相談員の石本宗子さんが福岡のRKB毎日放送で語った出演強要被害(その2)。2020年を目途に新法が制定されます。香西咲さんを蹂躙したやつらのおわりがみえてきました

昨日のブログで、以前に福岡のラジオ局が放送した出演強要問題についてふれました。

 RKB毎日放送

 2017年9月14日 女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」①(相談内容)

(参考。当ブログ)
2019年1月23日

本日は、
女性の性搾取『AV出演を強要された彼女たち』
の第2回目をご紹介させていただきます。
対策方法」についてです。

 RKB毎日放送

 2017年9月15日 女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」②(対策方法)

(福岡県人権啓発情報センター 女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」②より、引用。)

RKB毎日放送(福岡県)

2017年9月15日
女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」②(対策方法)

(※音声の文字化は、筆者。)
2017年9月15日 下田文代 アナウンサー

「ウィ ラブ ヒューマン」。
福岡県の提供でお送りします。

こんにちは、下田文代です。
AV(アダルトビデオ)への出演が性暴力として女性を苦しめている、という現実があります。
昨日につづいて、その実態をおつたえします。

川内信江リポーターです。

2017年9月15日 川内信江 リポーター

こんにちは。
女性の支援活動を28年(間)している社会福祉士の石本宗子さんは、支援団体パップス(PAPS。ポルノ被害と性暴力を考える会)からつながった被害者の支援をしています。

2017年9月15日 下田文代 アナウンサー

はい。

2017年9月15日 川内信江 リポーター

アダルトビデオに出演するきっかけは、街頭でキャッチされて、高額収入などうまいはなしをされて、契約に追い込まれて、ということがある、ということなんですが、あとで解約ができなかったり、契約内容とちがって顔や実名が出ている、という被害があります。

2017年9月15日 下田文代 アナウンサー

はい。

2017年9月15日 川内信江 リポーター

石本さんは相談をうけたとき、このような対策をしています。

2017年9月15日 石本宗子 久留米市男女平等推進センター 相談コーディネーター

ご本人の苦痛とか、つらさとか、不安感とかをまず、肯定する。
そして、弁護士につなぐ。
やっぱり、法律上、そのことをちゃんと、
「おかしい」
と。
「あなたたちがしたことは違法だ」
と言える。
そういうことを論理だってできる弁護士をちからにつけることで、彼女の、おかしいと思っている、苦痛に思っていることを、ちゃんと社会のなかで位置づけさせていく。
という、そういうことと、あと、支援団体のちゃんとしたプログラムをもったところにもご協力をお願いして、このひとのいまこまっている問題を具体的に解決策を組み立てて解決させていく。
もう気持ちの問題だけじゃすまないわけですからね。
実際に流通しているものを止(と)める。
そういうことをやっていく、ということを考えています。

