消費者機構日本がプロダクションのアルシェに対して差止請求をおこないました。香西咲さんを商品としてあつかった業界のおわりが近づいてきました

一昨日、朝日新聞が、「アルシェ」というプロダクションに関する記事を配信しました。

(2018年5月29日 朝日新聞「『ウソついてAV出演契約』 消費者団体が改善求め文書」より引用。改行を施しています。)

朝日新聞

女性にウソをついたり、複数人で取り囲んで説得したりしてアダルトビデオ(AV)出演の契約を結んでいるとして、NPO法人資格を持つ消費者団体「消費者機構日本」が4月下旬、東京都内のAVプロダクションに改善を求める文書を送った。

——————————————————–

女性にウソをついたり、複数人で取り囲んで説得
もちろんアルシェの件は、氷山の一角でしょう。
偶然、発覚しただけです。

朝日新聞


同機構がAVプロダクションに申し入れをするのは初という。
関係者への取材でわかった。

——————————————————–

消費者機構日本は昨年の11月10日、AV人権倫理機構に対して、アダルトビデオ出演契約に関する意見書を提出しています。

(参考。当ブログ)
2018年1月4日
——————————————————–

朝日新聞

文書によると、都内にあるAVプロダクションアルシェは、女性と契約を結ぶために
「絶対ばれない」
「身ばれ(身元の判明)しない」
などとウソをついたり、契約を断っているにもかかわらず複数人で取り囲んで説得して物理的、精神的に女性が退去するのを妨害したりしたという。

——————————————————–

株式会社アルシェの登記簿をみてみます。

※注 一部、ぼくのほうで削除している箇所があります。)

(*下線のあるものは抹消事項であることを示す。)

(※以下、省略。)

社長は、鈴木秀行となっています。
3年前に発足した会社のようです。

(再掲。朝日新聞)
『絶対ばれない』『身ばれ(身元の判明)しない』などとウソをついた
契約を断っているにもかかわらず複数人で取り囲んで説得して物理的、精神的に女性が退去するのを妨害

消費者機構日本のホームページを確認しました。
株式会社アルシェへ送付した申入書が公開されています。

消費者機構日本のホームページより、引用。)

消費者機構日本

消費者機構日本は(株)アルシェ(以下「アルシェプロダクション」)に対して、消費者契約法の不当勧誘に該当するとして、アダルトビデオ出演(以下「AV出演」)のためにする契約の勧誘に際して行っている次の行為をやめるよう申入れを行いました。

申入れ・要請・問い合わせ書

不当勧誘の概要

●実際は、AV出演をした個人の身元が明らかになる可能性があるにもかかわらず、「絶対にバレない」等とだまして勧誘していた。(不実告知)

●実際は、個人が勧誘の際に実演したくないと申請した「NG項目」を実演させていることが多いのに、「NG項目はやらなくてよいから」とだまして勧誘していた。(不実告知)

●勧誘を受けている個人が、その場から退去することを希望しているのに退去させなかった。(退去妨害)

今後、アルシェプロダクションから回答が届きましたら、適時、当機構のホームページにてお知らせいたします

※(株)アルシェ:所在地は東京都渋谷区。「アルシェプロダクション」との屋号でプロダクション事務所を経営している。

——————————————————–

(再掲。朝日新聞)
4月下旬、東京都内のAVプロダクションに改善を求める文書を送った

2018年4月26日
適格消費者団体 消費者機構日本

申入れ・要請・問合わせ書

当該文書の発信日は2018年4月26日となっています。
株式会社アルシェ社長の鈴木秀行へ宛てた「申入れ・要請・問合わせ書」をみてみます。
長文です。
全部で6ページです。

(2018年4月26日 適格消費者団体 消費者機構日本「申入れ・要請・問合わせ書」より引用。)

