業界人が職業安定法違反で逮捕されました(その2)。警察は今後、さらに重い罪で検挙することを考えています。香西咲さんを幽閉した青木たちはかならず捕獲されます

昨日のブログでもふれました。
またしても、わいせつビデオにかかずらっている輩(やから)が逮捕されました。

(参考。当ブログ)
2018年11月8日

容疑は、職業安定法違反(有害業務募集)です。

(参考。職業安定法
第63条

次の各号のいずれかに該当する者は、これを1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する。

二 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者


(記事より)
男は2017年1月15~31日、福岡県内の女性(当時20歳代)にメールなどで繰り返し、『会員制アダルトサイトでの撮影は可能ですか』などと勧誘した疑い


(記事より)
逮捕容疑は昨年1月15日から31日にかけて、県内の30代女性に電子メールや電話で『アダルトサイトの撮影は可能でしょうか』『1回の出演でギャラ5万円』とAV出演を勧誘した疑い

ネット上に「モデル募集」と書き込み、出演者を募っていた

昨日の報道には虚を衝かれました。

(再掲。読売新聞)

男は2017年1月15~31日、福岡県内の女性(当時20歳代)にメールなどで繰り返し、
「会員制アダルトサイトでの撮影は可能ですか」
などと勧誘した疑い。

(再掲。西日本新聞)

逮捕容疑は昨年1月15日から31日にかけて、県内の30代女性に電子メール電話
「アダルトサイトの撮影は可能でしょうか」
「1回の出演でギャラ5万円」
とAV出演を勧誘した疑い。

容疑者の有川幸夫(58歳。東京都大田区南雪谷2丁目)は、わいせつビデオの製造を生業(なりわい)にしているようです。
このたび女性に対して、メールや電話をもちいて出演を勧誘しただけで、逮捕されました。
数年前にはあり得なかった事態が現在、起きています。

(ログミーに掲載された女性の手記より、引用。改行を施しています。)

プロダクションから2,460万円の違約金を請求された女性

しかし、警察の人はプロダクションに事情を聴いたあとで、私に対して
「あと2本出演したらどうか」
と言ってきました。

(※女性は2014年10月1日にプロダクションからうったえられる。2015年9月9日に勝訴する。)

(2016年1月25日 労働旬報社「賃金と社会保障1月合併号」より、引用。改行を施しています。)

<31ページ>
2016年1月25日 宮本節子 PAPS世話人

AVと類似の行為がおこなわれている(略)性風俗の事例を扱った判例には、職業安定法第63条2号の「公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介、労働者の募集」、労働者派遣法58条「公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者派遣をした者」の条項を適用したものがある。

しかし、これらの判例は(AV出演強要の)性被害者対策のためには生かされなかった。

これらの法を適用して(AV出演強要被害の)女性救済に役立てようという発想が、取り締まり当局にないのだろうか

警察はいま、わいせつビデオ業界に対して労働者派遣法と職業安定法を適用しています。
先々月も、わいせつビデオ業界人が職業安定法違反で逮捕されました。

(参考。当ブログ)
2018年10月11日
2018年10月12日

事件をふりかえってみます。

(2018年9月21日 サンスポ「少女にJKビジネス紹介『風俗とは違います』 岐阜の男逮捕、派遣型風俗店運営」より、引用。改行を施しています。)

2018年9月21日 サンスポ

性的サービスを伴わないエステ店でのアルバイト面接と偽り、少女にAV出演や「JKビジネス」を勧誘したとして、愛知県警南署は21日、職業安定法違反(有害業務目的紹介)の疑いで、岐阜県高山市、会社員の男(26)を逮捕した。
(中略。)
逮捕容疑は昨年10月、名古屋市中区のホテルで、エステ店アルバイト採用として面接した当時18歳の女子高校生にAV出演を勧め、今年4月には同市中村区の飲食店で同様に面接した当時16歳の女子高校生に性的サービスを提供するマッサージ嬢として働くよう勧誘した疑い。
(後略。)

中日新聞によりますと、逮捕された市山将生容疑者(26歳)は、18歳の女性をつぎのことばでさそっています。

(2018年9月21日 中日新聞「JKビジネスあっせん 愛知県警、高山の容疑者逮捕」より、引用。改行を施しています。)

2018年9月21日 中日新聞

面談に訪れた女子高生に
「AVがもうかる」
などと言って、出演させようとした疑いがもたれている。


——————————————————–

今年の2月1日のことです。
警視庁は、わいせつビデオ(適正AV)業界人をあつめて説明会をひらきました。
その席で警視庁の売春担当管理官が法令の適用をほのめかした、と報じられています。

(2018年2月2日 withnews「AV強要、非公開だった警察説明会の中身 出席者『これでは生殺し』」より引用。)

2018年2月2日 withnews

(警視庁の売春担当管理官)

「売春防止法、職業安定法、労働者派遣法など各種法令を守って事業活動を実施して頂きたい」

PAPS世話人の宮本節子さんは3年ほど前に、
これらの法(労働者派遣法、職業安定法)を適用して(AV出演強要被害の)女性救済に役立てようという発想が、取り締まり当局にないのだろうか
と慨嘆しました。
その数か月後、警察は、労働者派遣法を適用しました。
最近は、職業安定法による検挙がめだちます。

(再掲。警視庁の売春担当管理官)
売春防止法、職業安定法、労働者派遣法など各種法令を守って事業活動を実施して頂きたい

つぎは売春防止法の番です。

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)
<2016年3月5日>


(再掲)
『真面目にやっている人もいる』ではなく、すべてクリーンという証拠が必要です

川奈まり子さん(作家)
<2016年8月6日>


(再掲)
管理売春と見做されるまであと一歩です

荒井禎雄さん(ライター)
<2016年8月6日>


(再掲)
AVが派遣法違反でヤラれるって事が本当に理解できていたら、その先に売防法違反まで待ち構えているって解るはずなんですけどねえ

荒井禎雄さん(ライター)
<2017年6月11日>


(再掲)
警察は遂に売防法や強姦を振りかざすようになってきた

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年11月23日

現行法では派遣法違反
青木亮が私達に対してしてきた事は全てこれから戦わなくてはなりません。

香西咲さん
2018年2月27日

#青木亮 に関しては
週刊文春に始まり、霞ヶ関、警察庁…
#AV強要 加害者としての理解は広まって参りました。
#労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう。

——————————————————–

警察は検挙に関して、以下の段階を経ていると思惟(しい)します。

<法令の適用>
労働者派遣法(有害業務に関する規定)
  
職業安定法(有害業務に関する規定)
  
淫行勧誘罪
  
売春防止法(管理売春に関する規定)
  
強姦罪

現在は淫行勧誘罪まできました。
つぎは売春防止法です。

(再掲。香西咲さん)
労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう

最後に控えているのは強姦罪です。
警察はかならず、強姦罪を適用します。
出演強要を罰する新法が制定されたさいには強姦罪に類する罪状で逮捕します。
香西咲さんの願いはかならず成就します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

業界人が職業安定法違反で逮捕されました(その2)。警察は今後、さらに重い罪で検挙することを考えています。香西咲さんを幽閉した青木たちはかならず捕獲されます」への1件のフィードバック

  1. 海野

    良い動き、良い流れです。
    この後は、悪徳弁護士も逮捕して欲しいですね。

    その前に、きちんと日弁連で宮本智や菅谷幸彦を懲戒処分すれば
    このような反社事業に参加する弁護士も減ることでしょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。