今日と明日はクリスマス関連の日です。香西咲さんは多くの女性に対して「勇気」という贈り物をあたえました。香西咲さんはサンタクロースです

一昨日のブログで、伊藤詩織さんがうったえている準強姦事件についてふれました。
今月の国会でもとりあげられています。

(2017年12月5日 参議院 法務委員会「会議録」より引用。)

<一部分を引用>
仁比聡平 参議院議員
二合目を飲み終わる前に、私はトイレに入った。
出てきて席に戻り、三合目を頼んだ記憶はあるのだが、それを飲んだかどうかは覚えていない。
そして突然、何だか調子がおかしいと感じ、二度目のトイレに席を立った。
トイレに入るなり突然頭がくらっとして蓋をした便器にそのまま腰掛け、給水タンクに頭をもたせかけた。
そこからの記憶はない。
目を覚ましたのは、激しい痛みを感じたためだった。
薄いカーテンが引かれた部屋のベッドの上で、何か重いものにのしかかられていたと。

——————————————————–


——————————————————–

12月12日の「大竹まことゴールデンラジオ!」に、伊藤詩織さんが出演されました。
貴重なインタビューですので、音声を文字化させていただきます。

(2017年12月12日 文化放送「大竹メインディッシュ」より、引用。)

はるな愛さん
本日のお客さまは、1989年にお生まれになられましたフリーランスでエコノミスト、アルジャジーラ、ロイターなど、おもに海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを配信しています。
文藝春秋から著書「ブラックボックス」を出版されました。
今日のゲストは、ジャーナリストの伊藤詩織さんです。
こんにちは。
よろしくお願いします。

伊藤詩織さん
こんにちは。
よろしくお願いいたします。

——————————————————–

大竹まことさん
こんにちは。
よろしくお願いします。
今回のご本は「ブラックボックス」というタイトルがついております。
読ませていただきました。

——————————————————–

伊藤詩織さん
ありがとうございます。
——————————————————–

大竹まことさん
この「ブラックボックス」という意味は、どんな意味をこめておつけになりましたか?
——————————————————–

伊藤詩織さん
そうですね、やはり、この「ブラックボックス」ということばは、もう捜査がはじまったときから、または検察に捜査が書類送検されたあとも、繰り返し聞かされることばだったんですね。
やっぱりこういった性犯罪のむずかしいところは、密室でおこなわれることであって、もう当事者しかわからない。

——————————————————–

大竹まことさん
そうですね。
——————————————————–

伊藤詩織さん
そういったことばが多くてですね、最後にどうしてもタイトルが決まらなくて、ジャーナリストの清水潔さんとおはなしをしていたときにー

太田英明アナウンサー
この番組にもいらっしゃいました。
——————————————————–

伊藤詩織さん
あっ、はい。
あの、
「やっぱりこれは密室なんだよね」
って言うかれのことばを聞いて、あっ、ブラックボックスだ、と思って、本当に。
デザインを決めなければならない2日ほど前に決まったことばだったんですけれども。

——————————————————–

大竹まことさん
いろんないまブラックボックスがある、っていうふうにおっしゃいましたけれど、具体的にはどんなブラックボックスがあったんですか?
——————————————————–

伊藤詩織さん
そうですね、やはり、そういった事件が密室でおこなわれるというところだけではなく、やっぱり捜査のなかで不透明なところがあったりだとか。
あとはやっぱり、今回、検察審査会のゆくえもまったくわからないものだったので、そこもブラックボックスだったというところで、本当にいろいろなところにこういうブラックボックスが存在するということがー

——————————————————–

大竹まことさん
はい。
いま、いろんなところで被害にあわれたおはなしをなさっていると思いますが、事情聴取も高輪署だけじゃなくて、それ以外の検察庁。
それから、うったえに行ったNPO。
そしてそれ以外でも、弁護士のかた。
たくさん、何回も、おなじはなしをされなければいけなかった。
そのたびに、これはもう本当にセカンドレイプ、みたいなはなしがこの本にも書かれておりますけれども。
何回も高輪署でもはなして、検察庁でもはなして、って。
こう同じはなしを、しかもある場合には、実際に人形までつかってー

