月別アーカイブ: 2018年12月

今年、香西咲さんは、奮迅の活躍をされました。事態は日を追って良い方向へ進んでいます。法務大臣は法律をつくると明言しています。あともうすこしです

まもなく2018年がおわろうとしています。
昨年(2017年)の末、香西咲さんは以下のツイートをされました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月1日

昨日の #HRN院内集会
多くの超党派議員の先生方とご挨拶、名刺交換させて頂きました。

私のTwitter見て下さった先生。
『もう充分頑張ってるから頑張り過ぎないで』と心配して下さった先生。
早々にヒアリングのアポイントまでして下さった先生方。

心より感謝申し上げます。

#AV強要 #人身売買

香西咲さん
2017年12月1日

国会が終わり次第、
私の #AV強要 #被害 を
国会議員の先生方、数名ヒアリングして頂きます。日程調整。

先生方に失礼があるといけないので、
ヒアリングについてのツイート報告は出来ませんがご了承ください。
どうか全てを伝えられます様に、応援宜しくお願い致します。

#青木亮
#DMM
#MeToo

(再掲。香西咲さん)
私のAV強要被害を国会議員の先生方、数名にヒアリングして頂きます

その後、総勢12人の国会議員が、通常国会(※会期は1月22日~7月22日)で、出演強要被害をとりあげました。
詳細は以下のとおりです。

<出演強要に関する国会質疑>
(※リンクをクリックすると、質疑応答の全文が表示されます。)

①2018年3月23日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)
②2018年4月3日 本村伸子 衆議院議員(日本共産党)
③2018年4月12日 若松謙維 参議院議員(公明党)
④2018年5月11日 柚木道義 衆議院議員(国民民主党【※現在は無所属】)
⑤2018年5月15日 柚木道義 衆議院議員(国民民主党【※現在は無所属】)
⑥2018年5月15日 柚木道義 衆議院議員(国民民主党【※現在は無所属】)
⑦2018年5月17日 鰐淵洋子 衆議院議員(公明党)
⑧2018年5月23日 畑野君枝 衆議院議員(日本共産党)
⑨2018年5月28日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)
⑩2018年5月31日 若松謙維 参議院議員(公明党)
⑪2018年6月5日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)
⑫2018年6月12日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

日本では日々、種々の問題が起きています。
こうしたなか、12人の国会議員が、あえて出演強要被害を質(ただ)しました。
異例の対応です。

(再掲。香西咲さん)
私のAV強要被害を国会議員の先生方、数名にヒアリングして頂きます

しばらくして、2人の議員が国会で、憤怒の情を露わにしました。
ふりかえってみます。

野党議員

2018年3月23日 参議院 法務委員会
仁比聡平議員(日本共産党)

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

女優や歌手、あるいはモデルになりたいという気持ちにつけこんだ騙しのテクニックだ、と言うべきだと思います。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

こうしたかたちで、契約だとか合意だとか、そういう外形をとって、けれども、内実は強要。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

相談中にですね、みずから命を絶たれると。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

そうした女性たちの弱みにつけこんだきわめて卑劣な手口だと思います。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

この1年のとりくみで、この、契約だとか、あるいは演出だとか言いながら、AV業界の異常さがはっきりした、と思います。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

不特定のだれかわからない相手との性行為を義務づけるという関係が合法化されてはならない、と。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

つまり、妊娠や性感染症のリスクが高い、そうしたありとあらゆることを演出だと言ってやらせる。
これはありえないことだと思います。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

わたくし、おひとりの元AV女優であった被害者のかたに、おはなしを直接うかがいましたけれども、実際、そういう強要されて、フリーズして(固まって)、抵抗などできない。
それはまさにですね、強制性交(強姦)の被害ですよ。
そうしたことがいったんおこなわれ、絶望します。
その絶望感のなかで、囲い込まれて、撮影が繰り返されたりもします。
できあがったAVビデオはですね、仮に笑顔がみえたとしても、それは支配されて、演技という外形が編集されている。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

そのようにしてできあがったアダルトビデオがインターネット上で販売される。
これ、拡散されますから、永遠に消えない。
第2の人生をあゆめない。
人生そのものにかかわる人権侵害になっていると。
ここが重大な問題になっています。

2018年3月23日 仁比聡平議員(日本共産党)

この女性たちの、いわば、人生と尊厳をですね、食い物にして儲けを漁(あさ)る。
そうした輩(やから)をどうするのか、と。

怒髪天を衝(つ)く、といった感じでした。
つぎは与党議員の発言です。

与党議員

2018年4月12日 参議院 法務委員会
若松謙維議員(公明党)

2018年4月12日 若松謙維議員(公明党)

(略)、結局このAV出演強要なんですけれども、制作っていうんですか、ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども、結局、日本のいまの社会をみていると、いわゆるホテルに行くと簡単に犯罪を犯している映像が出ている。
それ、簡単にアクセスできる。
そして街のなかには、アダルトビデオが売っている。
そしてネット社会ですから、見える、と。

2018年4月12日 若松謙維議員(公明党)

いま日本の社会のどれだけモラルがですね、いわゆる後退しているのか。

2018年4月12日 若松謙維議員(公明党)


やはり社会の受け皿を、いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います。

ニーズがあるわけですから。

そこをちょっとこれからも検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

与党の若松謙維議員は出演強要問題を超えて、メーカーが業としておこなっている行為は犯罪である、とのべました。

(再掲。若松謙維議員)
ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども、(略)、いわゆるホテルに行くと簡単に犯罪を犯している映像が出ている

与党は業界に対して、野党よりも冷厳な見方をしている、ということがわかります。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月22日

にしやまさんのお陰でAV業界に関して、警察と内閣府と議員会館等訪問する事になりそうです。
AV業界の皆様に影響あるかも知れませんが仕方ないですよね。
#青木亮 始めこういう方をそのまま雇用し続けているのですから。

内閣府は出演強要に対してどのような認識をもっているのでしょうか。

内閣府

2018年3月23日 参議院 法務委員会
武川恵子 内閣府 男女共同参画局長

2018年3月23日 武川恵子 内閣府 男女共同参画局長

いわゆるアダルトビデオへの出演強要をはじめとする女性に対する性的な暴力にかかわる問題は、犯罪となる行為をふくむ重大な人権侵害でございます。

2018年3月23日 武川恵子 内閣府 男女共同参画局長

女性活躍の前提となる安全、安心の基盤を揺るがす問題であるため、政府をあげてその根絶にとりくむ必要があると考えております。

2018年3月23日 武川恵子 内閣府 男女共同参画局長

アダルトビデオの出演強要問題は被害者の多くが若年の女性でございますし、また、性犯罪、性暴力は周囲に打ち明けにくいということがございまして、関係行政機関などで把握している相談件数は、こうした問題をかかえる被害のごく一部である、というふうに認識をしております。

つぎに、法務大臣の考え方をみてみます。

法務省

2018年6月12日 参議院 法務委員会
上川陽子 法務大臣

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

そもそも、こうした被害ということについては、あってはならないことだ、というふうに思っております。

成年年齢引き下げがおこるおこなわないを超えてこの問題についてはしっかりととりくむべき課題である、というふうに認識をしているところでございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

法務大臣は、法律をつくって対応する、と明言しました。

(再掲)
香西咲さん
2017年12月1日

昨日の #HRN院内集会
多くの超党派議員の先生方とご挨拶、名刺交換させて頂きました。

私のTwitter見て下さった先生。
『もう充分頑張ってるから頑張り過ぎないで』と心配して下さった先生。
早々にヒアリングのアポイントまでして下さった先生方。

心より感謝申し上げます。

#AV強要 #人身売買

香西咲さん
2017年12月1日

国会が終わり次第、
私の #AV強要 #被害 を
国会議員の先生方、数名にヒアリングして頂きます。日程調整。

先生方に失礼があるといけないので、
ヒアリングについてのツイート報告は出来ませんがご了承ください。
どうか全てを伝えられます様に、応援宜しくお願い致します。

#青木亮
#DMM
#MeToo

香西咲さん
2018年3月22日

にしやまさんのお陰でAV業界に関して、警察と内閣府と議員会館等訪問する事になりそうです。
AV業界の皆様に影響あるかも知れませんが仕方ないですよね。
#青木亮 始めこういう方をそのまま雇用し続けているのですから。

今月(2018年12月)の5日、自民党のなかに、出演強要問題プロジェクトチーム、が設置されました。

(参考。当ブログ)
2018月12月5日
2018月12月10日

事態は日を追って(日が経つにつれて)良い方向へ進んでいます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月1日

絶望が希望に変わる時がついに見えてきた。
全て解決するまで油断はしない。

今年、香西咲さんは、奮迅の活躍をされました。
来年はさらに良い年となりそうです。
いずれにせよオリンピックまでにすべてのことが解決します。
あともうすこしです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

業界人によるスカウト行為は多岐に渡っています。香西咲さん「人生返せ! 」。来年は疾風怒濤の展開となることでしょう。悪はかならず滅びます

今年(2018年)の2月9日のことです。
滋賀県の草津市で、第2回草津市青少年問題協議会が開催されました。
草津市だけの会議です。
全国の催しではありません。
当日の議題は、
平成29年度の取組報告とネット社会における青少年の現状について
です。
会議録が公開されているので参照します。

(2018年2月9日 草津市「平成29年度 第2回草津市青少年問題協議会 会議録」より、引用。)

田中義一 草津市教育委員会事務局 教育副部長

(前略)

本日は、草津警察署から管内の青少年の状況について御報告いただきます。

その後、「子どものネット利用の現状」というテーマで、NIT情報技術推進ネットワーク株式会社より御講演をいただきます。

昨今、発展が著しいネット社会の中で生活する青少年の現状を把握し、大人の私たちができることは何か、等を皆様と一緒に考えたいと思っております。

(後略)

(略。)

草津警察署

私の方から草津市警察署管内の青少年の状況について説明させていただきます。

(中略。)

不良行為少年は非常に減少した傾向にありますが、原因としましては、おそらくSNS、インターネットの普及で、少年があまり街頭に出ることが少なくなったということが考えられます。
少年補導委員さんの補導活動によりますと、
「最近は少年を見なくなりました」
ということを聞いております。
懸念されることが、不良行為が小さい時に補導活動して指導してあげる機会が減ってきているということです。
現に以前は少年蝟集(いしゅう。「寄り集まる」)や喫煙情報等、警察に通報があったのですが、最近では減ってきていることも、そういった傾向にあるのかなと思います。

この後、先生からのインターネットに関する講演がございますが、インターネットにおける犯罪ということで、近年、事件を捜査していると、必ずスマートフォンやパソコンといったものが出てきます。

少年もインターネットの関係での被害者にもなりうるし、被疑者にもなりうるという環境にあります。
どういったものがあると言いますと、成人では売春、児童で言えば児童買春、自分の裸の写真を送ったりする児童ポルノ、最初はモデルを募集して実際はAVの出演を強要するAV出演強要、ネットを使ったいじめ、インターネットの書き込み、トラブルから発展し、暴行や傷害などの事件に発展する事案が発生しております。

(後略。)

草津市議会の会議録を確認しました。

(参考)
草津市議会 会議録検索

出演強要に関してはこれまで一度も話題になっていません。
市議会議員たちは皆、草津市民には累(わざわい)が及ばない、と思っているのでしょう。
警察の見方はちがいます。
上述のとおり、
少年もインターネットの関係での被害者にもなりうるし、被疑者にもなりうるという環境にあります
と言ったあとに、
成人では売春
児童で言えば児童買春
自分の裸の写真を送ったりする児童ポルノ
最初はモデルを募集して実際はAVの出演を強要するAV出演強要
ネットを使ったいじめ
とつづけました。
警察はネットを利用した出演勧誘に危機感をいだいている、ということがわかります。
おそらく、全国の警察がそのように思っているのでしょう。
業界はいま、ネットをつかった奸計(悪だくみ)にもちからを入れています。
ノンフィクション作家の中村淳彦さんが、ラジオでその種のことをおっしゃっていました。

(2017年10月10日 渋谷のラジオ「渋谷のほんだな」より。)
参考。当ブログ

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

あのー、路上スカウトは、禁止なことやっぱり、わざわざやらなくて。
いまはネットに移動していますね。

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

それで、いまの子はさっき言ったみたいに、承認欲求とか、そういう流れがあって。

そういうことに敏感なので、キラキラ系のブログつくって、ひとをあつめて、AVとか風俗に誘導したりとかー

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

いや。
やっぱり、キラキラしたブログで女の子が寄ってくる、っていうのがあるようで。
やっぱりそれは、言っていますね。

ネットを駆使して、意識の高い子をあつめて、なんかうまいことを言ってAVなり、海外で売春のルートもあるみたいで、そういうのにのせちゃうとか。

そういえば金沢新一も、ネットを介して女性をあつめていました。

(2017年11月9日 日本経済新聞「AV出演強要の被害後絶たず 大阪のNPOが相談窓口 警察も啓発・検挙に力」より、引用。改行を施しています。)

(前略。)
「アイドルのような服を着るモデルを募集」
20代女性は中部地方の高校3年だった2014年、インターネットのモデル募集に興味を持ち、東京都内で男(48)と会った。
美容院で髪をセットし、学生証を持った姿を写真に撮られた。
その後次々と露出の多い服を着せられ、動画を撮られた。
ためらうと、
「書かないと帰さない」
と顔を近づけて脅され、AV出演の撮影許諾の確認書を書かせられた。

(中略。)

SEANの遠矢家永子事務局長(57)は
「勧誘の入り口はネットや街のスカウトなど身近なところにあり、誰でも被害に遭う恐れがある」
と指摘。
「撮影の強要は性暴力。勇気を出して声を上げて」
と呼びかけている。

3日前のブログでもふれました。
業界人によるスカウト行為は多岐に渡っています。
路上やネットで女性に対して、芸能人になれる、と誘うだけではありません。

業界人は奸知(悪知恵)にたけています。
方略(はかりごと)の限りをつくして女性を籠絡します。

(2017年4月16日 毎日新聞「余録 彼女の奇妙な体験は…」より、引用。改行を施しています。)

(前略。)
街角で、モデルやアイドルにならないかと声をかけ、全くの別世界へ引き込む。
アダルトビデオ(AV)への出演を強要される被害が出ているから恐ろしい。
特別な女性が狙われるのではない。

(略。)

この「話を聞く」が入り口となり、深い穴へ追い込まれる女性たちもいる。

(略。)

物語のアリスが迷い込んだ先は夢で、悲鳴を上げると目が覚めた。
AV出演強要の被害者は、消えない記録と記憶に苦しみ続ける。
(略。)
悪いのはあなたではない。

(再掲。毎日新聞)
AV出演強要の被害者は、消えない記録と記憶に苦しみ続ける

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年12月28日

私は小学校、中学校ずっと学級委員と生徒会長を務めてきました。
父は普通のサラリーマンで、私が私立大学に合格してしまった為に銀行から借入れてまで大学を卒業させてくれました。
母は43歳で胃癌で亡くなりました。

父、母、家族には未だに合わせる顔はありません。

香西咲さん
2017年6月23日

胃カメラと膵臓のCT、MRIは毎年受けてるけど、
乳がん検診と子宮がん検診も行かなきゃ。
この際徹底的に調べてこようかな。

ちなみに私の母親は43歳で胃癌により無くなりました。
自分は何年生きられるのかな(>_<)?

