現在、政府の有識者検討会においてアダルトビデオに対する法的対応の検討が進められています。香西咲さんたち被害者の救済がまたれます

当ブログで何度もご紹介をさせていただいております。
12日前の国会で、公明党の若松謙維議員が衝撃的な発言をしました。

2018年4月12日 参議院 法務委員会
(動画 参議院インターネット審議中継)

(参考。当ブログ)
2018年4月15日質疑、応答の全文を掲載。)

(※音声の文字化は、筆者。)

若松謙維 参議院議員(公明党。元総務副大臣)

ちょっと質問通告していないので、次回の質問通告の予告をさせていただきますけれども、結局このAV出演強要なんですけれども、制作っていうんですか、ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども、結局、日本のいまの社会をみていると、いわゆるホテルに行くと簡単に犯罪を犯している映像が出ている。
それ、簡単にアクセスできる。

そして街のなかには、アダルトビデオが売っている
そしてネット社会ですから、見える、と。

いま日本の社会のどれだけモラルがですね、いわゆる後退しているのか。
やはり社会の受け皿を、いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います。

ニーズがあるわけですから。

そこをちょっとこれからも検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

——————————————————–

(再掲。若松謙維議員)
ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども
簡単に犯罪を犯している映像が出ている
街のなかには、アダルトビデオが売っている
ネット社会ですから、見える
いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います

このことばを聞いたときぼくは、いよいよはじまった、と思いました。
1年前、公明党は、内閣官房長官に対して、出演強要問題に関する中間提言を提出しました。

(再掲)

2018年4月12日 参議院 法務委員会
(動画 参議院インターネット審議中継)

12日前の法務委員会で、内閣府の審議官が、公明党の中間提言にふれています。

渡邉清 内閣府 大臣官房審議官

 
内閣府男女共同参画局でございます。

いわゆるアダルトビデオ出演強要問題につきましては、昨年3月、御党のほうから、相談体制の整備、とりしまりの強化、広報、啓発の充実など、13項目にわたるご提言をちょうだいしております。

——————————————————–

(再掲。渡邉清 内閣府 大臣官房審議官)
相談体制の整備、とりしまりの強化、広報、啓発の充実など

提言の具体的な内容については詳(つまび)らかにされていません。
報道等によりますと公明党は、制作や流通の現状を問題視したようです。

公明党の中間提言(2017年3月15日)

(2017年3月13日 産経新聞「AV出演強要問題『強姦して撮影を強行する事例』も 公明が過激ポルノ規制へ提言」より、引用。)

産経新聞

アダルトビデオ(AV)への出演を強要される女性の被害が増えている問題を巡り、過激なポルノの流通規制警察の介入強化を促す公明党プロジェクトチーム(PT)の提言が分かった。
「強姦して撮影を強行する悪質な事例」もあり「映像がインターネットを通じて拡散されると半永久的に流通し、被害者はいつまでも苦しむことになる」とした。

その上で、非合法的に撮影された過激なポルノなどの流通規制を協議する政府の有識者会議設置を要請。

AVの販売差し止めやネット上の動画を削除する手段を検討するよう求めた。

性犯罪の積極的な摘発や相談・支援体制の整備、AVの制作流通経路に関する調査の必要性も明記した。

関係府省対策会議

(2017年3月21日 第1回関係府省対策会議「議事録」より、引用。)

<5~6ページ>
林真琴 法務省 刑事局長

もう一点目は過激な内容のポルノの規制等のあり方に関してでございます。
この問題につきましては、公明党からの提言の中におきましても、このポルノの規制が刑事罰則を設けることによる規制というものも含んだ形での提言になっていると承知しておるわけでございますが、この問題に関しては、かなり重い課題となると思いますので、関係省庁と協力して対応を検討してまいりたいと思います。

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。)

