政府は、出演強要と強姦は同等、と考えています。いま、出演強要を処罰する法案づくりが進められています。香西咲さんを蹂躙したやつらはかならず収監されます

松島みどり衆議院議員は、有為な政治家です。
当選以来、性犯罪の厳罰化にとりくんできました。

(参考。当ブログ)
2018年9月3日
2018年9月4日
2018年9月5日
2018年9月7日
2018年9月8日
2018年9月9日

(2017年6月16日 松島みどり「松島みどり元法務大臣のFacebook」より、引用。改行を施しています。)

2017年6月16日 松島みどり 衆議院議員(自民党)

(前略。)
私が法務大臣だった時の指示が実り、性犯罪を厳罰化する刑法改正が(2017年6月)16日、国会で成立した。
20日後に施行する。
私は、平成26年(2014年)9月(3日)、大臣就任直後の官邸での会見で
「女性の心身を傷つけ、人生を狂わせるおそれのある強姦罪の法定刑が懲役3年以上で、モノを奪う強盗が懲役5年以上。逆転している。かつて犯罪被害者基本法の議員立法にかかわったが、性犯罪の被害者は声をあげにくい。ふだん女性であることを意識して仕事をすることはないが、これだけはずっと改めたいと考えてきた」
と述べ、翌日、刑法改正のための検討会設置を指示した。
これがきっかけとなり、それ以降、検討会から法制審議会、さらに国会審議へと、異例の早さで改正が進み、全会一致で会期末に成立した。

昨年、強姦罪は、法定刑の下限が引き上げられ、5年以上20年以下の懲役、となりました。
強姦罪の法定刑が懲役3年以上で、モノを奪う強盗が懲役5年以上。逆転している
松島みどり議員の義憤が刑法をかえました。
国会では、3年後に見直しをおこなう、との決議もされました。
今後、性犯罪の規定は、より峻厳なものになっていくことでしょう。
松島議員につきましてはもうひとつ、重要な問題を提起しています。
2005年の国会質疑をみてみます。

(2005年2月23日 衆議院 法務委員会「会議録」より、引用。)

2005年2月23日 松島みどり 衆議院議員(自民党)

(前略。)
そして、次の質問でございますが、今、刑期のことが出ました。
私は、強制わいせつ事件は初犯だと執行猶予のあるケースが非常に多いと言われているので、どういうことだろうかと調べました。

私が調べた範囲では、強制わいせつで7割強、7割以上、そして、もっとひどい強姦及び未遂でさえ23%は、これは初犯、累犯、とにかく全部合わせてでございますけれども、執行猶予つきの判決となっています。

これを最高裁判所に確認させていただきたい。
過去数年間の経緯、どれだけの事件、そのうち判決で執行猶予がどれぐらいかということ。
そして、もしこうでありましたら、肉体あるいは精神に大きな打撃を与える犯罪であるにもかかわらず、余りにも甘過ぎると言えるのではないかと思っております。

そして、昨年(2004年)秋に刑法改正で強姦罪が少し重くなりましたが、これで執行猶予つきが減ると考えることができるかどうか、これも含めてお願いいたします。

(※参考)

2004年に、強姦罪は、
「2年以上15年以下の懲役」
から、
「3年以上20年以下の懲役」
になりました。

2005年2月23日 大谷直人 最高裁判所 事務総局刑事局長

(前略。)
なお、一般論として裁判の実情を申し上げますと、個別の事件の量刑というのは、各裁判官が構成する裁判体が、被害の実情やあるいは裁判時における示談の有無被害感情というものを含めて、法廷にあらわれたさまざまな具体的な事情を前提としまして、また、検察官からの論告求刑、あるいはこれに対する弁護人からの意見等、量刑に関する点を含む当事者の主張を聞いた上で、その事件の被告人に対して最も適切と考える刑を下しているのでありまして、また、検察官、弁護人等の上訴による是正の道も講じられているところであります。
(中略。)
今回の、昨年秋の刑法改正につきましては、もとより、全国の裁判官に対して法改正の内容や趣旨についてこれを周知する措置をとっておりまして、各裁判官は、改正の趣旨も念頭に置いて、量刑について判断しているものと思います。

ただ、今申し上げたところと基本的には同じ理由でございますが、個別の事件の量刑がどうなるのかということについて、最高裁の事務当局から意見や予測を申し上げることについては非常に難しいということは御理解いただきたいと思います。

2005年2月23日 松島みどり 衆議院議員(自民党)

もともと三権は分立しておりますから、国会議員が裁判の判決について云々言うことはできません。
しかしながら、裁判所を取りまとめているというか、裁判所関係で一番偉い最高裁判所の方に個々に決めることだからと言われてしまうと、国民の一般的な声とか考えというのはどうやって反映すればいいんだろうかと物すごくむなしくなってまいります。
(後略。)

(中略。)

2005年2月23日 松島みどり 衆議院議員(自民党)

(前略。)
なおかつ、ぜひ全国の裁判官の方に、執行猶予をつけるということがどういうことをもたらすのか、それが理解できるように、何らかの啓蒙啓発を、教育をしていただきたい、かように思っております。

その根底には、私、もうきょうは質問にしないで要望にしておきますけれども、昨年(2004年)秋の改正でも、まだ性犯罪に対しては非常に甘い
強姦致死傷罪が懲役5年以上。
それに対して強盗致傷罪が6年以上でございます。
昨年の秋もこの委員会で触れさせていただきましたが、そして附帯決議もつけましたが、これは早急に我々も法定刑を見直したい。
法定刑を見直さないと裁判所は甘い裁判、甘い判決をしばしば出すわけですから、法定刑の段階できちっとしておかなければいけないと私は考えております。
(後略。)

