相談員の石本宗子さんが福岡のRKB毎日放送で語った出演強要被害(その1)。青木たちが香西咲さんに対しておこなった行為は、だれが考えても犯罪です

以前、福岡県の放送局がラジオで、出演強要問題をとりあげました。

RKB毎日放送

 2017年9月14日 女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」①(相談内容)

 2017年9月15日 女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」②(対策方法)

当該番組につきましては福岡県人権啓発情報センターがアーカイブ版を公開しています。

女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」①②

有益な内容です。
あらたな発見もありました。
貴重な言辞ですので、音声を文字にさせていただきます。

RKB毎日放送(福岡県)

2017年9月14日
女性の性搾取「AV出演を強要された彼女たち」①(相談内容)

(※音声の文字化は、筆者。)
2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

「ウィ ラブ ヒューマン」。
福岡県の提供でお送りします。

こんにちは、下田文代です。

去年(2016年)12月、筑摩新書から、ソーシャルワーカーの宮本節子さんが「AV出演を強要された彼女たち」という本を出版しました。

AV(アダルトビデオ)の出演が、性暴力として女性を苦しめている、という現実があります。

川内信江リポーターです。

2017年9月14日 川内信江 リポーター

こんにちは。
この本に出てくる支援団体パップス(ポルノ被害と性暴力を考える会)のあつまりなどに参加し、福岡、九州での相談をうけているかたがいます。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

はい。

2017年9月14日 川内信江 リポーター

女性の支援活動を28年(間)されている社会福祉士の石本宗子さんです。
去年から1年間で、PAPSからつながり、うけた相談は、6件。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

はい。

2017年9月14日 川内信江 リポーター

内容は、アダルトビデオへの出演を強要されたり、出演は了承したものの顔や名前が出てしまっている、ということなどです。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

はい。

2017年9月14日 川内信江 リポーター

現在も、1件は進行中です。

2017年9月14日 石本宗子 久留米市男女平等推進センター 相談コーディネーター

いわゆる本人としては、街頭でキャッチされて、タレントなのかモデルなのかわかりませんけれども、まあ、こういうはなしがある、どう、ってということと、まあ、高額収入があるよ、とか、すごくハードルを低くして、良いことのようなはなしをされて。

でも警戒を大抵、みなさんしているんですよね。
うまいはなしがあるわけない、っていう感じで警戒しているんだけれども、しつこく立ちふさがれたりしてずっとはなしをされるから、じゃちょっとはなしを聞くぐらい、と思って事務所に行くと、もうそこでメイクさんがいたり、着替えをするための手伝うひとがいたり、男性の、営業をするひとがいたりで、そこで畳み込まれていって、契約書を示されて、そしてサインさせられる。
それも、(契約書の)なかには全部AV、と。
まあ、いちおう、訳(やく)してはくれたものの、でも、それがそのとおりの訳(やく)なのかどうか、というのを確かめられないような状況のなかで、出演をうけせざるをえなくって。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

ふーん、状況の暴力、と言っていいですよね。

2017年9月14日 川内信江 リポーター

はい。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

契約をしたからといって、不本意だからあとで解約することはできないのでしょうか?

2017年9月14日 川内信江 リポーター

そうすると、録画のためにきた男優やスタッフの日当、交通費など、総額何百万もの支払いを強要されたり、違約金をもとめられたりして、出演せざるをえないという状況に追い込まれていく、ということなんです。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

うーん、ひどい状況ですね。
自分がサインをしてしまったからなかなか問題として表に出すことができない、そういったケースもあるんでしょうか?

2017年9月14日 川内信江 リポーター

はい、石本さんが相談をうけて未然にふせげたひともいる、ということですが、出演はしたけれども契約をしたときに、
「顔や実名は出ない」
と言われたので出演したが、実際はそうでなかった、ということもあるそうです。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

はい、うん。

2017年9月14日 川内信江 リポーター

正しい契約がなされていないんです。

2017年9月14日 石本宗子 久留米市男女平等推進センター 相談コーディネーター

警察に行ったらね、
「なんで出たんだ?」
って言われたひと、いるんですよ。

たしかにね、出たこと自体、っていうのは、業者側からみれば出るという意思決定があるんだから、
「そりゃしかたがないだろう」
と。

でも、わたしは、どんな契約もそうだけれども、
「アダルトビデオに出演する」
と言ったときでも、ちゃんとそこに本人がイエスを出したものをきちんとかたちにして契約して、そのとおりをする、ということが前提だと思うし、そのための説明責任を果たしているか、って言うと、そんなことないし、説明責任どころか本人が、イヤだ、と言っても丸め込んだようにして、本当はそうじゃない、みたいなことがまかりとおっているわけでしょう。
だから、うん、と言ったこと自体が、(あとで)何も言えなくする、といった考え方自体がおかしいと思います。

2017年9月14日 下田文代 アナウンサー

石本さんは2年前(2015年)から、パップス(PAPS)、久留米市男女平等推進センター、性暴力支援センターと一緒に、被害者支援をしています。
明日は、対策方法などについておつたえします

——————————————————–

(再掲。石本宗子さん)
本人が、イヤだ、と言っても丸め込んだようにして、本当はそうじゃない、みたいなことがまかりとおっているわけでしょう

丸め込んだようにして
石本宗子さんは出演強要の実相を的確なことばで表白して(述べ表して)います。

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。
(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。
これには

遠いところですから……。
よっぽど強い子でないと(撮影を中止させるのは)無理だと思いますし。
私さえ泣いておけば丸く収まると思った。
結局AV撮影に応じることになりました。
あとは、違約金などを理由に辞められないです。
(後略。)

と語った。

(再掲。石本宗子さん)
だから、うん、と言ったこと自体が、(あとで)何も言えなくする、といった考え方自体がおかしいと思います

(下図は、AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より。)

ふざけるなと怒鳴られましたね

(2016年08月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん『今でもフラッシュバックに悩まされる』洗脳の過去を語る」より、引用。)

香西咲さん

(略)、「流通する前に止めてほしい」とAにいいましたが、「ふざけるな。お前にいくらかかっていると思っているんだ」と怒鳴り散らされました。

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。)

香西咲さん

(AVデビュー作の)発売直前に「やっぱり嫌です」と言うと、「ふざけるな。ここまでお前にどれだけ(金が)かかっているんだ」と言う。

——————————————————–

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

こいつらの遣り口は白日の下にさらされています。

(再掲。石本宗子さん)
本人が、イヤだ、と言っても丸め込んだようにして、本当はそうじゃない、みたいなことがまかりとおっているわけでしょう

これが出演強要です。
政府はいま、法律をつくってこうした行為を処罰しようとしています。
逮捕の日が楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。