性犯罪の履歴者にGPSを(その6)。犯罪者にも人権があるとの勢力が業界を増長させ、香西咲さんたちのような被害者を生み出しました。人権派もまた加害者です

かつて宮城県では性犯罪の履歴者にGPSを携帯させようとしたことがあります。

(参考。当ブログ)
2018年9月25日
2018年9月26日
2018年9月27日
2018年9月28日
2018年9月29日

県議会では賛否が分かれました。

(2011年3月7日「宮城県知事記者会見【平成23年3月7日」より、引用。)

2011年3月7日 村井嘉浩 宮城県知事

議会での質疑等を受けて感じたことでありますが、あの場では当然慎重なご意見が非常に多かったように受け止めました。

昨日、民主党の坂下康子県議の論説をご紹介しました。
2011年3月2日の県議会での発言です。
もう一度、引きます。

(再掲。坂下康子 県議)
知事は、犯罪者には人権がないとお考えでしょうか

一番攻撃されやすい人間(性犯罪者)を攻撃する、いじめの構造と同様のにおいを感じます

性犯罪者は再犯が多いというのは、やはり都市伝説にすぎないようです

かつて、佐渡に島送りになった罪人には、その刑罰をあらわす入れ墨が施されました。明らかな差別です。村井知事は江戸時代と同じことをやろうとしています

何も額に性犯罪者と書く必要はないのです

もとより、更生の道はイバラの道です。そのイバラの道に逆茂木を植え込むような人は、鬼畜と呼ばれるでしょう

当日、坂下県議はGPSの件のほかに、児童ポルノの単純所持を禁止する構想についても異を唱えました。
こちらもみてみます。

宮城県議会

2011年3月2日

2011年3月2日 坂下康子 県議(民主党)

次に、児童ポルノ単純所持問題について伺います。

平和な時代の何げない法律が、平和ではない時代に悪用されるということを、私たち日本人は、戦前・戦中の歴史で学びました。

今回話題になっている児童ポルノの単純所持は、悪用の可能性が無限大にあるという法律です。
一見、正しくて当たり前のように見える法律も、運用する側に悪意があればどうにでも使えるということです。
そのような法律は、おおむねこのようなタイプの社会的に攻撃しやすい相手を目標にします。
問題は、児童ポルノというあいまいな存在にあります。

飲酒や喫煙の許容範囲が国によって違うように、女性に対する感覚、特に年齢に関する感覚には大きな差があります。
日本女性はおおむね若く見られがちで、私も海外でお酒を飲もうとすると、身分証明を見せる羽目になっていました。
最近は必要なくなってしまい、さみしい限りです。
見る人によって全く別の印象になってしまうようなあいまいな存在を処罰の対象にする。
あの東国原元知事も、未成年だとは思わなかったと釈明をしましたが、買春事件でよくある話のようです。
風俗店などでも同じような話があります。

あいまいな存在を、あいまいなままに処罰の対象にする単純所持。
本人は罪の意識もなく、それが海外の空港で、見知らぬ他人から渡された荷物ならば怪しいと思うでしょう。
でも、仲よくなった海外の友人がお別れにくれた人形ならば、まさか覚せい剤が入っているとは思いません。
単純所持とは、そういうことです。

持たせて逮捕する。
冤罪づくり放題の法律です。

もともとあいまいな存在ですから、逮捕して調べてみなければ、児童ポルノかどうかもわからない。
そんなあいまいな存在で逮捕ができてしまうわけです。
今回の児童ポルノ単純所持の場合、実際にどういう手順で逮捕に至るのか、説明をしていただけますでしょうか。

東京都は、わいせつな漫画やアニメを取り締まろうと都条例をつくりました。
民主党も賛成して成立したようです。
この条例については、東京都のホームページに事細かな説明が掲載されています。
事細かな言いわけです。
言いわけは、どこまで行っても言いわけにすぎません。

何年かたって条例を運用する際には、事細かな説明など吹き飛んでしまいます。
法律、条例というのは、そういう存在です。
条文がすべて。
どれほど丁寧な説明が前の時代にあろうとも、次の時代には丁寧な説明は省かれて、時の権力者の都合のよいように解釈されます。
憲法解釈が好例でしょう。