はじめに

消費者機構日本 申入れ・要請・問合わせ書

この度、消費者より当機構に対し、貴社とのアダルトビデオ出演のためにする契約に関する情報提供がありました。

——————————————————–

つきましては、本申入れ等に対する貴社の文書による回答を5月31日(木)までに当機構に送付ください。

——————————————————–

なお、本件につきましては、適宜の方法で公開をおこないます。

また、当機構は消費者契約法第23条4項に基づき、本申入れ等の内容と結果を消費者庁に報告します。

消費者庁は、消費者契約法第39条に則り公表を行う場合があります。

(参考。消費者契約法

第23条4項
適格消費者団体は、次に掲げる場合には、内閣府令で定めるところにより、遅滞なく、その旨を他の適格消費者団体に通知するとともに、その旨及びその内容その他内閣府令で定める事項を内閣総理大臣に報告しなければならない。この場合において、当該適格消費者団体が、当該通知及び報告に代えて、すべての適格消費者団体及び内閣総理大臣が電磁的方法(電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法をいう。以下同じ。)を利用して同一の情報を閲覧することができる状態に置く措置であって内閣府令で定めるものを講じたときは、当該通知及び報告をしたものとみなす。

一 第41条第1項(同条第3項において準用する場合を含む。)の規定による差止請求をしたとき。
二 前号に掲げる場合のほか、裁判外において差止請求をしたとき。
三 差止請求に係る訴えの提起(和解の申立て、調停の申立て又は仲裁合意を含む。)又は仮処分命令の申立てがあったとき。

第39条
内閣総理大臣は、消費者の被害の防止及び救済に資するため、適格消費者団体から第23条第4項第4号から第9号まで及び第11号の規定による報告を受けたときは、インターネットの利用その他適切な方法により、速やかに、差止請求に係る判決(確定判決と同一の効力を有するもの及び仮処分命令の申立てについての決定を含む。)又は裁判外の和解の概要、当該適格消費者団体の名称及び当該差止請求に係る相手方の氏名又は名称その他内閣府令で定める事項を公表するものとする。

2 前項に規定する事項のほか、内閣総理大臣は、差止請求関係業務に関する情報を広く国民に提供するため、インターネットの利用その他適切な方法により、適格消費者団体の名称及び住所並びに差止請求関係業務を行う事務所の所在地その他内閣府令で定める必要な情報を公表することができる。

3 内閣総理大臣は、独立行政法人国民生活センターに、前2項の情報の公表に関する業務を行わせることができる。

——————————————————–

申入れ事項

株式会社アルシェが女性に対しておこなっている悪行を抜粋します。

消費者機構日本 申入れ・要請・問合わせ書

貴社は、スカウトを使い契約目的を隠して消費者を連れ出し、事務所の狭いスペースの奥まった場所に消費者を座らせ、AV出演のためにする契約を消費者が断っているにもかかわらず、複数人で長時間勧誘を継続して上記契約を締結させたことは、退去妨害による契約であるといえます。

——————————————————–

消費者がAV出演契約をするにあたり、AV出演という役務の性格上、他人に知られずに行うことを最重要な条件として契約することが通常であるところ、実態として「顔がばれる」「身ばれする」といった事態が発生しており、かつ「顔がわかる」「見ばれする」ような広告宣伝を行っているという事実があるとの情報提供がありました。

——————————————————–

NG項目の指定により撮影内容が限定されることは、消費者の自己決定権及びプライバシーをどこまで放棄するかにかかわる重要な意思表示であり、役務の内容を指定する行為ですから消費者契約法第4条第5項1号に該当します。

(参考。消費者契約法

第4条
消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次の各号に掲げる行為をしたことにより当該各号に定める誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。

(第5項1号)
物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものの質、用途その他の内容であって、消費者の当該消費者契約を締結するか否かについての判断に通常影響を及ぼすべきもの

当然、実際の撮影の場で指定した役務以外の行為を求められることは本来債務の内容ではなくNG項目の行為をする義務は消費者にはありません。
ところが、実際には、撮影の現場で突然、NG項目の行為を求められ、拒否できずに応じさせられるという情報提供がありました。