香西咲さん
2018年7月26日

この2ヶ月位?
眠りが浅くて家族の夢ばかり見る。
この間はお母さん
今朝はお祖母さん

(再掲。毎日新聞)
悪いのはあなたではない

出演強要をおこなっているのは以下のやつらです。

<出演強要の実行者、または加担者>
DMM
メーカー
プロダクション
スカウト
AV男優
悪徳弁護士
AVライター
AVマニア

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年7月27日

やっぱり納得行かない!
人生返せ!

いまは嵐の前の静けさです。
来年は疾風怒濤の展開となることでしょう。
悪はかならず滅びます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

ウォーク・フリー財団が国連のILOとともに奴隷制に関する報告書を公表しました。出演強要被害にもふれています。いま世界が香西咲さんたちの被害を注視しています

ウォーク・フリー財団という人権団体があります。
オーストラリアに拠点を置く国際NGOです。
同団体は昨年から、国連のILO(国際労働機関)と共同で、現代の奴隷制に関する調査をおこなっています。
ILO(国際労働機関)のホームページを確認します。

2017年3月16日 ILO「ILOとウォーク・フリー財団が現代の奴隷の世界的な規模を協同で推定」より、引用。)

2017年3月16日 ILO(国際労働機関)

国連の持続可能な開発目標のターゲット8.7の下、国際社会は、「強制労働の根絶、現代の奴隷制と人身売買の終結に向けた即時の効果的な措置を実施し、児童兵士の募集と使用を含む最悪の形態の児童労働の禁止及び撤廃を確保し、2025年までにあらゆる形態の児童労働に終止符を打つ」ことを約しています。
この目標に向けた歩みを加速させ、知識を共有し、革新的な取り組みを推進し、資金のてこ入れを図ることによってこの野心的な企ての達成を手助けすることを目指し、世界の利害関係者の努力を整合させるパートナーシップとして、8.7連合が誕生しました。

ILOは8.7連合に参加する国際人権団体のウォーク・フリー財団と共に、近代の奴隷制の世界的な規模を測定する調査研究を開始します。

CNNもこのことにふれています。

2017年9月20日 CNN「『現代の奴隷』、世界で4000万人超 国連報告」より、引用。)

2017年9月20日 CNN

2016年の時点で「現代の奴隷」のような状況に置かれている被害者は世界で4000万人を超え、その4分の1を子どもが占めるという実態を、国連の国際労働機関(ILO)と国際NGOのウォーク・フリー・ファンデーション(財団)がこのほどまとめた報告書で明らかにした。

(中略。)

ILOウォーク・フリー・ファンデーション(財団)が現代の奴隷に関する報告書を共同でまとめたのは今回が初めて。
(後略。)

ノット・フォー・セール・ジャパン代表の山岡万里子さんによりますと、今年の報告書で日本がはじめてとりあげられたそうです。

世界奴隷指標2018

(2018年8月13日 ノット・フォー・セール・ジャパン「世界奴隷指標2018 日本についての記述の試訳」より、引用。)

2018年8月13日 山岡万里子さん(ノット・フォー・セール・ジャパン代表)

オーストラリアのウォークフリー財団が、今世界で起きている現代の奴隷制について調査した「世界奴隷指標」という名の報告書を出しています。
2018年の報告書には、初めて、日本の状況についての詳細なレポートが盛り込まれました

ちなみに山岡万里子さんのノット・フォー・セール・ジャパンは、人身取引の根絶をめざして活動している団体です。
以前に当ブログでもふれたことがあります。

(参考。当ブログ)
2017年7月27日
2017年8月27日
2017年8月30日
2017年8月31日
2018年5月21日

山岡万里子さんが、自身のノット・フォー・セール・ジャパンについて語っている文章があります。
一部を引用します。

(IMADR「人身売買問題を訴える―人間は売りモノではありません!」より引用。改行を施しています。)

山岡万里子さん(ノット・フォー・セール・ジャパン代表)

「人身売買(取引)は日本でも起きています」と言うと、たいていの人が目を丸くする。
JK(女子高生)産業で危ない目に遭う少女、モデルになれると騙されAV(アダルトビデオ)に出演させられる女子大生、監禁され売春を強要される出稼ぎの外国人女性、時給300円で酷使される技能実習生……と例を挙げると、しかし、多くの人が「なんだ、そういう問題なら知っているよ」という顔をする。
ただしそれが人身売買だという認識は無い。
メディアもそうは取り上げない。
けれどもこれらが人身売買に当たるのは国際社会の常識だ。

2011年創設のノット・フォー・セール・ジャパンは、人身売買・現代の奴隷制問題に取り組む小さな団体だ。

(後略。)

(再掲。山岡万里子さん。2018年8月13日)
2018年の報告書には、初めて、日本の状況についての詳細なレポートが盛り込まれました

世界奴隷指標2018

こちらの文章は英語で書かれています。

(2018年8月13日 ノット・フォー・セール・ジャパン「世界奴隷指標2018 日本についての記述の試訳」より、引用。)

2018年8月13日 山岡万里子さん(ノット・フォー・セール・ジャパン代表)

この日本レポートの作成に助言と情報提供を行ったNFSJ(ノット・フォー・セール・ジャパン)では、日本の皆さんにも広く読んでいただけるように、このレポートを日本語に翻訳しました。
ぜひご覧ください。

(*ウォークフリー財団による公式翻訳ではありません。)

山岡万里子さんが訳された「世界奴隷指標2018」をみてみます。

「Global Slavery Index (世界奴隷指標) 2018 日本についての記述の試訳」より、引用。改行を施しています。)

<1ページ>
2018年7月19日 世界奴隷指標2018(ILO、ウォーク・フリー財団)

国別データ:日本

・現代奴隷として暮らしている人の推計値:37,000 人

<2ページ>
2018年7月19日 世界奴隷指標2018(ILO、ウォーク・フリー財団)

広がり

「世界奴隷指標2018」では、2016年現在、日本に37,000人が現代奴隷の状態に置かれており、国内の人口1000人に対して0.3人が被害者だったと推計している。
2016年、日本政府は50人の人身取引被害者を認定しており、うち37人は性的搾取を、9人はホステスとしての仕事を強要された。
4人が強制労働の被害者で、うち2人は肉体労働、1人は建設現場での労働を強いられたが、4人目が搾取された産業は報告されていない。

<3~4ページ>
2018年7月19日 世界奴隷指標2018(ILO、ウォーク・フリー財団)

大人と子どもの強制的性搾取

2016年、日本政府は性的搾取の被害者を37人認知し、9人をホステスとしての強制労働として認知した。
日本人被害者は出会い系サイトを通した売春の強要が多く、一方外国籍被害者はホステスとしての労働か娯楽施設(風俗店)でのセックスワークの強要が多い。
ホステスとしての稼働にはセックスワークも含まれることがあるが、常にそうだというわけではない。

(中略。)

また、女性たちが「アダルトビデオ(AV)」と呼ばれるポルノグラフィー映像への出演を強要されているという報告もある。
女性たちはモデルや女優などの仕事を提供するという虚偽の約束に騙されて AV出演を強要される。
被害者が拒否すると、エージェントが罰金を払えと言ったり、または被害者の家族に映像を見せるなどと脅すという。

被害者たちはまた、自分が映った映像に関する著作権などの法的権利を放棄させるような契約書に、署名を強要される。

人身取引に取り組むある日本のNGOは、2016年に、AV産業で性的搾取に遭っている被害者から新たに100件以上の相談を受けたと報告している。

国連の専門機関であるILO(国際労働機関)とウォーク・フリー財団は、
女性たちはモデルや女優などの仕事を提供するという虚偽の約束に騙されて AV出演を強要される
と指摘しています。
報告書は、現状の認識だけにとどまりません。
日本に対して勧告もおこなっています。

<11ページ>
2018年7月19日 世界奴隷指標2018(ILO、ウォーク・フリー財団)

勧告

日本政府は、以下のことを行うべきである。

法律の強化

アダルトビデオ(AV)出演強要事犯における加害者が、適切な刑事犯罪として捜査・起訴されるようにすること。

日本は、
アダルトビデオ(AV)出演強要事犯における加害者が、適切な刑事犯罪として捜査・起訴されるようにすること
との勧告をうけました。
慌てる必要はありません。
この申入れの1か月以上前に、政府は、国会で以下の答弁をおこなっています。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

政府はすでに法案づくりに着手しています。
オリンピックまでには法律が制定されることでしょう。
日本の出演強要問題はいま、世界が注目しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月7日

AFP通信様の取材ですね。
発見ありがとうございます!

この記事に関してはもうすぐ日本語版もアップされます

香西咲さん
2016年12月20日

ありがとうございます。
国も本腰を入れられたと言うことで、年明けから良い方向に変わって行くでしょう。
私事ですが、いち小市民の意見がマスコミ媒体を通じ世界中まで発信された事には感動しました。

(参考)
2016年10月17日 AFP「出演強要の罠、警告する日本のAV女優たち」

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月26日

AFPの取材を受けた時の記事です。

(英語版)
https://www.yahoo.com/news/tricked-porn-japanese-actresses-step-shadows-061203278.html

2016年にAFPが、香西咲さんの出演強要被害を配信しました。
全世界に向けて。
その翌年には、アメリカのABCニュースが、くるみんアロマさんの被害を報じました。

2017年6月10日 ABCニュース「Women in Japan tricked into pornography under guise of modelling contracts and fame」

被害者の方々の勇気が世の中をかえました。

この世から業界が消える日が近づいてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さんは契約のさいに細心の注意をはらいました。それでも被害に遭いました。相手は犯罪者です。自分自身に瑕疵がなくても、狙われたら最後です

タレントの伊集院光さんが以前、ラジオで、出演強要問題に言及しました。

2016年6月13日 TBSラジオ「伊集院光とらじおと」

世界は数字で出来ているというサイトが、伊集院さんの発言を文字にしています。
一部を引かせていただきます。

引用
2016年6月13日 伊集院光さん 

AVの話、昼間からというところはちょっとあるんですけどね。
とにかく、この業界のことを知らない、それで足を踏み入れないほうが良いです。
少なくとも、あなたとの合意がないにも関わらず、裸の仕事をさせようとするような事務所に、所属し続けようという意識を持たない方が良いです。

2016年6月13日 伊集院光さん 

モデルになったと思ったのにも関わらず、AVの仕事を急にさせられる。

2016年6月13日 伊集院光さん 

それが契約違反だって言われたりとか、中には「もうこれだけ用意ができているから取り返しがつかないんだ」みたいなことを言われてね。
でも、この事務所に契約を解除されたら、自分はたとえば芸能界の入り口を失っちゃうんだって思う方がいるとするならば、その入り口は合ってないです。
その入り口は繋がってないです。

2016年6月13日 伊集院光さん 

だから、勇気を持って断ることだし、大きな声を出しても良いし。
そういう理不尽な契約は、どうやったって無効にできるはずですから、そこを言いくるめられないように、その知識を持って欲しい。

(再掲。伊集院光さん)
勇気を持って断ること
大きな声を出しても良い

無理でしょう。
拒否することはできません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

香西咲さん
2017年1月2日

娘を持つ親御さんへ
決して他人事ではありません。芸能、パーツモデル(手など)、ナンパ…あの手この手で勧誘してきます。年齢も容姿も関係ありません。スカウトや事務所がその気になれば整形させてでもAV出させます。環境も思考も180度変えさせられます。注意を払いきれるものではありません。

香西咲さん
2016年10月2日

デビュー前に『勉強』と称されて連れていかれたポールダンスや彼らの飲食交通費、全て女優から搾取した金で遊んでるのに、 あの時の私は律儀に『ご馳走様です』と言っていた。
洗脳されてたから社長が心配して駆けつけてくれたと本気で思っていた馬鹿。
2度とこんな女優が生まれて欲しくないですね。

