5月31日のCBCラジオ「北野誠のズバリ」で、わいせつビデオ業界に対する検察の姿勢があきらかになりました。香西咲さんは再生し、業界は殲滅されます

1週間前のことです。
やまもと寅次郎さんが意味深長な書きこみをされました。

<2018年5月25日>

<2018年5月25日>


——————————————————–

本日、おっしゃっていることの意味がわかりました。

<2018年5月31日>

<2018年5月31日>


——————————————————–

昨日のラジオで裁判の一端があきらかになったようです。
ラジコの場合は放送後、1週間、番組を保存しているということを知りました。
CBCラジオは名古屋の放送局です。
エリア外の局の番組を聞くためには、ラジコのプレミアム会員になる必要があります。
月額350円です。
安いです。
早速、登録しました。
その後、一日前に流れた「北野誠のズバリ」を聴くことができました。
有益な内容です。
稀少な証言ですので、音声を文字にさせていただきます。

(2018年5月31日 CBCラジオ「北野誠のズバリ」より、引用。)

02:22:32のあたりから。音声の文字化は、筆者。)
氏田朋子さん(木曜アシスタント)

ここからは昼下がりの日替わりコラム、「3時にズバリ」。
木曜日は大川興業の裁判傍聴芸人で、ニュースウオッチャーの阿曽山大噴火さんによります気になるニュース解説や、裁判傍聴レポートをお送りいたします。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい、阿曽山く~ん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

はい、東京地裁前の阿曽山大噴火です。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい、よろしくお願いします。
今日はどうでしょうか。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

今日は、先週の火曜日(5月22日)おこなわれました高木誠被告人の初公判のはなしです。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

本当は先週、はなしたかったんですけど、先週は、日大の戻したひと、ってことでちょっと、緊急性があったので。
先週の裁判ですがちょっと、今日はなさせていただきます。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

罪名はですね、職業安定法違反。
実名報道された事件なので、新聞記事で事件の内容を説明します。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

新聞記事によりますと、アダルトビデオ出演の仕事を紹介したとて、警視庁は会社役員の高木誠容疑者、31歳ら男4人を職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで逮捕した。

(参考。当ブログ)
2018年5月22日

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

高木容疑者は、
「AV女優にさせるための紹介ではなくモデルになるためのアドバイスをしただけ」
と容疑を否認し、ほか3人は容疑をみとめているという。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、ふん、ふん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

逮捕容疑は2016年の2月末、わいせつな行為をさせると知りながら専門学生の女性、19歳を渋谷区のAV会社に紹介したというもの。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

女性は出演を拒んだが、4人は、断ったら撮影代など莫大なカネをはらってもらうことになる、などと言って、仕事を受けさせたという。
映像は後日、販売された。

北野誠さん(パーソナリティ)
うーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

というのが新聞記事なんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい、はい、はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

社会問題にもなっていますよね。
AVの出演強要、という。
そのなかでも、これ、逮捕は今年の3月なんですが、事件は2年前ということで、出演強要の代表的な事件のひとつ、と。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

大々的に報道されたんですけれども、そのあとも、政府なんかもいろいろとコメントなんかをしていて、よく言われるのが、女性に対してアダルトビデオの撮影だよってことを知らせない、とか。

北野誠さん(パーソナリティ)
ふん、ふん、ふん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あと、ここで断ったら違約金が何百万円とか請求がいくよ、とか。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あとは、ギャラ自体がそんなに支払われていないんじゃないか、みたいなことがいろいろと言われているわけです。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい、はい、はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

具体的な金額っていうのは、どこもこう、つたえてくれないんですよ。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

でも、これ、裁判なので、すべてがあきらかになったんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

しかも先週、この初公判をつたえたのは朝日新聞だけだったんですけれどもー

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そのこまかい部分をひと文字もつたえていなかったんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
えー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

じゃ、おれがつたえるしかない、といういつものパターンでございます。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい、ありがとうございます。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

起訴された事件は2016年の2月29日、被告人3人が、渋谷区内にありますAV制作会社、プレステージの応接室で、わいせつな行為をすると知りながら19歳の女性を
「アダルトビデオに出演する女性だ」
と紹介したという内容です。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、被告人、3人いまして、高木誠被告人。
で、その部下の男性。
当時、未成年だったので、匿名の報道です。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あと、この19歳の女の子をスカウトしてきた善(ぜん)被告人というギリシャ人の男性なんですけれども。
3人。
3人とも罪をみとめておりまして、検察官の冒頭陳述では、アダルトビデオの撮影の流れとか、おカネの説明もしてくれたんです。
アダルトビデオというのはそもそもAVメーカーがつくるもので出演する女性はプロダクションが用意するんだ、と。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