被害の防止及び救済等のための新たな対応策の検討

アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題等が深刻な性的な暴力で、重大な人権侵害であるとの考え方に立ち、関係者による自主的な取組の進捗状況や実態把握の状況も踏まえ、性的な暴力の被害につながる行為の規制、被害の回復、被害者の保護及び支援等について、有識者等の意見も参考に、法的対応を含め、必要な対応策を検討する。

(内閣府、関係府省)〔平成 29 年4月~〕

——————————————————–

(再掲。公明党の中間提言)
非合法的に撮影された過激なポルノなどの流通規制を協議する政府の有識者会議設置

公明党の提言後、政府内に有識者会議(有識者検討会)が設置されました。

(参考。当ブログ)
2018年3月29日

進捗状況につきましては、第4回関係府省対策会議で配布された資料をみるとわかります。

(引用)
内閣府

(前年度)
いわゆるAV出演強要問題について、法的対応を含めた必要な対策の在り方に係る有識者へのヒアリングを実施。
(今年度)
現在実施中の有識者へのヒアリング状況を踏まえ、有識者検討会による更なる検討を進める予定。

——————————————————–

有識者検討会による法案づくりは着々と進んでいるようです。
若松謙維議員は与党の一員です。
当然、政府の動向を把握しています。
今回、若松議員は、政府の施策を後押しするために、以下の発言をおこなったものと考えます。

(再掲)

2018年4月12日 参議院 法務委員会
(動画 参議院インターネット審議中継)

ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども
簡単に犯罪を犯している映像が出ている
街のなかには、アダルトビデオが売っている
ネット社会ですから、見える
いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います

公明党は昨年から一貫して、非合法的に撮影されたビデオをとりしまれ、と言っています。
前述のとおり政府は、業界の自己改革を期待していました。

(再掲。「今後の対策」)
関係者による自主的な取組の進捗状況や実態把握の状況も踏まえ

業界は犯罪行為をやめることができませんでした。

(2017年5月31日 AERA dot.「新たなる『適正AV』ってなんだ?」より引用。)

山口貴士 AV業界改革推進有識者委員会 委員
(現AV人権倫理機構 理事)

適正AVの登場によってAVの内容自体が変わることはない

——————————————————–

愚かなやつらです。
もうこいつらはおわりです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)
香西咲さん
2017年12月13日

アイポケ時代へ契約書自体を交わさずに出演させられた事も最近発覚しました。

香西咲さん
2017年12月13日

契約書も無く撮影された素材を何故これから私が全てを掘り下げて削除申請しないといけないのでしょうか?
メーカーは自発的に削除するのが道理ではないのですか?
#MeToo
#helpme
#アットハニーズAV出演強要
#青木亮にAV強要を受けて苦しむ被害者
#大樹総研
#人身売買
#HumanTrafficking

香西咲さん
2017年12月13日

やっと逃げ回ってた #青木亮
出てきたと思ったら、また契約書を盾に酷い事を言われている。
この後に及んでまた契約書問題。
しかもサインしたのは私じゃない。
本当に消えたい。
どこまで苦しめれば気が済むの?

香西咲さん
2017年12月26日

#WILL #DMM に契約書を交わしていないものの削除要請をこちらが掘り返して全てリストにする様言われて、それはおかしいのでは?との趣旨を突き返したら返答が途絶えました。
何故契約書も交わしていない、しかも上記二社も認めている #AV強要作品 なのに自発的に消そうとしてくれないのか疑問です。

香西咲さん
2018年1月30日

告発から1年はWILLの元、 #AV業界 の自浄作用を信じて活動しました。
ですが業界にその意向は無い事を悟り今に至ります。
お疲れ様でした。

——————————————————–

(当ブログへのコメントより、引用。)

海野さん(悪徳弁護士に対して懲戒の申し立てをしているかた)

日本は本当に性に対してのモラルが無い国だと思います。
早く AVメーカーを潰して欲しいです。

匿名さん

早く AVなんて強姦や売春行為して野放ししてないで潰して欲しいです。

——————————————————–

わいせつビデオ業界が青木とともに滅びることをこころより願っております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。