香西咲さん
2017年12月9日

洗脳で「身内(事務所)の話しか聞く耳を持たない」っていう脳のバリアが出来るんですね。
ヘルメット被っている様な感じ。
そこに非道理な事をやらされたり不信感を持つと亀裂が入り、疑問を抱くけどまだ何も出来ない。
時間をかけて外の世界と触れ合う様になって少しずつバリアが削げ落ちていく感じです。

前の内閣府消費者委員会委員長は、国会でつぎのようにのべています。

(※質疑、応答の全文については、過去の当ブログを参照。)
音声の文字化は、筆者。)

2018年5月15日 河上正二 青山学院大学法務研究科教授(前内閣府消費者委員会委員長)

まあ、わたしは、民法の専門なので、そちらのほうからしか申し上げられませんけれども、ひとまずは、当初の勧誘内容や契約条件と異なるAV出演の強要があるというような場合には、これは消費者契約上の取消権をまずみとめておいてやるということ。
これ大事でして、場合によってはクーリングオフのようなかたちで契約からすみやかに抜け出すということを可能にすることも考えられます。

で、場合によってはですけれども、契約書にサインをさせられて、そして、あるところに違約金条項が入っていて、そこに拘束されるというようなこともあるやにうかがっておりますので、そうした違約金条項についても無効化しておくということが必要だろうという気がするわけです。

ただですね、クーリングオフとか取消権とか、契約からの離脱というのは、
「これは、はなしがちがう」
というふうにわかった時点、あるいはそういうふうに言った時点ですけれども、だいたい手遅れであります。

ですから、それを考えると、実効性のある被害予防のためには、こうした出演強要行為があった場合には、一定の刑事責任、刑事罰で対応することが必要ではないかと思います。

 
(再掲。柚木道義議員)

「これは密室のこともあって、警察による強要罪あるいは強制性交等罪の逮捕も実務上むずかしい、とも聞いておりまして」

これは要件面でいま先生がおっしゃった問題が若干あるわけですので、その部分についてすみやかに検討して刑事罰を用意するという方向をひとつ考えないといけないのかなという気がいたします。

(再掲。前内閣府消費者委員会委員長)
ただですね、クーリングオフとか取消権とか、契約からの離脱というのは、『これは、はなしがちがう』というふうにわかった時点、あるいはそういうふうに言った時点ですけれども、だいたい手遅れであります

これが現実です。
伊集院光さんのことばをつづけます。

引用
2016年6月13日 伊集院光さん 

それで、こういう苦労をいっぱいしている人。
こういう酷い目に遭っている人が、いっぱいいる。
だから、この人たち、こういう人達が生まれないようにすることで、逆に言うとね、自分は一緒にバラエティ番組の仕事をしている、セクシー女優の子達がいて。

(略。)
だけど、こういうことに巻き込まれないようにするために、色んな文句があるんですね。
昔よくあったのは、「飯島愛さんみたいになれる」と。

(略。)
彼女、特殊な才能と覚悟で、彼女はあそこまで行ったのを、あたかもみんななれるように言ったりとかね。
(略。)
そういうことには、惑わされないで欲しいし。
(略。)
いや本当にね、そういう甘い言葉で、間違った知識のまま入ってくるのは絶対にダメです。

この部分はおっしゃるとおりです。
飯島愛さんではなく長澤まさみさんの名前を出すパターンもあるようですが。

(2018年3月1日 ホウドウキョク「『有名女優も』うそでAV出演強要」より引用。)

ホウドウキョク

高木容疑者は、モデル志望の女性に対し、
「AVに出演せずにモデルにはなれない」

長澤まさみもそうやって表に出た」
などとうそをつき、無理やりアダルトビデオに出演させていた。

2016年6月13日 TBSラジオ「伊集院光とらじおと」

中村尚登さんというかたの発言もみてみます。

引用
2016年6月13日 中村尚登さん(TBSラジオ ニュースデスク) 

やっぱり、契約書というのはきちんと交わすわけですからね。
自分自身も、そこのところを本当よく注意して見るということが一番大切ですよね。

(再掲。中村尚登さん)
やっぱり、契約書というのはきちんと交わすわけですからね

ものごとはそう単純でありません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月14日

(前略。)
私の場合は、事務所との契約書は自分の都合の良いように作り直しました。
勿論エロなんて言葉は無し、一般的な芸能契約書です

そして撮影後にメーカー、事務所、私の3社間で契約書が存在する事を知らされたのです。
日付も撮影前に遡って記載されてありました。

香西咲さん
2016年10月15日

メーカーと事務所が先に結んでいたらしく、私は撮影後にその契約書の存在を知らされました。

日付は撮影前に遡って記載されてました。

契約場所には行ってません。

これが、出演強要、です。

(再掲。中村尚登さん)
自分自身も、そこのところを本当よく注意して見るということが一番大切ですよね

いくら気をつけても被害をふせぐことはできません。

(2016年8月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん『今でもフラッシュバックに悩まされる』洗脳の過去を語る」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

前の事務所が解散していたこともあり、次に所属する事務所はとくに慎重に選ぼうとしていました。
それで、知り合いの弁護士に相談したところ、
「この『M』(Marks Investment)という会社は実態がない。あやしい」
と。
そのままAに伝えたら、会社の登記簿と印鑑証明を持ってきて、
「ちゃんとあるだろ。その弁護士は何を言っているんだ」
と突き返されました。

(2016年9月24日 withnews「AV強要 現役女優・香西咲が語る『洗脳』から出演までの8カ月」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

それでも、すぐには事務所には所属しなかった。
レースクイーンなどの活動をしたことから、事務所選びは「一生もの」だと考えていた。
そのため一度、知り合いの弁護士に相談してみた。
事務所を調べた弁護士からは「実体がない」と指摘された。
それを社長に告げると、登記簿と印鑑証明を目の前にたたきつけられた。
「お前の弁護士は何を考えているんだ! ちゃんと実態あるだろうが、ほらよ」
さらにはフリーで続けてきた仕事を継続できるように、「契約書も自分の変えたいように変えていいよ」と言われた。
「寛大」だと思った社長の次の言葉も効いた。
「俺たちはお前の家族だから、全力で応援する」

TBSラジオニュースデスクの中村尚登さんは、
やっぱり、契約書というのはきちんと交わすわけですからね。自分自身も、そこのところを本当よく注意して見るということが一番大切ですよね
と言います。
相手は犯罪者です。
自分自身に瑕疵(かし。「おちど」)がなくても、狙われたら最後です。
毒牙にかかります。

(2016年9月20日 AbemaTIMES「AV出演を強要される女性たち 高額な違約金を請求されるケースも」より、引用。改行を施しています。)

2016年9月20日 AbemaTIMES

また、川奈氏はAV出演を強要しされたと実名で訴える女優・香西咲については
あれは犯罪ですよね。自分から出たいと考えた私の場合とは全く違います。ああいうことはあってはならないです」
と語った。

現在、警察が悪党に対して適用しているのは、労働者派遣法と職業安定法です。
この法律をもちいて捕獲が可能なのは、スカウトとプロダクション関係者だけです。
メーカーは対象外です。
政府は、オリンピックまでに人身取引を根絶する、と宣言しています。
出演強要は人身取引です。

(参考)
2018年5月18日 人身取引対策推進会議「人身取引対策に関する取組について(年次報告)」

(※目次)

5 人身取引の撲滅
(1)取締りの徹底
① 売春事犯等の取締りの徹底
② 子供の性被害(児童の性的搾取)に対する厳正な対応
③ 悪質な雇用主、ブローカー等の取締りの徹底
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題に対する厳正な対応35ページ)

政府は出演強要をおこなったやつらに対して、強姦罪並みの重い刑罰を科そうとしています。
労働者派遣法や職業安定法の適用が最終的な到達点ではありません。

(2017年5月20日 テレ朝NEWS「AV出演強要問題 全国警察本部に専門官を設置」より、引用。改行を施しています。)

政府は(5月)19日、関係省庁の対策会議を開き、違法なスカウトの摘発を推進する専門官を、今月中にも全国の警察に設置することを決定しました。
警察庁は
「場合によっては業者のスタッフを、強姦罪や強要罪で摘発する」
としています。

政府はいつまでも犯罪者たちを野放しにしておかないでしょう。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

出演強要をおこなったやつらはいずれ、刑務所に打(ぶ)ちこまれることになります。
新法の制定がまたれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

わいせつビデオ業界はスカウトをつかって女性を拉致しています。香西咲さんも芸能スカウトとプロダクションの陥穽にはまりました。犯罪者集団の殲滅は必定です

昨日、スカウトについてふれました。
この種の輩(やから)は、女性を悪の世界に誘引することで知られています。

(2018年3月2日 withnews「AVスカウトが無くならない理由 最もグレーな存在が回す『業界の闇』」より引用。)

withnews

(元スカウト)
「自ら応募してくる女性は、ほとんど単体(女優)になれない。単体はスカウトがあげるしかない。スカウトがいないとAV業界は回らない」

(元スカウト)
「単体クラスの女性にAVやりませんかと声を掛けても乗ってくる訳がないのです。芸能で全部通すしかない」
所属先のスカウト全員が同じ手口だったほか、プロダクション側にも
「AVと言わず、芸能事務所だと言って連れてきてくれ」
と指示されていたといいます。

(2018年3月1日 ホウドウキョク「『有名女優も』うそでAV出演強要」より引用。)

ホウドウキョク

高木容疑者は、モデル志望の女性に対し、
「AVに出演せずにモデルにはなれない」

長澤まさみもそうやって表に出た」
などとうそをつき、無理やりアダルトビデオに出演させていた。

スカウト、と押し並(な)べて言いましても、暗躍場所は様々です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月8日

そうなのです。
皆さん自分には無関係と思いがちですが、万が一御家族に娘さん、姪っ子さん等がいらしてたら…他人事では無いですよね。
今や #東大 でもAVスカウトやAV女優がいる時代です。
是非とも親御さんに関心を持って頂きたいです。

——————————————————–

スカウトは有(あ)りと有(あ)らゆるところで、てぐすねひいて待っています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月20日

私がスカウトされて騙されてAVデビューさせられた事務所はココです。
気をつけてください。

#A-team
#エーチーム
#飯田正和 マネージャー
#青木亮
#MUTEKI
#HumanTrafficking
#強姦
#AV強要
#MeToo

——————————————————–

本日は、路上で蠢(うごめ)いているスカウトについてみてみます。


渋谷区と新宿区は、アダルトビデオメーカーとプロダクションが巣(す)くう街です。
渋谷区議会のとりくみにつきましては、先日のブログでもとりあげました。

(参考。当ブログ)
2018年12月22日
2018年12月23日

新宿区はスカウトに対してどのような策を講じているのでしょうか。
区議会におけるやりとりを参照します。

(2015年9月17日 新宿区議会「会議録」より、引用。)

2015年9月17日 志田雄一郎 区議(※現在、国民民主党)

次に、客引き防止条例のことで伺います。

区民や来街者が安全に安心して楽しめるように客引きや客待ちの行為等規制を強化するため、おととし条例が施行されました。

執拗な客引き行為や勧誘行為等は法律や都条例でも規制されておりますけれども、本条例はこれでは規制されていない居酒屋やカラオケ店にも対象を拡大して、客引き行為そのものを禁止しているほか、キャバクラで働くことやアダルトビデオへの出演を勧誘する行為、客引きや勧誘のために公共の場所で相手を待つ客待ち、それから勧誘待ち行為も禁止をされています。

歌舞伎町1・2丁目、新宿2・3丁目、西新宿1丁目、こういったところを特定地区と指定をして、この地区の町会や商店会から推薦をされた方を対象に客引き行為等防止指導員ということで指定をして、区や警察と協力をしながら官民一体で条例違反を指導しています。

この特定地区ではそれぞれの取り組みを、主に浄化パトロールみたいなパトロールを行っているかと思うんですが、ほかに何か取り組んでいることがあれば教えていただきたいと思いますけれども、取り組みの状況と区として条例施行後ちょうど2年を経過した現状の認識をお聞かせください。

2015年9月17日 安全・安心対策担当副参事

まず、1点目のパトロール以外の取り組みについてでございますが、パトロール以外に客引きに直接指導をしておりますが、そのほかに来街者に対して客引きを利用しないでくださいという周知を図ることが肝心だと考えておりますので、各方面に呼びかけ等をしてキャンペーンやイベント、こういったものを計画しております。

10月3日になりますが、青年会議所のほうの御協力をいただきまして、客引きの撲滅のイベントを計画しておるところでございます。

あと、2年たちましての現状でございますが、やはり2年経過しまして客引きを行っている者たちについては、パトロールをするといなくなる。
客引きはやっちゃいけないんだというのは客引きしている者たちには浸透しておりますので、あとはパトロールの時間ですとか場所の工夫をして、客引きの撲滅についてやっていきたいと思います。

客引きの人数等につきましては、やはり今は以前と変わらないぐらいかなという感じはしております。

(中略。)

2015年9月17日 志田雄一郎 区議(※現在、国民民主党)

私もことしの2月に、ちょうど祝日の前だったんですけれども、新宿駅の東口の近辺、それから靖国通りの南側、区役所のちょうど反対側あたりまでを東口の商店会の方々と夜の7時から10時ぐらいまで3時間回らせていただいたんですけれども、正直まだまだいるなという感じで、本当に新宿通りの北側とか靖国通りの南側あたりなんかは、多分初めて注意されたんだと思うんですけれども、一緒に私が回った方非常にこわもてなので、素直に「はい、はい」と聞く人とか、おどおどしちゃってしどろもどろになっちゃっているような人もいたんですけれども、東口の近辺になるともう連中たちに顔がわかってて、すっときびすを返して行っちゃう人とか、もうなれたもので「ここはもう店の前だからいいんだよ」とかあれこれ本当に言いわけをして、随分ひどいことも言っていた連中も正直いました

