日別アーカイブ: 2019年1月12日

千葉県のスカウト行為禁止条例。スカウトは精神が崩壊する運命にあるそうです。香西咲さんを横流ししたやつが逃げ得となることはゆるされません

6日前から、悪質なスカウト行為に対する地方自治体のとりくみについてみています。
自治体によっては条例で、アダルトビデオへの出演の勧誘を禁止しているところがあります。

(参考。当ブログ)
2019年1月5日(岡山県。新宿区)
2019年1月6日(岡山県。新宿区)
2019年1月7日(新宿区、渋谷区、文京区、台東区)
2019年1月8日(東京都)
2019年1月9日(東京都)
2019年1月10日(新宿区、渋谷区)
2019年1月11日(渋谷区)

本日は、千葉県の条例についてみてみます。

千葉県

千葉県は2014年に迷惑防止条例を改正しました。
千葉県警のホームページにあらましが記されてします。
参照します。

(千葉県警察「迷惑防止条例改正(客引き・スカウト規制関係)」より、引用。)

千葉県警察

「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」が一部改正されました。
客引き・スカウト規制関係については、平成26年(2014年)4月1日から施行されます。

千葉県警察

スカウト行為の禁止(第7条の2第1項第1号・2号)
風俗嬢、ホステス、AV女優等へのスカウト行為を禁止します。【罰則

執ような客引き・スカウト行為の禁止(第7条第1項第5号、第7条の2第1項第3号)
業種に関わらず、執ような客引き・スカウト行為を禁止します。【罰則】

2014年から「AV女優等へのスカウト行為」が禁止になりました。
千葉県警はチラシを作成して周知しています。

(千葉県警察「広報紙(裏面)」より、引用。)

(※チラシの一部分を抜粋)

条例を確認します。

(千葉県「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例[抜粋]」より、引用。)

千葉県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第七条の二
1 何人も、公衆の目に触れるような場所において、不特定の者に対し、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

 二 性交若しくは性交類似行為に係る人の姿態又は自己若しくは他人の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせる行為に係る人の姿態若しくは衣服の全部若しくは一部を着けない人の姿態であつて性欲を興奮させ、若しくは刺激するものをビデオカメラその他の機器を用いて撮影するための被写体となるよう勧誘をすること。

   罰則

第十五条
1 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 二 第七条第一項又は第七条の二第一項の規定に違反した者

——————————————————–

千葉県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第七条の二
(再掲)
1 何人も、公衆の目に触れるような場所において、不特定の者に対し、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

 二 性交若しくは性交類似行為に係る人の姿態又は自己若しくは他人の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせる行為に係る人の姿態若しくは衣服の全部若しくは一部を着けない人の姿態であつて性欲を興奮させ、若しくは刺激するものをビデオカメラその他の機器を用いて撮影するための被写体となるよう勧誘をすること。
——————————————————–
スカウトの雇用主に対する規定)
2 何人も、対償を供与し、又はその供与の約束をして、他人に前項の規定に違反する行為をさせてはならない。

   罰則

第十四条
1 第七条第二項又は第七条の二第二項の規定のいずれかに違反した者は、百万円以下の罰金に処する。

——————————————————–

ご覧のとおり千葉県は、勧誘について東京都と同様の規定を設けています。

(参考)
東京都 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

勧誘待ちについては東京都と異なります。

(千葉県警察「広報紙(裏面)」より、引用。)

(※チラシの一部分を抜粋)

千葉県は、客待ち行為に対して、罰金を科していません。

(千葉県「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例[抜粋]」より、引用。)

千葉県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第七条
1 何人も、公衆の目に触れるような場所において、不特定の者に対し、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
 一 性的好奇心をそそる見せ物、物品若しくは役務又はこれらを仮装したものの観覧販売又は提供について、客引きをし、又は呼び掛け、若しくはビラ、パンフレットその他の広告若しくは宣伝の用に供される物(以下「ビラ等」という。)を配布し、若しくは提示して客となるよう誘引をすること。
 二 歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなして客に飲食をさせる役務又はこれを仮装したものの提供について、客引きをすること。

4 何人も、公衆の目に触れるような場所において、第一項第号又は第号に掲げる行為をする目的で、うろつき、又はとどまつてはならない

何人(なんぴと)も、公衆の目に触れるような場所において、第一項第一号又は第二号に掲げる行為をする目的で、うろつき、又はとどまつてはならない
待つ行為については、これだけです。
スカウトがおこなっている勧誘待ちについては、とくに規定していません。
東京都はどうでしょうか。

(東京都「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」より、引用。)

東京都 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第7条 
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 (6) 性交若しくは性交類似行為又は自己若しくは他人の性器等(性器、肛〔こう〕門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせる行為に係る人の姿態であつて性欲を興奮させ、又は刺激するものをビデオカメラその他の機器を用いて撮影するための被写体となるように勧誘すること。

2 (略。)

3 何人も、不当な客引行為等の状況を勘案してこの項の規定により第1項(略)第6号に掲げる行為(以下この項において「客引き」という。)の相手方となるべき者を待つ行為の規制を行う必要性が高いと認められるものとして東京都公安委員会が指定する東京都の区域内の公共の場所において、客引きを行う目的で、公衆の目に触れるような方法で客引きの相手方となるべき者を待ってはならない

4 警察官は、前項の規定に違反する行為をしていると認められる者に対し、当該行為を中止することを命ずることができる。
——————————————————–
第8条

6 第7条第4項の規定による警察官の命令に違反した者は、20万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

スカウトによる勧誘待ちも規制しています。
「待ち」の部分については、東京都の条例のほうが優っています。
そうは言いましても千葉県は、東京都と同様に、悪質なスカウト行為を禁止しています。

