「自分をはかる物差しは、これまで何をしてきたかではない。これから何ができるかだ」。「幸せな家庭を築きたいです」。香西咲さんがあきらめなければ願いはかないます

3日前、香西咲さんのツイートを拝見して、息苦しさをおぼえました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月14日

昨日は前向きな発言出来たけど、認知行動療法後の私は人生を踏みにじられてしまった事、取り返しのつかない事をしてしまった事、不安です。
洗脳されたまま息を引き取った方が良かったのか…とも考えてしまいます。

——————————————————–

取り返しのつかない事をしてしまった
当ブログで何度も引いています。
警察庁は2年前の「第三次犯罪被害者等基本計画」のなかで、つぎのようにのべています。

(2016年4月1日 警察庁「第三次犯罪被害者等基本計画」より、引用。改行を施しています。)

第三次犯罪被害者等基本計画

犯罪被害者等は我々の隣人である。
そして、社会に生きる我々の誰もが犯罪等に遭い、犯罪被害者等になり得る立場にある

——————————————————–

至言です。
あらためてのべるまでもなく、香西咲さんは犯罪の被害者です。
だれもがみとめています。
社会に生きる我々の誰もが犯罪等に遭い、犯罪被害者等になり得る立場にある
警察庁の言うとおりです。
香西咲さんには責任がありません。
微塵も。
香西咲さんはこいつらの陥穽(わな)にはめられたのです。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY
その他

(再掲。香西咲さん)
取り返しのつかない事をしてしまった

自分を苛(さいな)めてはいけません。
香西咲さんは悪くないのですから。
自分を追い詰めたところで、そこからは何も生まれません。
パスカル(1623年~1662年)の言説のなかに、
「人間は考える葦(あし)である」
という一節があります。
要約ですので、原典の「パンセ」をみてみます。

(パスカル著 前田陽一訳「パンセ」中央公論社刊より、引用。改行を施しています。)

パスカル「パンセ」

人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。

パスカルによりますと、人間と葦(あし)は、同義です。
葦(あし)というのは、水辺などに生えている細長い草のことです。
高さは約2メートルです。

パスカル「パンセ」

自然のなかで最も弱いものである。
だが、それは考える葦(あし)である。
彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。
蒸気や一適の水でも彼を殺すのに十分である。

宇宙とくらべると、人間はきわめてちいさな存在です。
簡単に踏みつぶされます。

パスカル「パンセ」

だが、たとい宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すもの(宇宙)よりも尊いだろう。
なぜなら、彼は自分が死ぬことと、宇宙の自分に対する優勢とを知っているからである。
宇宙は何も知らない。

(再掲)
自分が死ぬことを知っている

人間はいつか死にます。
人生は無限でなく、有限です。
実存する時間は限られています。

(再掲)
宇宙の自分に対する優勢を知っている

人間はどうあがいても宇宙に勝つことは無理です。
限界があります。

(再掲)
宇宙は何も知らない

いっぽう宇宙は極大です。
有限も限界も知りません。
極小な人間に対して考えをめぐらしたこともありません。
人間はちがいます。
極大な宇宙について思考することができます。

パスカル「パンセ」

だから、われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。

人間は考えることができます。
この行為が偉大なのです。

パスカル「パンセ」

われわれはそこから立ち上がらなければならないのであって、われわれが満たすことのできない空間や時間からではない。
だから、よく考えることを努めよう。
ここに道徳の原理がある。

われわれが満たすことのできない空間や時間」というのは、気晴らしや逃避などを意味します。
パスカルは、現実から逃げるのではなく、
よく考えることを努めよう
とのべています。
人間は考えることができます。
有限な時間をいかに生きるべきなのか、と。
人生を前向きに考えることが人間にとってもっとも大切なのです。

(再掲)
パスカル「パンセ」

人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。
自然のなかで最も弱いものである。
だが、それは考える葦である。
彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。
蒸気や一適の水でも彼を殺すのに十分である。
だが、たとい宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すもの(宇宙)よりも尊いだろう。
なぜなら、彼は自分が死ぬこと(有限)と、宇宙の自分に対する優勢(限界)とを知っているからである。
宇宙は何も知らない。
だから、われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。
われわれはそこから立ち上がらなければならないのであって、われわれが満たすことのできない空間や時間(気晴らしや逃避)からではない。
だから、よく考えることを努めよう。
ここに道徳の原理がある。

(再掲。香西咲さん)

昨日は前向きな発言出来たけど、認知行動療法後の私は人生を踏みにじられてしまった事、取り返しのつかない事をしてしまった事、不安です。
洗脳されたまま息を引き取った方が良かったのか…とも考えてしまいます。

——————————————————–

人生は有限です。
この限られた時間のなかでどう前向きに生きていくのかが問われています。
人間は意義のある人生を考えることができます。

(再掲。パスカル)
われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある

詩人のヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー(1807年~1882年)はこう言っています。

自分をはかる物差しは、これまで何をしてきたかではない。これから何ができるかだ
と。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月13日

ありがとうございます。
辛抱強く #認知行動療法 を受けた結果、まだまだ症状は残るものの、思考をニュートラルに近づける事が出来ました。
#AV強要 を受けた時点、普通は楽しめる事(家族、恋愛、子供等)を諦めてきたのですが、全作品削除し全てリセットしたら幸せな家庭を築きたいです
#青木亮

——————————————————–

香西咲さん
2018年1月13日

#AV強要 問題が解決してもし母親になる事が許されるのなら、
子供達には私の成功や失敗99%話したいです。
世の中に潜む落し穴や、華やかな表舞台の裏に巣窟する闇社会。
ハイエナに取って女性は若いだけで価値がある事。
あと私の母親は18歳で死別しているので孫まで育てられる位逞しい祖母になりたい

——————————————————–

音楽家のルイス・アームストロング(1901年~1971年)の箴言(しんげん)も添えます。

目的地に向かう途中であきらめるな。誰も拾ってくれはしないぞ

(再掲。香西咲さん)
幸せな家庭を築きたいです
孫まで育てられる位逞しい祖母になりたい

香西咲さんが途中であきらめなければ、すべて叶います。
自棄にならずに前へ進まれることを願っております。

ここではなしがかわります。

(やまもと寅次郎さんのツイートより、引用。)

やまもと寅次郎さん
<2018年1月16日>

AV業界がつぶされるのか
条件付きで残されるのか
昨日、このくだりを目にしたとき、思わず失笑してしまいました。
現状のまま残されるという可能性はないのでしょうか。
終焉がちかづいてきたようです。

本日、何気なくAVANのホームページをおとずれました。
トピックス」が更新されました。

(引用)
AVAN

1月11日 NHKニュース企画「AV出演強要被害」の取材を受けました。

——————————————————–

ついにAVANがNHKに登場するようです。
どのような内容のものになるのでしょうか。
放送を楽しみにしております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。