やっぱりもうちょっと、基本的に罰則がないので本当に今イタチごっこ。

大阪は罰則がたしかあるんじゃなかったかなと思うんですけれども、もう一歩踏み込んだ対応も検討されてもいいんじゃないのかなというふうに思うんですけれども、2年たちまして、特定地区内で活動されている方々から何か今後の対応について意見交換とかされたことはありますでしょうか。

2015年9月17日 安全・安心対策担当副参事

町場の方からいろいろな御意見をいただきまして、昨年末からことしの初めに客引きに対する勉強会ということで、5回ほど重点地区になっているまちの方々と勉強会を始めまして、効果的な客引きのパトロールの仕方ですとか、そういったことを意見交換をいたしました。

町場のほうからは、罰則をつけてもらいたいという意見が多く出ております。
やはり罰則をつけるからには効果的な取り締まり等も必要になってまいりますので、もし罰則を条例に盛り込む場合、効果的な対策がとれるような検討もしないといけませんので、今、庁内で効果的な客引きの取り締まりということで検討を始めておるところでございますので、何とか町場の御期待に添えるような形で効果的な客引き対策を今後も推進していきたいと考えております。

地方自治体だけでは限界がある、ということがわかります。
渋谷区議会は政府に対して、対策の強化をもとめました。
渋谷区議会は、国会及び政府に対し、こうしたアダルトビデオ業者等による個人の意に反する形での勧誘、雇用、派遣、制作、販売、貸出し、配信等による性的被害を防止し、実態調査、公安委員会への届け出、立ち入り調査等による被害者の救済を行うため、罰則付きの総合的な法整備を強く要請する
と。
政府はいま、出演強要等を処罰する法律をつくっています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年12月20日

ありがとうございます。
国も本腰を入れられたと言うことで、年明けから良い方向に変わって行くでしょう。
私事ですが、いち小市民の意見がマスコミ媒体を通じ世界中まで発信された事には感動しました。

性暴力を受けた時は辛く早まりたい気持ちになりましたが、諦めなくて、早まらなくて良かったと。

あともうすこしです。
悪はかならず滅びます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年11月22日

何事も忍耐力ですね。

あとは焦らずPTSDフラッシュバック等治して行こう。

人間って意外にタフなのかも知れないです。

早晩、この世からわいせつビデオ業界が消えます。
悪が霧散したとき、香西咲さんたち被害者は復活します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「元芸能人レーベルは桁違いに儲けることもあるので元タレントを騙そうとする悪人が居るのも事実です」。芸能界もまた伏魔殿です。政府の対策がもとめられます

fumumuというネットメディアで、弁護士の松田有加さんが、悪質なスカウト行為について語っています。
松田さんは出演強要問題にご関心があるようです。
時折、各所で発言をされています。

<2018年12月15日>

fumumuに掲載された記事を参照します。

(2018年12月15日 fumumu「女子を狙った悪質な芸能事務所のスカウト詐欺にかからない方法は?」より、引用。改行を施しています。)

2018年12月15日 松田有加 弁護士

スカウトの中には、モデルの仕事があると見せかけて騙し、違う仕事をさせる目的でいる悪質な人もいます。

とくに多いのは、モデルの仕事だと思って事務所までついていったら、アダルト作品への出演と騙され、断れずに出演してしまうケースです。

2018年12月15日 松田有加 弁護士

実際に悪質スカウトの事務所に行ってしまうと
「どうしても断れない」
ここまで時間を掛けさせてしまったから断ると申し訳ない
と感じてしまう場合が少なくありません。

香西咲さんの場合もそうでした。

(2016年10月17日 AFP「出演強要の罠、警告する日本のAV女優たち」より、引用。)

香西咲さん

ただ泣くしかできず。
周りで20人くらいの大人たちがせかすように構えて待っている
あの中で、女性1人で囲まれても、私じゃなくても断れない。

——————————————————–

2018年12月15日 松田有加 弁護士

女性の気が変わらないうちに、当日に宣材写真を撮られたり、映像の撮影をされたりすることもあります。

2018年12月15日 松田有加 弁護士

スカウトの中には、もちろんしっかりとした芸能事務所の場合もあります。
ただし、全てがしっかりしている人ではないので、どうか軽率についていかないでほしいです。

松田弁護士は、
スカウトの中には、もちろんしっかりとした芸能事務所の場合もあります
と語っています。
残念ながら、
「しっかりとした芸能事務所だから安心」
ということにはなりません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月26日

(前略。)
私はA-plus(ほしのあきさんDAIGOさん芹那さん等所属)のマネージャーからスカウトされ、青木亮の所に横流しされました。ちょうど元芸能人デビューブームがあったらしく元芸能人の友達も同じスカウトで同じ手法で万枚売上てます

香西咲さん
2016年7月26日

私の場合は男性でした、そして偶然友達の元芸能人女優も同じ人でした。
横流ししてる悪い人結構いるんですね。そんな事してたら芸能事務所の評判も落としそうですが。

香西咲さん
2017年1月1日

(前略。)
個人的には大手芸能事務所A-teamマネージャー飯田正和がAV業界に横流ししたのですが。

——————————————————–

NPOだいわピュアラブセーフティーネット代表のだいわりゅうさんは以前より、出演強要の元締は芸能プロダクションである、と主張されています。

だいわりゅうさんのブログより、引用。)

(出演強要は)こういったバーニング系の大手プロの社長のような芸能関係者から起きているのです。

香西さきさんはバーニング系事務所エーチームから強要されましたし、元AKB48の中西里菜さんはバーニング系事務所フェイスネットワークから強要されましたし、ミスマガジンの星野あすかさん、伊藤遥さん、元SKEの三上悠亜さんもバーニング系事務所から強要されました。

麻美ゆまさんはエイベックス傘下のアリュールから強要されました。

いまのところは、職業安定法でとりしまってもらうしか術(すべ)がありません。

(参考。職業安定法
第63条

次の各号のいずれかに該当する者は、これを1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する。

二 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者

香西咲さん
2016年7月24日

私へは芸能人 事務所の契約者のまま連れてかれた現場がAVだったり、性接待させられたり、AV強要以上にさせられています。
(後略。)

香西咲さん
2016年10月3日

私もそこを問いたいです。
芸能とAVの両方を持って成功している事務所もありますし、せめて前もって言って欲しいですね。
但しMUTEKIの様な元芸能人レーベルは桁違いに儲けることもあるので元タレントを騙そうとする悪人が居るのも事実です
そんな悪質ブローカーや詐欺師は沢山います。

香西咲さん
2016年10月14日

(前略。)
私の場合は、事務所との契約書は自分の都合の良いように作り直しました。
勿論エロなんて言葉は無し、一般的な芸能契約書です

そして撮影後にメーカー、事務所、私の3社間で契約書が存在する事を知らされたのです。
日付も撮影前に遡って記載されてありました。

香西咲さん
2016年10月15日

メーカーと事務所が先に結んでいたらしく、私は撮影後にその契約書の存在を知らされました。

日付は撮影前に遡って記載されてました。

契約場所には行ってません。

香西咲さん
2017年10月7日

以下AV最大手プロダクションのマネの話。
その事務所に入る女性は
スカウト:公募=4:6
但し公募は殆ど使い物にならない、良くて企画単体。(彼の言葉をそのまま書きます)
結局大型新人みたいなのと元芸能人はスカウト頼りって事。

香西咲さん
2017年11月11日

枕営業(金銭のやり取りはなし)を無理矢理強いた時点で、
アットハニーズ青木亮社長も白石隆浩容疑者みたいに私を殺せば良かったのにね。
そうしたら“村”の中では
芸能人専門事務所として暫くは持て囃されて居心地良く居られお金も稼げたでしょうね。
ほんの一時だけですが。

香西咲さん
2017年11月23日

#MeToo
百戦錬磨のAVスカウトからしたら若い女の子の群がる #駒場祭 は金塊の在処。奴らは女を金としか見てない。
瞬時に貴女を持ち上げAVデビューするシナリオを描くなんて朝飯前。大手芸能事務所にも要注意。私は大手芸能事務所にスカウトされAV堕ちパターン。

香西咲さん
2017年12月12日

地道に積み重ねてきた【香西咲】の経歴、ほんの僅かな活動でも私にとっては実績だった。それを全てAVに利用されてしまうなんて…事務所は私で幾ら稼いだのだろう?
私はAVに出る為に芸能活動を積み重ねてきた訳じゃない。

#MeToo #青木亮
#アットハニーズAV出演強要
#人身売買
#HumanTrafficking

香西咲さん
2018年10月4日

芸能活動中は性的な事は一切ありません。
周りから浮ついた話は耳に入りますが、私は芸能活動に本気で堅物でした。
(後略。)

——————————————————–

以前、自民党の幹事長がテレビでこう発言しました。
援助交際で国が滅びることはない、と。
国家にとっていささかの痛痒感もない、と。
この幹事長が率いた派閥は、宏池会(こうちかい)です。
同派はリベラルな国会議員の集まりです。
当時の首相も、派閥は違えども、保守本流のかたでした。
いまはちがいます。
安倍首相や菅内閣官房長官は、保守本流と相反(あいはん)する政策を遂行しています。
援助交際(JKビジネス)については亡国の所行であると考えています。
出演強要についても然(しか)りです。

(再掲。香西咲さん)
元芸能人レーベルは桁違いに儲けることもあるので元タレントを騙そうとする悪人が居るのも事実です

現在の内閣がこのような悪党を跋扈(ばっこ)させておくはずがありません。
オリンピックまでに人身取引を根絶するのは必定です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

本日、労働者派遣法違反に問われている男に対して、有罪判決が言い渡されました。香西咲さんたち被害者が望んでいるのは強姦罪での処罰です

本日、国分恵介に対して、判決が言い渡されました。

(参考)

2018年12月25日 弁護士ドットコム AV制作会社に女性紹介、プロダクション元担当者に「職安法違反」で有罪

国分は、株式会社ロータスグループの社員の時代に、出演強要をおこなったとされます。
警察は今年の4月に国分を職業安定法違反の疑いで逮捕しました。
その後、検察が起訴しました。
当該事件につきましては、過日の当ブログで詳述しています。

(参考。当ブログ)

2018年4月13日
2018年4月14日
2018年4月16日
2018年4月18日
2018年5月22日
2018年7月26日
2018年10月11日
2018年11月15日

今回、国分恵介は有罪となりました。
量刑は、
懲役1年6月、執行猶予4年
です。
ぼくは虚を衝(つ)かれました。
先に罪をみとめたほかの3人は、
懲役1年6カ月、執行猶予3年
です。
国分も同じ罪になると思っていました。
結果は、
執行猶予4年
です。
ほかよりも1年、長くなりました。

(2018年4月13日 朝日新聞「AV出演『仕事と割り切れ』逮捕の男、女性を強く説得か」より、引用。改行を施しています。)

2018年4月13日 朝日新聞

逮捕容疑は別のAVプロダクション社員だった2016年2月、別の男3人=同法違反罪で起訴=らと共謀し、わいせつな行為をさせると知りながら女性を東京都渋谷区内のAV制作会社に紹介したというもの。
共謀の男らは2月27日に逮捕されたが、国分容疑者は都内のビジネスホテルなどを転々としており
「出頭する勇気がなかった」
と話しているという。

(2018年12月25日 弁護士ドットコム「AV制作会社に女性紹介、プロダクション元担当者に『職安法違反』で有罪」より、引用。)

2018年12月25日 弁護士ドットコム

男性側は、(1)女性はAV制作会社と雇用関係になく、職業紹介にあたらない、(2)女性と面接をおこなったが、採用の判断をしておらず、その後、別の担当者が採用を決めたので、共謀にあたらない――として、全面的に争っていた

逃走したり裁判を長引かせたのがよくなかったのでしょうか。
予想外の判決となりました。
国分恵介は現在、プロダクションの社長です。
国分が逮捕されたとき、日本プロダクション協会とAV人権倫理機構はそれぞれ声明を出しました。
順にみていきます。

(2018年4月16日 日本プロダクション協会 声明【ロータスグループ元社員の逮捕報道を受けて】より、引用。)

2018年4月16日 日本プロダクション協会

2018年4月13日、モデル志望だった当時19歳の女性をアダルトビデオ(以下「AV」といいます。)制作会社に紹介したとして、AVプロダクション「ロータスグループ」の元社員(以下「本件逮捕者」といいます。)が11日に逮捕された事実が各報道機関より報道されました。
逮捕されました本件逮捕者は、当協会会員の法人の代表者であることから、当協会としての公式声明を発表いたします。

(中略。)

今回の事件につきましては、当協会の発足およびAV 業界の第三者機関であるAV人権倫理機構が発表した提言と新ルールが施行される以前の出来事ではありますが、万が一にも一部の報道で指摘されている出演強要が事実であった場合、当協会としても到底看過することができない事態であるため、本件逮捕者が代表を務める当協会会員法人に対しては退会処分を視野に入れた厳格な処分を検討せざるを得ません

しかしながら、現時点においては、未だ司法の判断も下されておらず、本件逮捕者の身柄も拘束されている状況ですので、司法の判断を待ち、当協会としても独自の事実関係の調査を実施した上で、しかるべき結論を出したいと考えております。

(後略。)

(2018年4月19日 AV人権倫理機構 声明より、引用。)

