犯罪者と一緒になって香西咲さんの出演強要を糊塗、隠蔽しようとしている弁護士がいるようです。こいつらもまた、出演強要の加担者、実行者です

昨日、悪徳弁護士に対する懲戒請求についてふれました。
その後、海野さんから連絡をいただきました。
金沢新一の顧問弁護士に対して懲戒請求をおこなっているかたです。
海野さんはおもに、以下の理由で当該弁護士の処分をもとめています。

<懲戒を請求している理由>
要約)
金沢新一は2011年に、「児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)」で逮捕された。
弁護を担当した当該弁護士は、その後金沢が同様の悪事をつづけていると認識していたはずである。
それにもかかわらず、法的助言をして事業に荷担した。 
顧問料も得ていた。

——————————————————–

(日弁連「弁護士職務基本規程」より、引用。)

6条
(名誉と信用)

弁護士は、名誉を重んじ、信用を維持するとともに、廉潔を保持し、常に品位を高めるように努める。

15条
(品位を損なう事業への参加)

弁護士は、公序良俗に反する事業その他品位を損なう事業を営み、若しくはこれに加わり、又はこれらの事業に 自己の名義を利用させてはならない。

31条
(不当な事件の受任)

弁護士は、依頼の目的又は事件処理の方法が明らかに不当な事件を受任してはならない。

——————————————————–

海野さんのおっしゃるとおりです。
当該弁護士は、弁護士として品位に欠ける行為をおこなっていたと考えられます。
ちなみにこの人物は、宮本智と同じく、第二東京弁護士会に所属しています。
同弁護士会はどのような判断をくだすのでしょうか。
——————————————————–

(2015年9月9日「判決文」より、引用。※提供は内閣府。)

海野さんに、宮本智のプロフィール動画の存在を教えていただきました。
本日みました。

宮本智(宮本さとみ)プロフィール みんなの声がいきるまち・中野の会(YouTube)

(動画より)
「(高校時代)弱者の味方として不正をただす弁護士にあこがれをいだきます
「(サラリーマン時代)」青年や女性労働者の権利や労働条件の改善をめざす運動にとりくみます
「(2014年)憲法を暮らしに生かした区政への転換をめざしています

宮本智は2014年に、中野区長選挙へ立候補しています。

(参考)
中野区 平成26年6月8日執行 中野区長選挙の開票結果(得票順)

宮本智は、「人権派弁護士」とのことです。

2014年8月16日 Yahoo!ニュース「AV出演を強要される被害が続出~ 女子大生が続々食い物になっています。安易に勧誘にのらず早めに相談を」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
伊藤和子HRN事務局長
先日私のところに来た相談について、御本人の承諾を得ましたので、概略をご紹介しましょう(事案を単純化しています)。
——————————————————–

Kさんはこうした強要に負けないことを決意。
書面で「契約を解除します」と連絡をしました。
すると、今度はX社は弁護士をたてて、違約金なんと2400万円以上を請求してきました。
——————————————————–

こんな請求を20歳そこそこの女子学生が受け、唯一回避する方策はAV出演だと言われたら、、、まさに債務奴隷ではないでしょうか。
しかも、プロダクション側には「人権派弁護士」を標榜する弁護士がついて法外な請求をしているので、唖然としました。

——————————————————–

(確認)
<2014年>
6月1日
 中野区長選挙 告示
 宮本智が立候補する。

6月8日 中野区長選挙 投票
 宮本智が最下位で落選する。

8月16日
 伊藤弁護士
先日私のところに来た相談について
X社は弁護士をたてて、違約金なんと2400万円以上を請求してきました
人権派弁護士』を標榜する弁護士がついて法外な請求をしているので、唖然としました
——————————————————–

(2015年9月9日「判決文」より、引用。※提供は内閣府。)

宮本智に対して懲戒請求をおこなった海野さんは、一度、田中(中台)絵美弁護士に会っています。
蜀の劉備は、諸葛孔明と会うため、三回出向きました。
「三顧の礼」です。
海野さんも同様です。
何度となく訪ねました。
海野さんに対して、田中(中台)絵美弁護士は、
「自分も所詮は共犯なので」
とのことばを口にしたそうです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月13日

相手方弁護士も上から目線で何を言ってるのだろう?
宮本智弁護士を思い出させる。

香西咲さん
2017年12月13日

今回 #青木亮 の委任した
オーセンスのイチ弁護士
(オーセンス内で青木が委託した弁護士は私が知る上でも3人目)

法律上、犯罪者にも弁護士は付く事になっているけど、オーセンス青木担当弁護士の実名が出てくるのはすぐでしょうね。
私がどんな目にあおうとも彼は私情を挟まず“お金”だけの目的?