——————————————————–

太田英明アナウンサー
現場検証のときに人形をつかってということもあったみたいですね。
——————————————————–

伊藤詩織さん
そうです。
はい。

——————————————————–

大竹まことさん
そういうのは、端からみていてもちょっと理不尽に思うんですけれども。
——————————————————–

伊藤詩織さん
そうですね。
で、他の被害者のかたを取材させていただいたときにやはり、インターネットで、警察に行ったら何があるんだ、ということを調べたら、男性の捜査員のかたに同じはなしを何度もする、またはいろんなことを言われる、疑われる、で、やっぱり、その人形をつかったりの再現だったりとか、その現場にもどらなければいけない、って。
もう考えただけでも卒倒してしまうようなことが書いてあってできなかった、というお声も聞いたことがあるので、やはりそれはなかなか大きな壁ですよね。
はい。

——————————————————–

大竹まことさん
あのー、ここにちょっとした資料があるんですけれども、太田さん、このことの経過をちょっとだけお願いできますか。
——————————————————–

太田英明アナウンサー
そうですね。
もともとは、伊藤詩織さんが知り合いのジャーナリストに仕事の相談をしに行ったときに、まあ、食事をしたと。
その後、本人の記憶がないまま、伊藤詩織さんの主張だと、ホテルに行って性行為があったということで、伊藤詩織さんはいろいろな段階があってうったえをしたんですけれども、最終的に不起訴処分になり、そして検察審査会に不服をうったえたんですけれども、検察審査会でも不起訴相当という判断が出て、それでもやはり納得がいかない部分が多々、伊藤詩織さんにはおありになったので、いま民事裁判で争っているということですよね。

——————————————————–

伊藤詩織さん
はい。
——————————————————–

太田英明アナウンサー
それでおまちがえないでしょうか。
——————————————————–

伊藤詩織さん
そうですね。
——————————————————–

太田英明アナウンサー
いちおう基本的な大枠の流れとしては。
——————————————————–

大竹まことさん
あのね、ここにひとつあるのはね、経過が書いてあるんだけど、15年6月、ホテルの防犯カメラ映像、タクシー運転手らの証拠をあつめて警察は準強姦罪の容疑で山口氏の逮捕状を請求。
裁判所が発行を命じる。
事実ですね?

——————————————————–

伊藤詩織さん
はい。
——————————————————–

大竹まことさん
15年の6月8日、アメリカから帰国する山口氏を逮捕するため、複数の捜査員が成田空港で待機していたが、逮捕直前に執行が差し止められる。
——————————————————–

伊藤詩織さん
はい。
——————————————————–

大竹まことさん
事実ですか?
——————————————————–

伊藤詩織さん
そうですね、はい。
あの、そのときに、お電話をいただきました。

——————————————————–

大竹まことさん
うん、うん。
これは普通ですね逮捕状が出ててその寸前に逮捕状がとめられるみたいなことはあるんですか、普通ー

——————————————————–

伊藤詩織さん
その、あるっていうはなしは実はいままで聞いたことがなくてー
——————————————————–

大竹まことさん
ないですよね。
いままで。

——————————————————–

伊藤詩織さん
で、やはり、いろいろな想像をしてしまうんですけれども。
この答というのも、逮捕の中止の指示をしたと言われている中村格(いたる)氏、元刑事部長ですね、におはなしをうかがっているんですけれども、なかなかこちらの答がいただけていないので、やはりわからないんですよね。
わからないからこそ、不思議に思う。
いろいろな想像をしてしまう、といいますか、はい。