2018年4月19日 AV人権倫理機構

(前略。)

また、刑事捜査の進展を見守り、有罪判決が確定した場合には、当該社に対し然るべき処分を課すよう日本プロダクション協会に対して勧告を行う所存です。

不起訴処分となった場合においても、関係者から事情聴取を行う等、刑事責任とは違う角度から検討し、適正AVの理念に相応しくない行動が認められた場合には、やはり、当該社に対し然るべき処分を課すよう日本プロダクション協会に対して勧告を行う所存です。

このあと、日本プロダクション協会とAV人権倫理機構はどのような対応をするのでしょうか。
見物(みもの)です。

(再掲。日本プロダクション協会)
司法の判断を待ち、当協会としても独自の事実関係の調査を実施した上で、しかるべき結論を出したいと考えております

日本プロダクション協会のホームページをみていたところ、「活動報告」というコーナーがありました。
最新の記事は、
2018年10月16日 第二回ワーキンググループに参加しました
です。
開きました。
記事を一瞥したあとぼくは、投稿日を数回、確認しました。
何度みても、
2018年10月16日
となっています。
本文にはこう書かれています。

引用

2018年10月16日 業界団体が集まってAV業界の改革について話し合う第二回ワーキンググループに参加しました。
AV人権倫理機構、AVAN、IPPA、制販倫、ソフ倫、SPA、そしてJPGと7団体が集まり、4時間近くの会議および打ち合わせを行いました。

AVAN
今年の4月に解散したAVANが復活したようです。

(下図は2018年4月24日発売 週刊SPA!「5/1・8合併号」より、引用。)

(※注 この記事はネット配信されていません。)

週刊SPA!が書いたとおりとなりました。
AV人権倫理機構のホームページにもAVANに関する記述があります。

(AV人権倫理機構「提言・規則」より、引用。)

AV人権倫理機構 提言・規則

第10条 窓 口
AVANは、業務改善のために公益通報者保護法上の内部通報制度の窓口を兼ねるホットラインまたは相談通報窓口を設けるものとする。
AVAN
AV女優の人権を守り、AV女優が真に自由な意思決定を以ってAVに出演できる環境を担保する事を目的に、AV出演の意思確認書、重要事項説明チェックシートの発行と保管及び契約書(プロダクション-女優間)の保管業務、女優のID発行と二次利用に関する報酬の管理・支払、HOTLINEの受付、という機能に集中し、その機能に特化した非営利の任意団体である。

はなしを本日の判決にもどします。

労働者派遣法と職業安定法を厳格に適用すれば、プロダクションを壊滅することができます。
おそらく政府は、それで終了、とはしないでしょう。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年11月23日

現行法では派遣法違反。
青木亮が私達に対してしてきた事は全てこれから戦わなくてはなりません。

香西咲さん
2018年2月27日

#青木亮 に関しては
週刊文春に始まり、霞ヶ関、警察庁…
#AV強要 加害者としての理解は広まって参りました。
#労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう。

——————————————————–

政府はいま、出演強要等を処罰する法案をつくっています。
出演強要をおこなったやつらを労働者派遣法や職業安定法違反のような微罪で放免することはゆるされません。
最低でも強姦罪(強制性交等罪)並の刑罰を科すことが必要です。

(再掲。香西咲さん)
労働者派遣法違反以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう

あともうすこしです。
香西咲さんの願いはかならず成就します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

荒川強啓デイキャッチが兵庫県の伊達直人さんの足跡をつたえました。香西咲さんもまた、多くの女性を救いました。おふたりの行為は無償の愛です

12月11日の荒川強啓デイキャッチで、伊達直人さんの足跡がとりあげられました。
伊達直人さんは、匿名で兵庫県内の児童養護施設に贈り物を届けているかたです。
このたび、番組を聴いて、あらたにわかったことがありました。
貴重な内容ですので、音声を文字にさせていただきます。

(2018年12月11日「荒川強啓デイキャッチ」より。)

音声の文字化は、筆者。)
片桐千晶さん(アシスタント)

大病を患った伊達直人に施設の子供たちから激励の寄せ書き。
8位、29ポイント。

このニュースは、タイガーマスクの主人公、伊達直人を名乗り兵庫県内の児童養護施設にクリスマスケーキなどをプレゼントしていたことが発端です。
今回、男性が、病気を患い、そのことを知った施設の子供たちが男性に激励の寄せ書きを贈ったというニュースを神戸新聞がつたえました。
男性は施設に贈り物をつづけて32年。
施設側は毎年の善意に感謝するとともに、闘病中の男性を励まそうと用意していたということです。

(参考。神戸新聞)
2018年12月11日 大病の「伊達直人」激励、児童養護施設の子どもら「元気になって」

男性は、今年もクリスマスケーキを届けてもらおうと、毎年頼んでいる店に、子ども1人に1個ずつ、計245個のケーキを注文。
11月初めに入院し、手術を受けた。

荒川強啓(パーソナリティ)

はい、このニュース、裁判傍聴芸人、阿曽道昭(あそみちあき)さん、阿曽ちゃんがあれこれ調べてくれました。
よろしくお願いします。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

よろしくお願いします。

片桐千晶さん(アシスタント)

よろしくお願いします。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、こちらのニュースなんですけれども、神戸新聞が配信した記事、ということで、兵庫県内の児童養護施設に30年以上、匿名で贈り物をつづけている男性が大病を患い入院したと。
で、それを知った施設の子供たち245人と職員が寄せ書きをして色紙を贈ったというこころ温まるニュースなんですけれども。
ちなみにこの男性は先月、入院し、手術をうけたと。
で、神戸新聞の取材に対しまして、その男性は、
「本名も顔も知らない自分のことを子供たちがこれほど心配してくれるとは」
と感激したということなんですね。

荒川強啓(パーソナリティ)
片桐千晶さん(アシスタント)

うーん

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、たしかにちょっと前にあったよな、と。
タイガーマスクの伊達直人を名乗るブームというのが。

片桐千晶さん(アシスタント)

ありましたよね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ありましたよね。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

何年前かね?

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あれ調べてみたんです。
きっかけは群馬県の前橋市の施設に伊達直人を名乗るひとがランドセルを贈ったー

(参考。日テレNEWS24)
2010年12月28日 「タイガーマスク」から児相にランドセル

(2010年12月)25日、群馬・前橋市の児童相談所に「子供たちのために」として、10個のランドセルが届けられた。
贈り主はわかっていないが、漫画「タイガーマスク」の主人公の名前が記されていた。

片桐千晶さん(アシスタント)

そう。
ランドセル。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

そうそう、そうそう。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

それで全国に広まって。
で、いろんなところで伊達直人が出てきた。
あれが2010年のクリスマス。
いまから8年前だそうです。
2011年くらいが、それが、タイガーマスク運動、と呼ばれて大ブームになったと。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

うんうん、うんうん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

でもこの記事(2018年12月11日の神戸新聞)を読むと、この男性は32年前からこういうことをやっていたということですから、あのブーム(2011年)よりぜんぜん前からやっていたかたと。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

名前は伊達直人を名乗ってはいない?

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

それがちょっとずつわかってきますので。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

わかってー
なんだよ、なんだー(笑)

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

32年間もやっていたということは、地元で兵庫で有名な人物でないか、ということで、ちょっと地元の新聞を調べてみたんですよ。
調べてみたところ、神戸新聞が最初に記事にしたのが、2011年の1月11日。

荒川強啓(パーソナリティ)

ほう。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

さっき言いました群馬県の最初に伊達直人が出てきた2週間後くらいなんですね。

荒川強啓(パーソナリティ)

ふーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、どういう記事かといいますと、
「2011年の1月10日、警察署の前にランドセル4個が置かれていた」

荒川強啓(パーソナリティ)

うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「そのランドセルには、伊達直人、という熨斗紙(のしがみ)が貼られていた」
という記事なんです。

片桐千晶さん(アシスタント)

ふうん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、翌月です。
その警察署にランドセルを置いたのはわたしです、という男性から、神戸新聞姫路支社に電話があったと。

荒川強啓(パーソナリティ)

うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、
「『これまでわたしは児童養護施設や特別支援学校に図書カードを贈る活動をしていたんですよ』という電話がありました」
という記事がありまして。
で、そこから神戸新聞はちょくちょくこの伊達直人のことをとりあげるようになっているんです。

荒川強啓(パーソナリティ)

はー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、この年、2011年のクリスマスにも、兵庫県内の施設に、伊達直人を名乗る人物から施設の子供104人分のショートケーキが届いた。

荒川強啓(パーソナリティ)
片桐千晶さん(アシスタント)

うーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

タイガーマスクの似顔絵と、
「夢や希望を大切に育て大輪の花を咲かせて」
などのメッセージが添えられていたと。

荒川強啓(パーソナリティ)

うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

同一人物かはわかりませんけれども、そういうケーキが届いた、という記事を神戸新聞は毎年のように報じているんです。

荒川強啓(パーソナリティ)

はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、その記事のたびにこの男性は取材に対して、
「社会全体で子どもを温かく見守らないと」
とコメントしたり、
「夢や希望を育ておおきく成長してほしい」
とコメントしているんです。

荒川強啓(パーソナリティ)

うーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ということは、匿名なんですけど、神戸新聞は連絡先を知っているな、これは、と。

片桐千晶さん(アシスタント)

っていうことですよね。

荒川強啓(パーソナリティ)

直接、会っているのかしら。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ということで、今年の記事を書きました坂本勝記者に電話取材させていただきました。

荒川強啓(パーソナリティ)
片桐千晶さん(アシスタント)

おー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

やっぱり、地元では30年くらい前からやっていた、ということですから、
「有名なんですか?」
「知っていましたか?」
と訊(き)いたら、どうやら細々と活動していたようで、
「神戸新聞としてはあのブームのとき(2011年)までぜんぜん知りませんでした」

荒川強啓(パーソナリティ)

ほー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「だから神戸新聞としては2011年に初めて報じています」
と。

荒川強啓(パーソナリティ)

ふん、ふん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「じゃ、坂本さんとしてはいつ知ったんですか?」
と訊(き)いたら、
「タイガーマスクブームになった伊達直人ブームになったときの、(いまから)7年前(2011年)です」
「わたしが電話をうけました」

片桐千晶さん(アシスタント)

うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、今回、記事を書いたのは坂本さん。
7年前(2011年)、電話をうけたのも、坂本さん。

荒川強啓(パーソナリティ)

ほー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「坂本さん、なんですか? 伊達直人担当なんですか?」

片桐千晶さん(アシスタント)

うふふふ。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「実はそうじゃないです。わたしは神戸新聞に勤めていていろんなところを転々としていて、7年前(2011年)、たまたま電話をうけて。で、今回、たまたまここにいて大病を患ったというー」

荒川強啓(パーソナリティ)

うーん。

片桐千晶さん(アシスタント)

縁がありますね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そう。
だから電話取材したときに、
(神戸新聞の坂本さんは)
「あの伊達直人か」
と。
「ちょっと驚きました」
と。

片桐千晶さん(アシスタント)

うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ということをおっしゃっていました。

荒川強啓(パーソナリティ)

うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、神戸新聞がつたえていない情報、というのを地元の新聞、赤穂民報が報じております。

荒川強啓(パーソナリティ)
片桐千晶さん(アシスタント)

ほー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

これは週1回、新聞の折り込みと一緒に挟まっている新聞、らしいんですけれども、そこには、2014年に伊達直人を名乗る男性から施設のほうに子どもたちに太鼓の演奏を聞かせてあげたい、と。

荒川強啓(パーソナリティ)

うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ということで、和太鼓グループを(施設に)訪問させてあげたいと。

荒川強啓(パーソナリティ)
片桐千晶さん(アシスタント)

へー。

(参考。赤穂民報)
2014年4月20日 タイガーマスクから続く善意

漫画「タイガーマスク」の主人公・伊達直人を名乗る男性から依頼を受けた和太鼓グループが(2014年4月)20日、新田の児童養護施設「さくらこども学園」(中河篤司施設長)を慰問。
入所児童約30人がパワフルな鼓動に耳を澄ませた。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

2015年には施設のほうに、伊達直人を名乗る男性から、潮干狩りをプレゼントしたいと。

片桐千晶さん(アシスタント)

ほー。

(参考。赤穂民報)
2015年5月6日 タイガーマスクが潮干狩り招待

漫画「タイガーマスク」の主人公を名乗る男性が5日、新田の児童養護施設「さくらこども学園」の子どもたちを御崎・唐船サンビーチに招待。
園児・児童ら約20人が潮干狩りを楽しんだ。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ということで、ゴールデンウイークに潮干狩りをプレゼント。

荒川強啓(パーソナリティ)

ううん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そして去年の12月、いまから1年前なんですが、その男性が匿名を条件に、インタビューに応じているんですよ。

片桐千晶さん(アシスタント)

えー。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

神戸新聞が?

