杉田水脈衆議院議員は政治家だけでなく人間としても失格です。香西咲さんたち被害者を愚弄しています。国会での発言は虚語に満ち溢れたものでした

昨日のつづきです。
一昨日、杉田水脈衆議院議員が国会で、出演強要問題について発言しました。
主たる内容は、出演強要は存在しない、というものです。
杉田議員の質疑をふりかえってみます。
全文につきましては、昨日のブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2018年3月10日

まずは杉田議員の経歴を確認します。

2012年
 衆議院議員に初当選。
 所属政党は、日本維新の会
  
2014年
 衆議院選挙で落選
  
2017年
 衆議院選挙で、なぜか自民党の比例区の候補となり、当選。

(SAPIO 2018年1・2月号「舛添要一×古谷経衡 ルックス高評価に甘んじる女性議員に苦言」より、引用。改行を施しています。)

古谷経衡さん(評論家)

杉田水脈(50・自民・衆2期)も同じです。
市職員だった女性が保守のおじさんに「憂国の士」とおだてられて政治の世界に登場した。
閉鎖空間でしかモテないオタクサークルの姫的な存在になり、本人たちは満足する。
だから努力も切磋琢磨もしない。
男性優位社会に、逆に甘えているのではないでしょうか。

——————————————————–

(再掲。古谷経衡さん)
努力も切磋琢磨もしない
男性優位社会に、逆に甘えている

一昨日の衆議院内閣委員会で杉田議員は、2年前の事件をとりあげました。

2018年3月9日 衆議院 内閣委員会(動画 衆議院インターネット審議中継)

音声の文字化は、筆者。)

杉田水脈 衆議院議員(2018年3月9日)
(略)、これはわたし自身が産経新聞にもっていたレポートのなかのひとつなんですが、ここのところですね、

「いくつかのそういうのに出演していた女性が、借金を返すために出演していた女性が、実際にそのアダルトビデオをやめたあとにつきあいだした男性にそれがばれてしまって、咄嗟についた嘘が、
『強要されてやった』
ということで、それで相談に行ったのがヒューマンライツ・ナウだった」

というような。

「こういうふうなことはすごくたくさんあるということで、実際にわたしも業者のほうの聞き取りをして、こういうふうな事例をとってきて、この記事を書いたんですが」

——————————————————–

(再掲。杉田水脈氏の経歴)
●2012年
 衆議院議員に初当選。
 所属政党は、日本維新の会。
  
●2014年
 衆議院選挙で落選
  
●2016年
 産経新聞で記事を執筆。

  
●2017年
 衆議院選挙で、なぜか自民党の比例区の候補となり、当選

杉田氏が2016年に書いた記事をふりかえってみます。

・2016年7月25日 産経新聞 
【杉田水脈のなでしこリポート(10)】

(引用)
借金を抱えている女性が「どうしてもAVに出演させてくれ」と頼み込みAV女優になりました。
撮影現場でもスタッフに「次もお願いします」「よろしくお願いします」と頼み込み、結局200本くらいの作品に出演したそうです。
女性は借金を返済し引退したのですが、付き合い始めた男性に過去のAV出演がばれてしまい、とっさに出た言葉は「無理やり強要されて出演した」でした。

——————————————————–

奇(く)しくも以下の方々の言辞と酷似しています。

(2016年6月16日 リテラ「AV業界に強要はあるのか」より、引用。)

マークスジャパンの系列事務所に所属している女優

今回の件、色々知ってます…(過去のことも)
現役時代やる気満々に活動してたある一人の元女優が辞めた後、今の彼氏に「あの時は無理矢理やらされてただけなの!」って変な言い訳したら、その彼氏が「なら警察行って作品消させろ!」って騒いで。警察もそれ知ってるはず。少なくとも、この件の真相。
もし芸名言えば、知ってる皆さんは「強要?嘘でしょ?!あの娘なんて超楽しんで女優やってたのすごい有名じゃん!」って全員思うはずです。

https://twitter.com/andu072/status/741883448290250753
——————————————————–

実相は異なります。
政府は「人身取引対策に関する取組について(年次報告)」のなかで、つぎのようにのべています。

(2017年5月30日 人身取引対策推進会議「人身取引対策に関する取組について(年次報告)」より、引用。改行を施しています。)

<11ぺージ>
人身取引対策推進会議

28年6月、警視庁は、芸能プロダクションに所属していた日本人女性をアダルトビデオ制作会社に派遣したとして、同プロダクションの元社長である被疑者ら3人(日本人男性)を、労働者派遣法違反(有害業務派遣等)で逮捕した。

被疑者3人は、アダルトビデオ制作会社の撮影現場において、同制作会社の依頼を受けた監督の指揮命令下で、女優を男優と性交等させて稼働させる目的で労働者を派遣していた。