2005年の質疑です。
松島議員は、執行猶予のついた強姦犯が23%も存在する、とのべています。
一般に、強姦は執行猶予がつかない、と言われています。
実相は異なるようです。
5人に1人が刑の執行を猶予されています。
こうした傾向は現在もつづいているのでしょうか。
平成27年(2015年)版の犯罪白書をみてみます。

(法務省 平成27年版 犯罪白書より、引用。)

平成27年版 犯罪白書

(略)、21年(2009年)以降は10~12%台で推移していたが、26年(2014年)9.4%(前年比1.4pt低下)であり、通常第一審における終局処理人員総数(59.5%)と比べて顕著に低い。

2015年は強姦犯の9.4%が刑の執行を猶予されました。
松島議員によりますと2005年以前は、23%です。

(再掲。平成27年版 犯罪白書)
21年(2009年)以降は10~12%台で推移

2009年から、強姦犯を執行猶予にする割合が半減しています。

(再掲。松島みどり議員。2005年2月23日)
昨年(2004年)秋に刑法改正で強姦罪が少し重くなりましたが、これで執行猶予つきが減ると考えることができるかどうか

2004年に、強姦罪の法定刑が、
「2年以上15年以下の懲役」
から、
3年以上20年以下の懲役」
へと引き上げられました。
改正の効果はあったようです。

(再掲)
2017年6月16日 松島みどり 衆議院議員(自民党)

私は、平成26年(2014年)9月(3日)、大臣就任直後の官邸での会見で
「女性の心身を傷つけ、人生を狂わせるおそれのある強姦罪の法定刑が懲役3年以上で、モノを奪う強盗が懲役5年以上。逆転している。かつて犯罪被害者基本法の議員立法にかかわったが、性犯罪の被害者は声をあげにくい。ふだん女性であることを意識して仕事をすることはないが、これだけはずっと改めたいと考えてきた」
と述べ、翌日、刑法改正のための検討会設置を指示した。

昨年(2017年)、強姦罪は、法定刑の下限が懲役3年から懲役5年になりました。

(参考。刑法
□第25条
次に掲げる者が3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる。
(後略)

強姦罪の場合は下限が懲役5年ですから、法律上は執行猶予がつかないことなります。
残念ながら、酌量減軽というのがあります。
裁判上の減軽です。
裁判官は、犯罪の情状を酌量して(事情をくみとって同情して)刑を軽減することができます。
別の委員会で松島みどり議員がつぎのようにのべています。

(2006年2月24日 衆議院 法務委員会「会議録」より、引用。)

2006年2月24日 松島みどり 衆議院議員(自民党)

「情状で執行猶予つきの判決にならないためには法定刑が懲役7年超でなければだめだと伺っております」

情状
この世に、裁判官が同情する強姦、というのは存在するのでしょうか。
ちょっと想像がつきません。
今後、強姦(強制性交等)につきましては、執行猶予のつかない判決となることを期待します。

2018年5月15日 衆議院 消費者問題特別委員会
(動画 衆議院インターネット審議中継)

音声の文字化は、筆者。)
2018年5月15日 河上正二 青山学院大学法務研究科教授(前内閣府消費者委員会委員長)

 
(前略。)
だだですね、クーリングオフとか取消権とか、契約からの離脱というのは、
「これは、はなしがちがう」
というふうにわかった時点、あるいはそういうふうに言った時点ですけれども、だいたい手遅れであります。

ですから、それを考えると、実効性のある被害予防のためには、こうした出演強要行為があった場合には、一定の刑事責任、刑事罰で対応することが必要ではないかと思います。

 
(柚木道義議員)

これは密室のこともあって、警察による強要罪あるいは強制性交等罪の逮捕も実務上むずかしい、とも聞いておりまして

これは要件面でいま先生がおっしゃった問題が若干あるわけですので、その部分についてすみやかに検討して刑事罰を用意するという方向をひとつ考えないといけないのかなという気がいたします。

現在、出演強要を処罰する法案づくりがおこなわれています。
政府はどれくらいの刑罰を考えているのでしょうか。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月31日

(前略。)
彼ら一部の略式起訴からちょうど1年が経ちました。
来年は犯罪者達に性犯罪で刑務所に入って頂き、少しでも性犯罪の抑止力になります様に努めます。
一度壊してしまった健康は賠償では取り戻せません。
#AV強要
#MeToo

香西咲さん
2018年1月4日

#WILL #DMM も世間的には大問題ですが。

私の一番の目的は #青木亮 の
#AV強要
#性的搾取
#人身売買
大樹総研に対する #SEX強要
の罪で刑務所入っていただく事には変わらないです。
それが終わったらひっそりと暮らしたい。
本当の意味でやっと社会復帰。

——————————————————–

政府は、出演強要と強姦は同等、と考えています。

(2017年5月20日 テレ朝NEWS「AV出演強要問題 全国警察本部に専門官を設置」より、引用。改行を施しています。)

 
政府は(5月)19日、関係省庁の対策会議を開き、違法なスカウトの摘発を推進する専門官を、今月中にも全国の警察に設置することを決定しました。
警察庁は
「場合によっては業者のスタッフを、強姦罪や強要罪で摘発する」
としています。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY
その他

新法の制定がまたれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。