査関係者によると、いずれも示談が成立したとみられるという
被害者とのあいだで示談が成立すると、不起訴になる可能性が高まるようです。

(BIGLOBEニュースのツイートより、引用。)

BIGLOBEニュース
<2015年12月16日>

BIGLOBEニュースのツイートより。)
<漫画の拡大図>
1ページ目
2ページ目
3ページ目
4ページ目

過日の当ブログでもご紹介をしました。
アトム法律事務所は被害者との示談をセールスポイントにしています。
本日、あらためて、同法律事務所のホームページをながめました。
記事の一部を抜粋します。

アトム法律事務所のホームページより、引用。)

強姦事件の弁護プラン

アトム法律事務所

「ご相談者に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です」

アトム法律事務所

「告訴を取り消してもらうことができれば、不起訴処分を獲得できる可能性は高まります」

アトム法律事務所

「強姦事件においては、弁護士による示談締結のスピードが、ご相談者に前科をつけないこととの関係で極めて重要になってきます」

アトム法律事務所

「最短で留置場から出る方法は、弁護士を通じて相手方と示談を締結し、不起訴処分を得ることです」

アトム法律事務所は過去の成功例を誇っています。
たとえば以下の記述があります。

アトム法律事務所

<強姦事件の概要>

ご依頼者(美容品販売業、30代男性、同種服役前科1犯)が、月曜日の昼、携帯電話のゲームサイトを通じて知り合った女児(当時11歳)と性交した容疑で逮捕された事件。

  

<解決例>

逮捕される前に事件を受任。
弁護活動により被害者と示談が成立したため、ご依頼者は直ちに留置場から釈放され、事件は不起訴で終了した。

(再掲。週刊SPA!。松井剛 弁護士)

刑事裁判をするとなれば、女性は被害の様子などについて、捜査機関や裁判所で改めて質問を受けることになります。
当然、被害に遭ったときのことを思い出さなければならず、精神的な負担の大きさは計り知れません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年2月18日

AV強要の件に触れられたらフラッシュバックしてしまった…
6~3年も経つのに。

フラッシュバックに耐えられなくて、去年の秋以来この件に関しては取材を控えて居たのですが…まだまだ傷は癒えていませんでした。

怖い。

一生の傷にならない様に治療に人生を託します。

香西咲さん
2017年6月2日

明日は認知行動療法治療の日。
最近本格的に辛い部分に入ってきて憂鬱。思い出したくない事を事細かく現在進行形で話して、それを繰り返し話して、
更に毎日それを聞かなきゃ行けないのです。
あの時の記憶が鮮明に蘇ります。

こんな私に根気強く向き合って下さる先生方には感謝しかないです。

——————————————————–

弁護士法の第1条にはこう書かれています。
弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする
と。

(再掲。アトム法律事務所)
ご依頼者様(美容品販売業、30代男性、同種服役前科1犯)が、月曜日の昼、携帯電話のゲームサイトを通じて知り合った女児(当時11歳)と性交した容疑で逮捕された事件
弁護活動により被害者と示談が成立したため、ご依頼者様は直ちに留置場から釈放され、事件は不起訴で終了した

上述のような示談の代行も弁護士の世界では「社会正義」にふくまれるようです。

下図はBIGLOBEニュースのツイートより。)
(※以前、アトム法律事務所のホームページに掲載されていた漫画。)

起訴をまぬかれた強姦の容疑者はその後、どのような生活をおくるのでしょうか。
気になるところです。
京都教育大集団準強姦事件についてみてみます。

(2011年7月16 日本経済新聞「京都教育大生の停学処分は無効 集団暴行巡り地裁判決」より、引用。改行を施しています。)

2011年7月16 日本経済新聞

「男子学生6人は09(2009)年2月、京都市中京区の居酒屋の空き室で当時19歳の女子大学生と性行為などをし、女子大学生の被害申告を受けた大学(京都教育大学)は同年3月、6人を無期停学処分にした」

2011年7月16 日本経済新聞

京都府警は09(2009)年6月、集団準強姦容疑で6人を逮捕。
女子大学生との間で示談が成立し、被害届も取り下げられたため、京都地検は全員を不起訴処分にした。

不起訴になったあと、4人の大学生は自分たちを無期停学処分にした大学をうったえました。

2011年7月16 日本経済新聞

宴会で酒に酔った女子大学生に集団暴行したとして2009年、集団準強姦容疑で逮捕され、不起訴となった京都教育大(京都市)の男子学生4人が無期停学処分を不当とした訴訟の判決で、京都地裁(杉江佳治裁判長)は16日までに、処分を無効とし、同大学に慰謝料計40万円の支払いなどを命じた。