被害者は、雇用契約を締結するに当たりモデルとして採用されており、アダルトビデオへの出演を告知されていなかったため、仕事の内容がアダルトビデオへの出演であることを知った後で拒否したが、被疑者から「違約金を払え」などと言われ、仕方なく出演を続けていた。

——————————————————–

これが真実です。

(再掲。一昨日の発言。杉田水脈議員)
実際にわたしも業者のほうの聞き取りをして、こういうふうな事例をとってきて、この記事を書いた

業界人が本当のことを言うはずがありません。
真実を知るためには両方の側に訊(たず)ねる必要があります。
常識です。
杉田水脈氏はこの当たり前のことをおこなっていません。
いっぽうの側の言い分だけを聞いて、憶測と思い込みで記事を書きました。
一昨日のことです。
杉田氏は国会の場で、虚語を口にしました。

(再掲。一昨日の発言。杉田水脈議員)

「いくつかのそういうのに出演していた女性が、借金を返すために出演していた女性が、実際にそのアダルトビデオをやめたあとにつきあいだした男性にそれがばれてしまって、咄嗟についた嘘が、
『強要されてやった』

さらに妄言がつづきます。

(再掲。一昨日の発言。杉田水脈議員)

ということで、それで相談に行ったのがヒューマンライツ・ナウだった

——————————————————–

杉田氏が書いた2年前の記事を参照します。

(2016年7月25日 産経新聞「【杉田水脈のなでしこリポート(10)」より、引用。)

杉田水脈氏(2016年7月25日)

その言葉を真に受けた彼氏はいわゆる人権派弁護士を代理人となるよう依頼しました。

(中略。)

ただ、私は「人権派弁護士」という言葉が引っ掛かったので
「その弁護士はもしかして国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長の伊藤和子弁護士ではないですか?」
と聞くと、彼(芸能関係で働いている男性)
「そうです」
と答えました。

——————————————————–

被害者のかたは伊藤和子弁護士のところへ参じたのでしょうか。

(伊藤和子弁護士【HRN事務局長】のツイートより、引用。)

伊藤和子弁護士【HRN事務局長】
<2016年7月22日>

なにこれ?
私のところには借金抱えて200本くらい出演した人など、相談に来たことがない(笑)。

伊藤和子弁護士【HRN事務局長】
<2016年7月22日>

この人(杉田水脈氏)、あったこともないのに私に粘着してくるんだが、意味不。

——————————————————–

2年前の記事で、杉田氏は、こうも言っています。

杉田水脈氏(2016年7月25日)

先日、起業家やサラリーマンの方々を対象にした勉強会で国連や慰安婦問題について話をさせていただきました。
質疑応答の時間に芸能関係で働いている男性からこんな発言がありました。
男性(芸能関係で働いている男性)の話がすべて事実なのかどうかは分かりません
女性の方は「だまされてAV撮影を強要された」などと全く違う説明をしています。

——————————————————–

すべて事実なのかどうかは分かりません
2年前、杉田氏はこのようにのべておりました。
ときが経つとひとは、都合の悪いことを忘れます。
一昨日の国会で、杉田議員は明言しました。

(再掲。一昨日の発言。杉田水脈議員)

「こういうふうなことはすごくたくさんあるということで、実際にわたしも業者のほうの聞き取りをして、こういうふうな事例をとってきて、この記事を書いたんです」

——————————————————–

はなしがふくらんでいます。
典型的なデマゴーグ(煽動政治家)です。
このかたの放言は国会だけにとどまりません。
ツイッターでもときおり、物議を醸しています。

杉田水脈 衆議院議員
<2018年1月24日>

待機児童、待機児童っていうけど
世の中に「待機児童」なんて一人もいない。
子どもはみんなお母さんといたいもの。
保育所なんか待ってない。
待機してるのは預けたい親でしょ。

——————————————————–

このツイートに対して、夥(おびただ)しい数の批判が書きつらねられました。

(例)


——————————————————–

一昨日の衆議院内閣委員会における野田聖子国務大臣の答弁が印象的でした。
杉田水脈議員の資質を的確に言い表しています。

野田聖子 男女共同参画担当大臣

お答えします。
アダルトビデオの出演強要やJKビジネスの問題など、若年層、若い女性たちを狙った性的な暴力は被害者の心身に深い傷を残しかねない重大な人権侵害です。

いま、委員も、
「あってはならないこと」
というご指摘がありました。

しかし、先ほどの相談件数、
「25件しかない」
とおっしゃいましたけど、あってはならないことにもかかわらず、やはり相談件数があったという事実も、これもやはり厳粛な真実だと思っています。

ですから、想像してみてください。
わたしは、57歳の国会議員です。
何かそういう問題があれば、警察に相談するっていうことが、まあすぐに思いつき、それを行動することができる女性であります。
しかし、15歳から16、17、18、19、20歳あたりの自分をふりかえってみると、そこまでやはり社会的にも知識が積み重なっていない。
だから、だれかがやはりささえてあげなければならない。
しかしながら、性的な問題っていうのは女性であればわかると思いますけど、家族にもなかなか相談できないことがあります。