(再掲)

東京都のほかに悪質なスカウト行為を禁止しているのは、近隣では千葉県だけです。

(参考)
埼玉県 埼玉県迷惑行為防止条例
神奈川県 神奈川県迷惑行為防止条例の一部を改正する条例の概要について 

昨日のブログでも書きました。
地方自治体の条例だけでは出演強要の被害をくいとめることができません。

(2017年5月12日 オーディションなび「芸能事務所のスカウトで騙されないためにチェックするべき10項目」より、引用。)

2017年5月12日 オーディションなび

悪質な場合、タレントの所属だと言って最終的にアダルトビデオを撮影する目的でスカウトしている場合もあるので、女性の方は特に気をつけて。

タレントの所属だと言って最終的にアダルトビデオを撮影する目的でスカウトしている
こうした場合、東京都や千葉県の条例は無力です。
芸能スカウトに対する規制をおこなっていませんので。
もちろん、芸能スカウトは何をやってもよい、というわけではありません。

東京都 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第7条
1  何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

(5) 次のいずれかに該当する役務に従事するように勧誘すること。
 イ 人の性的好奇心に応じて人に接する役務(性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな役務を含む。以下同じ。)
 ロ 専ら異性に対する接待をして酒類を伴う飲食をさせる役務(イに該当するものを除く。)
(6) 性交若しくは性交類似行為又は自己若しくは他人の性器等(性器、肛〔こう〕門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせる行為に係る人の姿態であつて性欲を興奮させ、又は刺激するものをビデオカメラその他の機器を用いて撮影するための被写体となるように勧誘すること。
(7) 前2号に掲げるもののほか、人の身体又は衣服をとらえ、所持品を取りあげ、進路に立ちふさがり、身辺につきまとう等執ように役務に従事するように勧誘すること
——————————————————–
第8条

4 次の各号のいずれかに該当する者は、50万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

(5) 第7条第1項の規定に違反した者

千葉県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例[抜粋]

第七条の二
1 何人も、公衆の目に触れるような場所において、不特定の者に対し、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
 一 性的好奇心をそそる役務(性的好奇心をそそる見せ物に出演する役務を含む。)又は歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなして客に飲食をさせる役務に従事するよう勧誘をすること。
 二 性交若しくは性交類似行為に係る人の姿態又は自己若しくは他人の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせる行為に係る人の姿態若しくは衣服の全部若しくは一部を着けない人の姿態であつて性欲を興奮させ、若しくは刺激するものをビデオカメラその他の機器を用いて撮影するための被写体となるよう勧誘をすること。
 三 前各号に掲げるもののほか、人の身体若しくは衣服を捕らえ、所持品を取り上げ、身辺に立ち塞がり、又はつきまとう等執ように役務に従事するよう勧誘をすること


第十五条
1 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 二 第七条第一項又は第七条の二第一項の規定に違反した者

芸能スカウトでも、執拗に誘った場合は検挙されます。
以下のような場合は逮捕が可能かもしれません。

(note「熱心にAVの勧誘を受けた話」より、引用。)

2018年5月28日 ユカリさん

(前略。)
その日は仕事終わりに渋谷を歩いていた私。
(略。)
「ねぇねぇ、君さ、モデルに興味ない?」
思わずニヤリとする顔をうつむいて必死に隠した。
(略。)
モデルになれる要素が何処にもないし、どう考えても、これ、AVの勧誘じゃん・・・
当時もブログを書いていたので、いいネタだと思ってお話を伺うことにした。
(略。)
立ち止まったら最後、30分くらいマシンガントークが続いた。
(略。)
面倒くさいしトイレに行きたくなってきたので先制攻撃した。
「どうせ、モデルって言いいますけどAVですよね。私はモデル体型ではない。パーツモデル出来るほど美しいパーツもない。AV、しかも企画モノでしょ?」
(略。)
「君さ、さっきから芸能よりAVが下みたいに言ってるけど最近のAV女優みたことあるの!?」
(後略。)

スカウトはいわゆる、だに(人に寄生して血を吸う害虫)です。
この世に不要なやつらです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年9月4日

昨日初めて心療内科の先生に「AV強要」を打ちけた。
当時はスカウトと毎日の様に食事をして飲んでいたので,
私も薬を盛られてる可能性もあったとの事。A-TEAM飯田正和、走ってるタクシーから降りようとしたり、誰かに追われてるとか言ってた。当時は薬の幻覚なんて思いもしなかったけれど。

香西咲さん
2016年9月4日

覚醒剤の様な違法薬物でなくても、私の様に薬物耐性がゼロなら媚薬だけでも洗脳しやすいらしい。
実際の所、合法非合法に関わらずオウム心理教等のカルト集団の洗脳に薬物はつきものなのだそう。
(後略。)

香西咲さん
2018年1月25日

#青木亮 や #ateam #エーチーム #飯田正和 の時には証拠を残せていませんが、私が独立した時には他の事務所に薬盛られそうになりました。
そう言えば飯田正和は一緒にいる時に走ってるタクシーから飛び降りようとした…もしかして私も盛られた?

——————————————————–

この種の悪党は零落(れいらく)して(落ちぶれて)野垂れ死にする運命にあります。
過去の歴史がそれを物語っています。
犯罪者の最期ほど惨めなものはありません。

(再掲。だいわピュアラブさん)
スカウトはどれだけ凄腕で稼げても精神崩壊する

精神が崩壊した者を刑事罰に問うことはできません。
もうしばらくの間、まともな状態でいてほしいものです。
「逃げ得」はゆるされません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