「勝てば官軍負ければ賊軍(戦いは、道理に合わなくても勝てば正義で、道理に合っていても負ければ不正なものとされる)
です。
学生たちは慰謝料を手にすることができました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月13日

何が何でも何年掛かろうと裁判に持ち込む姿勢です。
皆様お力添えをどうかお願い致します。

香西咲さん
2018年6月3日

当然ながら私の親族にも謝罪をお願いしますね

#AV強要
#枕営業の強要
#人身売買
#HumanTrafficking
#MeToo
#青木亮
#大西敬
#坂上孝志
#坂田恵理子
#狭山えり
#高畠典子
#プルデンシャル
#東前晶夫
#HONEYPOPCORN

#誰が何と言おうと私は諦めない

——————————————————–

強姦の場合、示談で決着すると、相手は刑事上の罪を犯していない、ということになってしまいます。

(再掲。香西咲さん)
何が何でも何年掛かろうと裁判に持ち込む姿勢です

香西咲さんの考えは淳正です(まじりけがなく純粋で正しいです)
出演強要という性犯罪をおこなったものは皆、牢屋に打(ぶ)ち込む必要があります。

(再掲。香西咲さん)
誰が何と言おうと私は諦めない

犯罪者たちが裁判から逃れることはできません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

そのかたが出演強要の被害者なのかは、「本人しか解り得ません」と香西咲さんはおっしゃいます。本人が口外しないからです。香西咲さんはこうした因習を打破しました

今週の月曜日(2018年2月4日)のことです。
警察庁が全国の警察に向けて、通達を発しました。

子供と女性を性犯罪等の被害から守るための取組の推進について(通達)

内容は、性犯罪全般に関するものです。

(2018年2月4日 警察庁「子供と女性を性犯罪等の被害から守るための取組の推進について(通達)」より、引用。)

2018年2月4日 警察庁

子供と女性を性犯罪等の被害から守るための取組については、「子どもと女性を性犯罪等の被害から守るための取組の推進について」(平成21年1月23日付け警察庁丙生企発第10号。以下「旧通達」という。)に基づき推進しているところであるが、依然として、子供や女性が被害者となる性犯罪等が発生している現状を踏まえ、今後も同取組を推進していく必要がある。

2020年に開催されるオリンピックを前にして、警察庁は危機感をいだいているようです。

2018年2月4日 警察庁

各都道府県警察においては、下記のとおり、必要な体制の確保等を行い、子供と女性を性犯罪等の被害から守るための取組を強力に推進されたい。

子供と女性を性犯罪等の被害から守るための取組を強力に推進されたい
警察庁は具体的に以下の点を強調しました。

2018年2月4日 警察庁

「各都道府県警察においては、先制・予防的活動(声かけ、つきまとい等について行為者を特定し、検挙又は指導・警告措置を講じる活動)の重要性を再認識する」

先制・予防的活動(声かけ、つきまとい等について行為者を特定し、検挙又は指導・警告措置を講じる活動)を迅速かつ継続的に行うことができるよう、対策班の必要な体制の確保等に努める」

「把握した声かけ、つきまとい等については、被害者からの事情聴取、現場周辺での聞き込み等により行為者の特定に関する情報の収集に努める」

「専門の要員により、行為の手口、現場の特徴、類似事件との関連性等について、行為者の特定に資する分析を行う」

「行為者を特定した場合には、(略)、検挙又は指導・警告措置を的確に実施する」

——————————————————–

現在、組織的に「声かけ、つきまとい等」をおこなっているのが、アダルトビデオ業界です。
言わずもがな、ですが。
峻厳なとりしまりを期待しています。

ここではなしがかわります。
小川たまかさんというライターがいます。
性被害に関する記事を精力的に発信しています。

(参考)
2017年6月6日 Yahoo!ニュース個人「なぜ性暴力被害を取材するのか ライター・小川たまかさんの【発信の原点】」

小川たまかさんは出演強要被害にも言及しています。

(※下図は大阪府豊中市でおこなわれた講演会のポスターより)

(※上図の一部を拡大)

——————————————————–

先日、北海道新聞は、小川さんが札幌市の講演会ではなされたことを記事にしました。
一部を参照します。
(※当該記事は、G-Searchデータベースサービスで検索しました。)

(2018年12月23日 北海道新聞「<はなし抄>フリーライター 小川たまかさん【11月23日、札幌市男女共同参画センターが札幌市北区で開いた講演会より】」より、引用。改行を施しています。)

