いま世の中は着々と前へ進んでいます。香西咲さんの人生を破壊した輩に未来はありません。塗炭の苦しみがまっています。わいせつビデオ業界についても然りです

株式会社キュンクリエイト

2日前のことでした。
これまで模糊(もこ)としていた(はっきりとしていなかった)三上悠亜氏の所属プロダクションが突如、あきらかとなりました。

(参考。当ブログ)
2018年2月27日
2018年2月28日

2018年2月27日 ワウコリア「元『SKE48』のAV女優、韓国でガールズグループとしてデビュー」

2018年2月27日 聯合ニュース「[芸能]日本のAV女優3人組ユニット 韓国で歌手デビューへ」

2018年2月28日 中央日報「日本のAV女優出身3人組ユニット、韓国でガールズグループデビュー」

——————————————————–

いずれも報じたのは韓国のメディアです。
三上悠亜氏の所属プロダクションに関する記述をみてみます。

ワウコリア(WoWKorea)

27日、所属事務所KYUN CREATE
「ハニーポップコーンが来る3月14日、初のミニアルバムを発表し、韓国ステージで正式デビューを飾る」
と明かした。

聯合ニュース

日本のAV女優、三上悠亜、桜もこ、松田美子によるユニット「ハニーポップコーン」が3月14日に韓国でデビューする。
所属事務所キュンクリエートが27日、発表した。

中央日報

27日、所属事務所KYUN CREATEは三上悠亜が所属した3人組ガールズグループのHONEY POPCORN(ハニーポップコーン)が3月14日、韓国にデビューすると明らかにした。

——————————————————–

韓国のメディアは、いずれも、
「所属事務所」
と表記しています。
帰属しているのは、三上悠亜氏、桜もこ氏、松田美子氏です。
3人は、HONEY POPCORNというグループを結成したようです。
ツイッターにも、サイトが開設されています。

(参考。ツイッター)
HONEY POPCORN

昨日のことです。
ブルーノ飯さんが、HONEY POPCORNへ問い合わせをしました。

(引用)
<2018年2月28日22時19分>


——————————————————–

返答はないようです。
三上悠亜氏と松田美子氏につきましては、自身のツイッターで見解をのべています。
引用します。

三上悠亜氏
<2018年2月28日12時39分>

一部報道でありました株式会社KYUN CREATEは所属事務所ではなく、3月14日の韓国でのショーケースの運営会社です。

私の所属事務所は株式会社ワンズダブルです。よろしくおねがいいたします。

松田美子氏
<2018年2月28日13時41分>

一部報道でありました株式会社KYUN CREATEは所属事務所ではなく、3月14日に行われる韓国でのショーケースの運営会社です。

株式会社ワンズダブルが私の所属事務所です。
よろしくおねがいいたします。

両者とも、同一の文章です。
松田氏の場合は、
「株式会社ワンズダブルが私の所属事務所です」
と記したあとで、改行をしていますが。
それ以外はまったく同じです。

(ペッぺ(SatoP)さんのツイートより、引用。)

ペッぺ(SatoP)さん
<2018年3月1日>

三上さんも松田さんもツイッターにて同じ文面で
KYUN CREATEは所属事務所ではない。所属事務所はワンズダブルです
とツイートしてましたが
調べてもそのワンズダブルとやらのHPは出てこないんですよねー

怪しすぎませんかー?

——————————————————–

検索してみました。
いちおう、ありました。

「国税庁法人番号公表サイト」より、引用。)

国税庁 法人番号公表サイト

株式会社One’s double
〒153-0042
東京都目黒区青葉台4丁目4番5-501号コンフォリア渋谷WEST

——————————————————–

肝心の業務内容がわかりません。
株式会社One’s doubleはプロダクションなのでしょうか。
登記簿をみてみます。
情報通のかたが送ってくれました。

(株式会社One’s doubleの登記簿より、引用。)


(※以下、省略。)

目的の3番目のところに、
芸能事務所の企画、運営
と書かれています。
株式会社One’s doubleはプロダクションです。
取締役を確認しました。
青木ではありません。
別の人物でした。

(再掲。三上悠亜氏)

一部報道でありました株式会社KYUN CREATEは所属事務所ではなく、3月14日の韓国でのショーケースの運営会社です。

私の所属事務所は株式会社ワンズダブルです。よろしくおねがいいたします。

いずれにしても、三上氏たちが、青木の会社とかかわっているのは事実です。

3月14日に行われる韓国でのショーケース
当初予定していた公演は、後日に変更となったようです。

HONEY POPCORN
<2018年2月28日19時56分>


——————————————————–

三上氏は今後も青木との関係をつづけるのでしょうか。

(辻丸さんのツイートより、引用。)

辻丸さん
<2018年3月1日>

なぜか報道されてないが、第二プロダクション協会(24社)が発足予定なのだとか。

(2月20日倫理機構報告会)
何せ
「各プロダクションの事情に応じて個別に規定を設ける事も認める方針」

第二第三と幾らでも都合よく抜け道可能か?
結局最初から統一なんて無理だったAV村。
“一部”適正AV業界と改称しては?

——————————————————–

予期していたとおり、何でもありの展開になってきました。

プロダクションの関係者が4人、逮捕される

やまもと寅次郎さんが示唆していたは、このことであったようです。

(2018年3月1日 サンスポ「AV紹介容疑の男ら、女性に「芸能界甘くない」」より引用。)

サンスポ

アダルトビデオ(AV)制作会社に、モデル志望だった当時19歳の女性を紹介したとして、職業安定法違反容疑で逮捕されたスカウトら男4人が
「芸能界は甘くない。AVに出ずにモデルになる方法はない」
などと迫って出演させていたことが1日、警視庁保安課への取材で分かった。
保安課は1日、会社役員高木誠容疑者(31)=東京都大田区=らスカウトグループの男3人と、AVプロダクション「ロータスグループ」(閉鎖)の元社員善麻容疑者(35)=目黒区=の計4人を逮捕したと発表した。
逮捕容疑は2016年2月29日ごろ、AVに出演させる目的で、渋谷区のAV制作会社に女性を紹介した疑い。

——————————————————–

(再掲。辻丸さん)
なぜか報道されてないが、第二プロダクション協会(24社)が発足予定なのだとか

いくら奸計(悪だくみ)をくわだてようとも、もうプロダクションはおわりです。
存在自体がみとめられません。
このたびの逮捕によってそのことが明白となりました。
香西咲さんのことばが脳裏を過(よ)ぎりました。
今回の事件とは関係ありませんが。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月18日

(前略。)
近況報告ですが引退から2週間後のHRN院内集会から活動を再開し、PTSDと闘いながらも着々と事は進んでおります
時間はかかるでしょうが来年に期待します。

香西咲さん
2017年12月20日

「着々と事は進んでおります」

#アットハニーズAV強要 犯罪組織
#青木亮
#大西敬
#高畠典子
#坂田恵理子
#坂上孝志
#A-TEAM #飯田正和
#DMM
#大樹総研
#プルデンシャル東前晶夫
#望月会計事務所
#相澤塔太郎 税理士

#AV強要
#MeToo
#HumanTrafficking

——————————————————–

いま世の中は着々と前へ進んでいます。
わいせつビデオ業界に未来はありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。