香西咲さん「誰が何と言おうと私は諦めない」。上川陽子法務大臣の指揮のもとで酷烈な法律がつくられることは自明です。もう草木が生えることはないでしょう

現在の法務大臣は、言うまでもなく上川陽子衆議院議員です。
出身派閥は岸田派(宏池会)です。

(2018年8月2日 FNNプライム「飛ばない男…不出馬の舞台裏と新たな悩み【自民党総裁選】」より、引用。)

FNNプライム
現在、岸田派からは、岸田氏が党三役の一角である政調会長に起用され、林文部科学相、上川法務相、小野寺防衛相、松山一億総活躍担当相の4人が入閣するなど厚遇されている。

同派はこれまで、宮沢喜一など、4人の首相を輩出してきました。
宏池会(岸田派)は、ハト派です。
穏健なひとたちのあつまりです。
時として、
「お公家(くげ)集団」
と揶揄されることもあります。
公家とは、朝廷に仕える役人のことです。
争いごとを好みません。
上川陽子法務大臣につきましても、このような派閥の出身のためか、線の細い印象がありました。

(2018年7月26日 産経新聞「上川陽子法相、死刑執行命令は16人で最多に」より、引用。改行を施しています。)

産経新聞
一連のオウム真理教事件で残った6人の死刑が執行されたことで、上川陽子法相が執行を命じた死刑囚は計16人となった。
これは法務省が死刑執行について公表を始めた平成10年11月以降で最多
(後略。)

(2018年7月26日 東京新聞「上川法相、執行最多の16人に」より、引用。改行を施しています。)

東京新聞
「執行は厳正に行われなければならない」
上川陽子法相は二十六日の会見で語った。
この日の執行で、上川氏が在任中に命じた執行は計十六人となった。
一時中断していた死刑が再開された一九九三年以降、一人の法相としては最多
(後略)

——————————————————–

ぼくは今回の件で、上川法務大臣に対する認識を新たにしました。

(2018年7月7日 nippon.com「オウム13人死刑執行_サリン事件の解釈を「拒絶」した日本社会」より、引用。改行を施しています。)

森達也 映画監督
人は誰もが死ぬ。
事故で。
病気で。
だが彼らは事故や病気で死んだわけではない。
合法的に殺されたのだ。

——————————————————–

当然、死刑執行に対して異を唱えるひとたちも存在します。
映画監督の森達也さんもそのうちのひとりです。
森さんは、オウム事件の死刑囚と面会したことがあるそうです。

森達也 映画監督
最も凶暴な信者と報道された新実は、面会のたびに深々と礼をする。
そして決して人を悪く言わない。
時折口角がくっきりと上がる。
とても魅力的な笑顔だ。

上川大臣は死刑執行のあと、記者会見をおこないました。

2018年7月6日 法務省「法務大臣臨時記者会見の概要」
2018年7月26日 法務省「法務大臣臨時記者会見の概要」

新實(新実)についてはこうのべています。

上川陽子 法務大臣
(新實【新実】智光について。2018年7月6日

新實については、昭和61年に教団に出家し、教団の幹部として、教団の警備関係等の責任者として活動していたところ、脱会の意思を表明していた信者の殺害行為に及び、弁護士一家殺害事件でも一家の殺害行為に及んだほか、松本サリン事件、VXを使用した殺害事件、地下鉄サリン事件などにも関与しました。

——————————————————–

以下、森達也さんと上川大臣のことばを並べます。

森達也 映画監督
最年長のオウム死刑囚である早川は大の甘党で、いつも面会の際にお菓子を差し入れていたら、手紙に「森さんのせいですっかり太ってしまいました」などと書いてきた。

上川陽子 法務大臣
(早川紀代秀について。2018年7月6日

早川については、昭和62年に教団に出家して、教団の幹部として全国各地の支部開設などに従事するなどしていたところ、脱会の意思を表明していた信者の殺害行為に及び、弁護士一家殺害事件でも一家の殺害行為に及んだほか、不特定多数の者を殺害するためのサリンプラントを稼働させて、サリンの生成を企てるなどしました。

