武蔵村山市によるPAPSの金尻カズナさんへのインタビュー。「(業界人は)カウンセラーのごとく巧妙に被害者に近づきます」。香西咲さんの場合は占い師も奸計に加わりました

武蔵村山市の情報誌に以前、PAPSの金尻カズナ相談員(現・理事)へのインタビュー記事が掲載されました。

誌名 YOU・I 第42号
発行年月 2017年11月
編集・発行 武蔵村山市 男女共同参画センター「ゆーあい」

(表紙)

(※表紙の一部を拡大)

(本文)

記事の一部を参照します。

(武蔵村山市 男女共同参画センター「YOU・I 第42号」より、引用。改行を施しています。)

2017年11月 武蔵村山市 男女共同参画センター「ゆーあい」

「AV出演強要被害」ということばをご存じですか?

おもに若い女性が街でアイドルやモデルにならないかと声をかけられ、事務所に案内され、そのままAV(アダルトビデオ)出演の契約をする事になり、逃げられなくなることを言います。

多額の違約金を請求されたり、親に知られたくないという弱みにつけこまれて脅され、辞めたくても辞められないというケースが多数あります。

(後略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

(前略。)
世間にこの問題の存在が知られたことは良いことでしたが、多くの人々が、事例を聞いても、まだまだ一部の特殊な環境にある人達の問題であって、自分や家族、周囲の人達とは、無関係の事柄であると思っています。
でも、実は、誰しも巻き込まれる可能性があります。

(略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

一言で「AV被害」といっても
「そもそも好きで出演した人もいるだろう」
「高額ギャラをもらっているのでないか?」
「騙された女の子に隙があったのではないか?」
と様々な印象があると思います。

セクシータレントという名称も生まれ、地位が確立しているという誤解もありますが、女の子たちにきちんとギャラが支払われることは少ない一方で、製作者には大金が入ります。

また、AV業界に引き入れようとする人々は自分の利益のためにかなり高いスキルを持ったカウンセラーのごとく巧妙に被害者に近づきます。
経験の少ない女の子はころりと騙されてしまいます。

(略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

AVは必要悪であって、一般の女性を守っているという人もいます。
私も搾取のない性表現はあってもいいと思っています。
しかしAV自体がどんどん過激な方向に進んでいて人権を著しく侵害しているものが多いです。

(略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

また、AVはたくさんの消費者が存在するという事も忘れてはいけない現実です。

(略。)

2017年11月 木山直子 ふれあいセンタースタッフ

解決するにはどのような方法があると思いますか。

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

実は、AVに関して規制する法律がありません。
児童買春も法律ができたことによって改善されたことがあります。
AVに関しても法律ができることで被害を減らしていけたらいいと思います。

2017年11月 木山直子 ふれあいセンタースタッフ

この問題に接し、市民レベルでは何ができると思いますか。

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

(前略。)
親が子供に「絶対騙されないで」「気をつけるのよ」「あなたは大丈夫よね」と強く言うのはよくありません。
もし被害にあった時に「自分が悪いんだ」と自分を責めてしまい、言えなくなってしまいます。
「何かあったら相談してね」と声をかけた方がいいかもしれません。
(略。)
これからはAV被害に巻き込まれないように、AV産業の縮小化を目指すという予防の面もとても大事ですが、被害にあってからの出口の支援もこれからも大切にしようと思います。

——————————————————–

金尻カズナさんは、インタビューのなかで、
多くの人々が、事例を聞いても、まだまだ一部の特殊な環境にある人達の問題であって、自分や家族、周囲の人達とは、無関係の事柄であると思っています
とのべています。
2017年の11月頃の発言です。
それから約半年後、横浜市が人権に関する意識調査をおこないました。
詳細につきましては、1月16日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2019年1月16日

(2018年5月 横浜市「男女共同参画に関する市民意識調査ご協力のお願い」より、引用。)
 
ご回答いただいた調査票は、同封の返信用封筒に入れて、(2018年)5月25日(金)までにご投函くださいますようお願いいたします。(切手は不要です)

調査結果は、以下のとおりです。

(2018年10月30日 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査「第3部4章~7章」より、引用。)

<96ページ>

2 女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと(問18)

女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うことは、どのようなことかをたずねた。

全体としては、「アダルトビデオ(AV)出演強要問題」(68.1%)の割合が最も高く、次いで「売買春(援助交際を含む)」(50.8% )、「JKビジネス」(46.0%)となっている。
性別にみても、男女とも上記3項目の割合が高くなっている。

図表4-2 女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと(複数回答)

女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うことは?
との問に対して、約7割のひとが、
出演強要問題
と答えました。
昨年(2018年)の5月の時点での回答です。
その約半年に、金尻カズナさんはこう言っていました。
多くの人々が、事例を聞いても、まだまだ一部の特殊な環境にある人達の問題であって、自分や家族、周囲の人達とは、無関係の事柄であると思っています
と。
日を追って人々の関心が高まっている、ということがわかります。

(再掲。2017年11月 金尻カズナさん)
AV業界に引き入れようとする人々は自分の利益のためにかなり高いスキルを持ったカウンセラーのごとく巧妙に被害者に近づきます

香西咲さんのツイートが脳裏を過(よぎ)りました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年8月28日

私も文春の佐藤涼子さん(仮名)も AVをやる為に芸能で泊を付けた訳じゃありませんw
むしろ私は趣味の車と雑貨店への知名の為、彼女は歌手になる為。
それを8ヵ月~1年かけ、AVが無ければ成功しないかの様に思い込まされた
占い師まで使って。
この事件は国に相談させて頂くことになりました。

香西咲さん
2016年10月5日

ちなみに私の芸名『香西咲』は悪徳スカウトに遭う前の2008年から使用していて、名前はそのまま使用したいと言われました。
名前を付ける為に占い師の高畠典子に会えなんて嘘です。
『俺の大切な権力者達にお前を認めて貰う必要がある』と言われ、坂田恵理子マネに水戸まで連れて行かれました。

香西咲さん
2016年11月23日

坂田恵理子も占い師高畠典子もそう。
同じ“女性”と分類されたくない。

香西咲さん
2017年7月28日

アットハニーズ関連で紹介された
占い師に保険会社に税理士に…
骨の髄までしゃぶり尽くされるってまさに言葉の通りですわ。

香西咲さん
2018年7月2日

(前略。)
私は占い師や洗脳、レイプ、詐欺、 #青木亮 を通じてとにかく複雑な犯罪にされてしまいました。
(後略。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

香西咲さん
2018年3月26日

#HoneyPopcorn 所属事務所代表 #青木亮 は人身取引業者と言っても過言では無いと思います。私の実体験だけ書きますが、所属時代には8ヶ月囲い込み #洗脳行為 #AV強要 #枕営業 を強要され、体も精神も病んでもそれでも事務所を辞めされてもらえませんでした。屍の上に成り立つ

#outHoneyPopcorn

——————————————————–

(再掲。2017年11月 金尻カズナさん)
誰しも巻き込まれる可能性があります

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

こいつらが香西咲さんに対しておこなった所行は犯罪です。
それ以外の何ものでもありません。

(再掲。香西咲さん)
人身取引業者と言っても過言では無いと思います

人身取引をおこなっているやつらは、オリンピックまでに殲滅される宿命にあります。
悪党に未来はありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。