だから、メーカーとプロダクションが契約して、女の子をつれてきてね、っていうのがふつうのやりかただ、と。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい、はい、はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、今回は、AVメーカーに女性を紹介していた、と。
まあ、ロータスグループという会社。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、被告人3人は、そのロータスグループにこの19歳の女の子を紹介した、ということなんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、女性を紹介しただけではおカネにならなくて、とにかく撮影がおわらないとおカネが振り込まれないと。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、撮影がおわるとロータスグループから高木誠被告人の会社、コントレという会社なのですが、コントレにおカネが支払われる。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そしたらやっと、女性に出演料をはらう。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、残ったぶんをコントレ、会社と、スカウトしてきたひとの2つで折半するというのがおカネの流れなんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい、はい、はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、具体的にどれくらいのおカネがうごいているのかというのも、裁判では言われまして。

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ロータスグループから高木被告人の会社、コントレに、64万8,000円が支払われたそうです。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

撮影がおわったあと。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そこから出演した女性にはですね、13万円が支払われた。

北野誠さん(パーソナリティ)
ふうーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、会社のコントレとスカウトマンでのこりを折半なので、25万9000円ずつもらっている。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、あー。
AV女優のギャラは安いなぁ。

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
ねー、びっくりしました。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そうなんです。
全体の20%しかもらえないんですね。

北野誠さん(パーソナリティ)
えー。

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
え、えー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

っていうか、スカウトマンの取り分は多すぎです。
ひとりで26万ぐらいもらっているー

北野誠さん(パーソナリティ)
そうだね、けっこう多いよね。
はい。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、ここから、被告人質問なんですが。
弁護人が、
「なぜこんなことをしたんですか?」
と。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

すると、高木被告人は、
「捕まるまで仕事としてやっていたので悪いと思わなくてやっていました」

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

ということは、今回の一件以外にもいろんな女性を紹介していたんじゃないかと匂わせる答ですよね。
で、弁護人が、
「あなたの会社、コントレですけれども、いまはどうなっているんですか?」
と訊(き)くと、高木被告人がですね、
「ブライダルとコンサルタント業もやっていますので、そちらのほうで立て直していきたいと思います」

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

だからAVの紹介っていうのはもうやっていないということなんですね。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、弁護人が、
「じゃ、コントレですけれども、従業員は何人いるんですか?」
と。
被告人は、
「5人です」

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「あ、5人はたらいているんですね。じゃ毎月の売り上げ、どれくらいですか?」
と言ったら被告人が、
「まあ多い月で100万円」
「すくないときで10万円いくかいかないかですね」
と。
法廷中がちょっとざわざわとなりまして。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、弁護人が、
「いえ、利益じゃなくて売り上げですよ。売り上げ、いくらですか」
って言ったら、被告人が、
「売り上げがそれです」

北野誠さん(パーソナリティ)
えー。

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
えー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あはは。

北野誠さん(パーソナリティ)
すくなー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

5人で、売り上げが多い月で100万、すくないときで10万円っていう会社なんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
それ会社じゃないよ。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あはは。
だからAVの紹介をやらないと経営していけなかったのかもしれませんね。

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
あー。

北野誠さん(パーソナリティ)
そうやろな。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

つづいて検察官からの質問ですけれども、
「そのAV女優を紹介するロータスグループというプロダクションですけれども、そことつながりをもったのはいつなんですか?」
と訊(き)くと、被告人が、
「もともと役員のひとと知り合いだったので、いつということはありません」

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
うーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

検察官が、
「そのロータスグループはどういう会社だと認識していましたか?」
と訊(き)くと、
「モデルさんが登録をする会社だと聞いていたんですが、のちのちAVに出る女性を紹介するのがメインの会社だと聞きました」
それがわかってから女性を紹介するようになった、ということなんですね。

北野誠さん(パーソナリティ)
うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、ここからです。
裁判がおもしろかったのはここなんですよ。
朝日新聞もぜひ書いてほしかったのは、検察官がですね、
「アダルトビデオ自体は違法じゃないですよね」