——————————————————–

スカウトに対する行為を利用して、AV出演のためにする契約を締結させるという勧誘目的を告げずに若い女性を誘い出して契約させたという情報が寄せられています。

——————————————————–

貴社は契約者に対して契約書を交付していないとの情報提供を受けています。
契約書は、契約者が自己の権利として義務を確認するために必要な書類であるので、確実に契約書を契約者に渡すべきです。

——————————————————–

消費者機構日本は、適格消費者団体です。
適格消費者団体の主たる目的は、消費者契約法に違反している事業者に対しておこなう差止請求です。
おそらく消費者機構日本は、差止請求訴訟も考えているのでしょう。

(再掲。消費者機構日本 申入れ・要請・問合わせ書)
スカウトを使い契約目的を隠して消費者を連れ出し、事務所の狭いスペースの奥まった場所に消費者を座らせ、AV出演のためにする契約を消費者が断っているにもかかわらず、複数人で長時間勧誘を継続して上記契約を締結させた

あくどいです。
このような所行は民事上の責任だけですまされません。
刑事罰が科せられる事案です。
差止請求訴訟と併せて、社長の逮捕がもとめられます。

(2018年5月15日 動画 衆議院インターネット審議中継「衆議院 消費者問題特別委員会」より、引用。)

音声の文字化は、筆者。)

河上正二 青山学院大学法務研究科教授(前内閣府消費者委員会委員長)

 
(前略。)
だだですね、クーリングオフとか取消権とか、契約からの離脱というのは、
「これは、はなしがちがう」
というふうにわかった時点、あるいはそういうふうに言った時点ですけれども、だいたい手遅れであります。

ですから、それを考えると、実効性のある被害予防のためには、こうした出演強要行為があった場合には、一定の刑事責任、刑事罰で対応することが必要ではないかと思います。

 
(柚木道義議員)

これ(出演強要)は密室のこともあって、警察による強要罪あるいは強制性交等罪の逮捕も実務上むずかしい、とも聞いておりまして

これは要件面でいま先生がおっしゃった問題が若干あるわけですので、その部分についてすみやかに検討して刑事罰を用意するという方向をひとつ考えないといけないのかなという気がいたします。

——————————————————–

機は熟しました。
だれもが、業界人(=犯罪者)を刑務所にぶちこむ新法の制定を待ち望んでいます。
峻厳な内容の法律となることをこころより願っております。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY
その他

こいつらがおこなったことは株式会社アルシェの比でありません。
より犯罪的です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月17日

仰る通りです。
佐藤さんには『死にたいなら死ねば』と言い放ってますし。
今後は自分の為に生きなきゃ!

香西咲さん
2016年8月28日

青木亮は私が知ってる限りでは少なくとも2人を自殺未遂まで追い込み、
中国人に対してAV女優の売春を目論む人間です。
私はその被害者です。

香西咲さん
2016年9月20日

青木りょうさんへ
5年間を返して下さい
死にたい

香西咲さん
2016年9月24日

学校とかで『自殺ダメ』とか言うポスター見かけるけど、
当事者からすれば、だったら救いの手を差し伸べて下さいって話。
結局傍観者は何もしないんだから。

香西咲さん
2017年11月16日

私のTwitterをご覧になっていた方は私が自殺願望を吐いたり、辛い事をぶつけて来た事も全てご覧なっているはず。
それを見ていてい敢えて「楽しそうにやってるじゃん」と言える人は、AVライターアケミン様(強要で逮捕されたマークス取締役)然り、AV強要された女性を馬鹿にしているのでしょう。

香西咲さん
2018年4月19日

私が過去に自殺願望を書いた事をわざわざ通報して下さった方のおかげで、
また新しい機関にAV強要の被害を説明する機会を戴きました。
私のアカウントを取り巻く方々や攻撃的なツイートをする方の事も全て相談してこようと思います。
通報して下さった方ありがとうございます。

——————————————————–

今後は犯罪者たちが死への願望を口にするようになるでしょう。
犯罪者たちが苦しみ、のたうちまわり、朽ち果てていく姿を高いところから眺めさせていただきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。