——————————————————–

森達也 映画監督
麻原の主治医として最も側にいたとされる中川は、繊細であると同時に、優しさと善意が服を着ているような男だった。
妻を連れて面会に行ったことがある。
紹介したい男だと本当に思ったからだ。
うれしそうにほほ笑みながら中川は、アクリル板越しに何度も頭を下げていた。

上川陽子 法務大臣
(中川智正について。2018年7月6日

中川については、平成元年に教団に出家し、松本の主治医的な役割を務めるなどしていたところ、弁護士一家殺害事件では一家の殺害行為に及んだほか、松本サリン事件、VXを使用した殺害事件、地下鉄サリン事件などにも関与しました。

——————————————————–

森達也 映画監督
メディアからは殺人マシンと呼称された林は、年がほぼ同じであることもあって、すぐに敬語抜きで会話するようになっていた。
彼の母親と2人で並んで面会したことがある。
話しながらすぐ涙ぐむ母親を、彼は必死に慰めていた。

上川陽子 法務大臣
(林【小池】泰男について。2018年7月26日

林は、
○ 松本サリン事件において、サリンを発散させるための車両の製造等を担当して幇助し、
○ 松本の指示の下、他の教団幹部らと共謀して、平成7年3月、先に申し上げたとおり、組織的・計画的に地下鉄サリン事件に及ぶなかで、本人は、サリンの発散という役割を担い、12名の乗客や駅員を殺害し、また、14名にサリン中毒症の傷害を負わせました(地下鉄サリン事件)。
また、
○ 平成7年5月、他の教団幹部らと共謀して、警察の捜査をかく乱し、松本の逮捕を阻止するため、繁華街の公衆便所内に青酸ガス発生装置を仕掛けて、青酸ガスによりその利用者等を殺害しようと企て、新宿駅の公衆便所に青酸ガスの発生装置を設置しましたが、青酸ガスを発生させるには至りませんでした(新宿青酸ガス事件)。

——————————————————–

森達也 映画監督
岡崎はとても庶民的なキャラクターだ。
拘置所で描いた墨絵を何枚も送ってきてくれた。

上川陽子 法務大臣
(岡﨑【宮前】一明について。2018年7月26日

岡﨑は、松本の指示の下、他の教団幹部らと共謀して、
○ 平成元年2月上旬頃、教団からの脱会の意思を表明していた信者を、頸部にロープを巻いて絞め付けるなどして殺害し、
○ また、平成元年11月、教団の被害者の会を支援する弁護士のほか、その弁護士の妻や1歳2か月の子供までをも、頸部を絞め付けるなどして殺害しました(弁護士一家殺害事件)。

——————————————————–

森達也 映画監督
拘置所で子どもたちのために数学の参考書づくりをしていた広瀬は、生真面目で冗談もめったに言わない。
地下鉄サリン事件の時には、この行為が世界を救済するのだと必死に自分に言い聞かせていたという。

上川陽子 法務大臣
( 廣瀬【広瀬】健一について。2018年7月26日

廣瀬は、松本の指示の下、他の教団幹部らと共謀して、
○ 平成6年6月下旬頃から平成7年3月頃までの間に、ロシア製自動小銃を模倣した自動小銃約1000丁を製造しようと企て、部品多数を製作するなどし、平成6年12月頃から平成7年1月までの間に、小銃1丁を製造し、
○ また、平成7年3月、先に申し上げたとおり、組織的・計画的に地下鉄サリン事件に及ぶなかで、本人は、サリンの発散という役割を担い、12名の乗客や駅員を殺害し、また、14名にサリン中毒症の傷害を負わせました(地下鉄サリン事件)。

——————————————————–

このたびの死刑執行については賛否両論があると思います。

(2018年7月26日 時事通信「『当然だ』『』「一人で十分」=遺族や被害者-オウム死刑執行」より、引用。改行を施しています。)

時事通信
(前略。)
死刑反対の声も上がる中、内海さんは
「犠牲となった坂本弁護士の奥さんが最後に『子どもだけは』と哀願したことを思うと、その時の気持ち、ご遺族の気持ちは言葉で言い尽くせない。万死に値する」
と強調した。

(2018年7月26日 法務省「法務大臣臨時記者会見の概要」より、引用。)