2017年9月15日 下田文代 アナウンサー

サインをしてしまったから、イヤだ、と言えない、解約できない、と思ってそのまま出演してしまう。
ずっと不安はつきまといますね。

2017年9月15日 川内信江 リポーター

はい。
実際に相談につながるひとはすくないのではないか、と石本さんは言っています。
そして何よりも怖いのは、いまのインターネット社会です。

2017年9月15日 下田文代 アナウンサー

はい。

2017年9月15日 川内信江 リポーター

一度、流通すると、何年も前のものが残っていたりして、それを完全に削除するというのがむづかしいんだそうです。

2017年9月15日 石本宗子 久留米市男女平等推進センター 相談コーディネーター

実際にかかわったかたが、自分がネット上で配信されている動画をばぁーとリストアップするんですよね。
そのときに、その会社の動画で、ほかのかたのぶんもばぁーと出てくるわけですよね。
ということは、彼女はそのなかのひとりで、ほかにもそういうひとがいっぱいいるわけですから。
じゃ、そのひとたち、本当にこまっていないのか、と言うと、わたしはそうじゃないんじゃないかな、と。
もうむしろ、あきらめちゃっているひともいっぱいいる、と思うんですよね。
もう、日々がね、不安で不安でしかたがない、と思うんですよ。
特に流通でね、自分の顔とか実名が出ている、とかなったら。
そうなると本当に、
「あっ、またここで出ている」
「あっ、そこにも出ている」
みたいになると、もう本当に、外を歩くのも不安でしょうがないだろうなぁ、と思ってね。
こころが痛いです。
もう本当に、氷山のもう、一角、どころじゃないです。
もうホント、(氷山の)点、みたいなはなしだと思いますよ。

2017年9月15日 下田文代 アナウンサー

一刻も早く違法なものを削除できるようになるといいですね。

2017年9月15日 川内信江 リポーター

はい。
いまはパップスをとおして削除することができるようになっている、ということですが、それでもやはり、時間がかかる、ということです。

(再掲。川内信江 リポーター)
パップスをとおして削除することができるようになっている

詳細につきましては、過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2017年9月9日
2017年9月10日

2017年9月15日 下田文代 アナウンサー

いま、アダルトビデオや雑誌などをすぐ手にすることができる社会です。
性というものが商品として氾濫していますが、その裏にはひとのこころと肉体を抑圧して人権を踏みにじっている、という実態を知る必要がある、と思いました。

川内信江リポーターでした。

「ウィ ラブ ヒューマン」ではみなさまからのおたよりをお待ちしています。
郵便番号814-8585、RKBラジオ「ウィ ラブ ヒューマン」係まで。

「ウィ ラブ ヒューマン」、福岡県の提供でお送りしました。

——————————————————–

あらためて、日本は異常な国である、と感じました。
世界には、日本をふくめて196の国(主権国家)が存在しています。

(2015年5月15日 外務省「世界の国数 」より、引用。改行を施しています。)

2015年5月15日 外務省

世界には何か国の国がありますか

196か国です。
これは、現在、日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。
最近では,ニウエ(2015年5月15日)、南スーダン(2011年7月9日)及びクック諸島(2011年3月25日)を承認しました。

また、国連加盟国数は現在193か国(日本を含む)です。
日本が国家承認しているバチカン、コソボ共和国、クック諸島及びニウエは国連未加盟ですが、北朝鮮は国連に加盟しています。

(参考)
(キッズ外務省)世界の国々

196か国のうち、出演強要をおこなっているのは、日本だけです。
2020年に東京でオリンピックが開催されます。
諸外国の方々はおそらく、
「日本は何(ど)の面(つら)下げて開催地に立候補したのだ
と憤っていることでしょう。

(再掲。下田文代 アナウンサー)
いま、アダルトビデオや雑誌などをすぐ手にすることができる社会です

出演強要のほかに、さらに別の問題もあります。
日本はいま、国連の女子差別撤廃委員会から課題を突きつけられています。
ポルノ映画の製作を手掛ける組織を対象とした性的搾取を防ぐための監視と査察のプログラムを強化すること
と。

(参考。当ブログ)
2019年1月1日

日本は2020年の3月までに回答しなければなりません。
当然、アダルトビデオ業界を規制する法律をつくって、答とすることでしょう。
くりかえします。
現在、日本は、2つの問題をかかえています。
出演強要と、アダルトビデオの製造における性的搾取の問題です。
いずれも2020年を目途に解決する必要があります。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月15日

まさか人を散々死の直前まで追いやりながら、自分達が無傷で居れるとでも?

人生は上手く出来てますよね。
自分のした事は全て自身に返ってくる。

香西咲さん
2017年11月19日

当然人にした事も全て自分に返ってくる。
要するに
人の裸で飯食ってる奴はろくな死に方しない

——————————————————– 

(再掲。香西咲さん)
人の裸で飯食ってる奴はろくな死に方しない

香西咲さんたち被害者を蹂躙したやつらのおわりがみえてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。