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

いえ、ちがいます。
赤穂民報のほうがー
本当にもう、読んでいるひとがすくないと思いますけれども。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

ほー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「こういうことをやりだしたきっかけはなんですか」
と訊(き)いたら、
30年前に西宮の本屋にビジネス本を買いに行った、と。
そしたら参考書の前をうろうろ、うろうろしている学生服の男がいたと。
これ万引きするぞ、と思って声をかけたらしいんです。
「ほしい本があるんやったら親にこうてもらえ」
と。
そしたらその男性が、
「いや、親はおらへん」
と。
はなしを聞いてみると、養護施設で生活していると。
で、そのときが、バブル景気が絶頂のころ。
このピークのころにほしい本も買えない子どももいるのかと、ショックをうけたそうです。
で、この男性はお酒を飲まないんですけれども、お酒を飲んだつもりということで、財布に入っていたお金で参考書と絵本を購入いたしまして、匿名で施設に配ったと。
これがはじまりなんですよ。

荒川強啓(パーソナリティ)
片桐千晶さん(アシスタント)

へー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

だから図書カードを贈っているんです。

荒川強啓(パーソナリティ)

なるほど。

片桐千晶さん(アシスタント)

だから本なんですね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

これがきっかけなんです。

(参考。赤穂民報)
2017年12月23日 「元祖タイガーマスク」愛情贈って30年

児童養護施設の子どもたちに文具の寄贈やクリスマスケーキの差し入れなどを30年にわたって続けている男性が匿名を条件に赤穂民報の取材に応じ、
「子どもたちに手を差し伸べる人が一人でも多く現れてほしい」
と活動を続ける思いを語った。
風のたよりに、かつて施設にいた児童の就職や結婚を知ることがある。
心の中で喜びつつ、
「幸せな家庭を築いて、社会に恩返しできる人間になってほしい」
と願う。

荒川強啓(パーソナリティ)

で、その当時はさっき小西さんも気になっていたんですけれど、伊達直人を名乗っていたわけでなく、足長おじさん。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

これ、なんか、聞いたことがあるなぁ。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

もしくは、矢吹丈を名乗っていた。

片桐千晶さん(アシスタント)

矢吹丈ー
そっち。

荒川強啓(パーソナリティ)

うーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

元祖は、「あしたのジョー」なんですよ。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

なるほど、なるほど。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、コンサートや潮干狩りも、施設にちゃんと連絡して、希望日を聞いて調整していたと。
ありがた迷惑にならないように気をつけていた、と。

片桐千晶さん(アシスタント)

はぁー

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、2011年のときに、タイガーマスクの運動がはじまって、これは運動の輪が広がる、と思っていたけれども、どうやら一過性のブームでおわりそうだ。
なので、わたしが取材に応じますよ、って言っているんですけれども、赤穂民報なので皆、気づいていないわけなんですよ。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

そうですね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、今後、活動をどうするんですか、と訊(き)かれて、
「命のあるかぎりつづけるつもりです」
と。

荒川強啓(パーソナリティ)

あー

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

いちおう、「荒川強啓デイキャッチ」でおおきくつたえることも意味があるんじゃないかと。

荒川強啓(パーソナリティ)
片桐千晶さん(アシスタント)

うーん。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

かなりちょっと年配のひとかもしれんね。

片桐千晶さん(アシスタント)

なんですかね?

小西克哉(国際ジャーナリスト)

まずは、明日のジョー、出てくるしね。

片桐千晶さん(アシスタント)

あー
年齢とかは公表していないんですよね?

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そういうことはぜんぜんわかりませんけれどもね。
男性、という。
年配の男性、という。

片桐千晶さん(アシスタント)

収入とか、そういうのにも余裕がないとやっぱり、つづけることもむずかしいしー
うーん。

小西克哉(国際ジャーナリスト)

そうだね。
あの、伊達直人ブームのとき、その、どの伊達直人なのかわかんなかった。
かれ自身も施設に入っていた経験があるという報道があったよね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ええと、その群馬県前橋市の初代伊達直人に関しては、2年前に名前を公表して、けっこうマスコミの取材をうけておられます。

(参考。産経新聞)
2016年12月12日  幼少時に母親と死別、ランドセルがなかった…「タイガーマスク現象」起こした男の秘めた思い

人気漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗り、全国各地の児童施設などにランドセルなどのプレゼントが贈られる「タイガーマスク現象」。
その先駆けとなった男性が(2016年12月)7日、初めて名前と顔を公開したことは大きな話題を呼んだ。
「名乗り出ることで児童養護の支援が拡充されれば」

小西克哉(国際ジャーナリスト)

なるほど。

荒川強啓(パーソナリティ)

うーん。
はい、阿曽ちゃんの「気になる項目」でした。
ここまでは「デイキャッチ ニュースランキング」でした。

——————————————————–

圧倒されました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月6日

ありがとうございます。
そうであれば私の努力も報われます。
2度と同じ様な被害者が出ませんように

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。改行を施しています。)

毎日新聞記者
なぜそこまで覚悟を決められた?

香西咲さん

この(被害の)連鎖はもう止まらない。
(A氏が)どんどん新しい子を入れているのも分かっていたので、世の中のためにもなると思いました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月8日

【お願い】
ニュース記事は一定期間を以て消えてしまいます。
ですがこの発信した事はどうか風化しない様に皆様もご協力をお願い致します。
同じ様な被害者が減る事を祈って

香西咲さん
2017年2月5日

罪の無い方が謝ることないですよ
もう過ぎたことですしね。
少しでも悪徳プロダクションと被害者が減るのであれば私も報われます。

香西咲さん
2018年3月2日

そうです。
いい加減皆様お気づきかと。
被害者がこれ以上出ない様に
この現状を若い世代に伝えていきたいですね。

——————————————————–

時折、
「人の痛みがわかる人間になれ」
と、したり顔で言うひとがいます。
ことばとしては理解できます。
実際にそのような境地にたどりつくことはむずかしいです。
香西咲さんはちがいます。
他者のことを考えています。
伊達直人さんと同じです。

(再掲。赤穂民報)
風のたよりに、かつて施設にいた児童の就職や結婚を知ることがある。心の中で喜びつつ、『幸せな家庭を築いて、社会に恩返しできる人間になってほしい』と願う

社会に恩返しできる人間になってほしい
さらに多くのかたが、被害の実相をあきらかにされることを願っております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

渋谷区議会の意見書(その2)。香西咲さん「犯罪者達に性犯罪で刑務所に入って頂き、少しでも性犯罪の抑止力になります様に努めます」。悪の終焉がちかづいてきました

昨日、渋谷区議会が2年前に採択したアダルトビデオ出演等の強要の防止及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書についてみてみました。

(参考。当ブログ)
2018年12月22日

同意見書は、2016年3月31日の渋谷区議会で可決されました。

(2016年3月31日 渋谷区議会 定例会「会議録」より、引用。)

2016年3月31日 下嶋倫朗 区議(自民党)

(前略。)

ただいま議題となりましたアダルトビデオ出演等の強要の防止及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書の提案理由を説明させていただきます。

(中略。)

なお、提案者は吉田佳代子議員、五十嵐千代子議員、栗谷順彦議員、薬丸義人議員と私、下嶋倫朗、5名の議員であります。

提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、法務大臣、厚生労働大臣、内閣官房長官、国家公安委員会委員長宛てであります。

何とぞ御賛同いただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。

この日、性犯罪に関するもうひとつの意見書が議決されました。
昨日と同様に、審議の過程をふりかえってみます。

2016年3月25日

(2016年3月25日 渋谷区議会「幹事長会記録」より、引用。)

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

シブヤ笑顔、1本目でございます。
表題にもございますが、子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を求める意見書(案)ということで、具体的には、児童福祉法第34条等の改正を求めるものでございます。

児童ポルノ禁止法というのが本文の一番上のところに書いてあるのですが、そちらで児童買春の禁止と児童ポルノに関する行為、また、これらの被害を受けた児童の保護をうたってはいるんですけれども、実際のところは、その中段に書かれている、いわゆる「着エロ」、着衣、薄い衣服を着た状態であるとか、あとは水着、そして、あとは「ジュニアアイドルもの」などと称したグレーゾーンで、公然とそうした半裸、水着姿の写真集、DVDが販売されているということで、こうしたものをしっかりと規制してもらいたいというところで、下に2点挙げております。

18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止

その行為の中には、それぞれ書かせていただいておりますけれども、それから、2本目としては、女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止
いわゆる「JKビジネス」とかそういうように言われておりますけれども、そういうものの禁止でございます。

実際には、今のテレビに出ているアイドルとかでも、中学生、高校生も入っておりまして、18歳未満というのもいる状態ではありますけれども、私たちが規制してもらいたいというのは、この性的対象とする行為、ここの部分でございます。
この性的対象、もしくは性的好奇心に応ずる業務、こうしたものの取り締まりをしてもらいたいということで意見書をぜひお願いしたいという内容でございます。
よろしくお願いいたします。

2016年3月25日 木村正義 議長

ということで、御質疑ありますか。
吉田幹事長、どうぞ。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

前段の部分はよくわかるのですが、1番のところで、性的対象とする行為というのは、誰が判断するんですか。

2016年3月25日 木村正義 議長

薬丸幹事長。

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

会派の中でも、これは非常に難しい問題であるということは認識しております。
ただ、誰がどういうふうに判断していくのかというところについては、現実問題として、これは幾らどう考えてもアウトだよねという作品が市場に出回っているという事実もございますので、そちらのほうに関しての判断は、この意見書提出先の国会、政府に委ねたいと考えております。
中途半端と思われるかもしれませんけれども、男性目線から見てアウト、それから、女性目線から見てアウト、その他いろいろな目線から見てアウトというのがあるかもしれませんので、一概にここで、じゃ、胸の40%まで見えているのがオーケーよとか、そういう線引きというのは非常に難しい話だと思いますので、そういうことでぜひ御理解をお願いしたいと思います。
性的対象性的好奇心ということで御理解いただければと思います。

2016年3月25日 木村正義 議長

吉田幹事長。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

例えば、性的対象としていないで、写真を撮りましたと、割と水着とかの写真、半裸じゃなくて水着としますよね。
例えば、ほかの人から見れば、あれは性的対象になっているじゃないかと、絵画もそうだと思うんですけれども、そういう際どいところというのはやはり国とかに委ねると、そういう判断。

2016年3月25日 木村正義 議長

薬丸幹事長。

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

実際に写真をお持ちの方、それがアウトなのかセーフなのか、その判断というのは非常に、先ほども申し上げましたけれども、難しいところであるということは認識をしております。
ただ、例えば、性的という言葉から全く外れて持っている写真、私が、娘の写真、プールに行ったときの写真を持っているものというのは、別にそれで人様に対して性的好奇心をあおるようなものだとか、そういうことで所持しているものではありませんし、あくまでも、また、例えば子どもの友達だとかの、どこかへ出かけたときのスナップの中に、プールでの、海での写真があった、そういったものというのはこれは対象から外れるものではないかというふうに考えます。
ただ、それも、水着であれば全部アウトなんだということであれば、この世の中から全て水着の写真集というのは消えるということになると思いますので、そこら辺の線引きというのは非常に難しいかと思いますが、ちょっと答えにはなりませんけれども、そういうことで御理解いただければと思います。ぜひよろしくお願いします。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

どうぞ。
関連ですか。

(「いや、関連じゃないです」と言う者あり)

2016年3月25日 木村正義 議長

関連じゃないから、どうぞ、続けてください。
吉田幹事長。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

あと、2番なんですが、女子高生というふうに限定されているんですが、男子はいいんですか。

2016年3月25日 木村正義 議長

薬丸幹事長。

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

その女子高生の後ろについている一文字、「等」ということで広げさせていただいております。
これは男子高校生についても言えることであると思いますけれども、冒頭、私が申し上げましたJKビジネスという言葉がかなり一般的になってきておりますが、本文の中でも「JKビジネス」と書いておりますけれども、女子高生とか、女子高校生を意味するJKビジネス、これが一般的に出回っているということで、「女子高生等」ということで書かせていただきました。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

「等」に入っている。

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

はい。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

わかりました。

2016年3月25日 木村正義 議長

どうぞ、栗谷幹事長。

2016年3月25日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

今のに関連なんですけれども、多分、この「等」というのは、男性も入るし、中卒の18歳未満の方も入るし、セクシャルマイノリティーの方も入るというふうに僕は聞いていますけれども。

2016年3月25日 木村正義 議長

薬丸幹事長。

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

今、栗谷幹事長がおっしゃられたとおりでございまして、この「等」の一文字の中に全て含むものと考えて書かせていただきました。
お願いいたします。

2016年3月25日 木村正義 議長

栗谷幹事長。

2016年3月25日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

これ、読ませていただいて、要は児童ポルノ禁止法が施行されたんだけれども、やっぱり抜け道が少しあると、それはやっぱりちょっと児童福祉法等を改正して、抜け道はだめだよという、国はしっかりリードしてもらいたいということなのかなというふうに思ったんですけれども、そういう捉え方でいいんですか。

2016年3月25日 木村正義 議長

薬丸幹事長。

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

おっしゃるとおりでございます。

2016年3月25日 木村正義 議長

わかりました。

3日後、ふたたび幹事長会が開かれました。

2016年3月28日

(2016年3月28日 渋谷区議会「幹事長会記録」より、引用。)

2016年3月28日 木村正義 議長

続きまして、シブヤ笑顔から出ております1枚目でございます。
子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を求める意見書(案)。
これについて、それぞれ御意見をいただきます。
自民党、下嶋幹事長。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を求める意見書(案)ですが、内容に関しては、自民党としては賛成できるんですが、ただ、ちょっと文言で、1番、2番、ちょっと文言訂正をしたいなという。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

2016年3月28日 木村正義 議長

訂正ですか。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

文言をちょっと変え、あれかなと。
皆さんの御意見を聞いてから、また意見を述べさせていただきたいなというふうに思うんですが、内容に関して……。

2016年3月28日 木村正義 議長

下嶋幹事長、ちょっと発言中だけど、文言訂正ですか、修正ですか。
修正のほうでしょう。
訂正というと、言葉が違ってくるんですが。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

それ、ちょっと両方取り消させていただいて。

2016年3月28日 木村正義 議長

いやいや、言っている意味が、文言訂正と修正は違うんですね。
似たような文言だけど。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

