香西咲さんは圧力に屈しませんでした。「私をSEXY-Jから卒業させてくれた事、今となっては結果オーライですね。もう二度と関わたくありません」。早晩、業界は殲滅されます

2016年3月3日

一昨年(2016年)の3月3日にHRNが、出演強要被害に関する報告書を公表しました。

2016年3月3日
HRN
ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、女性・少女に対する人権侵害 調査報告書

その2日後のことです。
香西咲さんがツイッターで、わいせつビデオ業界の悪徳にふれました。

2016年3月5日

香西咲さん
2016年3月5日

経験者しか分からないと思いますが
第三者との連絡をいつの間にか、本人も気付かぬうちに遮断させられていきます。
そしてキッパリ断れる様な女の子の方が少ないと思います。
そこまで追い込まれます。
そんな簡単な話ではありません。

香西咲さんはその後も出演強要被害に関する言及をつづけました。

2016年6月14日

香西咲さん
2016年6月14日

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウの『ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、女性・少女に対する人権侵害 調査報告書』被害内容は偏ってるけどメーカー売上や派遣の仕組み等興味深い。女優は現状を嘆くより読んで客観視してからものを言うべき

香西咲さん
2016年6月14日

ここは一例ですね。
ですが私も相当な経験者であり被害者ですから。
女優さんに話すと驚かれる程です。
こう言った情報を共有したいですね。

私も相当な経験者であり被害者ですから
こう口にした香西咲さんに対して、業界は圧力をかけます。

2016年6月23日

香西咲さん
2016年6月23日

に、今の私の立ち位置は危ないと言われました。
チンピラは何を仕出かすか分からないと。
東京湾に沈められるかも知れないし行方不明になるかも知れない。
色んな人から言われる
そんなに脅されたらぶっちゃけ、
本当に不安で不安で眠るのも恐ろしい。

(2016年7月1日 モーニングCROSSより、引用。)
(※全文については、過日の当ブログを参照。)

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

比較的このひとたち(アサミユマさん、ホノカさん)まあまあ、比較的、最近のひとたちです。
でも、まあ、10年くらい前まではあったけれども、最近はない、みたいなはなしも聞くんですけれども。
ところがぼくが、AV関係のひとから、ぼくがこういうことをあの、
「昔から、こういうことを書いているひとがいますよ」
と言ったら、
「そうなんですよ」
みたいことを言うひとはいるんですよね。
「いまも実は裏にはいろいろ。わたしも聞いたことがあります」
みたいなひとはいるんですけれど、表だって言えないですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

どうしてですか?

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

やっぱ、業界のマイナスになるようなことは言っちゃいけない、みたいな空気があることが怖いんですよ。

2016年7月5日

<2016年7月5日>

都合により香西咲さんは不参加となりました
この翌日のことでした。
週刊文春がネットで告知をおこないました。

2016年7月6日

香西咲さん
2016年7月6日

週刊文春様の報道に私のAV強要の件が出始めている様です。
ファンの方々は読んでいて心が痛くなる内容だと思います。
ですがデビューから前の事務所を経て独立迄に受けた現実であり、これを経て今の私がある事を知って頂けたら幸いです。
またそれが今のAV業界の為にもなると信じてやみません。

翌日、週刊文春が発売されました。

2016年7月7日

香西咲さんが週刊文春で、出演強要被害の実相をあきらかにしました。

香西咲さん
2016年7月8日

週刊文春様、後編は14日に発売になりますが、前編よりも更に酷い内容になっていると思います。
私はファンの方々の心を傷つけたくて述べているのではありません。ただひたすら私が受けた現実です。

2016年7月14日

香西咲さんによる告発は2週にわたっておこなわれました。

香西咲さん
2016年7月15日

それから昨日発売の週刊文春、絶対に読んでください!
5年、いや、洗脳期間入れたら6年のトラウマに決着をつけてみせます!

やり直しはまだ利く!
利かせてみせる!

香西咲さん
2016年7月15日

本当は昨日の週刊文春様の発売日に合わせてブログ更新したかったけど、もうヘトヘト…
幸いにも明日以降メディア媒体への出演が増えます。
言いたい事、伝えたい事がちゃんと伝わります様に…!


——————————————————–

ここでもう一度、「SEXY-J公式」のツイートをみてみます。

(再掲)
<2016年7月5日>

(2016年7月5日。SEXY-J公式)
都合により香西咲さんは不参加となりました

これはどういう意味なのでしょうか。
香西咲さんのツイートを時系列で追ってみます。

香西咲さん
2016年7月12日

セクシーJは辞めます。
逢えるとしたらイベントのみですね

香西咲さん
2016年7月24日

圧力によりセクシーJの舞台にはもう立ちません。

香西咲さん
2016年10月3日

業界の方々も下手に悪徳事務所と関わると足元救われますよ。今回の南雲さんの様に。
セクシーJが私をクビにする様に仕向けたのも青木亮です。青木亮は自分の手を汚さずに人を扱う事に長けています。本気で気を付けて下さい。
地獄への道は善意で舗装されている。
それは女優、メーカー、一緒です。

香西咲さん
2016年10月26日

東スポ様の時と同じく常套手段。

例によって青木亮が三上悠亜さんを餌に、
私をSEXY-Jから卒業させてくれた事、
今となっては結果オーライですね。
もう二度と関わたくありません。

香西咲さん
2017年11月4日

今はやってないです。
セクシーJのカメラマンには東京湾に沈められると言われた事も有りますし、セキュリティの問題で必要最低限しか表に出ません。

香西咲さん
2017年11月29日

(前略。)
ちなみに宮本智弁護士と田中絵美弁護士は南雲さんの手がけるSEXY-Jで名刺交換していました、最近弁護士と税理士の私利私欲を痛感している所です。

(※参考。2015年9月9日「判決文」より。※提供は内閣府。)
(※参考)

香西咲さん
2018年2月6日

私は下記の方々を訪問する度に『よく生きてたね!』と言われる程です。
それは #能川拓也 氏が『ひと1人消えてもおかしくない。東京湾に沈められる。そろそろ自分の立ち位置考えた方が良いのでは?』
と散々命に関わる脅迫をしてきてたからですね。アタッカーズやオルガ、セクシーJのカメラマン。

——————————————————–

政府はわいせつビデオ業界を潰す算段です。
掃討がおこなわれる前に自滅したやつや、現在、青息吐息のものもいます。
いずれにせよオリンピックまでに日本最大の犯罪者集団は淘汰されます。
ゴキブリのように叩き潰されます。
性犯罪者には未来も希望もありません。
牢獄がまっています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。