上川陽子 法務大臣
また、弁護士一家殺害事件については、教団に敵対する者であるという理由だけで、何ら落ち度のない弁護士だけでなく、その妻や1歳2カ月の子供までをも殺害したものであり、それ自体残酷極まりないものであるとともに、弁護士一家が突然行方不明になった事件として大々的に報道され、救出活動が展開されたものの、長期間経過後、遺体が発見されたという経緯も含め、社会に大きな衝撃を与えました。
——————————————————–

今回、ぼくが瞠目(どうもく)した(目をみはった)のは、上川大臣の政治家としての姿勢です。
ご存じのとおり、死刑を執行するためには法務大臣のサインが必要です。
歴代の法務大臣のなかには、任期中、署名を拒みつづけたかたもいました。
上川大臣はちがいます。
法務大臣としての職責を全(まっと)うしました。
ぼくが上川大臣に期待しているのは死刑に関することではありません。
出演強要への対応です。
そう遠くないうちに新法ができるのはまちがいないでしょう。
問題は中身です。
峻厳なものになるのか、それともかたちだけのものでおわるのか。
法務大臣の姿勢によって、結果はことなります。
このたびの死刑執行によって、上川大臣のひととなりがわかりました。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ) 

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このような現行制度上、さまざまな対抗手段が存在するところでございますけれども、こうした対応のみでじゅうぶんかどうかについてご質問をうけました。
そのさい、
「政府として検討をつづけなければならない喫緊の課題であると認識している」
と申し上げたところでございます。
この点につきましては、「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する関係府省対策会議」、
また
成年年齢引下げを見据えた環境整備に関する関係府省庁連絡会議
での検討をつうじまして適切にとりくんでいくほか、法務省内に設置をいたしました
性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」、
設置をしておりまして、この問題につきましてとりあげ、そして政府の検討に資するべくとりくんでまいりたいというふうに思っております。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

——————————————————–

新法の制定によって、わいせつビデオ(適正AV)業界が消滅することはまちがいありません。
その後、二度と草木が生えることはないでしょう。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月27日

#AV強要 で多数の女性の人生を台無しにしてきた #青木亮 さん
知り合った頃の私の20代の健康と
#性的搾取 #人身売買 #枕営業 の強要、誠意を持って謝罪し、本来なら活動出来ていたであろう損害を賠償してください。

全てを失った私は丸1日さえまともに動けず、生きる事に疲れてしまいました。

香西咲さん
2018年1月26日

(前略。)
ま、それはどーでもいいとして一番の問題は制作云々ではなく一般女性が #AV強要 され、制作陣は現場で女性が泣こうが拒もうが強行する事です。
(後略。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

香西咲さん
2018年3月26日

#HoneyPopcorn 所属事務所代表 #青木亮 は人身取引業者と言っても過言では無いと思います。私の実体験だけ書きますが、所属時代には8ヶ月囲い込み #洗脳行為 #AV強要 #枕営業 を強要され、体も精神も病んでもそれでも事務所を辞めされてもらえませんでした。屍の上に成り立つ

#outHoneyPopcorn

香西咲さん
2018年4月8日

今日は膵臓の方です。
AV強要の事も全て理解して下さってる医師なので安心して通えます。何でも相談出来ます。責められる事もありませんし
AV強要に対する目標もベクトルも、各々思惑がありがちなのですね。合致すれば幸いですが。
私は1日でも早くAV業界から縁を絶ちたいです。

香西咲さん
2018年5月28日

要らないですね。
だって #青木亮 も #洗脳 ? #AV強要 . #性接待 の強要…
全て私を人としてではなくモノ、金として扱ってきたのだから。

香西咲さん
2018年6月3日

当然ながら私の親族にも謝罪をお願いしますね

#AV強要
#枕営業の強要
#人身売買
#HumanTrafficking
#MeToo
#青木亮
#大西敬
#坂上孝志
#坂田恵理子
#狭山えり
#高畠典子
#プルデンシャル
#東前晶夫
#HONEYPOPCORN

#誰が何と言おうと私は諦めない

——————————————————–

誰が何と言おうと私は諦めない

あと、もうすこしです。
上川陽子法務大臣の指揮のもとで酷烈(こくれつ)な法律がつくられることは自明です。
わいせつビデオ(適正AV)業界というこの世の極悪の最期がちかづいてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。