2018年12月23日 北海道新聞 小川たまかさん

性暴力被害について取材や執筆をしていると、
「私の周りで性暴力被害に遭った人なんて1人もいないんですけど、本当にそんなに被害あるんですか」
と言われることがあります。

それにはこう答えたい。
「あなたに言ってないだけです」

私が取材する人でも、親にも恋人にも言ってないという人が多い。
親しい友人の中でも一人だけにしか言っていないという人が多い。
人には言えない、言わない。
そういう被害なんだと思います。
被害者は皆さんの近くにもいるはずです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月12日

もちろん自発的に頑張ってる人もいます。
但しその『自発的』か『強要』かは他人から見たら解り得ない世界です。
友達でも家族でも。本人しか解り得ません

香西咲さん
2016年7月8日

一生自分の中だけに留めて置かなければいけない、と思った時に気が触れてしまいました。

吐き出す事で過去を清算できる機会を頂けて、救われました。

——————————————————–

(再掲。小川たまかさん)
あなたに言ってないだけです

被害者は氷山の一角、と言われている所以(ゆえん)です。

2018年12月23日 北海道新聞 小川たまかさん

レイプ被害というと、知らない人から受ける印象を持たれがちですが、実際は知っている人からの被害がほとんどです。

2018年12月23日 北海道新聞 小川たまかさん

性暴力では、社会的に弱い立場の人が狙われます。
加害者が被害者の口を封じやすいからです。

昨年の秋に、第96回女性に対する暴力に関する専門調査会が開催されました。
当日、参考人として、京都産業大学の伊藤公雄客員教授が招かれました。

(再掲。小川たまかさん)
性暴力では、社会的に弱い立場の人が狙われます

伊藤公雄教授の論説が参考になります。

(2018年10月30日 第96回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より引用。)

<22~23ページ>
2018年10月30日 伊藤公雄 京都産業大学客員教授(京都大学・大阪大学名誉教授)

「支配と無自覚な依存」
と言っているのですけれども、男性たちは、一方では女性を支配するのが男たるもの当たり前だという思いと同時に、いろいろな形で女性のサポートを前提にした生き方をしている。
こうした問題を、男性の多くがいまだに背負い込んでいるのではないかと思います。

以前から
「いばりながら甘えてきた」
と言っています。

いばる

いばるほうですが、私は男性の女性に対するある種の対応の仕方の中に、優越指向所有指向権力指向という3つのセットを考えたことがあります。

優越指向は、女性より上にいなければいけない。
つまり、知的にも身体的にも精神的にも上でなければ男ではない。

所有指向は、女性をある種の物として所有して、ある種管理ができるぐらいでないと一人前ではない。

権力指向というのは、女性に対して自分の意思を押しつけられるぐらいでないと一人前の男ではないという傾向です。

もちろんこれは男性によって差異はあるわけですけれども、多くの男性がいまだにそういう女性に対するある種の思い込みで生きているのではないか。
ハラスメントは大体こういうものの複合体で起こる。
性暴力の場合もそうなのですけれども、ある種の社会的につくられた男性性の持っている問題性です。
同時に、甘えている部分もある。

甘える

家庭生活から職場・地域生活まで、男性たちは女性依存していないと、女性のサポートがないと生きていけないような人が結構いるわけで、つまり、「支配」か「依存」かの関係でしかないわけで、「対等」な人格を持った存在としての女性観は、男性の中には十分に根づいていないのではないかと思います。
——————————————————–

上から見るか下から甘えるかという関係で、「対等」な関係をいまだに築けていないのではないか。
それは世界中がそうで、だからこそ#MeToo運動が起こっているということだろうと思います。

(再掲。伊藤公雄 教授)
『対等』な人格を持った存在としての女性観は、男性の中には十分に根づいていないのではないか

『対等』な人格を持った存在としての女性観
アダルトビデオ業界人の内には当然、このような女性観は存在しません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月18日

ご理解頂きありがとうございます。
#青木亮による #AV強要 が諸悪の根源なので、他の問題(昨日の一連のツイート)は後回しにしてしまいましたが、やはりAV界隈は常軌を逸していると思います。
今年一年をフルに使って少しずつでも問題を片付けて行きたいと思います。(>_<)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

どう贔屓目(ひいきめ)にみても、この先アダルトビデオ業界が存続することはありえません。
2020年にはオリンピックもあります。

(再掲。警察庁の通達)
依然として、子供や女性が被害者となる性犯罪等が発生している

悪の殲滅は必然です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