——————————————————–

この弁護士には、自分も共犯者である、という認識がないのでしょうか。

(2017年4月28日 第88回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

中西 法務省刑事局・局付

具体的に申し上げますと、アダルトビデオ出演強要問題については、強姦罪や強要罪といった刑法の一般規定のほか、労働者派遣法等の法律、さらに「JKビジネス」問題については、労働基準法や児童福祉法等といった各種の法令を適用し、厳正な取締り等を推進していることとしております。

また、これらの問題が政府の重要な課題であって、警察等の関係機関と緊密に連携をして適切に対応する必要があることなどをさまざまな機会を通して検察当局に周知し、この事案に対して引き続き適切に対処していくこととしております。

——————————————————–

「出演強要問題は政府の重要な課題である」
悪徳弁護士はこのことがわかっていません。
旧来の陋習(ろうしゅう。「いやしい習慣」)で犯罪者を弁護しています。
当然、カネのためです。
愚かなやつらです。
いずれ痛い目にあうことでしょう。

ここではなしがかわります。

(やまもと寅次郎さんのツイートより、引用。)

やまもと寅次郎さん
<2017年12月16日>


アダルト(有害業務)の業種の募集は厳しくなる
——————————————————–

来年の1月から職業安定法が改正されます。

(参考。厚生労働省)
平成29年職業安定法の改正について

各種リーフレット等
職業紹介事業者の皆様へ
労働者を募集する企業の皆様へ
労働者供給事業者の皆様へ、労働者供給を受ける皆様へ
求人サイト・求人情報誌などを運営する事業者の皆様へ
求職者の皆様へ
——————————————————–

求人サイト・求人情報誌などを運営する事業者の皆様へ」をみてみます。

(引用)
求人サイト・求人情報誌などを運営する事業者の皆様へ
~募集情報等提供事業のルールが新設されます~
<職業安定法の改正>
施行日:2018(平成30)年1月1日

——————————————————–

以下のような募集情報については、募集主に対して募集情報の変更を依頼するとともに、募集主が依頼に応じない場合は、その募集情報の掲載を控える等、適切に対応することが必要です。
また、以下に該当するおそれがあるときは、募集主に確認することが必要です。

【対応が必要な募集情報】

・ 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的の募集情報
・ 内容が法令に違反する募集情報
・ 実際の労働条件等と異なる内容を含む募集情報

——————————————————–

とりあえず来年の1月からは、有害業務の募集広告がなくなりそうです。
業界人が職業安定法をまもれば、のはなしですが。
仮にしたがったとしても、被害はなくならないでしょう。
これまでどおり、パーツモデルやチャットレディーで募集をすればよいのですから。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
<2017年1月2日>

娘を持つ親御さんへ
決して他人事ではありません。
芸能、パーツモデル(手など)、ナンパ…
あの手この手で勧誘してきます。
年齢も容姿も関係ありません。
スカウトや事務所がその気になれば整形させてでもAV出させます。
環境も思考も180度変えさせられます。
注意を払いきれるものではありません。

——————————————————–

(2017年 11月17日 大竹まこと ゴールデンラジオ「大竹メインディッシュ」より、引用。)

(※音声の文字化は、筆者。)
中村淳彦さん
無理やり出させる、っていうのが、いろいろなケースがあって。
「アイドル、タレント、女優、歌手になれる」
って言って、
「有名になれる」
って言って、20前後の子をAVに誘導するとか。
チャットレディーとかパーツモデルとかー

そういう軽い仕事だ、っていう求人広告で面接したら、AVに誘導された、とか。
まあ、いろんなケースがあって。

——————————————————–

この世で、業界人ほど卑劣なやつらはいません。

DMM
メーカー
プロダクション
スカウト
悪徳弁護士
AVライター

こちらとしては、できることをやらせていただきます。
とりあえずは弁護士に対する懲戒請求を研究します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。