香西咲さんは悪徳弁護士によって自由をうばわれました。悪徳弁護士は犯罪者です。わいせつビデオ(適正AV)業界と同様、滅びる運命にあります

昨日のブログで、悪徳弁護士について言及しました。
そのあと、海野さんからコメントをいただきました。
海野さんは第二東京弁護士会に対して、宮本智弁護士の懲戒をもとめているかたです。
コメントの一部を引用します。

当ブログへのコメントより、引用。)

2018年10月31日 海野さん

2弁(第二東京弁護士会)は出演強要側の弁護士の方が多いですね、余談ですが宮本智・田中絵美【現在・中台】 安田弁護士【山口母子殺害事件の弁護人】菅谷幸彦【金澤事件の代理人】もすべてみんなみんな2弁(第二東京弁護士会)なんですよ。
打越さくら弁護士も2弁(第二東京弁護士会)ですよ。

ちなみに、法律事務所オーセンス代表の元榮太一郎弁護士も、第二東京弁護士会に所属しています。

2018年10月31日 海野さん

2弁(第二東京弁護士会)はいつも人権だと喚いていますが、実際は偽善的で他の弁護士会の弁護士より懲戒処分件数も多く、悪質な事案での懲戒処分が多いです。

(神原元 弁護士のツイートより、引用。)

神原元 弁護士
<2018年10月23日>

2018年10月31日 海野さん

お金は欲しいでも!自分のカラーリベラルでいたいと思う弁護士が2弁(第二東京弁護士会)系に多いですね、横領・事件放置・非弁提携など2弁(第二東京弁護士会)は非行の百貨店です。

処分も甘いのが2弁(第二東京弁護士会)です。

処分も甘いのが2弁(第二東京弁護士会)です
身内に甘い、ということでしょうか。
例外もあるようです。
第二東京弁護士会は表向き、反権力を標榜しています。
権力側と近い弁護士に対しては、対応がことなります。

(2018年7月18日 朝日新聞「懲戒処分の野村修也弁護士、不服申し立ての意向」より、引用。改行を施しています。)

2018年7月18日 朝日新聞

大阪市が2012年に、全職員を対象に労働組合などの活動を調べたアンケートをめぐり、第二東京弁護士会(2018年7月)17日、調査の実施責任者だった野村修也弁護士が「職員の基本的人権を侵害した」として、業務停止1カ月の懲戒処分にした。
同弁護士会(第二東京弁護士会)はアンケートの質問について「職員の団結権、プライバシー権、政治活動の自由の侵害など、憲法や労働組合法に違反する内容が記載されている」と指摘。
質問項目や実施方法を考慮すると、基本的人権を侵害し、弁護士の「品位を失うべき非行」にあたると結論づけた。

基本的人権を侵害し、弁護士の『品位を失うべき非行』にあたると結論づけた
いっぽう、出演強要をおこなった宮本智弁護士に対してはお咎めなしです。
注 現在、海野さんは、日弁連に2度目の異議申立をおこなっています。)
第二東京弁護士会は、
「出演強要は基本的人権の侵害にあたらない」
と判断しました。
政府の認識はちがいます。
内閣官房長官は昨年、定例の記者会見で、つぎのようにのべました。

(2017年3月16日午前 首相官邸「内閣官房長官記者会見」より)

<15分ごろから>
(※音声の文字化は、筆者。)
2017年3月16日 記者

女性らがアダルトビデオへの出演を強要されているという被害がふえているという問題でですね、昨日公明党のプロジェクトチームが、被害防止救済のための提言を長官に提出したと思います。
安倍政権のテーマであります女性活躍、働き方改革にもかかわる問題だと思いますが、この問題のご所見と具体的にとりくむとすればどういったタイミングで進められるのかを教えてください。

