「心が恐れを抱き、おじけづいたときに、自分から自然と破滅や敗北の道を選ぶようになってしまうのだ」。香西咲さんがあきらめないかぎり、すべてのことが解決します

本日も、3月26日の第4回関係府省対策会議で配布された資料についてみてみます。

(参考。当ブログ)
<第4回関係府省対策会議に関する記事>
2018年3月27日(火)
2018年3月28日(水)
2018年3月29日(木)
2018年3月30日(金)
2018年3月31日(土)
2018年4月1日(日)

第4回関係府省対策会議で配布された資料

1 「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」主な成果(平成29年度)

2 「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」フォローアップ(全体版)

3 平成30年度「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」実施予定施策一覧

「2」のいわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」フォローアップ(全体版)をみますと、今年度(4月~3月)に、各府省庁が何をおこなおうとしているのかがわかります。

資料は全部で4ページからなります。
このなかから、各府省庁の次年度の取組予定を抜粋します。

内閣府

(今年度)
若年層に対する予防啓発及び被害者支援に実績のある団体等を対象とした被害実態調査を引き続き行うとともに、調査結果や検討会の結果等を踏まえ、若年層を対象とした女性に対する暴力に関する啓発物や被害者支援マニュアル等を作成する。

(再掲)
被害者支援に実績のある団体等を対象とした被害実態調査を引き続き行う

被害者支援に実績のある団体」とは、HRN、PAPS、ライトハウスのことであると考えます。
今年度も内閣府は、各支援団体との協力関係を維持するようです。
杉田水脈議員が過日の国会で発した狂信的な言辞は一顧だにされなかったようです。

(参考)

2018年3月9日 衆議院 内閣委員会
(動画 衆議院インターネット審議中継)

(※質疑と応答の全文につきましては、2018年3月10日の当ブログをご覧ください。)

杉田水脈 衆議院議員

いま、AVの強要の防止ということで、そういう活動をしている団体であると認識していたというなんですけれども、それ以前にこの団体は、こういった日本軍がまあ、慰安婦というは性奴隷であったとかいったことを国連などを通じて、世界にそういったことを捏造、ばらまくことをすごく熱心にやっている団体がこのヒューマンライツ・ナウ(HRN)なんですね。
それからもうひとり、田口道子さんということですよね。
これ、ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)の事務局長ってなっていますが、これこの報告書をつくって、内閣府はヒューマンライツ・ナウ(HRN)ともうひとつポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)というところからも聞き取りをしていますよね。
要するに、こういうひとたちの意見を聞いてこの月間(4月の被害防止月間)をつくった、ということですよね。
日本政府がお墨付きをあたえて、AV女優の強要とかJKビジネスとか、こんなに日本で問題になっているから、だから防止月間をやらないといけないからということがこれ海外に。
だから日本はむかし、慰安婦という性奴隷をもっていたんだと言われても、これおかしくない。
まさしくその意図をもってその団体はこういうふうなことをやっていっているんですけれど。

(再掲。内閣府)
被害者支援に実績のある団体等を対象とした被害実態調査を引き続き行う

当該調査が逮捕へとむすびつくことを期待しています。
警察は4月中に、以下のことをおこなうようです。

(3 平成30年度「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」実施予定施策一覧より、引用。)

警察庁

(4月)
関係機関
等とも連携し、関係機関等から警察に提供のあった情報も踏まえ、アダルトビデオ出演強要問題については、強制性交等罪(強姦罪)、強要罪、淫行勧誘罪、労働者派遣法等の(JKビジネスについては省略)各種法令を適用した厳正な取締りを推進する。

——————————————————–

わざわざ、4月におこなう、と謳っています。
楽しみです。

さらに、各府省庁の取組予定をみていきます。

警察庁

(今年度)
AV出演強要問題専門官を始めとする都道府県警察の担当者に対する研修に関係NPO職員を招へいして情報交換を行うなどにより、NPOと都道府県警察の連携強化を図る。

警察も内閣府と同様に、HRN、PAPS、ライトハウスとの連携を密にするようです。
杉田水脈議員は恥をかくために国会で質問をしたのでしょうか。
あわれです。
——————————————————–

文部科学省

(今年度)
30年4月に全ての新中学1年生(約110万人)及び全小中高等学校等に対して啓発資料を配布するほか、文部科学省ホームページにも掲載予定。

文部科学省は新中学1年生に対して啓発資料を配布する予定です。
それにしても、全員に配布するとは。
圧倒されます。
——————————————————–

厚生労働省

(今年度)
若年被害女性等に対して、公的機関・施設と民間支援団体が密接に連携し、アウトリーチ(出張サービス)による相談支援や居場所の確保、公的機関や施設へのつなぎを含めたアプローチを行う仕組みを構築するための「若年被害女性等支援モデル事業」を実施予定。
(今年度)
・ 調査研究事業の調査結果を踏まえ、婦人保護事業の在り方について必要な見直しを検討。
・ 調査研究事業で、婦人保護施設においてモデル的に性暴力被害者自立支援プログラムを活用した支援を実施予定。

——————————————————–

以下の消費者庁と内閣府の施策につきましては、過日のブログでご紹介をさせていただいております。

消費者庁

(今年度)
業界関係者(知的財産振興協会)に対し、アダルトビデオ出演契約に関し消費者契約法の適用の可能性があること等を周知。

消費者庁は昨年度にひきつづき今年度も通達を発するようです。

内閣府

(前年度)
いわゆるAV出演強要問題について、法的対応を含めた必要な対策の在り方に係る有識者へのヒアリングを実施。
(今年度)
現在実施中の有識者へのヒアリング状況を踏まえ、有識者検討会による更なる検討を進める予定。

新法の制定が現実のものとなってきました。
——————————————————–

以上、政府の今年度のとりくみに期待があつまります。
あきらかにいま、事態は良い方向へと推移しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年4月2日

以上、
二次被害、三次被害に悩まされており、お力添えを頂きたい次第です。
アドバイスだけでも構いません。
人生の諸先輩方、何卒宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

——————————————————–

実存主義者のニーチェ(1844年~1900年)は、「たわむれ、たばかり、意趣ばらし」のなかでつぎのようにのべています。

(ニーチェ著 白取春彦訳 「超訳 ニーチェの言葉」ディスカヴァー・トゥエンティワン刊より、引用。改行を施しています。)

<62ページ>
ニーチェ

「ああ、もう道はない」
と思えば、打開への道があったとしても、急に見えなくなるものだ。
「危ないっ」
と思えば、安全な場所はなくなる。
「これで終わりか」
と思い込んだら、終わりの入口に足を差し入れることになる。
「どうしよう」
と思えば、たちまちにしてベストな対処方法がみつからなくなる。
いずれにしても、おじけづいたら負ける、破滅する。
相手が強すぎるから、事態が今までになく困難だから、状況があまりにも悪すぎるから、逆転できる条件がそろわないから負けるのではない。
心が恐れを抱き、おじけづいたときに、自分から自然と破滅や敗北の道を選ぶようになってしまうのだ。

——————————————————–

政府はいま、二次被害、三次被害の対策に着手しようとしています。

(参考。当ブログ)
2018年4月2日

(再掲。ニーチェ)
心が恐れを抱き、おじけづいたときに、自分から自然と破滅や敗北の道を選ぶようになってしまうのだ

解決まであともうすこしです。
笑って語れるときがやってきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。