香西咲さんから健康をうばったわいせつビデオ(適正AV)業界をぜったいにゆるすことはできません。こいつらは精神に障害があります。一日も早い殲滅がもとめられます

先日、ネットの見本のようなサイトとの邂逅(かいこう。「思いがけなく出あうこと」)がありました。
筆者はADHDなのでしょうか。
書いていることが支離滅裂です。
嗤(わら)うしかありませんでした。
一部を引用させていただきます。

(某サイトより、引用。)

——————————————————–

ぼくはわいせつビデオ(適正AV)業界の霧散を願っています。
そうは言いましても、このような妄語はよろしくありません。
道理に反します。

(再掲)

筆者はなぜ、「AV」が性犯罪を助長していると断言しているのでしょうか。
根拠としているのは、平成27年の犯罪白書です。
ぼくも以前に、当該白書をながめたことがあります。
そのときは特に思うことがありませんでした。
法務省は毎年、年末に犯罪白書を発表しています。

(法務省「犯罪白書」より、引用。)

犯罪白書は,犯罪の防止と犯罪者の改善更生を願って、刑事政策の策定とその実現に資するため、それぞれの時代における犯罪情勢と犯罪者処遇の実情を報告し、また、特に刑事政策上問題となっている事柄を紹介する白書です。
——————————————————–

犯罪白書は、昭和35年以来、現在までに計58冊が刊行されました。
過去の犯罪白書の発行年月及び副題については、以下を御参照ください。

——————————————————–

平成27年12月  性犯罪者の実態と再犯防止
平成28年12月  再犯の現状と対策のいま
平成29年12月  更生を支援する地域のネットワーク

——————————————————–

平成27年(2015年)の11月に公開された犯罪白書の副題は、
性犯罪者の実態と再犯防止
です。

(再掲。法務省)
犯罪白書は、昭和35年以来、現在までに計58冊が刊行されました

性犯罪に焦点が当たったのは、平成27年(2015年)のときだけです。

(再掲)

筆者の論拠となっているのは、強制わいせつ罪の漸増(ぜんぞう)です。

(某サイトより、引用。)

——————————————————–

当時の日本経済新聞もそのようにつたえています。

(2015年11月13日 日本経済新聞「性犯罪「顔見知り」3割 犯罪白書、20年で3倍に」より、引用。)

日本経済新聞

白書によると、14年(2014年)強制わいせつの摘発件数(検挙件数)は前年比8.3%増の4300件で、統計を取り始めた1966年以来最多。

——————————————————–

平成27年の犯罪白書をみてみます。

(2015年12月 平成27年版 犯罪白書「第1節 認知件数・検挙件数・検挙人員等の推移」より、引用。)

強制わいせつ

(略)、同年の検挙件数(※黄緑色の線)は4,300件(前年比333件(8.4%)増)、検挙人員(※棒グラフ)は2,602人(同115人(4.6%)増)であり、いずれも昭和41年以降で最多であった。


——————————————————–

平成26年(2014年)の強制わいせつの検挙件数は4,300件となっています。

(某サイトより、引用。)

——————————————————–

この筆者は粗忽者です。
肝心のところを見逃しています。
強姦の検挙数です。
白書で確認します。

(2015年12月 平成27年版 犯罪白書「第1節 認知件数・検挙件数・検挙人員等の推移」より、引用。)

強姦

(略)、同年(平成26年)の検挙件数(※黄緑色の線)1,100件(前年比63件(5.4%)減)、検挙人員(※棒グラフ)は919人(同18人(1.9%)減)であった。


——————————————————–

日本経済新聞

強姦は同5.4%減の1100件だった。

——————————————————–

ご覧のとおり、強姦の検挙数は漸減(ぜんげん)していることがわかります。

(再掲)

これもまちがいです。
先述しましたように、平成27年(2015年)の犯罪白書に、はじめて、
性犯罪者の実態と再犯防止
とのサブタイトルがつきました。
このときかぎりです。
以降は性犯罪以外の副題が添えられています。
法務省はこの年、なぜ性犯罪を強調したのでしょうか。
理由は簡単です。
前年(平成26年)がピークであるとわかっていたからです。
白書は平成27年(2015年)の11月に公開されました。
データは前年の分まで掲載されます。
法務省は当然、前年と比較して、当年は強制わいせつの検挙数が減っている、と知っています。