ですからわたしは、やはりそういう被害があったということをしっかりうけとめてあげて、これを25件しかではなく、ひょっとしたらもっともっと大勢の女性たち、若い女性たちがいまも悩んでいるかもしれない

でもだれに相談していいのか。
どこに行けばいいのか。

そういうかたたちがいるということをわたしは常に、まあ社会的弱者っていうですかね、そういうひとたちの声を丁寧に拾いあげることも政治にとっては大切なことだと思っています。

そういうこともあって、そういうこと(相談)をしてもいいんだよと。
「何かつらいこと、いやなことがあったら、警察に、またいろんなところに相談できるんだよ」
ってことをそういう若い、まだ社会的に未熟な女性の仲間たちにおつたえする、集中的につたえるキャンペーンをやってもけっしてわたしは問題でないと思うんです。

「あってならないこと」
とおっしゃいました。
わたしもそう思います。
それをやはりなくしていくために、ささやかですけれども、こういう活動をつづけていくっていうことは効果的ではあるんだ、というふうに進めていきたいと思います。

——————————————————–

(再掲)
野田聖子 男女共同参画担当大臣

社会的弱者っていうですかね、そういうひとたちの声を丁寧に拾いあげることも政治にとっては大切なことだと思っています。

杉田水脈議員は政治家として失格である、と暗に言っています。
夾雑物が失せます。
杉田議員はひとの痛みがわかりません。
このようなものが政治家になってはいけません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月1日

昨日の #HRN院内集会
多くの超党派議員の先生方とご挨拶、名刺交換させて頂きました。
私のTwitter見て下さった先生
『もう充分頑張ってるから頑張り過ぎないで』
と心配して下さった先生
早々にヒアリングのアポイントまでして下さった先生方
心より感謝申し上げます。

#AV強要 #人身売買

香西咲さん
2017年12月1日

昨日議員さん方が
力強く握手して下さったり、
『よく頑張ったね』と抱き締めて下さった事を思い出して、
1日経った今も涙溢れてます

#AV強要
#人身売買
#HRN院内集会
#ライトハウス
#PAPS

——————————————————–

これが政治家です。
香西咲さんのこのツイートを拝見するたびに、深淵から沸き上がるものがあります。
はたして国会で香西咲さんの被害がとりあげられるのでしょうか。
刮目(かつもく)して待っています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

杉田水脈衆議院議員は政治家だけでなく人間としても失格です。香西咲さんたち被害者を愚弄しています。国会での発言は虚語に満ち溢れたものでした」への3件のフィードバック

  1. 海野

    共産党の小池議員さんも、宮本智などという人権派を標榜した、
    偽善者を応援演説したので、そのケジメを付ける気があるならば
    国会で香西さんのことを取り上げ、そして、青木亮や米田敏一・宮本智などの
    AV出演強要の首謀者を証人喚問の要請をして欲しいくらいですな。

    返信
  2. 海野

    杉田議員も極右なんですよね。
    https://twitter.com/miosugita/status/937138254876250113
    日本会議とは、戦前の思想信条を持つ団体の方々で。
    そんなところで、講演会をし、かつ、本記事のような発言をしています。
    日本会議・日本会議国会議員懇談会設立20周年記念大会
    goo.gl/mwgXn8

    日本会議は、様々な宗教が入り込み。
    原理主義系的な考えの人々ですね、憲法改正だとか、成人年齢の引き下げとか
    もこの団体の思惑です。

    返信
  3. 愛国民の政治家が欲しい

    再生産は、子供産めばおわりではなく、育児をし て、…..
    ・再生産労働=子供を社会化するための、社会化労働 である。
    こういうのはLGBTには、無理ですよね。学者さん、こういうことには少し意見されては?
    LGBTには再生産性はたしかにない。もちろん男性にも再生産性がない。上野先生の本だから、学者ならみんな読んでるのでは??
    右も左も、扇動的で、国民をだます。日本人は、すぐ騙される。おれおれ詐欺しかり。すぐ謝る。慰安婦問題しかり。マスコミが最悪ですね、ありのまま報道してほしい。日本人は、思考停止をやめて、是是非で、意見をいえたほうがいいですね。
    AVについて、25歳以上でないとAVに出演できないことにして、女性は登録制にしたほうがいいです。登録制にすると、70年たつと公娼制度にように、左翼にたたかれるかもしれないけどね。
    民法や憲法、人権や法律について、最低限の知識がないと、AV女優になるか判断すらできません。高校で必修にしても、18歳ではあきらかに無理です。おどされた人を保護する駆け込み寺、緊急なお金を支援する国民制度などもあったほうがいいですね。その時の事情で一生をかえてしまわないように。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。