香西咲さんは「報われません」と慨嘆されています。政府はいま、出演強要等を罰する法律をつくっています。2020年までに香西咲さんの憂いは晴れます

2年前の6月のことでした。
警察がマークスジャパンの社長ら3人を逮捕しました。

産経新聞

NHKも6月13日に、ニュースウオッチ9で当該事件をくわしく報じました。
現在もgooテレビ番組に、当時の放送の概要が掲載されています。
出演強要に関する部分をみてみます。

(gooテレビ番組「ニュースウオッチ9 2016年6月13日放送回」より、引用。改行を施しています。)

2016年6月13日 NHK ニュースウオッチ9

アダルトビデオの撮影と知りながら20代女性を撮影現場に派遣した疑いで芸能プロダクション「マークスジャパン」の元社長ら3人を逮捕。
3人はモデルの仕事として所属契約させた後、アダルトビデオへの出演を指示。
女性が
「出演したくない」
と拒否すると3人は
「多額の違約金かかる、親に請求書送る」
と出演を執拗に迫った。
警視庁は3人の認否を明らかにしていない。

2016年6月13日 NHK ニュースウオッチ9

アダルトビデオ出演を強要される被害について悪質な勧誘・契約をめぐる相談が急増している。
対策を考えるシンポジウムでは被害を受けた女性がのビデオメッセージが流れた。
相談件数は平成24年度から120件以上に及んでいる。
芸能プロダクション元経営者は
「気が弱く社会経験の少なそうな若い女性がターゲットになる」
と話している。
モデルなど別の仕事を装い業者が勧誘し契約書にサインさせ、アダルトビデオ出演があると伝え拒否しても契約理由に賠償を求め断らせないという。
一度出演してしまうと周囲から孤立させ被害を訴えられない状況にさせる事が多い。
先月開かれたシンポジウムで証言した被害女性は誰にも相談できないまま断る事ができなかったという。
宮本節子さんは
「非常に困った深刻な状況に落ち込んだ人たちがいるわけですからその人たちは自分を責めることなく私たちのような組織とか警察に話しかけていって相談かけて欲しいと思う。たくさんの人たちが泣き寝入りして相談するところもわからず方法もわからないでいる。その人たちに呼びかけたい声を上げて欲しいとすごく思います」
と話した。

2016年6月13日 NHK ニュースウオッチ9

河野憲治はアダルトビデオ出演強要について
「この手の犯罪、多くの被害があるとみられるんですけど女性からの相談が少ないという事で過去5年間、こうした事案を摘発した事例はなかった。そういう意味で強制捜査が行われたのは異例」
と話した。

詳細につきましては、白狸さんというかたが音声を文字化しています。
一部を引かせていただきます。

(2016年6月25日 白狸の考現家 +TV・RADIO +shikohin「アダルトビデオ出演強要” 摘発きっかけに被害撲滅を 」より、引用。改行を施しています。)

2016年6月13日 NHK ニュースウオッチ9

◆「アダルトビデオなどの出演を断りたい」と支援団体に相談に来た女性と芸能プロダクション幹部との電話のやり取り

<録音されていた音声>
 ※音声自体は変えてイメージ放映

「あまりにも無責任だぞ、それは。本当仕事としては。こんなこと言いたくねぇけど、今のタイミングでどれだけ大人振り回しよっとか」
 ※方言出ちゃって。九州の出稼ぎ暴力団 ??
「もう現場が組み立っているわけだから、それは金の問題が出てくるわけよね」

女性:いくらぐらい?       

「エッとねぇ、今、今日、今キャンセルしようが変わんないね。スタジオを押えて、男優を押えて、監督皆押えているわけだから」

女性:ハイ・・・

「まあ200(万円)は掛かると思うけどね。ウン。」

女性:200・・・

「ウン、ウーン。。。」

2016年6月13日 NHK ニュースウオッチ9

◇鈴木奈穂子 キャスター
ウウーン。。。
 *眉間がY字になるほど*
声を上げられない女性に付け込んだ許せない犯罪ですよねぇ。(怒)

◇河野憲治 キャスター
そうですね。まっこの手の犯罪、多くなね、被害があると見られるんですけど実際「女性からの相談が少ない」ということもあったりして、過去5年間【警視庁】がこうした事案を「摘発した事例は無かった」ということなんですよね。
まっそういう意味で今回『強制捜査』が行われたことは、まあ異例なことだと言うことです。

◇鈴木奈穂子 キャスター
ウウーン。。そうですね。ですから今回のこの摘発をキッカケに辛い思いをしている人が一人でも多く声を上げて、被害の撲滅に繋がっていって欲しいと思います。
 *少し目を潤ませていた*

マークスジャパンと社長ら3人はその後、起訴されて有罪となりました。

(2016年7月2日 読売新聞「芸能プロ社長ら略式起訴」より、引用。)

読売新聞
(※この記事はネット配信されていません。)

所属モデルをアダルトビデオ(AV)撮影現場に派遣したとして、東京区検は(2016年7月)1日、芸能プロダクション「マークスジャパン」(東京)元社長村山典秀(49)、社長古指(こざす)隆士(50)、従業員高橋慶将(けいすけ)(34)の3容疑者と法人としての同社を労働者派遣法違反で東京簡裁に略式起訴した。