(再掲)

検挙件数の推移をみてみます。

(法務省 平成29年版 犯罪白書「資料1-2 刑法犯 認知件数・検挙件数・検挙人員(罪名別)」より、引用。)

強制わいせつの検挙件数

平成26年(2014年) 4,300件
  
平成27年(2015年) 4,129件
  
平成28年(2016年) 4,207件
——————————————————–

強姦の検挙件数

平成26年(2014年) 1,100件
  
平成27年(2015年) 1,114件
  
平成28年(2016年)  970件
——————————————————–

強制わいせつ、強姦ともに、検挙件数は減少の方向です。

(再掲)

——————————————————–

もちろん、「AV」があるから性犯罪が減ったというわけでもありません。

2009年4月3日 衆議院 法務委員会「会議録」より、引用。)

前田雅英 首都大学東京法科大学院教授          

この中で、よく小児性愛の問題なんかを考えるときに、児童ポルノを禁圧すると、特にこの場合は漫画のことなんかを考えている人が多いんですけれども、これを禁圧すると犯罪がふえると。

要するに、幼児に対していたずらをしないで済んでいるのは漫画や画像を見て満足しているからであるというようなめちゃくちゃな議論もあります。

これはもちろん立証されていない
(後略。)

——————————————————–

わいせつビデオ(適正AV)は性犯罪を惹起(じゃっき)するのかー
証明のできないはなしを繰り広げても意味がありません。
時間のむだです。
ぼくの関心事はわいせつビデオ(適正AV)の非人間性です。
こいつらはこれまで、いったいどれだけの女性を不幸にしてきたのでしょうか。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月15日

慢性胃炎や膵炎、睡眠障害、脅迫観念、対人恐怖症等(特に男性)など、 ケジメを付けない限りは一生引きずりますね。
健康を返して。

香西咲さん
2016年12月29日

膵臓の数値トリプシンや肝臓腎臓の採血と、
インフルエンザ予防接種のあとです。
お気遣いなく(^ω^;)

香西咲さん
2017年8月1日

膵炎胃炎の気があるので晩酌ダメなの(*´・ω・`)=3

香西咲さん
2017年11月30日

私は精神的な後遺症はもうぼ立証されています。膵臓もです。

これから人間ドッグのフルコースを受けるので、万が一何か病気の予兆があるなら賠償願いますね、 #青木亮 さん。

香西咲さん
2018年3月20日

今日は重い腰を上げて病院行ってきました。
でもまだ精神科や認知行動療法は行けず…ゆっくり治していきます。
最近メンタル荒れてるから膵臓も痛い(>_<) おやすみなさい。

香西咲さん
2018年4月25日

#AV強要 犯人の #青木亮 がこれを加害だと認める日が来ますよう。

#HumanTrafficking
#傷害
#人身売買
#鬱
#パニック障害
#不眠
#膵炎
#逆流性食道炎
#胃酸過多
#胃腸炎
#一生引きずる病気

香西咲さん
2018年4月8日

最近#料理にハマっています
最悪な時期は乗り越えましたが、
膵炎は #食生活 で改善出来るよう頑張ります。
まぁ、AV業界と関わらないことが一番健全なのですが。

#AV強要 犯人…
https://www.instagram.com/p/BhR7Jlqgi-l/

香西咲さん
2018年4月8日

今日は膵臓の方です。
AV強要の事も全て理解して下さってる医師なので安心して通えます。何でも相談出来ます。責められる事もありませんし
AV強要に対する目標もベクトルも、各々思惑がありがちなのですね。合致すれば幸いですが。
私は1日でも早くAV業界から縁を絶ちたいです。

——————————————————–

わいせつビデオ(適正AV)業界は、女性の命を啄(ついば)むことによって成り立っています。
こいつらをぜったいにゆるすことはできません。
一日も早い殲滅がもとめられます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。