杉田水脈議員は自分の生活のために出演強要問題を利用しています。香西咲さんは命がけでこの問題にとりくみました。香西咲さんは清廉です

今年の3月9日のことです。
杉田水脈議員が衆議院の内閣委員会で、出演問題をとりあげました。

(参考。当ブログ)

2018年3月10日質疑、応答の全文を文字化。)

2018年3月11日
2018年3月12日
2018年3月13日
2018年3月14日
2018年3月15日
2018年3月17日

国会質疑は野党のためにあります。
与党の背後には、官僚が控えています。
わざわざ国会で質問をしなくても、直接、役人に訊(き)けば済むはなしです。
杉田議員はいちおう、与党の一員です。

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

で、一度確認をしておきたいんですけれども、年間いったいこのAVへの出演強要というのは、いったいどれくらい起こっているのでしょうか。

2018年3月9日 山下史雄 警察庁 生活安全局長

昨年中でございますけれども、この問題については、自営業の男がコスプレモデル募集サイトを開設し、モデル希望の女性をあつめ、脅迫等により、アダルトビデオへの出演を強要をしていた事案につきまして、職業安定法、これは有害業務の募集でございますが、や強要罪等を適用して検挙しているところでございます。

——————————————————–

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

ほとんどAV強要っていうのは、件数がきっちりと警察が関与している件数っていうのはほとんどないんですが、これ、政府がお金をつかって防止月間ってやるメリットって何があるんでしょうか。

——————————————————–

この質疑から17日が経った3月26日のことです。
出演強要問題について話し合う政府の第4回関係府省対策会議が開催されました。
この席で警察庁が、出演強要で検挙した業界人の人数をあきらかにしました。

(参考。第4回関係府省対策会議で配布された資料)

2 「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」フォローアップ(全体版)

期間は昨年の4月から12月までの8か月間です。

(2018年3月26日 テレ朝news「AV出演強要巡り100人超検挙 警察庁が初の統計」より引用。)

テレ朝ニュース(テレビ朝日)

アダルトビデオへの出演の強要を巡って去年、100人以上が検挙されました。

(※下図はテレ朝newsより、引用。)

警察庁が初めてまとめた統計によりますと、去年4月から年末までに、アダルトビデオへの出演強要に関連して、スカウトマンや制作会社の108人が検挙されました。

——————————————————–

(再掲。杉田議員)
ほとんどAV強要っていうのは、件数がきっちりと警察が関与している件数っていうのはほとんどないんですが

官僚は意に染まない相手に情報をわたさないと言われています。
警察庁は杉田議員を軽くみているということがわかります。
日本維新の会の足立康史衆議院議員も、杉田議員を嘲(あざけ)っています。

(2018年6月10日 衆議院議員 あだち康史 Official Website 「私が杉田水脈議員を執拗に攻撃する理由 - 与党のアホは万年野党の悪人よりたちが悪い」より、引用。改行を施しています。)

足立康史 衆議院議員(日本維新の会)

最後に、私が、極左の辻元清美衆議院議員だけでなく、自民党の青山繁晴参議院議員や杉田水脈衆議院議員らを執拗に批判する理由を書いておきます。

足立康史 衆議院議員(日本維新の会)

そして杉田水脈議員については、維新や都構想を批判したからだろ、とか、ネットで人気あるから嫉妬してるんだろ、とか書かれていますが、全く違います。

天下の自民党、官僚として21年仕えた自民党に(※足立議員は経済産業省の官僚でした。)杉田水脈衆議院議員のようなアホな国会議員が所属していること自体が、どうしても許せないのです。

私は辻元清美議員のことを悪人だと思っています。
それに比べれば、杉田水脈議員は大したことありません。
まあ、敢えて煽って言えば、単なるアホです。
しかし、立憲民主党=万年野党の“悪人”と与党自民党の“アホ”とを比べたら、自民党の“アホ”の方が社会的には害悪になります。

——————————————————–

(再掲。足立議員)
ネットで人気ある

杉田議員はネトウヨ(ネット右翼)に支持されています。
3月9日の国会質疑は、この種の輩(やから)を意識しておこなっています。

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

いま、AVの強要の防止ということで、そういう活動をしている団体であると認識していたというなんですけれども、それ以前にこの団体は、こういった日本軍がまあ、慰安婦というは性奴隷であったとかいったことを国連などを通じて、世界にそういったことを捏造、ばらまくことをすごく熱心にやっている団体がこのヒューマンライツ・ナウなんですね。
だから、前提条件になっているのがこのヒューマンライツ・ナウの報告書のみなんですね。