——————————————————–

中村格(いたる)氏の言辞は、5月10日に発売された週刊新潮に掲載されました。
参照します。

(2017年5月10日 週刊新潮「特集 被害女性が告発! 『警視庁刑事部長』が握り潰した『安倍総理』ベッタリ記者の『準強姦逮捕状』」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
週刊新潮

いわば官邸の門番たる中村氏ご当人に、トップの意を受け、あるいは忖度して捜査を中止したのか問うと、

「ありえない。(山口氏の立場に)関係なく、事件の中身として、(逮捕は必要ないと)私が決裁した。(捜査の中止については)指揮として当然だと思います。自分として判断した覚えがあります。事件が最後にどう評価を受けているかを見てもらえば……」

太田英明アナウンサー
あの、まあその、警視庁の刑事部長だった中村格(いたる)さんに関しては、伊藤詩織さんがご本のなかにも書かれておりますけれども、直接取材をこころみて声をおかけしたんだけれども逃げるように走り去ってしまった、と。
——————————————————–

伊藤詩織さん
そうですね。
あれから何度も試しているんですけれども。

——————————————————–

太田英明アナウンサー
そうですか。
それからいま、国会でその伊藤詩織さんの問題をとりあげようという議連ができて、国会のなかで、中村格(いたる)さんを呼んでくれという議員のはたらかけがあったにもかかわらず中村格(いたる)さんは国会には出てこないという状況が事実としてはあると。

——————————————————–

伊藤詩織さん
そうですね、はい。
——————————————————–

大竹まことさん
あのね、こうご本を読ませていただいていろいろ考えたんだけど、聞くべきことは伊藤詩織さんにじゃないんじゃないかなという気が、おれ、ちょっとしてきたのね。
それは木村草太というかたも、憲法学者のね、いっしょでね。
「伊藤詩織さんの事件は3つの問題を混同せずに解明すべきだ」
と。
一つは、
「警察の事情聴取が複数おこなわれたのは、一般的な問題なのか。伊藤さんの件だけの問題なのか」
と。
これ伊藤さんに聞くことじゃないよね?

——————————————————–

太田英明アナウンサー
まあ、そうですね。
——————————————————–

大竹まことさん
伊藤さんに聞いたってわからないものね、これね。
「性行為があったことは男性も否定していないのに、検察と警察はなぜ犯罪性がないと判断したのか」
これも伊藤さんに聞くことじゃないんだよ。

——————————————————–

太田英明アナウンサー
そうですね。
——————————————————–

大竹まことさん
あと、
「政権の圧力や忖度は本当になかったのか」
伊藤さんに聞いてもわからない。

——————————————————–

太田英明アナウンサー
そうですね。
——————————————————–

伊藤詩織さん
わからないですね。
——————————————————–

大竹まことさん
全部。
ねっ。
冷静な判断としてさ、こう聞かなくちゃいけないのは、そう被害届けを出したっていうことじゃなくて、受理した側がそれをどう対処してどういうふうな判断をくだした経緯とか、それを聞かないと、このことわからないと思うんですけど、どうですか?

——————————————————–

つづきは明日のブログでご紹介をさせていただきます。

既出の週刊新潮で詩織さんは告発の理由を語っています。

(2017年5月10日 週刊新潮「特集 被害女性が告発! 『警視庁刑事部長』が握り潰した『安倍総理』ベッタリ記者の『準強姦逮捕状』」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
伊藤詩織さん
私が事実を公表しようと決断したのは、今回経験したことをそのまま世に出さなければ、私と同じように性犯罪の被害に遭った女性が、今後も泣き寝入りせざるをえない状況が続いてしまうと思ったからです。
——————————————————–

12月20日のブログでもふれました。
内閣府の調査によりますと、6.5%の女性が強姦の被害にあった経験があるそうです。

(2017年5月11日 衆議院 総務委員会「会議録」より、引用。)