文言修正、訂正、両方取り消しさせていただいて。
もう一回、最初から言わせていただくと、内容に関してはそのとおりだと思います。
非常にいいんですが、1番、2番の内容について、皆さんの御意見を聞いてから、もう一度発言をしたいと思います。
以上です。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

2016年3月28日 木村正義 議長

何かややこしい幹事長のお話ですが、文言、内容については、大体は賛成できるんですが、それぞれの皆さんの御意見を聞いてから、修正も含めて入れたいということですね。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

そういうことです。

2016年3月28日 木村正義 議長

それでは、公明党。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

笑顔さんの1番ですけれども、大変重要なことだと思いますので、大人が子どもを使って、性的な商品として、要は金もうけするという、こういうところにやはり児童福祉法第34条の中に1項目入れてほしいなというところもありますので、ぜひこれは上げていただきたいと思います。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。

2016年3月28日 木村正義 議長

賛成できるんですね。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

はい。

2016年3月28日 木村正義 議長

共産党、五十嵐幹事長。

2016年3月28日 五十嵐千代子 幹事長(日本共産党)

笑顔さんから提案されております、子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を求める意見書(案)については、賛成です。
現状でもこうしたことで被害を受けている子どもたちが多数に上っておりますので、早急に法改正を求めていきたいというふうに思っております。

2016年3月28日 木村正義 議長

民主党、吉田幹事長。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

我が会派は、まず、1番の性的対象とする行為、この前も質問しましたけれども、この性的対象とする行為をどう判断するのかということが不明であるといったこと、そしてまた、2番についても非常に表現があやふやですので、本文の下から2行目の途中からの「次の通り児童福祉法第34条」と書いてあります「次の通り」という言葉と、あと、1、2の項目を削除するということであれば、文言修正という形で賛同してもいいと。
用語補正です。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

2016年3月28日 木村正義 議長

須田議員。

2016年3月28日 須田賢 区議(無所属)

賛成いたします。

2016年3月28日 木村正義 議長

それでは、ただいま民主党、あるいは自民党、文言修正でということで、他の会派の皆さんは賛成ということなんですが、どうでしょうか、シブヤ笑顔。
修正で皆さんが……。
どうぞ。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

もちろん修正に対しては乗る用意があります。

2016年3月28日 木村正義 議長

ということで、下嶋幹事長、自民党から。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

自民党の意見としては、やはり1番、2番の表現、現在、もうある程度法律も、あるいは条例とかできているので、これを削除していただいて、「児童福祉法第34条」、下から、本文の2行目にありますが、その前に多少説明を加えていただければというふうに思うんですが。
それでしたら、自民党も乗れますということなんですけど。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

2016年3月28日 木村正義 議長

民主党、吉田幹事長。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

うちは、さっき申し上げたとおりでないと乗らないということです。

2016年3月28日 木村正義 議長

変わらないですね。
シブヤ笑顔、薬丸幹事長、改めて1と2、そして、本文の下から2行目から削除しろと。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

(「その前にちょっと質問いいですか。民主党さんのことで」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

質問ですか。
ちょっと待ってくださいね。
栗谷幹事長、どうぞ。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

性的対象がどうやって判断されるのか、法律に書くべきではないということなんですけれども、第34条の中でも、実はこれは道端で曲芸させているのかどうかとどういうふうに判断するのかというのもいろいろ難しいことだと思うんですが、6行目の最後のほうに、こういうようなことと称される性的な好奇心をターゲットとしたというふうにうたっていますので、こういうことというのはかなり限定されると思うんですけれども。
それでも、児童福祉法第34条を変更する際に、性的対象というものが定義されないから入れるべきではないという考えなのかどうか。

(「ちょっとおっしゃっている意味がわからないんですけど」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

ちょっと待って。
座談会じゃないですからね。
手を挙げて言ってください。
吉田幹事長。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

ちょっとおっしゃっている意味がわからないんですが。
この前も申し上げたとおりに、性的対象とする行為を、誰がどう判断するかということがやっぱりネックになると思うんです。
例えばアイドルの写真集を出したときに、これは性的対象とする行為なのかということとか、そういう判断がやはりなされないので、1、2を削除するのであればということです。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

2016年3月28日 木村正義 議長

栗谷幹事長。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

アイドルとは全く別物だと思いますのでね。
アイドルというのは芸能活動ですよね。
芸能活動ではなくて、いわゆる周りの大人がもうけるために、子どもを使って性的な好奇心を販売する、その行為と芸能活動と全く違うものだと思いますけれども。
芸能活動は、児童福祉法では規制されないですよ。

2016年3月28日 木村正義 議長

吉田幹事長。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

その判断も含めて不明確だと思います。

2016年3月28日 木村正義 議長

こういう議論になっちゃっていますが、その辺を薬丸幹事長、説明してください。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

前回、お持ち帰りいただいたときに説明をさせていただいたときにも申し上げたかもしれませんけれども、微妙なところを誰がどう判断するのかという次元を、今、もうそういう次元ではなく、誰がどう見てもアウトであろうというものが公然とまかり通っているということに焦点を当てていただきたいというふうに考えています。
どこまでが性的なのか、どこまでが性的じゃないのか、その微妙なところの判断というのは、それこそ一件一件の案件について、裁判所で判断してもらうしかないんじゃないかなと思いますけれども、それ以上に、絶対的に言えることは、実は私もきょうちょっと、とても表立っては出せないようなものですけれども、着エロというものをネットで調べてプリントアウトすると、どういうものが出てくるかというのを持っておりますけれども、とてもとても人前で見せられるようなものではない。
ですから、もう微妙なところに焦点を当てるのではなく、どう考えたってアウトでしょうというところをきっちりと取り締まれるような法律にしてもらいたい、そのための法改正をしてもらいたいということなので、そこら辺のご理解をいただきたいと思うんですけれども。

2016年3月28日 木村正義 議長

栗谷幹事長。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

やっぱりこれ、この意見書の主眼というのは、やっぱり子どもをどう守るかということだと思うんですね。
出された商品の判断をどうするかというよりも、そこに行き着く子どもたちをどう守るのかというところが、児童福祉法を変えてほしいという思いだと思っていますので、そこは忘れてはいけない点だということをちょっとお伝えしておきたい。

2016年3月28日 木村正義 議長

吉田幹事長。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

そうであるならば、1、2の項目がなくても、前段のところで十分通るのではないかという。
うちはそういう判断です。
聞かれているので。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

(「修正はオーケーだと言っているので」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

そういう議論ですので。
最終的に自民党もそういう意見がありましたから、シブヤ笑顔の薬丸幹事長、どうでしょう。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

シブヤ笑顔では、文言修正には前向きに、今、検討させていただきたいと思っておりますけれども、それで検討した結果、公明党さんと共産党さんも、それでよろしいかどうかというところを。

2016年3月28日 木村正義 議長

いやいや、1つ2つという、これが削除できればというところまではっきり、今、発言がありますから。
薬丸幹事長。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

1つ確認をさせてください。
先ほど民主党さんからは、「次の通り」という本文の下から2行目のところの4文字を削る、そして、1と2の文を全てこの5行にわたって削除をするということで、それ以外だと乗れないというお話ありましたけれども、先ほど自民党さんのほうからは、「次の通り、児童福祉法」、その「次の通り」を削って、そのところに、下の1番と2番に書いてある内容というか、そちらのほうを本文の中につけ足してというお話ありましたけど。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

(「つけ足すんだ」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

そういう話じゃないでしょう。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

そうとっちゃった。

2016年3月28日 木村正義 議長

ちょっと整理させてください。
自民党のほうは、1番、2番は、これは削除ということで、それと「次の通り」、先ほどから言っている、その前をもう少し厚くしろと。
この1番、2番を前後に組み入れろという意見だと思うんですが、いかがですか。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

(「前後に入れるということではなくて、厚くしてくれと。要約してくださいと」「だから、要約だから、入れるということでしょう」「要約で入れる」「入れたくないというところもある」「修正はさせてもらいますけど」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

民主党さんは、1番、2番はもうこれ削除ってはっきり言っていますから。
で、「次の通り」というところからも削除する。

(「次の通りって、4文字だけでしょう、削除」「4文字だけです」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

「次の通り」が要らないということですか。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

そうです。

2016年3月28日 木村正義 議長

その以下の文章は要るわけですか。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

要ります。
第34条等の改正を早急に求めるということです。

2016年3月28日 木村正義 議長

で、1番、2番は箇条書きになっているのはだめということですね。
自民党は文言修正で、そこで少し、1番、2番はこのままじゃなくて、本文のほうに少し厚くしろという意見ですか。

(参考)
1.18歳未満の子どもを性的対象とする行為の禁止。
2.女子高生等を客の性的好奇心に応ずる業務に従事させる行為の禁止。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

そうです。

2016年3月28日 木村正義 議長

ということで、薬丸幹事長、どうでしょうか。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

1番、2番を削除して、児童福祉法の前に少し厚くするということで、至急ちょっと文案を練ってみたいと思うんですが、文案というか、言葉を選んでみたいと思うんですが、お時間いただけますでしょうか。

(「民主党さんは、いいんでしょう」「ちょっと持ち帰らないとわからないです」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

暫時休憩します。

2016年3月28日 木村正義 議長

幹事長会を再開いたします。
休憩をとり、それぞれ会派で協議をいただいて、最終的に整文ができましたので、お配りいたしました整文をもって意見書提出をするということで、御異議ございませんか。

(「異議なし」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

よろしいですか。

(「はい」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

それでは、シブヤ笑顔から出されました、子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を求める意見書(案)、提出に決定いたしました。
なお、提出先は、ここに記載のとおりでございますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。

最終的に合意された意見書の内容は以下のとおりです。

2016年3月31日 渋谷区議会

「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」の改正により、児童ポルノの単純所持の禁止規定が平成27年4月に施行され、わが国は子どもを性の対象とすることを容認しない社会であることを国内外に明確に表明した。
しかしながら、いわゆる「着エロ(幼児・児童の半裸等あるいは水着、その他これに類する衣類を着用した姿)」や「ジュニアアイドルもの」などと称される性的好奇心をターゲットとした、子どもの半裸や水着姿の写真集やDVDが公然と販売されている。
また、女子高生等に男性客の性的好奇心に応じた様々なサービスを提供させる「JKビジネス」と称する業務も公然と行われている。しかし、言うまでもなく、こうしたサービスに従事する子どもが強姦や買春等の被害に遭う危険性は高く、これまで多数の子どもが性的犯罪被害に遭っている実態がある。
よって渋谷区議会は、国会及び政府に対し、児童福祉法第34条等を改正し、18歳未満の子どもを性的対象とする行為を禁止するよう強く要請する。

有益な論議でした。
児童ポルノ禁止法は、議員立法です。
閣法(内閣が提出した法案)ではありません。
議員立法の場合は、比較的短期間で制定することができる、という利点があります。
欠点は、法の抜け道、です。
閣法とはちがい、法律としての完成度は低いです。

(再掲。2016年3月25日 栗谷順彦 幹事長【公明党】)
児童ポルノ禁止法が施行されたんだけれども、やっぱり抜け道が少しあると

出演強要等を処罰する法律は、閣法(内閣が提出した法案)となる予定です。

2018年6月12日 小野瀬 厚 法務省 民事局長

お答えいたします。
先ほど、大臣のほうから答弁がありましたいわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議におきましては、
こういった問題につきましては有識者等の意見も参考に法的対応をふくめ必要な対応策を検討する
というふうにされているところでございます。

法務省といたしましても、そういった法的対応の検討につきまして必要な協力をしてまいりたい、というふうに考えております。

法案の完成がまたれます。
重厚で峻厳な法律となることはまちがいありません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月29日

#AV強要 に関心のある方保存願います
6月まで8ヵ月間、毎週1回90分六本木ヒルズで #洗脳 行為+αでこの囲われ様

亮さん← #青木亮
えりちゃん←坂田恵理子さやまえり
高畠先生←占い師高畠典子
琢ちゃん←鈴木琢也LANTANA社長
大西敬と坂上孝志は基本的に同行
飯田正和も週1~2

#MeToo #性的搾取

香西咲さん
2017年12月31日

(前略。)
彼ら一部の略式起訴からちょうど1年が経ちました。
来年は犯罪者達に性犯罪で刑務所に入って頂き、少しでも性犯罪の抑止力になります様に努めます。
一度壊してしまった健康は賠償では取り戻せません。
#AV強要
#MeToo

香西咲さん
2018年2月15日

まさか人を散々死の直前まで追いやりながら、自分達が無傷で居れるとでも?

