出演強要に関する仁比聡平議員と本村伸子議員の質問が、政府の施策を後押ししています。「今年は流れが変わります」。いま香西咲さんのおっしゃる展開となっています

一昨日(4月3日)、本村伸子議員が衆議院の総務委員会で、出演強要の二次被害について質問しました。
質疑と応答の全文につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2018年4月4日

木村議員の質問によって、違法・有害情報相談センターの今年度の運用方針があきらかとなりました。

2018年4月3日 衆議院 総務委員会
(動画 衆議院インターネット審議中継)

同委員会で野田聖子総務大臣はつぎのように答えました。

(※音声の文字化は、筆者。)

野田聖子 総務大臣(※男女共同参画大臣と兼務)

お答えいたします。

AV出演強要は女性への人権を著しく踏みにじるけっしてゆるされない重大な問題であると認識しています。

総務省としてはまず、権利侵害情報への対応に関する民間ガイドラインやモデル約款の策定支援、そして事業者団体を通じた事業者に対するAV出演強要問題の周知などにより、出演強要に遭った動画が適切に削除されるよう事業者のとりくみを支援しているところです。

また、総務省が委託により設置している違法・有害情報相談センターにおいても今年度から、相談のあった動画が削除されたかどうかについての実態把握をおこなうなど運用への強化にとりくんでいくことにしています。

今後とも、違法有害情報相談センターの周知につとめるとともに、実態も踏まえつつ、さらに適切な措置が講じられるよう関係省庁と連携しながら、しっかりとりくみます

——————————————————–

(日本共産党 女性委員会のツイートより、引用。)

日本共産党 女性委員会
<2018年4月5日>


今年度から総務省委託の『違法・有害情報相談センター』が相談された動画が削除されたかを把握することを明らかにした

(2018年4月5日 しんぶん赤旗「強要AV 動画削除把握へ 衆院総務委 本村氏に総務相答弁」より、引用。)

しんぶん赤旗

同省は3月23日、共産党の仁比聡平参院議員の質問には
「実際に削除されているかを把握する運用は行っていない」
と答弁しており、新年度から運用を改めた形です。

仁比聡平議員の質問によって、違法・有害情報相談センターの施策が変更されたようです。
同省は3月23日、共産党の仁比聡平参院議員の質問には
3月23日の質疑を確認します。

(参考。当ブログ)
2018年3月24日(※質疑と応答の全文を掲載)

2018年3月23日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

総務省には有害情報の窓口っていうのがありますが、
「プロバイダーに削除申し出ができますよ」
という案内はしてくれるんだけれども、そのあと、実際に削除されたかという実態もいまは把握をするようなふうにはなっていません。
そのとおりですね。

違法・有害情報相談センターは今年度より、削除されているかどうかの検証をおこなうことになりました。

(総務省のツイートより、引用。)

総務省
<2018年4月4日>

モデルやアイドルのスカウト等をきっかけに、性的行為を強要される事例が発生しています。
違法・有害情報相談センターでは、強要により撮影されてネット上に流通した画像等に関するご相談も受け付けています。

(本村伸子衆議院議員のツイートより、引用。)

本村伸子 衆議院議員
<2018年4月4日>


(本村伸子議員)
一歩前進!

警察庁にもそのような傾向がみられます。
ご存じのとおり、警察は民事に介入しません。

(警察庁のツイートより、引用。)

警察庁
<2018年3月30日>


『アダルトビデオ出演強要問題に対する警察の取組』を更新しました

みてみます。

(2018年3月30日 警察庁「アダルトビデオ出演強要問題に対する警察の取組」より、引用。)

警察庁

「契約違反だ。」「違約金を払え。」等と言われたら・・・

 アダルトビデオ出演強要問題では、プロダクション側から、「契約違反となる。」、「違約金を払え。」等と言われて萎縮し、結果として被害に遭ってしまう場合があります。
 被害に遭わないために、民事における契約の一般論として、

● 本人が承諾していなければ、その内容については契約としては成立していない。

● 契約としては成立したとしても、錯誤に基づくものであれば、その契約は無効で、守る必要はない。

● 詐欺や脅迫に基づくものであったり、女性が20歳未満である場合は、契約を取り消すことができる。

 ということを覚えておきましょう。

力強いです。
仁比聡平議員は既出の国会で、以下の発言をしました。

(参考。当ブログ)
2018年3月24日(※質疑と応答の全文を掲載)

2018年3月23日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

その通達(2017年5月24日)にはですね、
「そうした相談をうけたときに女性が出演を拒否できる可能性は高い
という基本認識に立って相談にあたらなければならないのだ、ということがしめされているわけですね。

昨年の5月24日の通達を参照します。

(2017年5月24日 警察庁「アダルトビデオ出演強要問題に係る対策の推進について(通達)」より、引用。)

警察庁

○ 当初はモデル契約等として、アダルトビデオへの出演があることを知らずに女性が契約した
○ 「アダルトビデオではないから」等とだまされて契約した、脅されて契約した
○ 当初はアダルトビデオへの出演を承諾したが、その後、出演することが嫌になった
等の訴えがあった場合には、女性が出演を拒否できる可能性は高い

(再掲。仁比議員)
『そうした相談をうけたときに女性が出演を拒否できる可能性は高い』という基本認識に立って相談にあたらなければならないのだ、ということがしめされているわけですね

警察庁はこのたび、表現をあらためました。

(再掲。「アダルトビデオ出演強要問題に対する警察の取組」)

「契約違反だ。」「違約金を払え。」等と言われたら・・・

 アダルトビデオ出演強要問題では、プロダクション側から、「契約違反となる。」、「違約金を払え。」等と言われて萎縮し、結果として被害に遭ってしまう場合があります。
 被害に遭わないために、民事における契約の一般論として、

● 本人が承諾していなければ、その内容については契約としては成立していない。

● 契約としては成立したとしても、錯誤に基づくものであれば、その契約は無効で、守る必要はない。

● 詐欺や脅迫に基づくものであったり、女性が20歳未満である場合は、契約を取り消すことができる。

 ということを覚えておきましょう。

総務省と同様に、こちらの変更も、仁比聡平議員の国会質問によるものと考えます。
そのときの上川陽子法務大臣の答弁が気になります。

(参考。当ブログ)
2018年3月24日(※質疑と応答の全文を掲載)

2018年3月23日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

インターネット上の画像(動画)をですね、いやなものはいやだ、と。すみやかに削除する、これを組織化するということがわたし、どうしても必要だと思うんですね。

仁比議員の要望に対して、こう答えました。

上川陽子 法務大臣

野田大臣、また関係省庁ともしっかりと連携をし、一丸となった対策に努めてまいりたいというふうに思っております。
また、緊急な要請、ということにつきましても、理解をしているところでございます。
関係省庁、また野田大臣とともにこの問題についてとりくんでまいります。

上川大臣は、法務省として、具体的にどのようなことを考えているのでしょうか。
緊急な要請、ということにつきましても、理解をしているところでございます
仁比聡平議員は、動画の削除を組織的におこなうべき、とのべています。
法務省の施策がまたれます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月4日

でも何となく、今年でもう呟かずに済む様になりそうな気はしています。

香西咲さん
2018年2月14日

個人的見解ですが
今年は流れが変わります。
色んな意味で。

——————————————————–

香西咲さんのおっしゃるとおりです。
いま出演強要対策はきわめてよい方向へ推移しています。
解決まであともうすこしです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。