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

この「AVのアダルトビデオへの出演強要とは」ということで、概要のところをみますとですね、前提条件になっているのが、国際人権NGOである認定特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウが発表した報告書となっているんです。

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

で、要するにですね、AV女優っていう現在の性奴隷が日本にもいる、と。
だから、70年前の日本が性奴隷をもっていてもおかしくないんだっていうことが書かれているところなんですが、こういうことが全部つかめているんですね。

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

日本政府がお墨付きをあたえて、AV女優の強要とかJKビジネスとか、こんなに日本で問題になっているから、だから防止月間をやらないといけないからということがこれ海外に。
だから日本はむかし、慰安婦という性奴隷をもっていたんだと言われても、これおかしくない。
まさしくその意図をもってその団体はこういうふうなことをやっていっているんですけれど。

2018年3月9日 杉田水脈 衆議院議員(自民党)

日本軍の性奴隷といま現在のAV女優とは別物で、そういうこととはわけて考えてください
ということをこれ国際発信しないと、どんどん一緒くたにされて海外にこういう嘘がばらまかれていくんじゃないかなというふうに思うので。

——————————————————–

杉田議員はなぜ、ネトウヨ(ネット右翼)に媚(こ)びるのでしょうか。
理由は簡単です。
舛添要一さんの論説が言い得て妙です。

(2018年6月23日 NEWSポストセブン「日本の女性政治家に『右寄り』が目立つのはなぜなのか」より、引用。改行を施しています。)

舛添要一(前東京都知事)

そうでない方知名度のないひと)が政治を挑むときは、ある程度の「資金」と「票」が必要になります。
だから街頭に出る。
演説して「ぜひ投票してください」と訴える。
だけど、いくら人が集まっても、実際に票を入れてくれるかわからない。
不安です。

舛添要一(前東京都知事)

でも、そこで“ある種の傾向”を踏まえれば、確実に票を投じてくれる集団がいるんですよ。

舛添要一(前東京都知事)

それが右翼なんですよ。
逆に左翼はほとんど頼りにならないんです。
彼らは、格好いいことは言うけれども……。

舛添要一(前東京都知事)

大衆に街頭演説しても投票所に行ってくれるのかすら分からない。
だから候補者は、より確実な右を狙うわけです。
右寄りの言葉を言うほど票が見込める
言うのは“タダ”で、お金はかかりませんからね。

——————————————————–

杉田議員は自分の生活のために出演強要問題を利用しているということがわかります。
上述のとおり、2018年3月9日の衆議院内閣委員会で杉田議員は、出演強要の被害者を足蹴にしました。
あれから4か月以上が経ちました。
不思議なことに、当該委員会の質疑、応答だけが会議録として公開されません。

(参考。国会会議録検索システム

「2018年3月9日」「衆議院」で検索してみます。

内閣委員会が見当たりません。
今度は、日付を指定せずに、「内閣委員会」で検索します。

3月2日のつぎは、3月14日となっています。
3月9日が抜けています。

3月9日の国会は、野党が出席していません。

(2018年3月9日 日テレNEWS24「財務省対応に反発、野党は国会審議全て欠席」より、引用。)

日テレNEWS24
森友学園の国有地売却問題で、国会では、野党側が財務省が決裁文書の書き換えがあったのかどうか明らかにしないことに反発し、(3月)9日も全ての国会審議を欠席している。
(後略。)

——————————————————–

いずれも与党と政府だけのやりとりです。
問題のある委員会についてはなかったことにしよう、ということなのでしょうか。
杉田議員の発言だけを削除して、あとは会議録として公開することをのぞみます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月4日

みんな自分にしか興味がないのでしょう。

香西咲さん
2017年12月13日

少しでも相談しやすい世の中になったとしたら何よりです。
でもまだまだ氷山の一角でしょうね。

香西咲さん
2018年7月4日

#AV強要 問題が上がった頃には、
知る人、知らぬ人、沢山の方から相談のメールを頂きました。
私は少なくとも現役AV女優として、削除を受けて頂くまで現場でも叫び続けました。自分の為だけではなく皆の為に頑張ったと自負しています。
(後略。)

——————————————————–

香西咲さんは清廉(せいれん)です。

自分の為だけではなく皆の為に頑張った

杉田議員はちがいます。
自分のことしか考えていません。
私利私欲の権化です。
いずれ反動がくることでしょう。
わいせつビデオ業界とともに滅びることを願っております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。