同簡裁は同日(2016年7月1日)、村山容疑者を罰金100万円、古指容疑者を同80万円、高橋容疑者を同60万円、同社を同100万円とする略式命令を出した。

(確認)
□マークスジャパン 罰金100万円(労働者派遣法違反)
□元社長 村山典秀(49歳) 罰金100万円(労働者派遣法違反)
□社長 古指隆士(50歳) 罰金80万円(労働者派遣法違反)
□従業員 高橋慶将(34歳) 罰金60万円(労働者派遣法違反)

この年、民進党は、政策集を公表しました。
出演強要に関する部分を参照します。

(民進党「民進党政策集 2016」より、引用。改行を施しています。)

<82ページ>
民進党

○アダルトビデオ(AV)やいわゆるJKビジネスにおける女性・子どもの被害防止、被害者救済・支援、加害者取締り等のために、実態把握を進めます。
既存の法制度を適切に運用・周知するとともに、必要な改善策を検討します。

民進党は、
既存の法制度を適切に運用・周知する
と言っています。
新法の制定については言及していません。
業界人に対して労働者派遣法や職業安定法を適用すれば諸問題は解決するのでしょうか。

(伊藤和子HRN事務局長のツイートより、引用。)

伊藤和子 HRN事務局長
<2017年1月4日>

海野さんによりますと、LINX(リンクス)は、マークスジャパンのブログをそのまま継続してもちいているそうです。
ちなみに、海野さんは、宮本智弁護士の懲戒を申し立てているかたです。

(参考)
マークスジャパンのブログ

海野さんのおっしゃるとおりです。
下のほうに、「リンクス」や「LINX」の文字があります。
現在はLINX(リンクス)のブログになっているということがわかります。


(再掲)
Marks改名Team Linx

(PAPS「マークスグループ、AV出演被害者ホットライン」より、引用。)

PAPS

(前略。)
過去にマークスジャパン(marks.fm , marksgroup.co.jp)、マークスグループ、ファイブプロモーション、バルドエージェンシーでAVに出演を余儀なくされた方の相談を受け付けています。
被害者が訴え出たことで、社長らは労働者派遣法違反(公衆道徳上の有害な業務に就かせたと)で逮捕され、裁判官から刑が言い渡されました。
しかし、現在も、マークスに所属していたときのAVが販売されている相談者のかたもいることから、マークス被害者の相談ページを設けることになりました。
(後略。)

(再掲。伊藤和子HRN事務局長)
昨年、AV強要に関連して刑事事件となったマークスジャパンは、こうして新しい名前で何もなかったように復活してる模様でしょうか? それが真実なら、AV強要を訴えた被害者の方は浮かばれないですね

既存の法律で処罰しても徒労におわるという現実があります。
業界人は何食わぬ顔ですぐに悪事を再開します。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年11月23日

現行法では派遣法違反。
青木亮が私達に対してしてきた事は全てこれから戦わなくてはなりません。

香西咲さん
2018年1月20日

前回相談した時は派遣法違反しか立件出来ず…

淫行勧誘罪は
弁護士マターかな…
記事見る限りだと個人でも証拠揃えられそうですね。

香西咲さん
2018年2月27日

#青木亮 に関しては
週刊文春に始まり、霞ヶ関、警察庁…
#AV強要 加害者としての理解は広まって参りました。
#労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう。

香西咲さん
2018年1月29日

いつもありがとうございます。
起訴されたとしても
加害者である #青木亮 は被害者の受けた苦しみや一生残る後遺症を味わう事は無いのですよね。
良くてたった数年の禁固刑
或いは私で稼いだAV一本分にも満たない罰金
( #労働者派遣法違反 で #略式起訴 された時はそうでした。)

報われません。

——————————————————–

報われません
と香西咲さんは慨嘆されています。
政府はいま、出演強要等を罰する法律をつくっています。
そう遠くない将来、法案の御披露目があることでしょう。
法律の制定も必定です。
2020年までに香西咲さんの憂いは晴れます。
悪党はかならず刑務所に打(ぶ)ち込まれます。
このままですまされることはありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さんは「報われません」と慨嘆されています。政府はいま、出演強要等を罰する法律をつくっています。2020年までに香西咲さんの憂いは晴れます」への2件のフィードバック

  1. 海野

    リンクスも屋号なんでしょうね、誰が代表者かも不明ですしね。
    正式な社名を公表して、日本プロダクション協会は公表し発表するべきだと
    考えています。

    屋号はNG禁止で代表者を告知し、事実上の経営者が存在する場合はその旨も
    公表すると。

    返信
  2. 海野

    リンクスの所属女優さんのブログです。
    http://mizushirorino.blog.jp/archives/2016-03-04.html

    お友達の言う通りですね、AV=半グレ・AV=クスリ・AV=リストカットも多い。
    ヤクザより、半グレが多い気がしますね、同じようなものですけどね。
    http://shirakiyuko.blog.jp/archives/28853532.html
    別の女優さんのブログですけども、やはりマークス時代のモノを転用しているようです。

    AVプロダクション グレイスは熟女部門・リンクスは若手女優専門という感じで同じ業者ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。