2017年3月16日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

まずこの問題についてはですね、女性に対する暴力にあたる重大な人権侵害である、という認識をしております。

政府においてもですね、男女共同参画会議の専門調査会において、実態把握をするために、現状と課題について、一昨日報告書をとりまとめております。

女性に対する暴力は、安倍内閣がすすめる、女性活躍の前提となる、安全で安心な暮らしの基盤をゆるがす、きわめて大事な問題である、と受けとめています。
政府をあげてとりくみの強化、そして、相談体制の充実、教育、啓発のとりくみの強化等にとりくんでいく必要がある、というふうに思っています。

昨日、公明党のみなさんからちょうだいしましたそうした要請、要望書のなかにもありましたようにですね、早急に、ということでしたので、政府横断的に関係省庁の局長会議、これを設置をする。
このことを指示しています。
来週にでも、可能なとりくみから開催をして、実施をしていきたい、このように思っております。

特にまた、4月からは、進学だとか就職だとかですね、こうしたものにともなって、若い人の環境がおおきくかわる時期でありますので、被害にあうリスクが高まってくることが予測されますので、そうした被害をうまないための広報、啓発、とりくみの強化。
そして、万一、被害にあわれたかたの相談体制、こうしたものを拍車をかけておこなっていきたいと思います。

内閣官房長官は、出演強要は重大な人権侵害である、と声を荒げました。
第二東京弁護士会は日ごろより、安倍政権を糾弾しています。
政府と第二東京弁護士会のどちらが人権を重視しているのでしょうか。
自明です。

(再掲。海野さん)
2弁(第二東京弁護士会)はいつも人権だと喚いていますが、実際は偽善的

第二東京弁護士会は言うに及ばず、なぜ悪徳弁護士はわいせつビデオ(適正AV)業界と結託するのでしょう。

(神原元 弁護士のツイートより、引用。)

神原元 弁護士
<2018年10月18日>

すべてはカネです。
悪徳弁護士はカネのことしか考えていません。

悪徳弁護士はこれまで、いったいどれだけの女性を死に追いやったのでしょうか。

(PAPSのツイートより、引用。)

PAPS
<2018年10月14日>

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月28日

このTwitterもどうなるか
分からないので、気になる部分があれば要所バックアップ取ってください。
また虐められそうなので。

香西咲さん
2017年11月28日

事務所辞めた後もずっと監視されていて、相手方の事を少しでもネガテイブ発言するとすぐに相手方弁護士からクレームの電話来たりしてたので。
正式に報道されてからは無くなりましたが。

香西咲さん
2018年2月20日

画像ももちろん
精神も身体も引き摺って生きて行く時間の方が長いです。
理解して下さる人はなかなか少ないのが現実。
#青木亮 と弁護士は到底理解しようとしない。
生き地獄。

——————————————————–

わいせつビデオ(適正AV)業界人と同様に、悪徳弁護士の余命もあとわずかです。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ) 

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

悪はかならず滅びます。
これが世の必然です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さんは悪徳弁護士によって自由をうばわれました。悪徳弁護士は犯罪者です。わいせつビデオ(適正AV)業界と同様、滅びる運命にあります」への2件のフィードバック

  1. 海野

    金沢真一の事実上の幇助犯の菅谷弁護士を2弁は処分できるのでしょうか?
    私が菅谷に懲戒請求をして、はや1年を経過しました。

    一体、2弁は何をそこまで決定に時間がかかっているんですかね?

    2弁の倫理基準や判断基準は世間と乖離しています。

    私も実は現政権に対して肯定的ではありません、ですが、
    2弁に賛同できません、なぜなら人権を標ぼうしながら
    実態はモラルがないに等しいからです。

    返信
  2. 海野

    2弁の懲戒処分の均等が取れていませんね。
    野村弁護士の処分は確かに重い気がします。

    通常、この程度なら戒告が相場です。
    それに対して宮本はなんの処分も出ません。

    野村弁護士は、審査請求を日弁連にしているので、日弁連の判断を
    待ちたいですね、日弁連は2弁よりはまともだと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。