人生は上手く出来てますよね。
自分のした事は全て自身に返ってくる。

——————————————————– 

(再掲。香西咲さん)
自分のした事は全て自身に返ってくる

政治家をふくめて、悪党が天寿を全うした、というはなしは聞いたことがありません。
どいつも途中で頓死しています。
2020年までに新法が制定されます。
犯罪者たちの無様(ぶざま)な態様を見物させていただきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

2年前に渋谷区議会は、出演強要に対する法規制をもとめました。まもなくその思いが結実します。香西咲さんを拉致したやつらにまっているのは牢獄です

以前、当ブログで、出演強要に対する渋谷区議会のとりくみについてふれたことがあります。

(参考。当ブログ)
2017年8月30日
2017年9月3日

2年前(2016年)の3月31日のことでした。
渋谷区議会が国会と内閣に対して、出演強要に関する意見書を提出しました。

<2016年3月31日>
NHK

(参考。渋谷区議会 アダルトビデオ出演等の強要の防止及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書

意見書の内容は以下のとおりです。

2016年3月31日 渋谷区議会

近年、若者が路上等で勧誘され、その意に反してアダルトビデオやアダルト動画チャット(ネットを介した性的な動画交信)に出演させられたという被害が相次いでいる。
勧誘当初はアダルトビデオ業者である事を隠し、学生証や身分証明書をコピーする等の手段により出演を強要するなど、その手口は極めて悪質である。
かかる行為は、個人の自由を奪い、暴力や脅しや騙しを使って個人の意に反して働かせ、その利益を搾取する犯罪行為である。
渋谷区には40社以上のアダルトビデオ・プロダクションが存在し、過去2年間に被害者支援団体に寄せられた相談114件のうち41件は、渋谷区内で勧誘、撮影、又は制作が行われた実態があり、その被害は急増傾向にある。
渋谷区はこれらの実情に鑑み、渋谷区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例に基づき勧誘行為を禁止し、対策の強化に取り組んでいるものの、国による抜本的な対策が急務である。
よって渋谷区議会は、国会及び政府に対し、こうしたアダルトビデオ業者等による個人の意に反する形での勧誘、雇用、派遣、制作、販売、貸出し、配信等による性的被害を防止し、実態調査、公安委員会への届け出、立ち入り調査等による被害者の救済を行うため、罰則付きの総合的な法整備を強く要請する。

業界にとって辛辣な文章で構成されています。
この決議文は全会一致で可決されました。
審議の過程で異議を唱える議員はいなかったのでしょうか。
渋谷区議会が舞台裏を公開しています。
当該議事録を参照します。

(2016年3月25日 渋谷区議会「幹事長会記録」より、引用。)

2016年3月25日 木村正義 議長

それでは、2枚目、お願いします。
2枚目も似たような。
薬丸幹事長。

2016年3月25日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

シブヤ笑顔、2本目でございます。
こちらは、性的搾取の防止、及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書(案)でございます。
こちらのほうは、法の抜け道となっている状態ということで法整備を求める意見書(案)でございます。

内容としましては、近年、渋谷を訪れた若者たちもそうなんですが、特に顕著で見られるんですが、路上等でスカウト、勧誘などをされ、個人の意思に反してポルノビデオとかアダルト動画のチャットなどに出演させられたという被害が横行している状態でございます。
勧誘当初は、ポルノビデオじゃない、普通に芸能人、アイドルにならないかというようなことで勧誘しながら、学生証とか身分証明書をコピーして、それを盾に、親に言うぞ、もしくは学校に言うぞということで、半ば、半ばじゃないですね、おどし、だまし、そういうような手口を使って、さらには言葉、または実際の暴力、そういうものも使って、その若者をねじ伏せてアダルトビデオに出演させる、もしくはアダルト動画に出演させるというような状況がかなり見られております。

実際に、この渋谷区においても、渋谷区は残念ながら非常にアダルトビデオプロダクションが多いということで認識を受けている区だそうでございます。
被害者支援団体によれば40社以上あるということで、この直近2年間で相談された114件のうち、3割強、41件が渋谷区内で勧誘、撮影、制作されたという状況になっています。
渋谷区でも客引き禁止条例とかそういうものをやっているんですけれども、なかなか追いついていかないのが現状でありますし、国に対して抜本的な対策を求めたいということで、個人の意に反する形での性的搾取、また、それを禁止して被害者の救済を行うため、罰則つきの総合的な法整備を要請したいということで意見書(案)をつくらせていただきました。
ぜひよろしくお願いいたします。

2016年3月25日 木村正義 議長

御質疑がありましたら。
よろしいですか。

(「はい」と言う者あり)

2016年3月25日 木村正義 議長

ちょっと私もコメントがあるんですけど、やめておきます。
続きまして、まだ民主党でいいのかな。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

まだです。

2016年3月25日 木村正義 議長

まだですか。

2016年3月25日 吉田佳代子 幹事長(民主党)

はい、そうです。
まだ大丈夫です。
今月末まで。

(「今月末までか」と言う者あり)

2016年3月25日 木村正義 議長

ちょっとそういう話じゃないから。

渋谷区議会で、アダルトビデオ出演等の強要の防止及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書を発案したのは、シブヤを笑顔にする会であったようです。
3日後(2016年3月28日)ふたたび、幹事長会が開催されました。

(2016年3月28日 渋谷区議会「幹事長会記録」より、引用。)

2016年3月28日 木村正義 議長

続いて、シブヤ笑顔、2番です。
性的搾取の防止、及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書(案)、これについてそれぞれ御意見をいただきます。
自民党、下嶋幹事長。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

笑顔さんの2番の性的搾取の防止の意見書(案)でございますが、渋谷区の中でかなり行われているということもあり、この内容に関しては、問題なく賛成はさせていただくんですが、ただ、1点だけちょっと、性的搾取の防止、性的搾取という正式な言葉があるんでしょうか。
この辺をちょっと聞きたいなというふうに思います。

2016年3月28日 木村正義 議長

薬丸幹事長、どうぞ。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

本文6行目のところ、「かかる行為は」というところから3行にわたり、性的搾取ということの定義づけを書かせていただきました。
一文読ませていただきますが、
「かかる行為は、『個人の自由』を奪い、暴力や脅しや騙しを使って『個人の意に反して』働かせ、その利益を『搾取する』犯罪行為であり、このような行動は『性的搾取』にほかならない」
ということで、利益を搾取するということで、またその内容が性的なものであるということで、性的搾取という言葉を使わせていただいた次第でございますが。

2016年3月28日 木村正義 議長

下嶋幹事長。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

もう本文は何度も読ませていただいて、説明はよくわかるんですが、法的にきちっとした性的搾取という言葉があるんですか。
そこをちょっと。

2016年3月28日 木村正義 議長

なければ、もうちょっとわかりやすい言葉で。
例えばどんなことですか。

2016年3月28日 下嶋倫朗 幹事長(自民党)

例えば性的被害者の救済を求めるとか。
性的搾取という言葉がどうもちょっとひっかかりが。

(「いや、性的被害者となると、いろんなものが出てくるので」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

搾取というのはどういうことか、法的言葉かということでしょう。
薬丸幹事長。

2016年3月28日 薬丸義人 幹事長(シブヤを笑顔にする会)

もちろん搾取という言葉は定義づけられた言葉でございますので。
通常、使われる搾取という言葉は、搾り取るということで使われる言葉でございますので。

2016年3月28日 木村正義 議長

栗谷幹事長。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

僕も読んで、こういうふうに解釈したんですけれども、搾取だけになると、やはり人身売買だとか、そういうものも当然そういうふうになってきますので。
性的なものがなくてもですね。
そういう人権無視のこともありますので。
ただ、自民党が言った性的被害者になってしまうと、今度は逆に、レイプだとか、この意見書の趣旨だけではない、がーっと広くなってしまうので。
むしろ、今、問題になっている、渋谷が舞台になっている、そういうアダルトビデオの勧誘とか制作に関することが多分、テーマである以上、やはり意に反してそういう仕事に従事させて、周りの人間はもうけるわけですから、そういう意味で性的搾取という言葉なのかなというふうには解釈しましたけど。

2016年3月28日 木村正義 議長

わかりました。
自民党さんのそういう言葉、文章、ロジックがあるということだけ申し上げて、次に進みましょう。
公明党さんは。
どうぞ、栗谷幹事長。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

今も言ったとおり、やはり渋谷が一つの舞台になっている、これはゆゆしき問題であるということと、渋谷の子どもたちというか、渋谷の人たちはこういう目には遭ってないということを望みますけれども、そういう意味では、しっかり渋谷でこういうことが起こらないように、だからこそ渋谷から出す意義というのがあるのかなというふうに思いましたので、ぜひ採択したいと思います。

2016年3月28日 木村正義 議長

賛成ですね。

2016年3月28日 栗谷順彦 幹事長(公明党)

はい、賛成です。

2016年3月28日 木村正義 議長

共産党、改めて。

2016年3月28日 五十嵐千代子 幹事長(日本共産党)

私どもも、相談に乗っている団体の方からも直接、この案文にあるような事例が多数渋谷区内で起きているということを聞いておりますので、そういう点では、早急に渋谷区から法整備を求める意見書を出すことが重要だというふうに考えておりますので、賛成です。

2016年3月28日 木村正義 議長

民主党、どうぞ、吉田幹事長。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)  

ちょっと何となく文章がごちゃごちゃしている感はあるんですが、趣旨は賛同いたします。
括弧書きがちょっと多いかなとは思います。

2016年3月28日 木村正義 議長

でも、賛成ですね。

2016年3月28日 吉田佳代子 幹事長(民主党)  

はい。

2016年3月28日 木村正義 議長

須田議員。

2016年3月28日 須田賢 区議(無所属)

こちらの意見書(案)につきまして、先ほど民主党さんから括弧書きが多いということがあったんですけれども、私もちょっとそう思ったんですが、こちらの内容については、趣旨については、賛同できますので、賛同いたします。

2016年3月28日 木村正義 議長

それでは、自民党だけが、搾取ということで、搾り取るということで、今、説明がありました。
ちょっと休憩して、持ち帰ってください。
暫時休憩します。

休憩後、審議が再開されました。

2016年3月28日 木村正義 議長

幹事長会、再開をいたします。
大変長時間休憩をとっていただいて、シブヤ笑顔から出された2本目の意見書なんですが、それぞれ皆さんからいろいろと御意見等をいただいて、お手元に配付してある文案のとおり決定することに御異議ございませんか。

(参考。修正案)
かかる行為は、個人の自由を奪い、暴力や脅しや騙しを使って個人の意に反して働かせ、その利益を搾取する犯罪行為である

(「異議なし」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

なお、宛先もそれぞれここに記入されておりますので、このとおりとさせていただきますが、御異議ございませんか。

(「異議なし」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

それと、確認ですが、シブヤ笑顔の1枚目の意見書(子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を求める意見書)についても、それぞれ文言等々、御異議ございませんね。

(「異議なし」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

それと、それぞれ提案者、提出者、サインをいただきました。
本会議で提案理由の説明は、自民党、下嶋幹事長で御異議ございませんか。

(「異議なし」と言う者あり)

2016年3月28日 木村正義 議長

ということでございますので、提案理由の説明は下嶋幹事長にお願いをいたします。
そのほか何かございますか。

(「なし」と言う者あり)
——————————————————–

協議の結果、修正がはかられました。
原案と修正案を対照します。

(原案)

かかる行為は、「個人の自由」を奪い、暴力や脅しや騙しを使って「個人の意に反して」働かせ、その利益を「搾取する」犯罪行為であり、このような行動は「性的搾取」にほかならない。

(修正案)

かかる行為は、個人の自由を奪い、暴力や脅しや騙しを使って個人の意に反して働かせ、その利益を搾取する犯罪行為である。

修正案のほうが酷烈です。
「寸鉄人を刺す」(短いことばで要所を衝く)
といったところでしょうか。
流石(さすが)、自民党です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月14日

契約書を盾に止めさせてもくれない、かと言って事務所に居続けたら、V撮影と性接待(勿論金銭のやり取りなし)に都合良く使われて青木亮に飼い殺しになる…
本気で死にたかった。
あの頃の私はトラックに突っ込んで欲しかった。

(再掲。渋谷区議会の意見書)
かかる行為は、個人の自由を奪い、暴力や脅しや騙しを使って個人の意に反して働かせ、その利益を搾取する犯罪行為である

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年7月2日

親は普通のサラリーマン。借入してまで大学出してくれた。
言わば私だけでなく家族も犠牲にして少なく見積もって7000万円は荒稼ぎし、家族の人生を台無しにした #青木亮 にやってもらわないとね。 #坂上孝志 #大樹総研 #矢島義也

香西咲さん
2017年11月29日

#MeToo
#青木亮 から出された契約書にはアダルト内容の記載は一切ありませんでした。私が自由に契約内容を変えて良いよとまで言われ信頼
2日後東京から車で富士山の麓まで連れていかれ #AV強要

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

香西咲さん
(2016年10月17日 AFP「出演強要の罠、警告する日本のAV女優たち」より)

ただ泣くしかできず。
周りで20人くらいの大人たちがせかすように構えて待っている。
あの中で、女性1人で囲まれても、私じゃなくても断れない。

香西咲さん
2018年1月26日

あ、成立しないって言うのは #AV強要 です。
#MUTEKI プロデューサー #杉浦右近 が富士山麓のスタジオを選んたのだから。
あと細江さんというよく分からないコーディネーターが入ってた。
#無敵 決起会?の時にトイレでトイレットペーパーを全身に巻き付けてゾンビみたいな格好して出てくる人。

香西咲さん
2018年3月11日

ありがとうございます。
冒頭に泣いてるシーンありましたが、
あれは追い詰められて涙止まらなくて3時間近くカメラ止めてるんです。
何でこんな事になったのかパニックになっていました。富士山樹海近くの山の中だから逃げ場も無かったですし。20人程の男性に囲まれてました。女性は私一人。

後日AV契約書の存在を知らされ、サインする様に強要されました。
#アットハニーズAV強要
#性的搾取

——————————————————–

(再掲。渋谷区議会の意見書)
かかる行為は、個人の自由を奪い、暴力や脅しや騙しを使って個人の意に反して働かせ、その利益を搾取する犯罪行為である
被害者の救済を行うため、罰則付きの総合的な法整備を強く要請する

渋谷区議会の思い、といいますか、
「新法を制定してほしい」
との国民の渇望は、オリンピックまでに結実します。
香西咲さんの人生を破壊したやつらにまっているのは牢獄です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