<一部分を引用>
梅村さえこ 衆議院議員

「6.5%であれば、人口でいうと350万人あたりが、合意もないのに無理やり性交させられた経験を持つという調査結果になろうかと思います」

——————————————————–

凄まじい数字です。
第三次犯罪被害者等基本計画に書かれているとおりです。

(2016年4月1日 警察庁「第三次犯罪被害者等基本計画」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
第三次犯罪被害者等基本計画

犯罪被害者等は我々の隣人である。
そして、社会に生きる我々の誰もが犯罪等に遭い、犯罪被害者等になり得る立場にある

犯罪被害者等が被害から回復し、社会の中で再び平穏な生活を営むことができるようになるためには、犯罪被害者等一人一人に寄り添ったきめ細やかで充実した支援が必要であり、政府、地方公共団体及びその他の関係機関並びに民間の団体等が、より一層、相互に連携を図りながら協力し、更なる取組の強化を図っていかなければならない。

——————————————————–

社会に生きる我々の誰もが犯罪等に遭い、犯罪被害者等になり得る立場にある
愕然とさせられるのが、被害をうったえないひとの数です。

<一部分を引用>
大塚 幸寛 内閣府 大臣官房審議官

「そのこと(強姦)を誰かに打ち明けたり相談したかというふうにお尋ねしたところ、そのうちの67.5%、3分の2を超える方々が相談しなかったと答えている。そういう状況が例えばうかがえるところでございます」

——————————————————–

推定では、強姦された350万人の女性のうち、240万人のかたが泣き寝入りをしていることになります。

(再掲。伊藤詩織さん)
私が事実を公表しようと決断したのは、今回経験したことをそのまま世に出さなければ、私と同じように性犯罪の被害に遭った女性が、今後も泣き寝入りせざるをえない状況が続いてしまうと思ったからです

詩織さんよりも先に声をあげたのが、香西咲さんです。

(参考。被害をおおやけにした日)
香西咲さん 2016年7月7日

伊藤詩織さん 2017年5月29日

過日のブログでも書きました。

ぼくは、香西咲さんの勇気が詩織さんに影響をおよぼしたと思惟(しい)します。

(2017年12月16日 実話BUNKAタブー「狂ったAV業界は消えてなくなるしかない」より、引用。改行を施しています。)

記者
今までは出演強要があっても、誰もなにも言わなかったのですか。

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)
そうです。
プロダクションには暴力性がある。
メーカーと違って普通の人が従事する仕事ではなく、属性でいえば暴走族、チーマー、ヒモ、詐欺師、風俗嬢、闇金、格闘家、ビジュアルバンドマン、ヤクザとかそういう経歴のある人たちが多い。
なので、AV女優の人権が侵害されている場面に遭遇したとしても、AV業界人は見て見ぬふりをしないといけない。
仮に悲惨なことになっている女優に同情して、声をあげたりしたら暴行にあいます。

——————————————————–

実際に香西咲さんは、業界人から身の危険を示唆されました。

(2016年8月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん引退後の夢『人生楽しみたい』『消せない過去として歩む』」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

(略)、仲が良かった業界関係者に食事に誘われて、
「業界関係者を敵に回すと東京湾に沈められるかもよ」
「どんな政財界の人間が動いてどんな利権が絡んでいるかわからないから、気をつけたほうがいいよ。人が一人消えたところでどうってことないんだから」
といわれたことがあります。

——————————————————–

香西咲さんは脅しに屈しませんでした。
業界内の悪を告発しました。
今日と明日はクリスマス関連の日です。
無宗教なのでくわしくは存じませんが。
香西咲さんは、泣き寝入りを余儀なくされている女性に対して、勇気という贈り物をあたえました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月13日

何が何でも何年掛かろうと裁判に持ち込む姿勢です。
皆様お力添えをどうかお願い致します。

——————————————————–

これからも香西咲さんからの贈り物がつづきます。
香西咲さんはサンタクロースです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。