オーセンスの弁護士は香西咲さんを監視していました。まるでストーカーのようです。オーセンスの代表は以前、国会でストーカー対策をうったえていたのですが

昨日、海野さんからコメントをいただきました。

(参考。当ブログ)
2018年2月18日

海野さんは悪徳弁護士に対して懲戒を申し立てる活動をおこなっているかたです。

(山口貴士弁護士のツイートより、引用。)

山口貴士弁護士
<2017年1月19日>

海野さん
↑のような発言をしている山口弁護士が真剣にAV出演被害の問題を解決するとは、私にはどうにも思えません。
——————————————————–

おっしゃるとおりです。
良識のある方々はそう認識しています。

海野さん
話を金澤氏に戻します。
金澤は同様の事件を2011年にも起こしており、前回より巧妙になり法律の脱法を心得ているのは、2弁のS弁護士の存在がある からではないかと私は睨んでいます。

——————————————————–

2011年の事件をふりかえってみます。

2011年12月21日 スポニチ「発覚は美容院の情報提供 芸能プロ経営者逮捕 モデル募集で少女の裸撮影」より引用。改行を施しています。)

スポニチ
警視庁少年育成課は(2011年12月)21日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、宇都宮市の芸能プロダクション経営金沢新一容疑者(42)を逮捕した。

逮捕容疑は7月29日、宇都宮市内のプロダクション事務所として使っていたマンションの一室で、千葉県に住む女子中学生(14)の裸の画像を撮影した疑い。

少年育成課によると、金沢容疑者はインターネットで「アイドル系モデル募集」と宣伝。
応募してきた少女の水着姿などを収録したDVDを販売していたという。

同課は、金沢容疑者が約2年前から12~18歳の少女約100人のDVDを販売し、毎月200万円程度を売り上げていたとみている。

撮影前に美容院に行くよう少女たちに指示していたが、東京都内の美容院の店長から7月に
「撮影に耐えられないと言っている女の子がいる」
と情報提供があり、警視庁が捜査していた。

——————————————————–

金沢新一は正真正銘の業界人です。
性犯罪者です。

(再掲。海野さん)
前回より巧妙になり法律の脱法を心得ているのは、2弁のS弁護士の存在があるからではないか

海野さんは、当該弁護士に対する懲戒請求のなかで、つぎのようにのべています。

※注 リライトしています。)
海野さん

金沢新一は2011年に、「児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)」で逮捕された。
弁護を担当した当該弁護士は、その後、金沢が同様の悪事をつづけていると認識していたはずである。
それにもかかわらず、法的助言をして事業に荷担した。 
顧問料も得ていた。

——————————————————–

金沢の顧問弁護士の弁明をみてみます。

※注 リライトしています。)
金沢新一の顧問弁護士の弁明書より
<2017年11月13日>

わたしは平成24年(2012年)に金沢氏の刑事弁護人を引き受けた。
以来、同氏の個別の相談におうじたことはある。

——————————————————–

オーセンスの弁護士も、悪人の依頼を受けています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月23日

(前略。)
数年前は監視が酷かったから。
少しネガティヴ吐いただけで相手方弁護士から電話かかってきたり。
監視は今も無くはないけど。

——————————————————–

当ブログで何度もふれています。
悪徳弁護士は出演強要の加担者です。

<出演強要の実行者、または加担者>
DMM
メーカー
プロダクション
スカウト
悪徳弁護士
AVライター
AVマニア

悪徳弁護士はアダルトビデオ業界の一員です。
スカウト、プロダクション、メーカーと結託して、人身取引をたくらんでいます。


——————————————————–

業界人は真面(まとも)、なのでしょうか。

海野さん
AVプロダクションは、AVをすることは素晴らしい!
これからは、私たちが新しい家族だ!と言って洗脳します。

プロダクションのブログを見ても、誕生日会やクリスマス会をしていますからね。

彼等にとっては、AV女優さんは、金になる道具でしかなく心の底ではバカにさえしています。

——————————————————–

withnewsに、それらしきことが書かれています。

(2016年8月26日 withnews「AV強要、元タレントも被害 ミスコン受賞歴、歌手の夢捨てられず…」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
星野明日香さん
当時、1年ほど付き合った後に、実はAVに出ていると打ち明けた彼氏がいました。
その彼の目の前で「死にたい」とベランダに向かったのです。
何とか私をなだめた彼が、社長に電話をした。
私は
「もう無理です。夢とか言っていたけど、雑誌の連載やテレビ出演もなかった。結局、私をAVに出させたかっただけですよね」
と訴えました。
すると社長は冷たく言い放ちました。

——————————————————–

青木
「俺、今から上海なんだよね。忙しいんだけど、何、死にたいの? 俺には分からないよ、別に脱いだって減るものじゃないし。死にたかったら死ねばいいじゃん」
——————————————————–

海野さん
AV女優がAV女優を勧誘したり、AV男優が勧誘したり。
とにかく、AV業界の方々は倫理観も欠如しており、完全に危険な人々です。

暗い夜道と、AV業界関係者。
——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月18日

独立時、オーセンスの池田康太郎弁護士は何度も私に電話してきました。
内容は一言で言うと圧力です。

つい最近連絡がきたのはオーセンスの唐木大輔弁護士。
#AV強要の経緯を知っている彼がどれだけ #青木亮 を弁護するのでしょう。

——————————————————–

法律事務所オーセンスの代表は、元榮太一郎氏です。
参議院議員でもあります。
元榮氏は2016年10月25日の法務委員会で、はじめて質疑をおこないました。
会議録を参照します。