北野誠さん(パーソナリティ)
うん、うん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

「それに出るひとを紹介して、なぜ罰せられたのだと思いますか?」

北野誠さん(パーソナリティ)
ああー。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

すると、高木被告人が、
「ええと、あの、モラル的にまあ良くないっていうことなんですかね」
と、もぐもぐ、うまく答えられないんですよ。

北野誠さん(パーソナリティ)
はい。

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
うーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

すると、検察官が、
「AVをつくっている会社、そして出ている男性、女性は罰せられないですよね。なぜあなたたちだけ罰せられているんですか?」
非常にむずかしい質問なんですよね、これ。
で、被告人も、
「いや、えっ、えっ、えー」
と、本当にもう、ぜんぜん答えられないんですよ。
ものすごい責められる。
すると検察官が、
じゃあなた、何が悪いと思っているんですか?
と。
被告人が、
「女性に対して社会的に良くないことをあっせんしたと思っています」

北野誠さん(パーソナリティ)
ふん、ふん、ふん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

検察官は、
「これで質問をおわります」
って言ったんですけど。
こう言われると、アダルトビデオ自体が良くないっていうことになっちゃうんですよね。

北野誠さん(パーソナリティ)
そうやねぇ。
うーん。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

AV自体は犯罪ではないんですよ。

北野誠さん(パーソナリティ)
そうやね。
だからこれ、女性が出演を拒んだにもかかわらず、でしょ?

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そうなんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
だから、そこがポイントですものね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

で、そこがポイントなんですけれども、捕まえたのは有害業務の紹介。
AVを紹介したことで捕まっているんです。

北野誠さん(パーソナリティ)
あー、これむずかしいよな。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そうなんです。
検察官としては、のちのちアダルトビデオにもメスをいれるぞ、っていう意思表示があったんです。
裁判で。

北野誠さん(パーソナリティ)
あー、そっか、むずかしい。
だってふつう、おれ、「トゥナイト2」をやっているときに、AVスカウトマン、まあ渋谷で一緒に仕事をして、たまたまみつけた子、AV女優になってデビューしているからね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

はあー。

北野誠さん(パーソナリティ)
それと何がちがうのやって、わからんもな、これ。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

道徳的には、女性に言っていない、ということなんですけれども、警察、検察としてはやっぱり、AV自体に、
「ちょっと一発やってやるぞ」
というー

北野誠さん(パーソナリティ)
あー、だってこれ、女性側が出演を拒んでない、ってよくあることだけどね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あ、そうですよね。
望んでやっているひとだってもちろんいらっしゃいますよね。

北野誠さん(パーソナリティ)
ねー。
ということでございますね。
なかなかこれ、どういう結論になっていくんでしょうかね。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

あ、ちなみに検察官が1年6か月を求刑しまして、判決は今月末、6月29日の予定です。

北野誠さん(パーソナリティ)
あ、ちょっと6月29日、期待したいです。
よろしくお願いします。

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

はい。
ありがとうございました。

氏田朋子さん(木曜アシスタント)
ありがとうございました。
——————————————————–

<2018年5月31日>

<2018年6月1日>


——————————————————–

2020年のオリンピックまでにわいせつビデオ業界は殲滅されます。
検察の動向からもこのことは裏づけられます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月1日

絶望が希望に変わる時がついに見えてきた。
全て解決するまで油断はしない。

香西咲さん
2017年12月5日

平行線だった事が多少なりとも動いた事に感謝です。
でも油断はしません。

香西咲さん
2018年1月9日

#山王日枝神社
#初詣
#おみくじ大吉
#今年はいい事あるよ (*^-^*)
#油断はしない
#自分を大切に
https://www.instagram.com/p/BdsWZeUlw2D/

——————————————————–

オリンピックまであと2年です。
このときまでに香西咲さんの憂いが霧散します。
あと、もうすこしです。
自分を大切に
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

5月31日のCBCラジオ「北野誠のズバリ」で、わいせつビデオ業界に対する検察の姿勢があきらかになりました。香西咲さんは再生し、業界は殲滅されます」への2件のフィードバック

  1. 海野

    プレステージは削除依頼をしても、なかなか応じないのでも有名ですよね。

    KMPもそうらしいです、それに対してSODやCAなどは応じてくれるとか。
    SODは瀧本さんの件で問題を起こしましたが、その他の事項に関しては
    適切な対応をしているようですね。

    プレステージの社長はタワーマンションにも住んでいます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。