職業安定法のつぎは、売春防止法です。香西咲さんたち被害者はわいせつビデオ業界に命を削られました。業界人が管理売春の罪で逮捕されることを期待しています

昨日、海野さんから連絡がありました。
海野さんは、出演強要などに荷担している弁護士の懲戒をもとめているかたです。
時には刑事告発もおこないます。
海野さんは以前、ある弁護士の懲戒を請求しました。
その弁護士は、主(しゅ)ではなく、従(じゅう)の立場で女性に圧力をかけていました。
後日、地元の弁護士会は懲戒請求を却下しました。
海野さんは、日弁連に対して異議を申し立てました。
昨日、結果が届いたとのことです。

(一部分を引用。)

日弁連は前回、別の弁護士の事案で適切な判断をくだしました。
今回の件についても刮目(かつもく)して待っています。

(神原元 弁護士のツイートより、引用。)

神原元 弁護士
<2018年10月18日>

先日、神原元弁護士のツイートを遡ってみました。
山口貴士弁護士に対する言辞が散見されます。
たとえば、以下の記述がありました。

(神原元 弁護士のツイートより、引用。)

神原元 弁護士
<2018年5月12日>

神原元 弁護士
<2018年10月28日>

無実の人々を卑しめるデマを流し続ける山口貴士の人権感覚はネトウヨ以下である。弁護士バッチは早期に返上するべきであろう
神原元弁護士からこのようなことばを浴びせられている山口貴士弁護士は、AV人権倫理機構の理事でもあります。

(山口貴士弁護士のツイートより、引用。)

山口貴士弁護士(AV人権倫理機構 理事)
<2018年1月23日>

神原元弁護士による山口貴士弁護士への批判は小気味よいです。
そうは思ったものの、実際のところはどうなのでしょう。
ただ単にじゃれ合っているだけならば、興醒めですが。

(再掲)

このことばは至言です。
数多(あまた)の悪徳弁護士たちに読ませてやりたいです。

神原元弁護士のほかにも、まともな弁護士はいます。
過日、あるかたから情報をいただきました。
「弁護士ドットコムに、有益な論説が掲載されている」
と。
当該サイトを参照します。

(2014年5月4日 弁護士ドットコム「AVと売春について」より、引用。)

プリストスさん
AVで女優等が性行為を行い給与を得ることは、売春防止法の禁じる売春には該当しないのでしょうか?

萩原猛 弁護士

AVだろうが何だろうが、売春防止法2条の「売春」の定義に該当すれば、同法の「売春」ということになるのは当然です。

(参考。売春防止法

(定義)
第2条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

プリストスさん
女優のギャラ等がそれに該当するかという質問なんですが

萩原猛 弁護士

ギャラだろうが何だろうが、不特定の性交相手との対価なら、売春防止法2条の「対償」です。

(参考。売春防止法

(定義)
第2条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

プリストスさん
対価か否かなどどのように判断すれば良いのでしょう? 該当するならAVメーカーは管理買春等で摘発されてしまうように思いますが、そんなこともなさそうですし

萩原猛 弁護士

警察が、関係者から事情聴取すれば、直ぐ分かるでしょう。
世の中に発生している「犯罪」が全て摘発されているわけではありません。
殆どの「犯罪」は摘発されていません。

(参考。売春防止法

(定義)
第2条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

(後略。)

萩原猛弁護士はどのようなかたなのでしょうか。

萩原猛弁護士はリベラルな思想の持ち主であるようです。
そのようなかたが、
AVだろうが何だろうが、売春防止法2条の「売春」の定義に該当すれば、同法の「売春」ということになるのは当然です
とのべました。
傾聴に値します。

(2018年2月2日 withnews「AV強要、非公開だった警察説明会の中身 出席者『これでは生殺し』」より引用。)

2018年2月2日 withnews

政府などが対策を進めるAV出演強要問題で、警視庁が2月1日、AVメーカーやAVプロダクションの社員ら約180人を集め、「事件説明会」を開きました。
話の最後で、管理官は「お願い」の言葉を述べました。

売春防止法、職業安定法、労働者派遣法など各種法令を守って事業活動を実施して頂きたい」

警察はいま、職業安定法を適用して、わいせつビデオ業界人を検挙しています。
ウォーミングアップといったところでしょうか。
もうそろそろ売春防止法を適用してほしいです。
メーカーとプロダクションの関係者が管理売春の罪で捕獲されることを期待しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月10日

【RT拡散希望】
何本も出てるのに何故辞められないか?にも触れられています。
経験者しか分からないでしょう。
実に8ヶ月間におよぶ洗脳行為です。

#文春砲
#週刊文春
#AV強要

(2016年9月24日 withnews「AV強要 現役女優・香西咲が語る『洗脳』から出演までの8カ月」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

「もう死にたい」
「トラックが私に突っ込んできてくれないかな。そうして死ぬのが一番楽だ」
毎日、そう考えるようになり、周辺に話をするようになった。

香西咲さん
2016年10月28日

隅に追いやっていたトラウマを掘り起こすのはとてつもない労力が要りますね。
精神的にも、ついこの間までは普通の精神を保てたのに、思い出した瞬間動悸や頭痛吐き気…この突然の変化は経験者にしか分からない。女性の共犯者達は特に最低。

香西咲さん
2017年12月6日

加害者はすぐに忘れていく一方で、
被害者は後遺症と地味に長く付き合っていかないといけない。
一生モノの傷。
#AV強要
#性的搾取
#人身売買
#HumanTrafficking
#青木亮

香西咲さんは犯罪者たちによって命を削られました。
心身を破壊されました。
わいせつビデオ業界は女性に対する搾取で成り立っています。
こいつらはぜったいにゆるしません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

職業安定法のつぎは、売春防止法です。香西咲さんたち被害者はわいせつビデオ業界に命を削られました。業界人が管理売春の罪で逮捕されることを期待しています」への1件のフィードバック

  1. 海野

    そして、この判例が大事ですね。

    弁護士の依頼者の違法行為を防止する義務
    「弁護士は社会正義を実現すること等の使命に基づき、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持に努力しなければならないとされている(弁護1条)のであるから、自己の受任した法律事務に関連して違法な行為が行われるおそれがあることを知つた場合には、これを阻止するように最大限の努力を尽くすべきものであり、これを黙過することは許されないものであると解される。そして、これは単に弁護士倫理の問題であるにとどまらず、法的義務であるといわなければならない。」
    (東京地判昭62.10.15判タ658号149頁)

    引用終わり

    弁護士は依頼者のために、最善の努力をしなければいけないのですが、犯罪の幇助や加担及び
    違法行為の助長をしてまで、依頼者の利益に傾いて仕事はしてはダメということです。

    南雲豊作が売春防止法で逮捕されています。
    その時の、顧問弁護士が宮本智弁護士です、彼は様々な悪徳業者の利益のために動く
    弁護士です。犯罪を助長し、もはや加担状態だと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。