(2016年10月25日 参議院 法務委員会「会議録」より、引用。)

元榮太一郎 参議院議員(自民党。法律事務所オーセンス代表)
<2016年10月25日>
皆様、おはようございます。自由民主党千葉県選出の元榮太一郎です。

道なきところに道をつくるというスローガンを掲げて、県民手作りの国会議員として7月の選挙で初当選をし、参議院にやってまいりました。
本日が初めての質問となります。
(後略。)

——————————————————–

元榮太一郎 参議院議員(自民党。法律事務所オーセンス代表)
<2016年10月25日>
続きまして、ストーカー犯罪の再犯防止等についてお伺いいたします。

こちらも千葉県です。
5年前ですが、女性にストーカー行為を繰り返していた男がその女性の母親と祖母を殺害するという大変痛ましい事件がありました。
その後も全国各地で痛ましい事件が起こっております。
私も弁護士の端くれとして活動してまいりました。
また、私が運営する無料法律相談サイト、弁護士ドットコムというサイトには、ストーカー被害に遭っている方々の悲痛な叫びが相談として寄せられています。そういった意味では、心を痛めております。

そこで、平成25年に閣議決定された、犯罪対策閣僚会議、「世界一安全な日本」創造戦略は、国民が安全で安心して暮らせる国であることを実感できる世界一安全な国日本、これをつくり上げることを目標としており、ストーカー対策の推進もその内容の一つとなっています。

また、ストーカー犯罪は再犯の可能性が高いと言われます。
平成24年、犯罪対策閣僚会議によって再犯防止に向けた総合対策が示されましたが、そこにはストーカーについての記述はありませんでした。
しかし、近年、ストーカーの被害も増加傾向にあり、今年、同じく犯罪対策閣僚会議が決定した薬物依存者・高齢犯罪者等の再犯防止緊急対策には、ストーカー加害者に対する具体的な取組が示されるに至りました。
ストーカー犯罪の再犯防止に向けた取組が進展することを心強く思います。
そこで、ストーカー対策及びストーカー犯罪の再犯防止対策として警察庁及び法務省はどのような具体的な取組を行っているのでしょうか、お答えください。

——————————————————–

元榮太一郎 参議院議員(自民党。法律事務所オーセンス代表)
<2016年10月25日>

やはり、特に女性の方を中心としまして、このストーカー被害というのは本当に皆様悩まれている方が多く、そして、そのとき警察は守ってくれるのか等々、非常に日々の穏やかな生活を阻害される、そのような状態になっております。

警察庁、法務省含めまして、皆様本当に御尽力いただいているかとは思いますが、やはりまだまだ弁護士の現場、そして私の運営する弁護士ドットコムの現場にもストーカーの被害で悩まれている方はいらっしゃいますので、より一層の御尽力をいただいて、女性の方含めまして安心、安全な暮らしが実現できる、そのような日本の実現を強くお願いいたしまして、私からの質問とさせていただきます。

ありがとうございました。

——————————————————–

(再掲。元榮太一郎 法律事務所オーセンス代表)
非常に日々の穏やかな生活を阻害される、そのような状態になっております(2016年10月25日)

オーセンスの弁護士は、香西咲さんの安寧(あんねい)を破壊しました。

(再掲)
香西咲さん
2016年6月23日

(前略。)
数年前は監視が酷かったから。
少しネガティヴ吐いただけで相手方弁護士から電話かかってきたり。
監視は今も無くはないけど。

——————————————————–

オーセンスの弁護士は、まるでストーカーのようです。

(再掲。元榮太一郎 法律事務所オーセンス代表)
このストーカー被害というのは本当に皆様悩まれている方が多く、そして、そのとき警察は守ってくれるのか等々、非常に日々の穏やかな生活を阻害される、そのような状態になっております(2016年10月25日)

巧言を弄するまえに、まずは自分たちの所行を正すべきでしょう。

(再掲。元榮太一郎 法律事務所オーセンス代表)
安心、安全な暮らしが実現できる、そのような日本の実現を強くお願いいたしまして、私からの質問とさせていただきます(2016年10月25日)

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月23日

皆に、今の私の立ち位置は危ないと言われました。
チンピラは何を仕出かすか分からないと。
東京湾に沈められるかも知れないし行方不明になるかも知れない。
色んな人から言われる。
そんなに脅されたらぶっちゃけ、
本当に不安で不安で眠るのも恐ろしい。

——————————————————–

安心、安全な暮らしが実現できる、そのような日本の実現
と言う傍らで、社会の秩序を乱している青木の弁護を引き受けています。
カントが言うところの二律背反です。
二枚舌です。
今後も青木の側につくのならば、懲戒請求は必定です。
そのときは粛々と事を進めさせていただきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

オーセンスの弁護士は香西咲さんを監視していました。まるでストーカーのようです。オーセンスの代表は以前、国会でストーカー対策をうったえていたのですが」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。