児童ポルノは許されざる犯罪ですが、それを取り締まるための法律や条例は、普遍性を持ったものでなければなりません。
今回さまざまな意見が出ていますが、さまざまな意見が出た時点で、条例化は時期尚早ということです。
これらの意見を十分に検討し、事細かな説明など必要のない普遍性を持った条例を目指すべきと私は考えます。
知事の見解を伺います。

2011年に坂下県議は、児童ポルノの単純所持の禁止について、
冤罪づくり放題の法律です
と発言しました。
一昨日のブログでも書きました。
性犯罪に対するとりくみは、国よりも地方のほうが先行しています。
国は、2014年になってようやく、児童ポルノの単純所持を禁止する法律をつくりました。
このとき、民主党の枝野幸男議員(現立憲民主党代表)は、単純所持の禁止によって冤罪が発生する、と主張しました。

(参考。当ブログ)
2018年4月23日
2018年4月25日

民主党は、被害者よりも加害者の人権を重視する政党です。
現在、その考えは立憲民主党などに継承されています。
ちなみに、坂下県議の質問に対して知事らは、以下のとおり答えました。

2011年3月2日 村井嘉浩 宮城県知事

児童ポルノの単純所持の禁止については、女性と子供に対する暴力的行為の根絶のための対策案の一つとして、女性と子どもの安全・安心社会づくり懇談会に御提示し、忌憚のない御意見をいただいているほか、県民の皆様からもさまざまな御意見が寄せられているところでございます。
内容につきましては、今後詳細な検討を進めてまいりたいと考えております。

2011年3月2日 小泉保 環境生活部長 

児童ポルノの単純所持の禁止につきましては、現行の児童ポルノ法では規制されておりません単純所持を禁止いたしまして、受け手側を規制することで、児童ポルノの流通を絶ちまして、その根絶を図ろうとするものでございます。
内容につきましては、今後、詳細な検討を進めてまいりたいと考えております。

はなしをGPSの件にもどします。

(再掲)
2011年3月7日 村井嘉浩 宮城県知事

議会での質疑等を受けて感じたことでありますが、あの場では当然慎重なご意見が非常に多かったように受け止めました。

ほかのかたの意見もみてみます。

2011年3月1日

2011年3月1日 坂下賢 県議(民主党)

性犯罪やDV防止に異を唱える人はだれもいないと思いますが、性急に事を進めるのでなく、慎重な議論も必要だという声もありますが、知事はどうお考えなのか、お聞かせください。

性急に事を進めるのでなく、慎重な議論も必要
とは、何もするな、ということです。
このような声が性犯罪者を跋扈(ばっこ)させてきました。

わいせつビデオ(適正AV)業界人は全員、奴隷商人であると同時に、性犯罪者です。
ひとりの例外もありません。
日々、犯罪に明け暮れています。

(やまもと寅次郎さんのツイートより、引用。)

やまもと寅次郎さん
<2018年9月23日>

やまもと寅次郎さん
<2018年9月23日>

こんなの、こんな輩、まだたーくさんいますよ。なくなりませんね。警察だけじゃ対処できないし。

政府はいま、法律をつくって、わいせつビデオ(適正AV)業界を殲滅しようとしています。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ) 

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

現在は、端境期です。
嵐の前の静けさ(「変事の起る前の、一時の無気味な静穏さ」広辞苑より)です。
犯罪者の人権を重視するものたちが何を叫ぼうとも、法制化の流れはとめられません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月9日

#青木亮 に #AV強要 を受けていた時代の事実はアタッカーズ丸山チーフも私の事を指差して笑っていました。

そしてメーカーからは『当時の契約書も無ければプロデューサーも退職しているのでいつ、何のタイトルの為に撮り下ろした作品か分からなければ削除に応じられない』と。

香西咲さん
2018年2月27日

証拠もまとまって残っているれっきとした犯罪ですからね。

香西咲さん
2018年3月1日

仰る通り、組織的犯罪です。

香西咲さん
2018年7月2日

(前略。)
私は占い師や洗脳、レイプ、詐欺、 #青木亮 を通じてとにかく複雑な犯罪にされてしまいました。
(後略。)

人権派が性犯罪者(業界人)を野放しにさせてきました。
それもあともうすこしです。
そう遠くない将来、わいせつビデオ(適正AV)業界は政府によって叩き潰されます。
青木たちの最期が近づいてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。